「大ポカなど」カテゴリーアーカイブ

藤井猛九段の僥倖

将棋世界2003年3月号、「第61期A級順位戦」より。

 対局過多で、さすがの羽生にも疲労の色が見える。

 1図は藤井戦だが、ここから信じられないような終局となる。

△2四香▲4二馬△同玉▲5三金△3一玉▲3二金まで藤井勝ち。

 まさかの大トン死。2四の香がジャマをして玉が逃げられなくなったのである。詰めろなら△2五桂打の方が広いし、それ以前に△3七馬なら詰みがあるのだ。残り時間もまだあり、さほど難しくない詰みを見逃すとは、何とも羽生らしからぬ負け方である。

 一方の藤井はタナボタ的な1勝で、名人初挑戦へ一歩前進した。

—————

敵玉が詰むのに、自玉がトン死してしまう手を指してしまったのだから、羽生善治竜王(当時)にとっての衝撃は大きかったことだろう。

この時点で、順位戦A級、

佐藤康光二冠(2位)5勝2敗
藤井猛九段(6位)5勝2敗
谷川浩司王位(3位)4勝3敗
羽生善治竜王(4位)4勝3敗
青野照市九段(7位)4勝3敗
三浦弘行八段(8位)4勝3敗

が勝ち星上位。

翌月、

佐藤康光二冠(2位)6勝2敗
谷川浩司王位(3位)5勝3敗
羽生善治竜王(4位)5勝3敗
藤井猛九段(6位)5勝3敗

そして、最終戦の結果は、

佐藤康光二冠(2位)6勝3敗
羽生善治竜王(4位)6勝3敗
藤井猛九段(6位)6勝3敗

3者プレーオフとなり、羽生竜王が挑戦者となり、名人戦七番勝負で森内俊之名人を破り、羽生竜王が名人位を奪取する展開となる。

冒頭のようなトン死負けを引きずらない羽生竜王の強い心、本当に凄いと思う。

 

 

福崎文吾八段(当時)「これはなんとかして秘密にしとかなあかん」

相手玉に詰みがあるのに投了してしまった一局。

将棋世界2003年1月号、神崎健二七段(当時)の「本日も熱戦 関西将棋」より。

図以下の指し手
△―19 
まで、131手で西川七段の勝ち

 19分考えて「負けました」と福崎八段。「詰んでたでしょ」と西川。

「△8八角成▲同金△9六銀▲同玉△6六飛成▲8六香が逆王手だけど」

 確かに参考図は逆王手。

「でも、△8五銀▲同玉△6七角▲9六玉△8五金で…」

「この局面までに途中で気づいたけれども、そこからは変化のしようがなかった。1分将棋だったし…」

 なんと、相手玉に詰みのある局面で福崎は投げてしまったのである。福崎の驚きはいうまでもない。

「もう42歳やからなぁ」

(記録係に向かって)「ここで詰みがあったということは内緒にしといてなぁ」

 こんな状況でも、ユーモア抜群のコメント。

 この一局は、福崎の振り飛車穴熊。西川の左美濃というお互いの得意戦法で始まった。

 福崎は最近本を出したそうで、その名も『振り飛車穴熊戦法』(創元社)。「玉の堅さと攻撃力をそなえた振り飛車穴熊」がキャッチフレーズ。本日は著書を意識した戦法選択だったのだろう。

 西川七段の息子で、関西奨励会に在籍しているの西川和宏4級の得意戦法は振り飛車穴熊らしい。父親と同じ職業をめざしていても、全く正反対の棋風みたいなのがユニークと、棋士間でも少し話題になったことがある。

(中略)

 感想戦終了直前。

「これはなんとかして秘密にしとかなあかん」と福崎。

「でも、将棋世界には少なくとも載るんじゃあないかな」と西川。

「隣は熱心に自分の将棋の感想戦をしているから、たぶんだいじょうぶかな」

 だが、隣で感想戦をしていた筆者もこれではいやでも聞こえてしまう。もちろんこうやって記事にもさせていただいた次第。西川のヨミは詰みの有無だけではなくて、終局後の変化予想も正確なようだった。

——————————

相手玉に詰みがあるのに投了してしまったというケースは複数例ある。

それにしても、1図から先手玉が詰んでしまうとはビックリする。

——————————

記録係に向かっての「ここで詰みがあったということは内緒にしといてなぁ」が、いかにも福崎文吾九段らしい絶妙な会話。

——————————

ここまで書いているうちに、福崎流の面白い大盤解説を聞いてみたくなったので、Youtubeを探してみると、見つかった。

大盤解説ではないが、このようなこともあったようだ。立会人としての新趣向。

 

 

非常にシビアな座談会

将棋世界1979年1月号、担当記者座談会「なぜ中原を倒せないのか」より。

出席者は井口昭夫さん(毎日)、田辺忠幸さん(共同)、表谷泰彦さん(日経)、山田史生さん(読売)、福本和生さん(サンケイ)。司会は清水孝晏編集長(当時)。

変貌した中原

福本 どうだろうねえ、最近の中原さん、ちらっと自己主張をみせるようになったんじゃないの。

山田 みせますね。

井口 やっぱり一流になったし、将棋に対する欲も出てきたんじゃないのかな。

福本 たとえば、タイトル戦の対局中に知らない人が観戦していたりすると、ボクらを呼んで”あの人に遠慮してもらってください”といったり。そんなこと絶対にいわない人だったのにね。

山田 そうそう。それはボクも経験ある。

井口 私もですね。

福本 今はね、そういうことをハッキリいいますよね。

田辺 それだけ将棋に身を入れてんだね。

清水 やっぱり将棋に欲が出てきたんじゃないですか。今までは我慢してた。

福本 がまんね。

田辺 当然我慢してた。

井口 それはある。

清水 自信を持ってきたし将棋を大事に思っているから、それだけ発言するようになってきたんじゃないですか。第一人者ですからそれは当然ですよね。将棋に打ち込むんだから。

田辺 遠慮していわない方がおかしいと。

山田 やはり将棋に打ち込む姿勢が他の人とは違いますよね。中原さんは若手棋士とか奨励会員とかで月1回ぐらい研究会を開いているそうですが、あれだって、今将棋を一番勉強しているのは奨励会員ですよね。新しい先方などに敏感なのはそういった人たちで、だから中原さんは指導するんじゃなくて、むしろ若い人たちの息吹を吸収してるんじゃないですか。

井口 奨励会員と一緒にリーグ戦なんかもやってるしね。

田辺 あれ、たしか2年ぐらい前からですよね。

山田 米長さん、やってないでしょ。

清水 いや、米長さんにもそういったグループはあるらしいけど。

田辺 でもやっぱり中原さんが一番勉強してるんだよ、上位クラスじゃ。才能がある上に勉強してんだから。

山田 米長さんというのは多少ポーズがあってね、全然遊びでやっているような感じで自分が一生懸命やっているような素振りをみせないところがあるからね。

一同 そうそう。

山田 米長さんは切れるという面があるから、自分もケガをするというようなところもあるんじゃないですか。

清水 ナタみたいな刀で切る方がね、切れ味悪いけど確実なんじゃないですかね。

井口 そうね。だから今度の名人戦の指し直しになった第5局ね、中原さんが仕掛けていけばよかったという説が多かったんですけれど、帰ってきてあとで皆で研究してたら、必ずしも名人がよくなかったという話が出てきたからね。

プロはハングリーになれ

清水 ある人がいっていたんですけれど、”タイトルを取る人はハングリーでなければ取れない”っていうんですね。そういう話もあるんですが……。

山田 それはね、ボクもいいたかったの。いま中原さんに対抗するような若手がね、あんまり出てこないでしょ。ボクはね、若手の収入がよくなりすぎたと思うの。

清水 そうですね。

山田 四段になれば月収30万円ぐらいあるっていうんですよ。普通のサラリーマンの課長部長クラスですよ、これは。四段になってしまえばそれでもう目標達成みたいな感じで、おもしろおかしくできるわけです。

井口 毎日働いているわけじゃないしね。

山田 皆、先生、先生っていってくれるしね。それでもうそれに満足しちゃって……楽にくえるわけです。

清水 その若手の生活ぶりと冒頭に掲げた”なぜ中原を倒せないか”といったことにも結びついてくるわけですよ。

山田 将棋界でね、いい生活して喰えるっていうのは上位の10人~15人くらいで、あとはもうまるっきり喰えないっていう状況の方が強いのがどんどん出てくる気がするけど。

井口 今はもうたくみに生活しているような感じだね。

清水 それでも、くえないくえないって…

田辺 ぶつぶついってるね。

福本 関連してるけど、森さんが冗談めかして”負けたものには一銭もやらんでいい”

一同 といってましたね。

福本 そういったものじゃないか!と。この道に入った以上は。それをね、悪平等でみんな平等にしてるけど、それはやっぱり勝負の気合をゆるめているんじゃないかな。

山田 月給制とかね。

一同 そうそう。

山田 あれはあまりよくないですね。ゴルフの賞金がすごいたって、あれは上の方だけでね、下の方は自費ですからね。

田辺 いまの制度じゃ、強い人は出てこないね。

山田 出てきませんね。

福本 よほど自立してやらないとね。

山田 だから今の制度はね。中原さんにとって非常に助かる制度ですね。”中原さんは強いから独り占めにしてもいい”と。だからもう自分は…。

清水 あきらめた(笑)。

井口 給料さえもらえればいい(笑)。

山田 賞金制になるのは非常に損だと思っているかもしれないけど、むしろそれは反対で、中原さんにプラスになっている月給制ですね。

田辺 本当にね。あと20年ダメかなっていっている棋士もいるしね。

福本 そうなの。

井口 戦わずして…(笑)。

山田 もうだめですよ当分、出てこないですよ。

清水 さみしいですね(笑)。

やる気の二上

清水 ところで棋聖戦はどうなってます?

福本 森安さんが出てて、二上さんと桐山さんの勝者とで挑戦権を争うわけです。

清水 もし二上さんが勝つと、名人戦と両方関連して…。

福本 おもしろいですね。

清水 二上さん好調の原因は何でしょう?

井口 痛風のせいでしょう(笑)。酒がおもうように飲めず、それにも増して節制してると。それとふがいない人が増えたから。

田辺 彼自身も、ここで一花咲かせようという気があるしね。人前じゃそんなこといわないけど、結果が如実に語ってる。

福本 この際、勝てるだけ勝とうと(笑)。

田辺 全部”挑戦者になる”ってはりきってますよ。

井口 有力だよね、名人戦も。1敗者がいないんだもんね。

一同 そうそう。

田辺 断然有力だよ。

井口 当面の敵も倒してるしね。

清水 その大山名人も、最近少し活躍してるんじゃないですか。

井口 今年はね。

田辺 去年が悪すぎたものね。

(つづく)

——–

いろいろな考え方はあるだろうが、死ぬほどの苦労をして奨励会を抜けて、その先に待っているのが「いい生活をできるのは上位の10人~15人だけで、1円の収入の保証もない世界」では虚しいし、将棋のプロを目指す人は激減するのではないだろうか。

そういう制度の方が強い若手棋士がどんどん出てくる、タイトルを取る人はハングリーでなければ取れない、という意見も、個人的には疑問を持っている。

いろいろな理由はあるが、そのそも理由以前に、対談のこの回で述べられていることが決して正しくなかったことは、その後の歴史が証明している。

この頃すでに谷川浩司九段がプロになっているし、羽生世代が奨励会に入るのも、この対談から4年後のこと。

どのような制度であろうが強い人が出てくるときは出てくるし、出てこないときは出てこないと思う。

・・・とは言え、これはその後の歴史を知っているから言える後出しジャンケンのようなもので、当時の意見はこの座談会のような雰囲気が大勢だったのだろう。

 

羽生善治棋王(当時)の痛恨の錯覚

将棋世界1991年6月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時 in大阪」より。

 4月12日、金曜日。この日は注目の一番に信じられないような出来事があった。南王将-羽生棋王の竜王戦である。今期の竜王戦1組は、最初から波乱が続発、ただならぬ雰囲気がある。特に中原名人、そして南、羽生はすでに敗者組に回っている。表でいくと、この3人はつぶし合いするわけで「あそこで絶対2人イヤな相手が消えるわけですから、私にとっては嬉しい展開」と谷川竜王。

 その生き残りをかけた一局、若くしてサクセスストーリーを歩んできた”東京ハブストーリー”と、5年前から土地を買っていて、先日庭つき一戸建ての家を建てた関西の堅実ナンバーワンの地蔵との対戦は予想どおり矢倉の勝負。

 羽生の玉頭攻め、南の端攻めの展開で、7図は南が▲1四香と走った所。

羽生南1

7図以下の指し手
△6五銀▲1三香成△同玉▲1四歩△2四玉▲3七桂△2五桂▲6五金△3七桂成▲1五銀△2五玉▲4四角(8図)

 羽生は南の王手攻撃に乗って、単騎王様一人でスクラムトライをかける。すごい度胸で、このあたりの強気が、先日棋王位を取った自信のようにも思えるが。

羽生南2

 8図以下は△8七銀▲同金△同歩成▲同玉△4四金▲2六銀△1六玉▲1七銀打△2七玉▲3七飛△1八玉▲3九飛(9図)と進んだ。

羽生南3

 この局面を見ていただきたい。南玉は△7六角と打たれると、どう見ても簡単に詰んでいる。こんな詰みは羽生が絶対見逃すはずはないのだが……棋譜の間違いかとも思える9図以下の指し手をどうぞ。

 △2七桂▲2九銀(10図)まで南王将の勝ち。

羽生南4

 何ということだ!詰んでいる王様を詰まさずに、受けたつもりの△2七桂は▲2九銀で以下△1九玉▲2八銀引の3手詰め。

 こんなばかな終局は考えられない。投了の瞬間の茫然自失の羽生の表情が目に浮かぶ。羽生も驚いた。私も驚いた。誰もが驚いた。いや、一番驚いたのは南だったかもしれない。間違いなく今期の珍局ナンバーワンだろう。

——–

羽生善治名人は、1989年(第2期)に竜王位を獲得して以降、一度だけ竜王戦2組に降級したことがあるのだが、降級が決まった一局がこの対局。

竜王位を奪われた翌期に2組まで一気に行ってしまうことになり、このパターンは昨年度の渡辺明棋王も同じ。

2組になった期に挑戦者となっているのも、羽生棋王(当時)と渡辺棋王の共通点。

棋王という点まで同じだ。

——–

それにしても、詰みを逃して、なおかつ守った手が守りになっていなくてトン死、という、通常のトン死よりも悔いの残る展開。

羽生名人にとっては非常に珍しいことであり、神吉五段(当時)が「こんなばかな終局は考えられない」と驚くのも無理はない。

 

井上慶太八段(当時)「もう立ち直られませんて、ホンマ」

近代将棋2002年3月号、神吉宏充六段(当時)の「関西マル秘情報」より。

 先ほどから登場している井上八段は、加古川在住の棋士だ。地元の将棋クラブや将棋イベントには欠かせない存在で、明るく楽しいキャラクターは関西でも地元でも人気者。一度は井上独特の関西弁と聞いて欲しいものだ。

 さて、村田四段に振られて、私は妻と子、井上八段は奥さんを連れて、計5人での食事会となった。

 その席で少し酒が入ったからか、ケイタ先生「ワシ、年末にエライポカやってまいまして……」と切り出した。

 年末と言えば最後に井上が戦ったのはB1順位戦で神谷広志七段との勝負。そこで「棋士になって初めての経験してしまいましたわ~」という一手を指してしまう。

 え?どんな手って。そりゃ、皆さんきっと一度はやったこともあり、やられたこともあるアレですがな!

「へえ、王手飛車に掛かってもたんですわ」と嘆く。なんでも8五飛戦法で4一玉のナナメの筋がスカーと開いていたのをうっかりして、△6九飛と打ち込んでしまったというのだ。神谷七段は首をびねりながら▲9六角と王手飛車。ケイタは思わず「アー!」って叫んでしまった。

「そりゃもう、飛び上がりました。だって作戦勝ちから盛り返されて、なんとか勝ちはないかと読みに読んで、この一手で勝負と打ち込んだんですから。それがなんと王手飛車や。もうワシいままでで一番ショックですわ。昔、小阪先生(七段)に必勝形の将棋を受けんでもええのに受けて、そんがまたタダ取られで必至まで掛かってしまうポカやりましたけど、今回のんはそれ以来ですわ。しかも順位戦や。ワシ、今年一年の集大成やと思って戦ったのに、集大成が王手飛車やったやなんて……もう立ち直られませんて、ホンマ」

 よくプロが王手飛車を掛けられるのは、読み筋、わざと掛けさせて勝負で王手飛車を掛けた方が負けると言われるが、この井上先生の場合はホンマモン。角を打たれた瞬間投了となった。

 私はあまりに気の毒なので、気分転換にとケイタをパチンコに誘ったが、そこでも瞬殺され、さらにショックは重なるのであった。次は二歩やな。

——–

どのような手だったのだろう。

近代将棋2002年4月号、鈴木宏彦さんの「プロが大ポカを出すとき」より。

  2図は昨年末に行われた井上慶太八段と神谷広志七段の対戦(B級1組順位戦)の終盤である。

井上1

 2図の△6五桂に後手の井上八段は1時間20分という大長考をした。△6五桂のところ、△5七桂成▲同玉△3六角(後手狙いの攻め)は、その瞬間▲6二とと銀を取る手がある。これは9一の馬が5五の金に当たっているので、際どく先手玉が寄らないのだ。

 そこで井上は考えた。△6五桂が苦心の1手。その狙いは▲6九桂△5七桂左成▲同桂△3六角(3図)という手順にある。

井上2

 3図で今度▲6二となら、△5六金と出る手が厳しく、後手が勝つという仕掛け。したがって先手は▲3六同歩と取るしかない。以下、△5七桂成▲同玉△6九飛と進んで4図。

 この4図が実現したとき、井上は勝ちを確信していたという。2図から△5七桂成▲同玉△3六角▲同歩△6九飛と進めば、やはり4図になるのだが、これだと前述の▲6二とがある。それを△6五桂▲6九桂の交換を入れることによって、▲3六同歩を絶対の1手にすることに成功したのだ。4図で▲6八銀なら、△4五桂▲5八玉△9九飛成で後手の勝ち。プロとして、まさに会心の読みだったに違いない。ところが……。

井上3

 たった1手。読みに読んだ井上八段にはすごい見落としがあった。

「あああああああああ」

 深夜の将棋会館に井上の叫び声が響き渡ったという。

「△6九飛と打った瞬間、見落としに気がついたんですわ。相手の神谷さんも何ごとが起きたのかと思ったらしいけど、そりゃ気がつきますわ」

 井上八段が見落としていたという手はもうおわかりだろう。4図では▲9六角の王手飛車がある。その▲9六角を指されて、井上の投了となった。もちろん、後手のなすすべはない。

 結果的に見ると、井上の長考は全く意味がなかったということになる。そもそも、2図からすんなり△5七桂成▲同玉△3六角▲同歩△6九飛と進んだとしても、やっぱり▲9六角の王手飛車があるから、その読みは根底から誤っていたのだ。あとになって考えてみると、2図の数手前の局面が問題で、ここではすでに後手の勝ちはなくなっていたのだという。

「四段になりたての頃、早指し戦の予選でただのところに角を打って負けたことがありますけど、それ以来の大ポカですわ」と井上八段。

 確かに、プロも人の子である。だが、超人的な読みを誇るプロが、たった1手の王手飛車をうっかりするとは……。人間とは不思議な生き物だ。

——–

非常に巧みな妙手順を読んでいただけに井上慶太八段(当時)のショックは大きかったことだろう。

——–

4図で先手の歩が9七ではなく9六にいれば王手飛車はかからなかったわけで、序盤に9筋の歩の突き合いがあったならば井上八段の思い通りになっていたことになる。

しかし、このような局面を想定して序盤に端歩を突くわけでもなく、本当に運が悪かったのだと言えるだろう。

——–

神吉宏充六段(当時)が書いた井上八段の叫び声よりも、鈴木宏彦さんが書いた叫び声のほうが「あ」の数が多いというのも、なかなか異例なことだ。