2021-02-02

読む

「退室する際に三浦が間違えて羽生の草履をはいていってしまうハプニングがあったが、これはご愛嬌。ここは作戦の岐路で、三浦の頭は局面のことで一杯だったのだろう」

将棋世界1996年8月号、巻頭グラビア「雪辱に燃える三浦、快心のスタート」より。  羽生善治棋聖に新鋭の三浦弘行五段が挑戦する第67期棋聖戦五番勝負は、6月18日、兵庫県洲本市「ホテルニューアワジ」にて行われた第1局で開幕した。  ...
タイトルとURLをコピーしました