「奨励会」カテゴリーアーカイブ

先崎学五段(当時)「皆さんも本当の将棋ファンを自認するならば、奨励会の三段リーグの結果に一喜一憂されるがよろし」

将棋世界1991年5月号、先崎学五段(当時)の「公式棋戦の動き」より。

新人王戦

 奨励会の三段というと、昨今の新四段の抜群たる活躍をみても相当な実力を持っていると思うのだが、『将棋ジャーナル』誌によるとアマトップとの対抗戦ではほぼ五分の星で、そんなものかとも思うが、やはり強いのだろう。

 深浦三段が好調に勝ち進んでいる。競馬ファンの最高の喜びは、初出走の馬にダービー馬を予感することらしいから、皆さんも本当の将棋ファンを自認するならば、奨励会の三段リーグの結果に一喜一憂されるがよろし。そしてじっと5年ぐらい我慢して、今の羽生、森内、郷田クラスに彼らが成長したとき(5年もかからないかもね)やっぱりねと一人ニヤリと笑い優越感にひたれば、これ将棋ファンの醍醐味なり(枕草子みたいになってしまった)。

 棋風は矢倉の正統派だそうで、仲間の三段陣に言わせると、終盤にケレン味があるとのこと。これ今の若手棋士の特徴なり。富岡六段との一戦に於いても、緩急よろしきを得、1分将棋の富岡六段に対して時間を十分に余しての快勝は、いとすえおそろし。

 次の丸山四段戦を突破すれば、残りも強敵揃いなれど、決勝戦進出も夢ではなく、ただし日頃仲が良いといえども丸山早稲田大学、すんなりここを通すとは思えずいとおもしろし。乞御期待。

* * * * *

三段リーグ最終日の深浦康市三段(当時)。将棋マガジン1991年11月号、撮影は弦巻勝さん。

* * * * *

この時の深浦康市三段(当時)は、新人王戦の次の戦いで丸山忠久四段(当時)を破り、準々決勝で郷田真隆四段(当時)を破り、その20日後に四段昇段を決め、さらにその4日後の準決勝で森内俊之五段(当時)に敗れている。

勝った相手が凄いし、まさに「いとすえおそろし」の勢い。

* * * * *

「皆さんも本当の将棋ファンを自認するならば、奨励会の三段リーグの結果に一喜一憂されるがよろし」

この頃の三段リーグは次のメンバー。(敬称略)

  1. 小池裕樹(安恵 24歳)
  2. 真田圭一(加瀬 18歳)
  3. 豊川孝弘(関屋 24歳)
  4. 深浦康市(花村 19歳)
  5. 庄司俊之(佐瀬 22歳)
  6. 鈴木純一(佐伯 25歳)
  7. 近藤正和(原田 19歳)
  8. 斎田純一(高柳 19歳)
  9. 小牧毅(西村 24歳)
  10. 北島忠雄(関根 25歳)
  11. 飯塚祐紀(高柳 22歳)
  12. 中座真(佐瀬 21歳)
  13. 石堀浩二(石田 21歳)
  14. 田畑良太(大友 27歳)
  15. 荒井辰仁(西村 26歳)
  16. 小泉有明(佐藤義 27歳)
  17. 伊藤能(米長 29歳)
  18. 野間俊克(南口 26歳)
  19. 愛達治(佐瀬 26歳)
  20. 金沢孝史(勝浦 17歳)
  21. 木村一基(佐瀬 17歳)
  22. 秋山太郎(宮坂 23歳)
  23. 村田登亀雄(板谷四 26歳)
  24. 立石径(有吉 16歳)
  25. 三浦弘行(西村 17歳)
  26. 岡崎洋(所司 23歳)
  27. 石飛英二(田中魁 23歳)
  28. 小河直純(佐伯 22歳)

一喜一憂し甲斐のあるメンバー揃いだ。

* * * * *

二段時代から勝敗に一喜一憂するようにすると、更に醍醐味を味わうことができると思うが、場合によっては胃が痛くなることも増えてくるかもしれず、この辺のバランスが難しそうだ。

 

木村一基三段(当時)「ライバル視している金沢三段、真田三段の2人が競争相手です。ガンバリます」

将棋世界1989年8月号、駒野茂さんの「関東奨励会レポート」より。

 野間三段以来、関西とともに新三段誕生の報がなかったが、久々に聞けた。豊川孝弘新三段だ。

 彼は以前から有望視されていたのだが、二段に上がってからピタリと勢いが止まり、鳴かず飛ばずの状態だった。それが、ウエイトリフティングを始めてから、急に将棋に勢いが出た。私生活のリズムが良くなったのが、将棋に影響したのだと思う。

 22歳での三段は、決して早いとはいえないが、勢いを取り戻した元有望株に熱いエールを送りたい。

(中略)

 久々の大型新人か!こう驚愕させられたのは15歳の三浦弘行初段だ。1988年11月28日の例会から1989年6月7日までの成績が23勝9敗(.718)と恐るべき成績。この強さならば二段も間近だ。

(以下略)

* * * * *

将棋世界1990年11月号、駒野茂さんの「関東奨励会」より。

 第8回から参加となる、新三段5人に抱負を聞いてみた。

中座真三段(20歳)

「ガンバルだけです。一番一番大切に指していきたいです」

 真面目な性格でコメントも控えめ。しいて言えば、上位の6人は注意印(近藤、藤井、平藤、豊川、北島、深浦)、とのこと。

石掘浩二三段(20歳)

「みんな強いので、5割の成績を取れるかどうか。これまで(二段以下との対戦)とは違い、甘くはないですから。特に注目しているのは、豊川、藤井、飯塚さんです」

金沢孝史三段(17歳)

「一局一局を丁寧に指していきたいですね。ライバルですか、そうですね、木村三段です。気になる存在というか、強いと思うのは藤井三段です」

木村一基三段(17歳)

「ライバル視している金沢三段、真田三段の2人が競争相手です。ガンバリます」

真田圭一三段(17歳)

「強いと思う人は?ですか。そう言われても思い浮かばないですね。旧メンバー(第7回までの三段)とは当たったことがないし。正直分からないです。とにかく力一杯戦うだけです」

 5人のコメントを聞いた感じでは、人の強弱どうこうより、とにかく自分自身がガンバルしかない、という気構えのようだ。しいてあげるなら、藤井、深浦、豊川あたりを気になる存在として見ていて、特に藤井は高く評価していた。

 筆者の予想の、藤井は有力と思っている。将棋に勢いを感じるからだ。もう一人となると難しい。本来なら、ノータイムで豊川とあげたいところだが、生活リズムの乱れが気になる。以前のように体から”将棋に勝つ”という気迫が伝わってこない。人気にあげない理由がそれだ。新三段の評価は難しいが、旧メンバーの負け組よりは強いだろう。

* * * * *

「久々の大型新人か!こう驚愕させられたのは15歳の三浦弘行初段だ」

三浦弘行九段が将棋雑誌でとりあげられた、初めての記事だと思う。

* * * * *

「本来なら、ノータイムで豊川とあげたいところだが、生活リズムの乱れが気になる。以前のように体から”将棋に勝つ”という気迫が伝わってこない」

このように書かれた豊川孝弘三段だが、翌期に四段に昇段している。

二段時代が4年だったが、三段リーグは2年(4期)で卒業した。

豊川孝弘四段(当時)「人に情に燃えました」

* * * * *

この期の四段昇段は、藤井猛三段と平藤眞吾三段。

以後、(当時無印は三段)

四段昇段当時
豊川孝弘七段1991/10/1
深浦康市九段1991/10/1
真田圭一八段1992/4/1
飯塚祐紀七段1992/4/1
三浦弘行九段1992/10/1二段
伊藤能七段1992/10/1
川上猛七段1993/4/1初段
久保利明九段1993/4/1初段
行方尚史九段1993/10/1初段
岡崎洋七段1993/10/1二段
窪田義行七段1994/4/1二段
北浜健介八段1994/4/11級
矢倉規広七段1994/10/1初段
鈴木大介九段1994/10/1初段
北島忠雄七段1995/4/1
勝又清和六段1995/4/1二段
松本佳介六段1995/10/1二段
田村康介七段1995/10/12級
堀口一史座七段1996/4/12級
中座真七段1996/4/1
近藤正和六段1996/10/1
野月浩貴八段1996/10/11級

と四段昇段が続く。

木村一基三段が四段になるのは、1997年4月。

木村一基九段がいかに三段時代苦労したかがわかるとともに、この時点での二段以下の奨励会員にどんどん抜かれていったのだから、本当に辛かったことだろうと感じさせられる。

木村新四段誕生の日の模様を、奨励会時代のライバルだった真田圭一五段(当時)が書いている。

木村一基新四段と小林裕士新四段誕生の日

 

杉本昌隆三段(当時)「一刻も早く四段にならねば……」

将棋世界1990年9月号、「奨励会人物紹介 杉本昌隆三段」より。

将棋世界同じ号より。

 三段リーグもいよいよ終盤戦、関西の期待は杉本三段である。現在8勝4敗と三番手ながら、残り全勝ならば、直接対決もあるので逆転出来るかもしれない。

 彼は今21歳であるが、11歳小学生の時に入会しているから、もう10年目である。もっとも、入会が早かった為に6級から5級昇級に3年弱費やしているからで、途中はむしろ順調だった。三段になり、新人王戦でも活躍したから、三段リーグが始まった時も常に本命視されていたのに、それからもう3年、彼は期待を裏切っている。森安九段を信奉する、その振り飛車は研究が行き届いており(ある戦型などは詰みまで研究しているという噂だ)、それでもなお、序盤から時間を使ってしまうため、いつも秒読みになるが、その指し手は正確だ。そんな彼がまだ四段になれないのが不思議なのだが、その強烈な自負心をとっても、彼は立派に棋士の器である。

 ただ少し考え込むタイプのようなので、好きなクラシック音楽でも、「悲愴」など聴かずに、「運命」のフィナーレ「光の爆発」でも聴いて勢いをつけてきてほしいのである……。「社会的に見ても奨励会員の存在価値など無に等しい……。一刻も早く四段にならねば……」―彼の自戦記の一節である。

* * * * *

この期の三段リーグは、佐藤秀司三段(4位)がラス前の第1戦、13勝2敗を決めた時点で昇段が確定。

この時、杉本昌隆三段(14位)は10勝5敗、近藤正和三段(24位)が12勝3敗で、残る一つの昇段枠は、この二人に絞られていた。

ラス前の第2戦は杉本三段勝ち、近藤三段負けで、杉本三段11勝5敗、近藤三段12勝4敗。

* * * * *

最終日は第1局目が杉本-近藤戦の直接対決。

杉本三段が勝負手を放って勝ち、これで杉本三段、近藤三段とも12勝5敗。杉本三段は自力、近藤三段は他力となる。

最終局である第2局は、杉本三段、近藤三段とも勝ち、杉本三段の昇段が決まった。

* * * * *

「その振り飛車は研究が行き届いており(ある戦型などは詰みまで研究しているという噂だ)」

杉本三段は、村山聖四段(当時)から非常に高く評価されていた。

村山聖四段(当時)「杉本三段は全振り飛車党の中で唯一の本格正統派です。メチャクチャ格調が高いんですよ」

「郷田三段は体を鍛えるためにテニスをやっている。日焼けした顔が他の色白の三段陣と比べると印象的に映る。ただその健康的な郷田がなぜかひ弱に見えた」

 将棋世界1989年12月号、駒野茂さんの「奨励会三段リーグレポート」より。

 三段リーグ開始早々は、いつも決まって予想になるが、筆者としては毎回同じパターンではいけない、と、こう思いながらも、またやってしまった。

 第6回の表を見た読者感想はいかがなものだろう。この人に上がってもらいたい、これまでの奨励会の記事内容ではこの人が有力そうだ、などなど、色々な見方や予想があると思う。

 棋界での見方、評価では、杉本、郷田、丸山、深浦の4名を有力な昇段候補としている。

 筆者もそのラインが一番と思ってはいるものの、常日頃奨励会の例会でみんなの気迫、気合いに触れていると一概にその4名とも言えないのだ。

 第6回が開始される前までは、郷田、庄司、北島、平藤、田畑の5人を昇段候補として考えていて、将棋マガジン誌ではこう書いた。しかし、10月23日の例会を見た限りでは、この予想、少々心もとなくなってきた。庄司、北島、平藤の3人はいいとしても、郷田、田畑の両名に今ひとつ覇気を感じ取れなかったのである。

 郷田は体を鍛えるためにテニスをやっている。日焼けした顔が他の色白の三段陣と比べると印象的に映る。ただその健康的な郷田がなぜかひ弱に見えた。以前の精悍な顔つきではないのである。出だし2連敗。何か悩みでもあるのか。

 連鎖反応という訳ではないと思うが、田畑も今ひとつだ。田畑の気合いの入れ方のひとつに、対局中 郷田の顔を見るというのがある。同じ大友門下で、田畑が兄弟子。兄弟子としては、弟弟子に昇段争いで負ける訳にはいかない、という闘争心の高揚のために郷田の顔を見るのだが、肝心の郷田に気迫を感じられないため、田畑の気合いが乗らないのかもしれない。

 さて、昇段候補にあげた5名の中では、庄司、北島が最有力と考えている。

(以下略)

* * * * *

三段リーグ出だし2連敗だった郷田真隆三段(当時)。

しかし、この後、連勝などを続け、14勝4敗で四段昇段を決めることになる。(もう一人の昇段は丸山忠久三段)

* * * * *

「郷田は体を鍛えるためにテニスをやっている。日焼けした顔が他の色白の三段陣と比べると印象的に映る」

下の写真は、第2期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局〔羽生善治五段-森下卓五段〕第2局のもので、郷田三段が記録係を務めている。

この日は9月18日。

それほど日焼けしているようには見えないので、他の三段陣が全く日焼けさえしていなかったのか、あるいは10月23日までの間に郷田三段がテニスを集中的にやってかなり日焼けしたのか、どちらかということになるのだろう。

将棋世界1989年11月号、第2期竜王戦挑戦者決定三番勝負第2局〔羽生善治五段-森下卓五段〕第2局の時の郷田真隆三段(当時)。

* * * * *

「ただその健康的な郷田がなぜかひ弱に見えた。以前の精悍な顔つきではないのである」

日焼けした郷田九段、というのもなかなか想像がつかない。

郷田九段といえば、やはり色白という印象が強い。

郷田三段の日焼けした顔を見慣れていなかったので、以前とは違った印象に見えてしまった、という可能性もありそうだ。

* * * * *

丸山忠久三段(当時)と郷田真隆三段(当時)が四段に昇段した日

1990年3月、郷田真隆四段誕生の日

「一年中体を鍛え抜く男、豊川孝弘三段」

将棋世界1990年4月号、駒野茂さんの「奨励会人物紹介 豊川孝弘三段」より。

将棋世界同じ号より。

 ウエートトレーニングに始まり、はたまた自転車長距離ロードと、一年中体を鍛え抜く男、豊川孝弘三段。そのハードなスポーツメニューに加え、将棋も力強い(駒音だけという説もあるが)ので、”パワフル豊川”と呼ばれている。

 シュワルツェネッガーの大ファンである彼は、その肉体美に憧れ、一歩でも近づこうと鍛錬の毎日。その成果を銭湯のカガミに映し出して見るのが日課でもある。

 ある日、一緒に銭湯に行った。無論フロ上りにカガミの前に一緒に立ったのは言うまでもない。

 はずかしかった。

 片や中肉小背で三段腹の私と、長身で引き締まった筋肉を、ピクピクと動かすことのできる豊川とではあまりに対照的だったからだ。

 私はとぼとぼとロッカーに戻り、パンツをはこうとしたが、その時妙言を思いつく。

「豊川君、君のはまだ本物ではないね。シュワルツェネッガーは”ピクピク”ではなく”力こぶる”だよ。まだ修行が足りないね」と言った。

 そのあと、一緒に飲んで、豊川がヤカンを振り上げているシーンを連想したら、おかしくて酒がグイグイ飲めたのだった。

 将棋も、劣勢でマユ毛ピクピクでなく、力こぶる、よりパワフルになってほしいものである。

* * * * *

「力こぶる」は、この頃、アーノルド・シュワルツェネッガーが出演していた日清食品のカップヌードルのCMで出ていた言葉。

「豊川がヤカンを振り上げているシーンを連想したら、おかしくて酒がグイグイ飲めたのだった」というのも、このCMを連想してのこと。

* * * * *

昔の写真を見ると、奨励会時代の豊川孝弘七段が記録係をしていることが非常に多かった。

その中で、体も鍛え抜く。

奨励会に入ったばかりの鈴木大介少年が、控え室で豊川二段(当時)などの肉体の競演を見せつけられている。

控え室で繰り広げられた肉体の競演

* * * * *

豊川三段(当時)は、このすぐ後、頭ハネで四段昇段を逃すことになる。

近代将棋1990年5月号「第6回奨励会三段リーグ戦」より。

 残り6局となった時点で、郷田と豊川は全くの同星。この時から、順位の悪い豊川は、残す6局を全勝で走る気構えであったことだろう。郷田の力から見て、4-2から5-1は最低とるだろうから、追いつき追い越すにはもう一番も落とすわけにはいかない。4敗をキープできれば、さすがの郷田とて一つは落としそうだから、なんとか行けそうである。

 豊川は、苦難の道を乗り越えて目標の全勝をマークした。しかし、なんと郷田もまた6戦全勝とは。これには、驚いた。第三者が見てビックリなのだから、当の豊川は、さぞショックだったことだろう。最終戦の夜、仲間と飲んだ豊川は荒れたと聞く。こうした状況にあって平然としていられる人間など、いようはずもない。

* * * * *

豊川三段が四段に昇段するのは、ここから1年半後となる。

豊川孝弘四段(当時)「人に情に燃えました」