2020-12-02

スポンサーリンク
棋士のエピソード

先崎学六段(当時)「彼は、一度だけ『自分の将棋はまだまだ甘すぎる。もっと強くなりたい』といってうつむいた。なんとも艶っぽい姿だな、と思った」

将棋世界1996年2月号、先崎学六段(当時)の「先崎学の気楽にいこう」より。 昨日からの続き。 12月某日―一日飛んで、帰る日である。僕は二日目の夜もラーメンを食べた。九州独特の替え玉をつかい、合計して二日間で4杯食べたこと...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました