2015-10

読む

花村元司九段でさえ手こずったこと

将棋世界1991年7月号、池田修一六段(当時)の「師匠と弟子の物語 花村と私(上)」より。  私は休場明けをして出て行くやすぐ四段となり、昭和44年から順位戦に参加していた。が、病気を機に思うところがあり、郷里に在し、対局のおりだけ上京。...
将棋関連書籍Amazon売上TOP10

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(10月31日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。
読む

中原人情流

将棋世界1991年7月号、池田修一六段(当時)の「師匠と弟子の物語 花村と私(上)」より。  だいたい花村は弟子をとって、弟子に期待すると云った風がまるでなかったみたいだし、すでに48、9を迎えていたが、自分は稀代の”勝負師”だとする自負...
読む

升田幸三九段の叱り方

将棋世界1991年7月号、池田修一六段(当時)の「師匠と弟子の物語 花村と私(上)」より。  ところが「正直」、「親切」。その言葉が心のかたすみに在りながらも、私は奔放に暮らし、青春?を肩で生きるような観で過ごしていた。悪ガキの先導に、喧...
タイトル戦の食事

第28期竜王戦第2局対局場「京王プラザホテル札幌」

糸谷哲郎竜王に渡辺明棋王が挑戦する竜王戦、第2局は、札幌市の「京王プラザホテル札幌」で行われる。→中継 「京王プラザホテル札幌」は、札幌駅から徒歩5分で観光・ビジネスにも便利な高層シティホテル。 10月13日から、ロビー...
タイトルとURLをコピーしました