2020-10-09

棋士のエピソード

福崎文吾八段(当時)「皆、僕と遊ぶために家に来たんとちゃうんかいな」

将棋マガジン1995年7月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。 ☆いざ、福崎邸へ タマ「神崎さん、今日はどうです?」 神崎六段「ブリッジですね。メンバーは、あと二人誰ですか?」 タマ「南先生と浦野さん...
タイトルとURLをコピーしました