2019-10-07

スポンサーリンク
読む

浦野真彦六段(当時)「今期、羽生、村山と当たっていた私はまず2敗は計算していた」

将棋世界1989年5月号、浦野真彦六段(当時)の「昇級者喜びの声(C級1組→B級2組)より。  今期、羽生、村山と当たっていた私はまず2敗は計算していた。たとえ2敗で行っても、羽生君が全勝か1敗で上がるとして、他の人がくずれなけれ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました