羽生善治六段(当時)のタイトル戦初挑戦前夜

近代将棋1989年11月号、読売新聞の山田史生さんの「島か羽生か 第2期竜王戦始まる」より。

近代将棋1989年12月号、竜王戦七番勝負第1局の時。撮影は弦巻勝さん。

 島朗竜王への挑戦者を決める第2期竜王戦、トーナメントの決勝三番勝負は、3組優勝・羽生善治五段(10月1日付きで六段に昇段)と、4組優勝の森下卓五段の顔合わせとなり羽生が2局とも苦しい将棋を逆転、2連勝で初のタイトル戦挑戦を決めた。

 羽生は昨年度、勝率1位賞(8割)、最多勝利賞(64勝)、最多対局賞(80局)、連勝賞(18連勝)と記録4部門を独占、最優秀棋士賞に輝いたが、タイトル戦登場にはあと一歩届かず、羽生ファンをやきもきさせていた。

 ようやくタイトル戦初出場を果たしたといっても、わずかに18歳(9月27日で19歳になった)10代でようやくと感じさせる棋士は空前、あるいは絶後かもしれない。10代の挑戦者は将棋界では初めて。中原誠が棋聖戦五番勝負に出た時は20歳、加藤一二三の名人挑戦も20歳、そして谷川浩司が名人挑戦(獲得)したのが21歳。羽生の天分がいかに優れているか、前途が洋々としているかが分かるだろう。

 昨年勝率8割の羽生は、今年度それ以上のペースで飛ばしている(現在28勝4敗)。奇跡の9割の可能性すらある。

 羽生は3月までは高校生だっただけに、学業との両立が難しく、肉体的にも大変だったようだが、4月には高校も終え、将棋に集中できるようになった。昨年にまして好調の大きな原因だろう。

 また優勝賞金3千万円をはじめとして、対局料や途中賞金の高い竜王戦だが、まだ親元にいて生活の心配が全くない羽生には、対局料の高い安いは関係ない。一局数百万円といってもプレッシャーはなく平常心で戦える。むしろ生活のかかっている年配棋士の方に勝負の重圧感は高く、指し手が伸びないということもあったように思われる。

 ところで羽生には弱点はないのだろうか。将棋会館にたむろする棋士たちは「序盤戦がいま一つではないか」と言う。その通り森下との三番勝負では、2局とも中盤まで圧倒されていた。それを終盤にかけてじりじり追い上げ、相手の疑問手もあって追い抜いてしまう。羽生に3連勝している唯一の棋士田中寅彦八段も「序盤から作戦勝ちしていても終盤追いつかれそうになる。よほど途中で大差にしておかないと危い」と言う。

 序盤に難があるということは、棋士として未完成であることを示し、まだまだ羽生の力がアップすることをも意味しているわけだ。

 挑戦者に決まった直後、羽生は「とてもうれしいけれど、初めてのタイトル戦、不安でもあります」と語った。羽生は学生だったため、タイトル戦の記録係は1回もやっていない。観戦したこともないそうだ。タイトル戦には独特の緊張感あふれた空気、重苦しい雰囲気がある。また2日制の将棋も初めて。

 前夜には地元で歓迎会を兼ねた前夜祭などもある。その中心の一人となる羽生は、未知の人ばかりに囲まれ、それなりの応接もしなくてはならない。慣れない空気と、初めての地での行動が、対局に影響するのかどうか。

 さて、羽生を迎え討つ島はどうか。昨年だれもが驚いた竜王獲得。自分自身も夢のようです、と語った七番勝負から1年たとうとしているが、その竜王戦以降は惨憺たる成績といっていい。王将戦七番勝負に出たものの、南にストレート負けを喫し、その後も黒星が先行、今年度に入っても7勝8敗と、負け越しでおせじにも好調とはいえない。

 しかし考えてみれば、それも当然といえるのではなかろうか。竜王戦その他で年収4千万円を大幅に突破、この金額はこれまでの島の収入の6倍になる。

 外車を買い、テレビに出、ファッション雑誌や一般誌にもとりあげられ、一躍寵児となった。竜王はできたばかりのタイトルだけに、自分のためにも、主催紙のためにも、竜王を売り出さねばとの義務感を持っていた。出演などの声がかかれば、ほとんど全てつきあった。

 それにこれは名誉なことだが、免状の署名にも加わることになった。慣れぬ手付きで、しかし一枚一枚丁寧に、ぎこちなく筆を運ぶ。

 対局では上座につくか、下座につくかでも葛藤があったようだ。私は「竜王の権威のために、相手が先輩であっても上座に座るようにしてほしい」と希望を伝えてあったが、先輩に先に上座に着かれてしまえば、替わってくださいというわけにもいくまい。もやもやした気分のまま対局に臨んだこともあったと推測される。このように落ち着かぬ状態では、将棋の勝率が上がらなくても無理はない。それが1年経過し、竜王としての義務は果たした。今度は防衛に全力をあげるのみ。

 NHKの衛星放送で「囲碁将棋ウィークリー」という番組ができたが、ここで島と羽生に七番勝負を前にしての抱負を語ってもらうべく、出演を依頼した。この1年、つきあいのよかった島だが、これをきっぱり断った。七番勝負を直前に控え、集中力が欠けるのを恐れたのだ。羽生の方は、こういうものに出る義務があるのだろうと思って簡単に出演OK。

 島は、羽生の300局近い実戦譜のコピーを将棋連盟手合課に依頼したとのことだ。だいたい島は、数年前から研究会(通称島研)を主宰しており、メンバーは羽生、佐藤康五段、森内四段の10代トリオ。島は彼らの才能、そして大成を予測、まだ二段ぐらいのうちから仲間に引き入れ、若い感覚の保持、そして吸収を目的として研究会を開いていたのだ。

 そのメンバーである羽生と、これほど早く大舞台で対決することになろうとは、島自身も思っていなかっただろう。しかし、その研究会のおかげで、大器・羽生の手のうち、強さも弱点もわかっている。島研の数年間の成果を、7歳年上の島がどう生かし、どう勝ちにつなげていくか。才気は十分。しかも老獪さすら持ち合わせている島だけに興味深い。

(中略)

 単に今年度の成績だけを比べたら羽生有利、勢いからいっても世間的には羽生乗りが多いだろう。しかしそれだけではとてもすみそうにない雰囲気が、島の言葉や行動に見ることができる。

 島はタイトル保持者としてこの1年、さまざまな経験をし、人間として明らかに成長したはずだ。また成長していなければおかしい。その成長ぶりを、今回の勝負にどう生かすか。

 羽生の抱負も聞こう。「島さんには研究会で教わっており、とてもいい先輩です。後輩に人望もある人です。でも今度は本当の勝負です。挑戦決定から七番勝負まであと1ヵ月ほどあるので、島将棋を改めてじっくり勉強したい。長丁場なので集中力をいかに持続させるかが問題です。島さんは最近昇り調子。竜王戦には仕上げてくるでしょう。ぼくは疲れ気味でしたが、これからさほど忙しくないと思うので、いい将棋が指せるような気がします」

 具体的な勝敗予想は、接戦になりそうとしかいえないが、クールに、策をこらさず普段通りに指し進めるであろう羽生に対し、島の羽生対策、趣向が出るのかどうか見ものだ。

(以下略)

近代将棋1989年12月号、竜王戦七番勝負第1局前夜祭。撮影は弦巻勝さん。羽生六段(当時)はコカ・コーラ、島竜王(当時)はバヤリースオレンジと思われる。

* * * * *

この1年前、近代将棋1989年1月号、武者野勝巳五段(当時)の「プロ棋界最前線」より。

 島朗がストレートで米長九段を破り、初の竜王位に就いた。また20代のタイトルホルダーの誕生だが、こう続くともう世間は驚かないようで、話題はやはり優勝賞金の2千6百万円。島君はこの他に予選からの対局料が加算されるからこの棋戦だけで実に3千万円強を稼ぎ出したことになる。

(中略)

 今号は他で島君の特集となるだろうから、一つだけ、いかにも島君らしいなあと感じたエピソードをご紹介しよう。

 島君の性格は新人類というより、一昔前の呼び名で「現代っ子」というのはピッタリしている感じで、計算が実にしっかりしているのだ。麻雀も好きだが、負けるのは嫌いだから、自分より若くて弱い者しか相手にしない。

 その島君の恩師が奨励会級位者の頃からの羽生、森内、佐藤(康)この3人なのである。名人候補と見込んだこの3人を誘い島研究会を結成、このぶつかり稽古を定期的に数年間続けてきた。他の者が入会を申し込んでも「この宝の山は私のものです」とばかり断り続けたというのだから、いかにも島君らしい。

「その研究会で私は指し分け以上を取っています」と胸を張られると、やっぱり島君の作戦勝ちかなあと、笑いを誘われる。

「恩師は奨励会員」これなら10代の強豪からの恩返しの心配をしなくて良いのだった。

* * * * *

「羽生は3月までは高校生だっただけに、学業との両立が難しく、肉体的にも大変だったようだが、4月には高校も終え、将棋に集中できるようになった。昨年にまして好調の大きな原因だろう」

学校を卒業してから活躍の加速度が上がるケースが多く、代表的な例としては、高校卒業後が中原誠十六世名人と羽生善治九段、大学卒業後が木村一基王位と中村太地七段。

これは、在学中は給与天引きの財形貯蓄をやっているようなもので、卒業後に利息がついてお金が戻ってくるといったイメージなのかもしれない。

あるいは、例えは古いが、在学期間中は大リーグ養成ギブスを身につけている状態か。

* * * * *

「七番勝負から1年たとうとしているが、その竜王戦以降は惨憺たる成績といっていい」

羽生九段の場合もそうだったが、初タイトルを獲得した後、調子を崩すケースが多い。(もちろん、渡辺明三冠など、例外もある)

山田史生さんが書かれているような理由もあるのだろう。

* * * * *

「羽生の方は、こういうものに出る義務があるのだろうと思って簡単に出演OK」

羽生九段らしい。

既にこの頃、帝王学が自然と身についていたとも考えることができる。

* * * * *

「島は彼らの才能、そして大成を予測、まだ二段ぐらいのうちから仲間に引き入れ、若い感覚の保持、そして吸収を目的として研究会を開いていたのだ」と山田さんが、「やっぱり島君の作戦勝ちかなあ」と 武者野勝巳五段(当時)が書いている通り、よくよく考えてみると、島研は、もちろん羽生九段、森内俊之九段、佐藤康光九段にとって若い頃の大きな滋養となっているだろうが、最も大きな効果があったのは島朗九段だったのだと思う。

「生まれ変わっても、加藤の妻がいい。たとえ将棋指しでなくっても、加藤の妻になりたい」

将棋世界1989年12月号、炬口勝弘さんの「棋士の女房・お袋さん 加藤冨美さん(加藤治郎名誉九段夫人)」より。

将棋世界同じ号より

「生まれ変わっても、加藤の妻がいい」と言う。「たとえ将棋指しでなくっても、加藤の妻になりたい」と言う。

 加藤治郎名誉九段の冨美夫人―。九段とは幼なじみで、20歳のとき、相思相愛で結ばれた。それから50余年。幸せいっぱい、人もうらやむ仲睦まじさである。東京は神宮前の自宅を訪ねて話を伺った。

「二人とも芝生まれで、赤坂、渋谷と、一度も山手線の外に出たことがないんですよ。ここも、引っ越してきた当時は閑静なものでしたが、今は婦人服メーカーなんかがやたら増えて、車もひっきりなしに入ってくるようになったんです」

 と治郎先生。

 現在79歳。来年には自ら命名した盤寿(将棋盤の81の枡目にちなんだ年祝い)を迎えるというのに、頭も体もカクシャクとして衰えを知らない。

 6歳年下の夫人も、また負けず劣らずカクシャクとしている。明るく朗らかである。天真爛漫、笑い声が絶えない。ご両人とも人が好き、話が好きときて、当方はただ耳を傾けるだけで半日もお邪魔してしまった。

幼なじみ

「小さいころから、主人とは同じ小学校、芝の飯倉小でしたし、主人の二人の姪とはお友達だったので、毎日のように行ったり来たりしてたんです。兄妹みたいでした。6つ違い。勉強がわからないとよく教えて貰いました。小学校のときは算数、女学校時代は英語なんかを。母は主人を人間的に見込んでいて、最初から私を加藤の嫁にと決めていたみたい。大学も出ているし、将棋が駄目になっても、なんとか食べて行けるんじゃないか、母はそう思ったんでしょうね」

 女学校卒業後は、仕立屋で2,3年働いた。夫となる人が着物を着る商売だから、羽織や袴が縫えるように、という母の考えに従って。花嫁修業であった。

 結婚式は、昭和11年の暮れ。芝浦の料亭でだった。新郎にプロ入りを薦めた棋界の後援者・中島富治氏をはじめ、関根・木村の両名人、花田長太郎九段、師匠の山本樟郎八段らそうそうたる列席者の下で挙げられた。

 学士棋士第一号の新郎(26歳)は、順調に昇段して当時五段。期待の新進棋士であった。新婚生活のスタートは、しかし順風満帆とはいかなかった。その年の五段の成績は、惨憺たるものだった。2勝10敗。全棋士中、どん底に近かった。負ければ対局がない。棋戦が少なく、給料も安い時代だった。八段になれば300円貰えるが、八段ははるか彼方。五段では45円だった。家賃を払えば、ほとんど給料が消えてしまう。

「あの時はやはりつらかったですね。主人が勝ったかどうか、それは帰ってくる下駄の音で分かるんです。主人の母親代わりだった義姉(治郎九段は、父親は生後21日目に亡くし、母親は出産後、婚家を出され、10年後死去している)には、<ウチにいるときは強くって勝ってたのに、お前と一緒になってから負けるようになった>となじられるし。どうして勝たせるか、ったって私には何もできない。美味しいものを食べさせるとか、そういうことじゃないですからね。よく涙を流しながら実家へ帰りました」

 結婚して2年目の晩秋、第一子の長女が生まれた。しかし夫人は産後の肥立ちが悪く、翌年の早春には、精神的な悩みも加わり完全な神経衰弱に罹ってついに入院するハメになってしまった。

 ところが不思議なことに、その頃から主人は勝ち始め、長かったスランプを抜けて、六段に昇段した。負けて帰っても、夫人の悲しそうな顔を見なくても済むという気楽さがいい方に作用したのであった。

「嬉しかったですね。昇段ではいちばん嬉しかったわ。八段になったときは終戦まぎわのドサクサで、それどころではなかったけれど……」

 生活は相変わらず貧しかった。明日食べる米の心配が絶えなかった。あてにしていた稽古先の月謝が入らず困り果てたこともあった。その代わり、思わぬ好意に大感激することも……。

「私は生来のんびりしてて、どっか抜けてるのね。今の若い人のように計算づくというのはなかった。私、自分の両親だって、二人が亡くなった後まで、主人に教えてもらうまで、本当の親だと思ってたぐらいだから。ノンキなんです。でも、やはりその頃は、お友達に道で会いそうになると、よく途中で隠れたものでした。私のお友達のご主人は、みんなお勤めで、わりあい良い所にお嫁に行ってるから、やはり恥ずかしかったんですね。女学校のクラス会なんかも当時は出なかったんです」

 戦中戦後の苦労話も聞いた。昭和20年3月の東京大空襲では、一家は新潟に疎開した。後輩の清野静男八段(故人)の家を頼って―。そして5月、加藤八段にも召集令状がきた。横須賀海兵団に入団。秋に東京に戻るまでは夫人と長女は弟子の原田九段の実家にお世話になった。

「田舎では、ずいぶん着物を、何十枚も米と取り換えました。錦紗とか銘仙とか……。終戦直後も、やはり食べるものがないから、長男の手を引いて、着物を売って歩きました。上野の闇市へ行って、結婚したとき持ってきたツヅレの帯とかコートか、いいものばかり売って食糧に換えたものでした」

将棋稽古所

 焦土と化した東京では、みんながなりふりかまわず、生きていくだけで精一杯だった。加藤家も例外ではなかった。

 ただ、幸いなことに住まいだけは恵まれた。夫人の実家の家作で焼け残った三田に居を定めることができたのだったから。対局はまだ始まらなかった。連盟復興以前―。玄関先に〔将棋稽古所〕と書いた看板を出したのもその頃だった。棋士になって初めてという。

「そうそう、私が子供をオンブしてね、三田の慶応大学の前のね、電柱なんかに貼り紙して歩いたんです。そしたら慶応の学生や先生、それに大学前の寿司屋の旦那さんとかが来てくれて……」

 あちこちから盤を一面二面と借りてきての道場開きだったが、結構繁盛した。みんな貧しくても娯楽に飢えていて、活字に飢えていた時代。編集長をしていた「将棋世界」誌も積み重ねて売った。

「でも三人目の子の象三が死んでしまって。生後40幾日でした。まだペニシリンもなく、無熱肺炎でね。ミカン箱に入れて葬りました。中にちっちゃいビリケンちゃん(セルロイドの人形)とお芋で作った菓子を入れて。ふかした芋を布巾で絞って作るんです。ところが物がない時代ですから、上の子が欲しがって盗みにくるんです」

 ちなみに、主人のペンネーム・三象子は、死んだ子の名をひっくり返してつけたもの。昭和23年、末っ子は、すぐまた産声をあげる。ところが母体が弱っていたせいで、夫人は病に倒れ再び入院してしまった。

「あのときほど保険がうらやましかったことなかったです。大部屋にいても入院費が高くついてしまって。今は棋士も恵まれて年金がおりるようになりましたが、当時は大変でした。昔は棋士寿命も40に入ると下り坂、勝てなくなる。収入は減る。ところが、その頃が子育てなどでいちばん支出が多い。主人が連盟の会長時代には、いろんな人の出入りがありました。夫婦喧嘩で血だらけになってくる奥さんがいたり、逆に風呂敷包みを下げ、子供を連れてきて養子にしてやってくれ、よろしくなんて棋士がきたり。そんなことから私、棋士夫人の集いを持とうとしたことがあって、出欠の葉書を出すまでになったんですが、反対があってダメになりまして……。スター棋士は、他の棋士を食べさせてやっているという意識が強く、そんな感情が自ずと夫人の方にもあってね……」

 すっかり出しゃばり女に思われてしまった。主人が自ら言うように永遠の書生っぽなら、夫人は明朗活発な永遠の女学生。そしてともにさっぱりとした江戸っ子。スマートな都会人だ。

 ところが会長時代、玄関先のポストに悪口を書いた手紙がいっぱい放り込まれたことがあったという。また朝日新聞の観戦記を書いていたときには、シットやネタミから、ひどい投書が新聞社に届き、夫人も悔し涙を流したこともあった。

 昭和24年、主人は現役を引退した。早すぎる引退だったが、以後40年、「将棋は歩から」の上梓をはじめとして著述、観戦記にと健筆をふるい、また連盟会長を務めるなど、普及面で大いに活躍してきた。その面ではいまだ現役だ。

二人で船旅

 3年前、昭和61年には金婚式を迎え、夫妻は出雲大社にお礼参りに立ち寄り、沖縄往復の旅も楽しんだ。

 4人の子育ても終わって、今は9人の孫にも恵まれ(うち二人はアメリカ在住)、長男夫妻と一つ屋根の下に暮らしている。

 後進の育成も終わった。最初の内弟子・原田泰夫九段以下、ひ孫弟子の中田宏樹五段まで、加藤一門は、合わせて七十何段という大部屋を誇る。

 貧しさの中で、しかし精一杯人の世話をしてきた夫妻。学生将棋をはじめとして、面倒を見てきた(ライスカレーを20人前つくったり、布団がないので、蚊帳や掛け軸を夜具代わりに何十人も泊めたこともあった……)人たちが、今、そうそうたる社会人になっている。

 悠々自適―目下老春を謳歌中の二人。今春には豪華客船、ふじ丸の処女航海で、香港、台湾に遊んだ。

 世話好き、話し好きの冨美夫人も忙しい。町内会の集い、小学校、女学校の同窓会、小学校5年から始めている長唄、そしておトーキュウ(陶宮。天源学から出た開運の修行。江戸時代から商人の間に広まる。女優の富司純子さんも信者とか)の会。

「やさしくって純粋。年とってる割には進歩的でフェミニストなんです、お父さんは」

 生まれ変わっても―というセリフ。納得できた。

 

将棋世界同じ号より。撮影は炬口勝弘さん。

* * * * *

「生まれ変わっても、加藤の妻がいい。たとえ将棋指しでなくっても、加藤の妻になりたい」

これは冥利に尽きる言葉。

金婚式を過ぎてからの言葉だから、より一層、重みがある。

* * * * *

「八段になれば300円貰えるが、八段ははるか彼方。五段では45円だった」

昭和10年の大卒初任給(銀行)が73円というデータがあり、一概に比較はできないが、現在の大卒初任給が約20万円なので、昭和10年前後の45円は現在の約12万円という計算になる。(300円は現在の約82万円)

* * * * *

「主人が連盟の会長時代には、いろんな人の出入りがありました。夫婦喧嘩で血だらけになってくる奥さんがいたり、逆に風呂敷包みを下げ、子供を連れてきて養子にしてやってくれ、よろしくなんて棋士がきたり」

加藤治郎名誉九段が連盟会長を務めていたのは、 1957年3月~1961年5月と1973年5月~1974年7月。

このようなことがあったのは、1957年~1961年なのだろうが、痛ましい話だ。

将棋界が楽ではなかった時代のこと。

* * * * *

ペンネーム・三象子の話も切ない。

「中にちっちゃいビリケンちゃん(セルロイドの人形)とお芋で作った菓子を入れて」

おもちゃで遊んだりお菓子を食べたりすることなく亡くなったのだから、考えただけでも辛くなる。

* * * * *

ビリケンは通天閣で有名だが、発祥の地はアメリカ。

ビリケン(Wikipedia)

* * * * *

このインタビューの少し後の頃から、戌年生まれの棋士による「戌年の会」が始まっている。

年に一度、渋谷区のうなぎ屋に集まる会で、羽生世代の棋士も参加していた。

実質的には加藤治郎名誉九段を囲む会で、若手棋士からも加藤治郎名誉九段は慕われていた。

戌年生まれの棋士による「戌年の会」

* * * * *

加藤治郎名誉九段は、1996年、86歳で亡くなっている。

棋士たちの海水浴

森内俊之四段(当時)「羽生君はついているんだから、たまには負けた方がいいですよ。あんまり勝つと嫌われますよ(笑)」

将棋世界1989年11月号、「10代、20代はこう見る 第2期竜王戦七番勝負〔島朗竜王-羽生善治六段〕」より。

  1. 対局者への声援およびあなたの見解は?

  2. ズバリ勝敗は?

王将・棋王 南芳一

  1. 現在の調子から言えば羽生君が有利じゃないかと思います。ただ、勝負はやってみないとわかりませんから。
  2. まったくわかりませんね。どんな将棋になるか、じっくりと見たいと思っています。

八段 塚田泰明

  1. 島さんには周囲の雑音を気にせず、去年の気持ちで力一杯頑張ってほしい。
  2. 難しいですね。心情的なことも考慮して4-2島。

八段 高橋道雄

  1. 島君とは奨励会入会も、55年四段昇段もいっしょ。今までライバルとして張り合ってきた訳で、そういう意味からも、10代の代表格ともいうべき羽生君と大勝負を争うということは、僕としては是非島君に頑張ってほしいですね。
  2. (羽生君の)先輩ということで周囲に必要以上に気を遣わず、いつもの島朗でいけば充分にいけると思う。4-2で島、と思います。

七段 中村修

  1. 島君は去年とは相手も立場も違いますが、苦行僧みたいに前のめりにならず無心で戦ってほしいですね。
  2. 4-1で羽生君かなぁ。

五段 佐藤康光

  1. 凄いの一言ですね。二人とも研究会のメンバーなのでちょっと―。
  2. わかりません。いい勝負になると思います。

四段 森内俊之

  1. 島さんとしては一局の中でも、シリーズでも先行して逃げ切りたいでしょうね。羽生君はついているんだから、たまには負けた方がいいですよ。あんまり勝つと嫌われますよ(笑)。
  2. 島さんにとっては正念場。危機感を持って臨むでしょうね。ということで4-2で島さん。

四段 先崎学

  1. 勝負師とは、世間の予想や期待を欺くことを生きがいにしている人種であり、その意味では島さんにとって非常にやりがいのあるシリーズだと思います。ひとつ世間の人々をギャフンと言わせてほしい。ただ、結果となるとどうでしょうか。羽生君に普段通りの将棋を指されたら、やや苦戦するのでは。逆に羽生君には、変に王様をかたくしないで好きな手を指してほしいと思います。
  2. それだけは言えません。

四段 屋敷伸之

  1. 今の将棋界を象徴するような若手同士の対戦なので熱戦を期待しています。お二人とも雲の上の人なのでどうこう言えませんが、同じ10代ということで羽生先生に頑張ってもらいたいですね。僕も早く近づきたいと思います。

  2. わかりません。強いて羽生先生の方がちょっと手厚いかな、というぐらいで。

* * * * *

将棋世界1990年1月号グラビアより、第2期竜王戦七番勝負第4局の模様。撮影は中野英伴さん。記録係は深浦康市三段(当時)。

* * * * *

島朗竜王(当時)と羽生善治六段(当時)、それぞれ同世代の棋士による竜王戦七番勝負の展望と勝敗予想。

心情的なものと勝敗予想が連動している派、勝敗予想クール派、勝敗予想を先輩に遠慮している派、など、様々な個性が表れている。

* * * * *

その中で目を引くのが森内俊之四段(当時)。

「羽生君はついているんだから」は、竜王戦挑戦者決定三番勝負で2局続けて大劣勢の将棋を勝てたことを指している。

「たまには負けた方がいいですよ。あんまり勝つと嫌われますよ(笑)」

この当時の羽生六段と森内四段の仲だから言えることだったのだろう。

* * * * *

村山聖五段(当時)だったらどのようなコメントをしていたのか、興味深いところだ。

 

羽生善治五段(当時)「申し訳ないなあ、これじゃ先が思いやられるなあという気持ちです」

将棋世界1989年11月号、読売新聞の小田尚英さんの「第2期竜王戦挑戦者決まる 羽生、島竜王への挑戦権獲得」より。

将棋世界同じ号のグラビアより。撮影は河井邦彦さん。記録係は郷田真隆三段。観戦記者は武者野勝巳五段。

 お待たせしましたというか、いよいよというか、羽生善治がやって来た。棋界では初めての10代のタイトル戦挑戦者の誕生だ。

 竜王戦の挑戦者決定三番勝負の第2局が行われたのは9月18日。羽生が勝てば2連勝で決まりとあって、将棋会館では大盤解説会が急きょ行われるなど、ムードが盛り上がっていた。解説会は予想を上回る盛況、控え室も棋士、関係者でいっぱい。固唾をのんで見守る中で午後10時22分に決着がついた。森下五段が大きな、はっきりした声で「負けました」と告げる。大げさに言えば、将棋の歴史が一つ動いた瞬間だった。

 まず、第2局を簡単に振り返っておこう。先手は羽生。角換わりに誘導し、採用したのは元気いっぱいの棒銀だ。森下は△5四歩~△5三銀というそれほど見慣れない構えで迎え撃つ。27手目、羽生は昼食休憩をはさんだ60分の長考で▲1六角!(1図)

 ▲1六角は新手だろう。しかしこの新手、あまり評判は芳しくなかった。狙い筋がすっきりしない。それもそのはず「実は苦しまぎれだったんです」と羽生は言う。「ここではもう形勢が苦しいようなので、それで」。この後、森下は慎重に考えつつ、攻勢を築く。

 47手目▲7七同桂(2図)で夕食休憩。

 再開少し前に様子を見に行くと、先に座っていた森下は「応援に来てくれましたか」とほほを緩めた。優勢を意識しているな。すぐ後のやりとりで森下三枚換えの駒得。素人目にも森下が悪かろうはずがない。控え室の研究陣は「このまま行けば森下」。

 それが……。「△3四歩(3図)はひどかったです」。対局後の慰労会で森下は繰り返すはめになる。

 大優勢のはずが、時間に追われ、プレッシャーがかかり、流れが変わり、もろ下は転落する。第1局と同じ図式。「申し訳ないなあ、これじゃ先が思いやられるなあという気持ちです」。悪い将棋を続けて拾った羽生のこの言葉に象徴される一局となった。

 なおこの三番勝負には挑戦権のほかに「六段」もかかっていた。どちらが勝っても、勝った方が特例で昇段することが事前に決まっていたのだ。羽生は実に大きな1勝をものにしたわけだ。

(中略)

 本命の一人がそのまま勝つ。普通ならドラマにならない展開だが、羽生が主人公だと話が違う。「18歳が大舞台に躍り出る」このこと自体がニュースとして成立するからだ。

 一方、敗れたとはいえ森下も素晴らしかった。「あと一歩」ばかりが続いていて、本人の心中察するにあまりあるので言葉に困るのだが……。

(中略)

挑戦者 羽生六段に聞く

―初のタイトル戦に挑む心境は?

羽生 初めてですし、いろいろな意味で不安な面もあるんですが、最高の舞台ですからこれ以上の幸せはないと思ってます。勉強と思って臨むつもりです。

―具体的な対策は?

羽生 第1局まで時間がありますので、これからゆっくり考えます。

―島将棋について?

羽生 居飛車党なのはお判りと思いますが、受けに強みを発揮される将棋ですね。

―ということは、羽生さんから先攻するパターンになると?

羽生 いや、それは実際に戦ってみないことには―。

―直前の1週間はどのように?

羽生 10月11日に順位戦が入っていて、他は未定なんですが、自然体で臨めるように、といって取り立てて何かをするとかは考えてませんけれども。肩に力が入らずリラックスできた状態でシリーズを迎えたいですね。

―さて、最後にズバリ勝算は!?

羽生 そうですね、第1局を指してみて、いい感じをつかみたいと思ってます。

―そこで初タイトル獲得と―

羽生 (笑)。

* * * * *

将棋世界1989年11月号、青島たつひこ(鈴木宏彦)さんの「駒ゴマスクランブル」より。

 羽生が竜王戦の挑戦者に決まった日。記者はこの日、大阪で取材があって、東京の将棋連盟には、午後10時過ぎに着いた。ちょっと遅いかと思ったが、よかった。ちょうどそこから羽生が大逆転勝ちを決めるところだったのだ。

 このときの将棋会館は、2階の道場で田中寅彦八段が大盤を前に大声を出し、4階の記者室では塚田、中村、高橋の55年組が検討盤を囲み、同じく控え室では、谷川、中原、米長の三巨頭が検討盤を囲むという布陣。もちろん、それぞれの部屋には報道関係者や若手棋士もわんさと詰めかけて、それこそ黒山の人。まるで名人戦、いや、それ以上の盛り上がりである。

 将棋の内容については別ページの解説をお読みいただきたい。とんでもない逆転だったが、このとんでもなさが、羽生の将棋だともいえるだろう。第1局もそうだったが、森下にとっては、相手が羽生でなければ負けるはずのない将棋である。だが、その将棋が羽生の手にかかると、どうしてもまともには終わらないのだ。

 終盤、みんながあれこれ検討するのだが、ちっとも指し手が当たらない。「ええっ、こんな手があるの」そんな調子で驚いてばかりいるうちに森下必勝のはずの将棋がすごい勢いでおかしなことになってくる。とうとう中原が「これはもう黙って見ていよう」といいだし、みんな黙ってモニターに映し出される羽生の指し手を鑑賞するということになった。

 そして、あの勝ちっぷり……。

 森下投了の瞬間はだれもが声も出ないという状況である。いや、たった一人大声を出して叫んだ棋士がいた。

「つぇー!」

 米長だった。

* * * * *

「お待たせしましたというか、いよいよというか、羽生善治がやって来た。棋界では初めての10代のタイトル戦挑戦者の誕生だ」

いかにこの時が待たれていたかがわかる。

* * * * *

「申し訳ないなあ、これじゃ先が思いやられるなあという気持ちです」

挑戦者決定三番勝負、2局とも、羽生善治五段(当時)にとって劣勢な将棋を森下卓五段(当時)が間違えて羽生五段が勝った展開。

羽生五段の正直な感想だったと思う。

羽生-森下戦では、森下九段が大優勢な将棋を敗れてしまうケースが多い。

1995年の名人戦第1局でも同様な流れとなっている。

森下卓八段(当時)痛恨の△8三桂 =第53期名人戦=

* * * * *

この期のC級1組順位戦最終局でも、森下五段は昇級が既に決まっている羽生竜王(当時)に敗れて、昇級を逃している。

血涙の一局

* * * * *

盤上ではこのようなことになったが、二人は仲がよく、羽生五冠(当時)が畠田理恵さんの出演する芝居を森下八段(当時)と観劇、この時から羽生五冠と理恵さんの付き合いが始まったという。

「森下さんには非常に感謝しています」

 

羽生善治五段(当時)「遂にここまで来た。棋王戦、棋聖戦では準決勝で負けて悔しい思いをしたので、そんな感じだ。僕にとっては初めての挑戦者決定戦」

将棋世界1989年11月号、羽生善治五段(当時)と森下卓五段(当時)の第2期竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局ダブル自戦記「竜王への道」より。

将棋世界同じ号のグラビアより。挑戦者決定三番勝負第1局終局後の羽生善治五段(当時)。撮影は中野英伴さん。

 

(羽生五段)

 遂にここまで来た。

 棋王戦、棋聖戦では準決勝で負けて悔しい思いをしたので、そんな感じだ。

 僕にとっては初めての挑戦者決定戦。

 対する森下五段は…………もう他の雑誌や将棋世界によく書いてあることなので、ここではあえて何も書きません。

 ただ、森下五段とは研究会や何やらで会うことが多く、こういう勝負となるとちょっと味の悪い思いもすることがあります。

 ちなみに、この対局の前々日にも研究会で会い、竜王戦の話題も山ほど?出ました。

 盤を離れた森下五段は非常に快活で、僕が言うのも変ですが、”好青年”という言葉が本当にぴったりです。

 けれども、勝負となれば話は別。

 棋士同士のつきあいはどうしてもある一定の線を引かなければならない様です。

(森下五段)

将棋の先生というと、だいたい楽観派強気の方が多いですが、私は逆に弱気の代表派。

 勝とう、という気合いや勢いよりも、負けるのではないか、負けたらどうしよう、というほうから先に考えてしまいます。

 我ながら情けないのですが、性格だから仕方がありません。

 全く、強気の方が羨ましい限りです。その弱気のせいか、事前に自戦記を頼まれた対局は、勝ったためしがありません。

 本局も然り……。

 羽生五段との過去の対戦成績は、私の2勝4敗。弱気の私としては、また負けるのではないかと考えてしまうところ。

 負けると、また負けるのではないか考えてしまい、勝てば勝ったで、今度は負けるのではないかと悩む。

 全く弱気というものは、つくづく損な性格だと思います。

(羽生五段)

 1図の局面は最近流行の形で、相矢倉になればこの局面になると思いました。このあたりからが作戦の岐路で、色々考えられて対局者は楽しい所ですが、見ている方はつまらない所です。

 相矢倉は本当に一部のマニアしか解らない世界なのかもしれません。

 まあ、これから宮崎勤と結びつけることもできますが、まあ、やめておきましょう。

 矢倉が出来ないと居飛車党はつとまらず、居飛車党が多いプロ将棋界は矢倉が多くなるのが当然というわけです。

 しかし、いつの時代にも流行の逆を行こうとする人達はいるもので、こういう人達を個性派というのでしょう。

 森下五段はその逆で典型的な流行派ですが、普通の流行派と違ってデータだけを頼っている感じがしないのです。

 その辺が強さの秘密なのでしょう。

 将棋界では珍しい攻守にバランスのとれたタイプです。

(森下五段)

 そうこう言っている間にも局面は進んで行きます。

 戦型は矢倉戦。

 矢倉の将棋は、私の対局では一番の比重を持っていますが、全く難しいものです。

 何回やってもわからない。同じような感じなのですが、ホンの少しの違いが、全く別の将棋を生み出します。

 本局の対戦相手の羽生五段とも、矢倉の将棋を一番多く指します。

 1図。とりあえず▲8八玉と囲いに入城して、すぐに詰まされる心配はなくなりました。

 よく私の棋風は受けだと言われますが、私はとくに受けを意識しているわけではありません。

 負けるのではないかという心配が、負ける要素を少なくしようという発想となり、結果として受けの手が多いということでしょう。

 苦労性なんでしょうか?

(中略)

 数年前に飛先不突き矢倉が登場して、先手がいいように勝ち星を稼いだ時がありました。

飛先不突き矢倉は、まさに革命的な戦法で、抜群の勝率を誇っていましたが、後手の対応もだんだんと進歩してきて、最近はほぼ五分五分になったようです。

 また飛先不突き矢倉と並んで、▲4六銀~▲3七桂型戦法が、一時圧倒的な猛威をふるっていました。

 ▲4六銀~▲3七桂型から、▲3五歩とポンと突き捨て、▲2五桂と勢い良く跳ねて攻めていけば、相手は壊滅としたものでしたが、これも対策が進歩してきて最近は容易に潰れなくなりました。

 この近代矢倉の最先端をいく、飛先不突きと▲4六銀~▲3七桂型が以前のようにうまくいかなくなったので、最近は意外にも、昔のレトロ矢倉が人気を盛り返しているようです。

 私の選んだ戦法も、最先端の飛先不突きから、結局レトロな昔の矢倉でした。

(羽生五段)

 わりあいにじっくりとした将棋になりました。

 僕の方としては先攻しにくい展開になりましたが、後手番なので仕方がないのでしょう。

 順序は逆になりますが、対局当日の朝、連盟の玄関の所に行くと、テレビカメラが来ているので、ビックリ。

 どうやら今度、衛星放送で囲碁、将棋のニュース番組をやるので、その取材の様です。

 また、今回竜王戦七番勝負の第1局は公開対局になるので、将棋界にも明るい兆しが……と思うのですが、これはちょっと楽観的すぎるでしょうか。

 さて局面の方ですが、先手は▲3八飛~▲4五歩をねらっています。

 △1三銀型なので、中央で戦いになれば、先手有利となります。

 そこで、△3三桂と跳ねることになるのですが、それだと囲いがかなり薄くなります。

2図以下の指し手
△1二香▲9六歩△9四歩▲3八飛△1一玉▲4五歩△同歩▲同桂△4四銀▲4六銀△4五銀▲同銀△4四歩(3図)

(羽生五段)

 △3三桂は定跡と知っていたけれども嘘だと思った。

 そこで穴熊にしていれば仕掛けにくいだろうと思ったので△1二香。

 ▲9八香△1一玉▲9九玉△6二飛▲8八銀△6四歩の相穴熊の展開を予想していた。

(森下五段)

 手順や水面下の駆け引きは全く違いますが、組み上がった2図だけを見れば20年前の将棋とも言えそうです。

 その局面に、いきなり波紋を投げかけたのが△1二香でした。

 これには驚きました。

 こちらが攻める態勢が完了しているのに、穴熊に組もうという、なんと大胆不敵な指し方かと思いました。

 私にはとても真似できません。

 対して私は、▲3八飛から▲4五歩と単純というか、バカ正直というか、真正面から攻めかかりました。

 他にも様々な駆け引きのある指し方がありそうですが、正直な私としては、正直な指し方をした、と言えるでしょう。

 後手は▲4五歩に単に△2二銀もあり、また▲4五同桂に△4二銀と引く変化も有力ですが、本譜は△4五銀と桂を取って△4四歩で銀を殺す最強の受け。

 如何にも羽生さんらしい受けで、私もこうなると思いました。

(羽生五段)

 本譜▲4五歩に△同歩がまずく、△2二銀と辛抱すべきだった。

 半人前の穴熊なのに対等に戦おうとした考えが悪かったのだ。

3図以下の指し手
▲4四同銀△同金▲4八飛△3三銀▲4六角△5五歩▲同歩△9五歩▲同歩△2二銀左(4図)

(羽生五段)

 森下五段の快調な指し手が続きます。▲4八飛に対する受けが難しいのが誤算でした。普通は△4五桂ですが、▲4六銀、▲4六角のどちらでも自信がないし、△4五銀も▲5三銀△3七角成▲4四銀成△4八馬▲4五成銀△5八馬▲4六角で悪い。

 本譜△9五歩~△2二銀左は夕食休憩中に考えた勝負手で、残っていた借金をようやく返済できた感じです。

(森下五段)

 ▲4四同銀から▲4八飛は予定。

 こう指すところだと思いました。

 対する△3三銀も予定通り。

 問題はここからです。先手の桂損ですが、後手も歩切れが痛い。

 どちらが良いのか悪いのか、ここでは全くわかりませんでした。

 ▲4六角のぶつけでは、他にもいろいろな指し方があり、どれが最善かは全くわかりませんでした。

 ▲4六角とぶつけた時の気持ちは、わからないから、後手の返事を聞いてみよう、と思っていました。

 △5五歩と最初の返事は予想していましたが、▲同歩のあとがまたわからず。

 このあたりは、手探りで指していました。▲5五同歩で夕休。どう指してくるのか非常に興味がありました。

 再開後の一手は、△9五歩の突き捨てから△2二銀左。なるほど、うまい呼吸だなと思いました。

4図以下の指し手
▲5四歩△同金▲7三角成△同桂▲4三銀△4七歩▲3二銀成△4八歩成▲4三角△3二飛▲同角成(5図)

(羽生五段)

 借金を返済したと言ってもこの忙しい局面で後手を引いているのですから良い理屈はなく、依然として苦戦が続きます。▲5四歩が厳しい一手で困りました。

 以下、△7三同桂までは一本道ですが、次の▲4三銀を僕は軽視していました。

 ▲4一飛成ならば△4二飛とぶつける手がいつでもあるので、戦えると思っていたのですが、甘かった。

 △4七歩はこの一手ですが、▲3二銀成が厳しい追撃。

 とりあえず△同飛と取りそうなものですが、▲5八飛でジリ貧になりそうなので、△4八歩成と勝負に出たのですがこれもまずかった。

 そう指すと5図までは一本道ですが、後手敗勢です。

 △9五香が予定だったのですが、▲9一飛△3一銀打▲5四馬で全然駄目。

 この終盤での誤算は致命的で、このまま押し切られると思いました。

 ところが、ここからドラマが始まる。

(森下五段)

 △9五歩と一本突き捨て、△2二銀左と穴熊を固めた指し方は、実にうまいタイミングというか、勝負の呼吸だなと感心しました。

 しかし、感心ばかりしているわけにはいきません。

 後手のうまい勝負呼吸に対し、こちらはあくまで単純、正直に▲5四歩。

 自信はハッキリ言って全くなく、なるようになれと思っていました。

 対して△5四同金はやや意外。△5五桂と厳しく指されるのが嫌でした。

 しかし△5四同金も、ロープの反動を利用する羽生流の感じです。

 ▲4三銀の打ち込みでは、▲4一飛成も有力でした。

 ▲3二銀成と金をとった局面で、羽生さんが考えているので、私なら取って考えるが、取る前に考えるものなのか、などと考えていたら、△4八歩成と飛車を取ってきました。

 エーッと驚きました。

5図以下の指し手
△8六桂▲同歩△同歩▲同銀△5九飛▲7九桂△3一銀打▲4三金△3二銀▲同金△4三角▲4一銀△5八と▲3三金△同銀▲3二銀打△6八金(投了図)
まで、96手で羽生五段の勝ち。

(羽生五段)

 △8六桂は非常手段で、普通に指していては追いつけないと思っていました。

 ▲7九桂が少し手堅すぎた様で、△3一銀打で難しくなった様です。

 そして、▲4一銀が敗着。

 ▲3三金△同銀▲2四歩ならば勝負はどう転んだか解らないでしょう。

 本譜は何とか寄せ切ることができました。

 この将棋は森下五段にしてみれば将棋に勝って勝負に負けたという感じで、納得がいかなかったと思います。

 僕の方も勝ったとは言え、内容は悪く、反省の多い一局だった。

 第2局はもう少し自分に納得の行く様な将棋を指したいと思っている。

 月日が流れるのは早いもので、今年の12月でプロになってからちょうど4年になる。

 チャイルドブランドでいられるのももうそう長くはないので?このチャンスを逃さないで頑張るつもりです。

(森下五段)

 当然△3二同飛と成銀を取られて、それで難しいと思っていたのに、△4八歩成だったので、驚くと同時に、勝ちになったのではないかと思いました。

 それにしても△4八歩成とは大胆な一手で、よく決断できるものです。

 私ならば、詰みまで読み切らないと、とても指せそうにありません。

 前譜▲4三角で勝ちを意識しましたが、すると急に残り時間が気になりました。

 それまでは一心に盤上のことを考えていましたが、勝ちを意識してから、少ない残り時間でちゃんと勝ち切れるかと、時間のほうに気が回ってしまいました。

 余計なことを考えると駄目ですね。

 以下の指し手は全く腰が入っていません。特に▲7九桂はなんたる中途半端な一手。あきれ返るばかりです。

 かくして第1戦目は惨敗。修行不足もいいところです。もっともっと勉強をしなければと、痛感しました。

将棋世界同じ号のグラビアより。挑戦者決定三番勝負第1局終局後。撮影は中野英伴さん。

* * * * *

ダブル自戦記は、それぞれの自戦記を別々に読むのも面白いが、手間はかかるものの、時系列の順番に双方を同時に読むという方法もあり、こちらも面白い。

* * * * *

「このあたりからが作戦の岐路で、色々考えられて対局者は楽しい所ですが、見ている方はつまらない所です」

羽生善治五段(当時)のこの率直さが嬉しい。

「相矢倉は本当に一部のマニアしか解らない世界なのかもしれません。まあ、これから宮崎勤と結びつけることもできますが、まあ、やめておきましょう」

凶悪殺人犯とどのように結びつくのか、これは想像がつかない。

* * * * *

「棋士同士のつきあいはどうしてもある一定の線を引かなければならない様です」

棋士同士のつきあい、友情について、先崎学九段が後年、非常に本質的なことを書いている。

先崎学八段(当時)「すべてはふたりが変えたのだ。あの時から将棋界は変わっていったのだった」

* * * * *

「△3三桂は定跡と知っていたけれども嘘だと思った」

このような考え方が将棋を発展させてきた。

* * * * *

「それまでは一心に盤上のことを考えていましたが、勝ちを意識してから、少ない残り時間でちゃんと勝ち切れるかと、時間のほうに気が回ってしまいました。余計なことを考えると駄目ですね」

大優勢の将棋を落としてしまった森下卓五段(当時)。

「負けると、また負けるのではないか考えてしまい、勝てば勝ったで、今度は負けるのではないかと悩む」と冒頭に書かれているが、このような負け方をした直後なので、なおのことそのような思いが増幅したのかもしれない。

* * * * *

羽生マジック的な手は出ていないが、相手を間違えさせるパワーも、広義の羽生マジックと言えるだろう。