羽生善治五冠(当時)「物が欲しいというより、竜王が欲しいですね」

将棋世界2001年9月号、「第14期竜王戦決勝トーナメント開幕」より、「賞金3,200万円の使い道」の質問の回答を抜粋。

  • 藤井猛竜王 ローンの返済ですかねえ。

  • 谷川浩司九段(1組優勝)う~ん、ちょっと浮かばないですねえ。

  • 中村修八段(1組2位)とりあえずヤマハのグランドピアノを買いたいかな。

  • 羽生善治五冠(1組3位)物が欲しいというより、竜王が欲しいですね。

  • 郷田真隆八段(1組3位)海外のスポーツ観戦(ゴルフやF1など)を満喫したいですね。

  • 井上慶太八段(2組優勝)世界一周旅行にでも行きたいですね。

  • 畠山鎮六段(2組2位)税金で取られてしまうので、期待はしていません。

  • 富岡英作七段(3組優勝)余計なことは考えず、対局に臨みたいと思ってます。

  • 脇謙二八段(3組2位)車を買いかえて、家族で海外へ。

  • 木村一基五段(4組優勝)一人で使い切る。

  • 北島忠雄五段(5組優勝)引退後、家内と世界旅行に行きたいですね。

  • 伊奈祐介四段(6組優勝)高級マンションに住んでみたいですね。

—————-

この期、羽生善治五冠(当時)が挑戦者となり、藤井猛竜王(当時)から竜王位を奪取している。

「物が欲しいというより、竜王が欲しいですね」が猛烈な迫力を持った言葉だ。

—————-

藤井猛竜王と中村修八段と伊奈祐介四段が現実路線、

畠山鎮六段が超現実路線、

谷川浩司九段と富岡英作七段がストイック路線、

郷田真隆八段が独身優雅海外路線、

井上慶太八段、脇謙二八段、北島忠雄五段がファミリー海外路線、

木村一基五段が独身意固地路線。この気合いで木村一基五段は挑戦者決定戦へ進出している。

—————-

3,200万円あったら何をしたいだろう。

3億2千万円あったらとか320万円あったら、と桁が1つ違えば考えやすいが、3,200万円は意外と微妙な金額帯かもしれない。

—————-

竜王戦挑戦者になりながら、その機会を不当に奪われた三浦弘行九段のことを考えてしまう。

名誉回復・他棋戦も含めた三浦九段への補償を一日も早く、三浦九段の納得のいく形で実行してほしいものだ。

 

 

「羽生善治五冠(当時)「物が欲しいというより、竜王が欲しいですね」」への2件のフィードバック

  1. ひとことのコメントにも、キャラクターが出るものですね。顔を思い浮かべながら楽しく拝読していたのですが、羽生さんの言葉はひとりだけ違う色のオーラを纏っているというか…改めて、凄い人ですね。
    三浦さんの回答を想像してみました。私のイメージではこんな感じ?
    「ええと、あの、賞金ですか?うーん、そうですね…すみません、勝てたら考えます。」

    1. 歩さん

      三浦九段は「犬のために庭に砂場を作りたいですねえ」とか、数十万円でできることを言いそうな感じがします。

コメントを残す