2021-05-24

読む

真部一男八段(当時)「遠い昔、将棋を覚えたての頃、雑念など一切なく将棋と親しんでいた記憶が呼び覚まされたようである。若い二人が眩しくも見えた」

将棋世界1997年9月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。  先日引っ越しということをやってみた。  前の住居には20年程も住んだので、まあ気分転換といった意味合いが強い。  それで今更何をと言われそうだが、引っ越しが...
タイトルとURLをコピーしました