大ポカなど

大ポカなど

羽生善治棋王(当時)の痛恨の錯覚

将棋世界1991年6月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時 in大阪」より。  4月12日、金曜日。この日は注目の一番に信じられないような出来事があった。南王将-羽生棋王の竜王戦である。今期の竜王戦1組は、最初から波乱が続発、ただなら...
大ポカなど

井上慶太八段(当時)「もう立ち直られませんて、ホンマ」

近代将棋2002年3月号、神吉宏充六段(当時)の「関西マル秘情報」より。  先ほどから登場している井上八段は、加古川在住の棋士だ。地元の将棋クラブや将棋イベントには欠かせない存在で、明るく楽しいキャラクターは関西でも地元でも人気者。一度は...
大ポカなど

佐藤康光八段(当時)「横で対局していた羽生さんも噴き出していました」

将棋世界1998年8月号、大崎善生編集長(当時)の「編集部日記」より。 6月18日(木)  佐藤康光新名人が誕生した。翌朝、野口君に打ちあけたこぼれ話が楽しい。  実は12日の竜王戦で将棋を指すようになってから初めてという大ポ...
大ポカなど

持ち間違い(屋敷伸之九段)

将棋世界1999年7月号付録、「一生に一度の会心の一着&穴があったら入りたい究極の大ポカ」の屋敷伸之七段の項より。 屋敷九段が奨励会2級の時の将棋。 屋敷2級必勝の局面。 ここで屋敷2級が指した手は▲3五角。 ...
タイトルとURLをコピーしました