福崎文吾八段(当時)「皆、僕と遊ぶために家に来たんとちゃうんかいな」

将棋マガジン1995年7月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。

将棋世界1994年1月号より。

☆いざ、福崎邸へ

タマ「神崎さん、今日はどうです?」

神崎六段「ブリッジですね。メンバーは、あと二人誰ですか?」

タマ「南先生と浦野さんが1時間位ならOKですって」

神崎「1時間じゃすぐ終わりますよ。福崎先生、なんで今日、来られてないんやろう」

タマ「思いきって電話して呼び出しますか?」

神崎「かけるん鹿野さんお願いしますよ」

タマ「あっ、そういえば、私、車で来てるから、福崎邸に行く手までありますよ」

神崎「それはすごい。じゃあ、すぐ行きましょう、南先生もいいですか」

南九段「ウン」

―了解を得て福崎邸へ―

スポンサーリンク

福崎八段「よう来たなあ。狭いけどあがって」

南・神崎・タマ「おじゃまします」

福崎「さっそく、やろか。睦美も、ブリッジやる?」

福崎夫人「あら私も加えてくれるの」

神崎「じゃあ、公平にカード引きして、一人抜ける人を決めましょう」

タマ「抜け番の人は子供と遊ぶ、ということで」

―トランプを1枚引く―

神崎「はい、エート、福崎先生が抜けですね」

―長々とゲームが進み…―

タマ「さて、やっと次のゲームですか。福崎先生出番ですよー」

福崎「やっと出番かいなー」

南「次は、僕が抜けんねんね」

―ゲームは、一瞬にしてカタがついた―

神崎「今回は早かったですね。さっカード引きカード引き」

タマ「はい、あれ、また福崎先生の抜け番ですか?」

福崎「エー、また休みかいな。皆、僕と遊ぶために家に来たんとちゃうんかいな」

タマ「南・神崎・鹿野を人でなしトリオと呼んで下さい」

福崎「睦美、もう、ご飯の準備せなあかんのちゃう」

(何とか自分がゲームに加わりたい福崎先生であった)

* * * * *

「皆、僕と遊ぶために家に来たんとちゃうんかいな」と言う福崎文吾八段(当時)が可笑しい。

自分から奥様を誘った手前、「やっぱり代わってくれ」とは言い難い。

「睦美、もう、ご飯の準備せなあかんのちゃう」は苦肉の策とはいえ、夫婦の仲の良さを強く感じさせられる。

「棋士と結婚したのではなく、好きな人がたまたま棋士だったのです」

福崎文吾七段(当時)と百貨店

☆宴会

 名人戦第2局で熊本に行って来た。

タマ「もう遅いので、私はお先に失礼します」

米長九段「エ?お嬢ちゃん、もうちょっとゆっくりして行きなさい」

タマ「でも、私、ホテルが違いますから……」

米長「そうだ、それなら、福崎君の部屋に泊めてもらいなさい。おじちゃんが言っといてあげるから」

タマ「先生、先生がどなたに言っといて頂こうと、それはまずいですよ」

米長「そうか、これはおじちゃんが悪かった。おじちゃんが黙っといてあげるから、泊まって行きなさい」

タマ「センセ―」

(数分後にタマは無事宴席から脱出成功した)

☆パズル(熊本にて)

福崎八段「鹿野さん、僕、ホテルでパズル買ってん。一緒に考えてくれる」

タマ「ウンウン」

福崎「結構、簡単そうに見えて難しいねん」

内藤九段「何、やってんの」

福崎「僕が買ったパズルなんですけど、難しいんですよ」

(4ピースの木型を所定の形にするという単純なもの)

内藤「これは、詰将棋より簡単やろ」

タマ「4ピースだから、たったの4手詰ですよね」

―三人で考えること約10分―

福崎「あかん。誰かに答え聞こ」

タマ「あ、私、聞いてきます」

タマ「わかったわかった。聞いてきました。エート、こうです」

内藤・福崎「ウームなるほど。わかった」

福崎「じゃあ、バラバラにしますよ。ハイ、内藤先生、もう一回作って下さい」

内藤「よっしゃ。……あれ、あれ、どんなんやったかな。戻らんなあ」

タマ「エー、詰将棋の名手、握り詰めも作る、あの内藤先生が……」

内藤「あかん。これは難しい。私も買うて帰って、淡路(八段)や小阪(六段)にやらしてみよ」

* * * * *

「そうか、これはおじちゃんが悪かった。おじちゃんが黙っといてあげるから、泊まって行きなさい」

これは誰にも真似のできない、米長邦雄九段ならではの会話。

* * * * *

「僕が買ったパズルなんですけど、難しいんですよ」(4ピースの木型を所定の形にするという単純なもの)

調べてみると、このパズルは「木製T字パズル 4ピース」である可能性が高い。

このようなパズルに熱中するのも、棋士ならではの勝負師魂に由来するものではないかと思う。

 

タイトルとURLをコピーしました