2020-12-22

スポンサーリンク
読む

親切で丁重で言葉づかいがよそ行きになっている村山聖八段(当時)

将棋世界1996年3月号、河口俊彦六段(当時)の「新・対局日誌」より。  王将戦が開始されると同時に、七冠王への秒読みが始まったようである。話題になるだろうとは思っていたが、これほどとは予想していなかった。  なにしろ第1局が終わっ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました