「奨励会」カテゴリーアーカイブ

先崎学初段(当時)の自戦記

将棋マガジン1985年7月号、「奨励会対局拝見」より先崎学初段(当時)の自戦記「時代を作るために」より。

 最近将棋が勝てない。奨励会は4連敗中だった。他の将棋もほとんど勝った覚えが無い。季節はもう春だというのに、この倦怠感はなんであろう。

 僕達名人を目指す者が奨励会の初段ごときでこの様なことを言っていてはいけないと思うが、のんびりやであるためあまり焦らないのは救われているのかも知れない。

 奨励会に入会したのが56年の秋ですからもう4年目、中学生四段を目指し頑張りたい。

昭和60年3月28日

▲初段 小池裕樹
△初段 先崎学

(中略)

気分を変えて

 久しぶりに気分を変える意味もあって飛車を振ってみた。振飛車という戦法は序盤の駒組が楽であり考えなくて済むのだが、その反面相手のいいなりにならざるをえないので、あまり好きな戦法ではない。

 皆、僕の序盤を下手だと言うが、今ではそうひどくはないと思う。ただ、昔はひどかった。今入会当時の棋譜を並べると気持が悪くなる。ただ適当に駒を動かしていた、という感じである。最初はみんなそうだったのかも知れない。

 さて本譜の△2二歩は、その場の思いつきである。この手の意味は、単純に飛車を2一迄成らせないということだ。もしかしたら新手かもしれない。

 1図で普通は▲6六角とでも打ち、以下△5五歩▲同角△4五桂のような手順でいい勝負だろう。しかし、本譜は有難かった。▲4四歩に手順に△5二金左としまれて、十分指せると思ったのだが――。

1図以下の指し手
▲4四歩△5二金左▲3五歩△4四飛▲6六角△5五歩▲2二飛成△4五桂▲同桂△同飛▲1一竜△4四角▲4一竜△5六歩▲5四歩△6六角▲4五竜△4四銀▲6六歩△4五銀(2図)

お願い

 どこでどうなったのか良く分からないが、2図となってはこちらが良いようだ。多分▲4一竜が悪手であろう。▲2一竜とでも指されればまだ難しいと思う。2図は香損であるが、居飛車の舟囲いと振飛車の美濃囲いとの堅さの差が現われている感じだ。

 途中どこかで▲9五歩と端を攻められるのが嫌だったが、相手の小池初段はやる気がしないということ。なつほど、そうかも知れない。

 数日前に若駒戦を所司三段と指し運良く勝たせて頂いた。

 現在奨励会員が参加できる棋戦は、この若駒戦と新人王戦だけである。しかも新人王戦は三段の中から数人が出れるに過ぎない。これでは少しさみしい。せめて月2回の例会、及び講習会の他に月に1回対局があるぐらいになれば良いのだが……。

2図以下の指し手
▲5三歩成△同金▲4一飛△4七歩▲同銀△4六歩▲4五飛成△4七歩成▲同竜△5七桂▲同金△同歩成▲同竜△4五角▲6七銀△2七飛▲同竜△同角成▲6八銀△3六馬▲5八歩△2九飛▲8六香△3五馬▲7五桂△7四銀▲4一飛△8八金(3図)

秒読みの中で

 現在奨励会の持時間は級1時間、段1時間半である。級はそうでもないようだが段の方はほとんど双方秒読みになる。本局もそのクチである。3図の少し前から秒読みである。

 △8八金と打てて少し良いと思った。ここの所で△5一歩とでも打てば長い将棋であるが、それだと▲4九歩と打ち返し難しい。自玉も相当危険であるが、秒読みの中で△8八金を決断できたのが本当の勝因だと思う。

 まだ難しいが、小池初段が諦めていたのであっさり終わった。対局中はもっとねばられるかと思っていた。

3図以下の指し手
▲8八同玉△6九飛成▲7九金△6八馬▲6九金△同馬▲4六角△6八銀▲8三香成△同銀上▲同桂成△同銀▲7三角成△同桂▲7四桂△9三玉(終図)まで、100手にて先崎の勝ち。

元天じゃない

 3図から勝ちは動かないが、余りにも淡白だったと思う。例えば▲8三香成の所で▲7八飛などとされたら、時間も無いし対局中は嫌だった。

 ともあれ勝ってホッとした。負け続けていると一生勝てない様な気がするのである。

 僕は2級に2年近くいた。その間、口の悪い周りの人達から「元天才」などと言われた。別に昔は天才だと思っていなかったので余り気にならなかったが、もう二度とその様な事はいわれたくない。

 将棋に強くなるためには、毎日棋譜を並べ詰将棋を解き、実戦を何番も指して真面目にコツコツと勉強するだけではいけないと思う。もちろん勉強は大切であるが、それを食物だとすると、それを消化するために必要ななにかがあると思う。それは人により違うが、スポーツであったり、読書であったり、また遊ぶことであったりするのではないだろうか。

 これからの将棋界は僕達の世代の時代であろうと思う。世代は、少しずつ変わり始めている。

 時代を人に切り分けてもらいそれにただついてゆくのはた易い。それならばだれでも出来る。

 しかし自分で時代を作るのは難しい。

 僕は自分で時代を作れる棋士になりたい。そのために今、出来る事は将棋を強くなり早く四段になるしかない。

 

〔師匠の米長十段から一言〕

 与五郎(先崎初段の愛称)は年齢的にいってもかなりのところまでいくのではないかと思っている。師匠としては早く一人前の四段になり、できることならばタイトルを争える棋士になってもらいたいと思っている。

 今は将棋だけに集中しなければいけない。他はなにもない。鼻血が出る程将棋を勉強しなくてはならない時である。それが、ある年齢に達したとき、それが18か20歳かは知らんけど、その歳になってから将棋だけでなく、幅広く勉強していけばいい。その時は、師匠の姿を思い出して(笑)そうすればいい。今は将棋だけ。

 あの芹沢でさえ、10代は将棋だけをやってきたのだから。

* * * * *

15歳の先崎学初段。

先崎学九段の文章が初めて世に出たのがこの自戦記だと思う。

* * * * *

「その間、口の悪い周りの人達から「元天才」などと言われた。別に昔は天才だと思っていなかったので余り気にならなかったが、もう二度とその様な事はいわれたくない」

「元天才」と言われて、気になっていたのか気になっていなかったのか、どちらにもとれる文章だが、この2年後、「元天才」という言葉が先崎三段(当時)の心を大きく傷つけることになる。

そのことについては、また後日の記事で。

* * * * *

「これからの将棋界は僕達の世代の時代であろうと思う。世代は、少しずつ変わり始めている。時代を人に切り分けてもらいそれにただついてゆくのはた易い。それならばだれでも出来る。しかし自分で時代を作るのは難しい。僕は自分で時代を作れる棋士になりたい。そのために今、出来る事は将棋を強くなり早く四段になるしかない」

まさしく羽生世代の出現を予告あるいは予言している。

将棋界の歴史的な時代の変わり目の前夜。

 

 

画期的だった奨励会特別選抜戦

将棋マガジン1985年10月号、「奨励会特別選抜戦開催のお知らせ」より。

 米長企画と本誌の共催で、次号から「奨励会特別選抜戦」が始まります。これは、次代の棋界を担う奨励会員の励みになるように、という意図で企画されたもの。これまでにないシステムを採用し、また賞金も奨励会員が参加する棋戦ではかつてない破格な額となっています。

エントリー制

 参加する、しないは本人の自由。参加希望者はエントリー料(千円)を支払うシステムです。

 すでに7月末日に申し込みは締め切られ、関東奨励会から66名、関西奨励会から25名の、計91名がエントリーいたしました。

 ちなみに関東、関西とも有段者は全員参加(計46名)。総平手戦にもかかわらず、級位者もほとんどが参加します。

予選は対局料なし

 前述のように、予選から本戦トーナメントの決勝まですべて平手戦。予選の組み合わせ抽選はすでに終わり、本戦への進出者も8月下旬には決定する予定です。

 予選の対局料はなし。これも棋界では画期的なシステムです。厳しいようですが、これによって参加者は一層の頑張りを見せてくれることでしょう。

 本戦入りは関東11名、関西5名の計16名。これは参加者人数の東西比で決められました。

破格の賞金

 予選を通過した16名に初めて対局料が出ます。と、ここまで書けばもうおわかりでしょう。つまりプロゴルフの競技システムと同じなのです。ただし、対局料が出る、といっても勝者と敗者が同額ではありません。ものすごーい差があるのです。

 まず1回戦の勝者の対局料は5万円なのに敗者はわずか1万円。2回戦以降はさらに差がついて勝者10万円、敗者1万円。準決勝は勝者20万円、敗者1万円。そして決勝は勝者50万円、敗者はやはり1万円という具合。つまり優勝すれば計85万円が手に入るわけです。これは奨励会員にとって大きな魅力。ある若手四段が「オレも参加したいよ」と語ったほどです。

(以下略)

* * * * *

決勝戦が51万円、準決勝が42万円、2回戦が44万円、1回戦が48万円で対局料総額は185万円。

これに記録係の人件費、関西から来る奨励会員の交通費、宿泊費などを考えると、総額250万円から300万円、余裕を持っても400万円ほどでこのような棋戦を行うことができる。

米長邦雄十段(当時)の素晴らしい決断だ。

* * * * *

この棋戦で優勝したのは”ベルサイユ高田”と呼ばれていた高田尚平三段(当時)。

羽生世代奨励会員は予選の段階で皆敗れている。

* * * * *

現在も、現在だからこそ、このような棋戦があっても面白いと思う。

 

関東奨励会期待の星・羽生善治三段(当時)

将棋マガジン1985年8月号、「公式棋戦の動き 第8回若駒戦」より。

 関東奨励会期待の星・羽生善治三段に関する情報を、少しお伝えしましょう。ん?ダメダメ。そんなに近寄っちゃ。この線から中へ入らない。

 昭和45年9月27日生まれの14歳。57年、第7回小学生名人戦で優勝。12月2日、6級で奨励会入り。58年2月3日、9勝3敗で5級。3月28日、4級。5月11日、3級。7月7日、2級。8月24日、1級。いずれも6連勝。59年1月11日、12勝4敗で初段。9月10日、14勝5敗で二段。60年4月25日、12勝4敗で三段。名人候補と騒がれるだけのスピード昇級だ。

 8図は対高田戦。ド必敗の将棋を頑張り抜いて投了一手前の局面。165手目▲4六桂打で、熱戦にピリオドを打ったのである。恐るべし天才少年ハブ。

* * * * *

羽生善治竜王の三段以前の昇段・昇級の日付が書かれている貴重な文献。

四段以降の昇段日付は次の通り。

1985年12月18日 四段
1988年4月1日 五段
1989年10月1日 六段
1990年10月1日 七段
1993年4月1日 八段
1994年4月1日 九段

こうやってみると、6級から始まって九段になるまでの間に、七段時代が相対的に一番長かったことになる。(僅差で次が四段時代)

もちろん、1989年に初タイトルの竜王を獲得して以降、羽生竜王が段位で呼ばれることは一度もなかったわけではあるが。(1990年に竜王を失冠して1991年に棋王を獲得するまでの期間は前竜王だった)

* * * * *

当時の将棋世界、将棋マガジン、近代将棋を見ても、意外なほど羽生善治奨励会員に関する記事は少ない。

まだ中学生だし、奨励会の間は周りで騒ぐようなことはせずに、将棋だけに打ち込めるよう静かにしておこう、ということだったのか、あるいは、ここまで凄い棋士になるとは予想をしていなかったか。

もしかすると両方の要素があったのかもしれない。

* * * * *

どちらにしても、この直後から、羽生善治三段(当時)の名前が将棋雑誌の記事にも登場しはじめるようになる。

 

 

「深浦2級は”なかなか強い”と有段者にもマークされている」

将棋世界1986年10月号、銀遊子さん(片山良三さん)の「関東奨励会だより」より。

 4月から7月までの4ヵ月間の成績優秀者の発表があり、表彰とともに賞金が授与された。

有段者
①森内三段 10-4 .714
②櫛田二段 11-5 .687
②小池裕二二段 11-5 .687

級位者
①深浦2級 18-6 .750
①真田2級 18-6 .750
③岡崎初段 16-6 .727
③丸山1級 16-6 .727
⑤菅沼1級 15-6 .714
⑥盛3級 17-7 .708

 有段者の部1位は森内三段。目立った活躍を続けていたから当然という感じである。

 が、7月に入ってやや失速気味で、6勝4敗の星は上がり目とは呼ぶことができない。ここから一気の7連勝でも見せてほしいものだが、静観して待つことにしよう。

 2位は、櫛田、小池(裕)の両二段が同率。

 よく勝っているのに昇段には結びつかないという意味で二人は似たもの同士といえようが、このあたりでそんなイメージを拭い去りたいところだろう。櫛田はあと3勝1敗、小池はあと5勝2敗でいい。二人の力ならさほど難しいことではないと思えるのだが、昇段がからむと”それ以外の力”がどこからかやって来ていたずらをするらしい。なんとか乗り越えてもらいたいものだが……。

 級位者では、深浦君と真田君が勝率首位を分けた。

 真田君は、12連勝という一発大駆けがきいた感じで、有段者にはまだ通じない(この日、小池英、中川に連敗)ようだが、深浦君は「なかなか強い」と有段者にもマークされている。記録係もすすんで数多くつとめているようだし、これから伸びる要素をたくさん持っている少年である。

 もちろん、真田君だって伊達に2桁連勝はしていないはず。2度、3度ともまれれば有段者の辛さが身についてくることだろう。舞い上がらずくさらず、精進してほしい。

 岡崎君は、好調の波に乗って入品を果たした。一度は2級に降級したこともある苦労人だが、へこたれず頑張ったのがよかった。42年5月4日生まれの19歳遅咲きだが、まだ間に合う。

 丸山君は表彰の常連。相変わらずよく勝っている。今月、昇段の一番を惜しくも逃したが、時間の問題だろう。文句なしの有望株である。菅沼君、盛君はまだ未知数だ。

* * * * *

「三つ子の魂百まで」という言葉が頭に浮かんでくるような文章。

この頃の深浦康市九段は非常にストイックな奨励会員だった。

「遊びの誘惑ですか?いろいろ話を聞いていましたから、手を出したら終わりと思っていました」と八段時代のインタビューで話しているように、兄弟子たちと食事に行っても、2次会へ行くのは「行ったら終わりですから」と必ず断っていたほど。

ストイックだった深浦康市少年

* * * * *

一昨日のA級順位戦最終局、一番最後に決着がついたのが久保利明王将-深浦康市九段戦だった。

深浦九段が勝って、自身の残留を決めるとともに、6者プレーオフになるという劇的な結果をもたらした。

* * * * *

もし、広瀬章人八段-豊島将之八段戦が最後に決着がついていたとしたら、6者プレーオフになるとともに広瀬八段が自力でプレーオフ出場を決めたという展開になり、これも方向性は異なるがドラマチックものとなっていただろう。

* * * * *

しかし、厳密には、負ければ降級する可能性を背負っていた深浦九段の状況の方がシリアスであり、そういった意味では久保-深浦戦が最後まで戦われていたということが、今回の最終戦一斉対局をより劇的なものにしたと言えるだろう。

* * * * *

今日、名人戦挑戦者決定プレーオフ1回戦、久保利明王将-豊島将之八段戦が行われる。

1回戦は挑戦者になるまで5勝しなければならない位置。

ここから5勝するということは、A級棋士がNHK杯戦で(A級棋士は2回戦からのシード)、相手が全てA級棋士である2回戦、3回戦、準々決勝、準決勝、決勝を勝つようなこと。

6者プレーオフはそれほど厳しい。

 

 

奨励会員が次から次へと質問する

将棋マガジン1984年3月号、「奨励会ニュース」より。

 年も改まり、心機一転今年こそはと心に誓っている奨励会員も多い。新年の初対局(11日)の奨励会に先立って、1月6日に講習会が開かれた。

 今日の講師は毎日新聞社の加古明光記者。記者になってからの体験談や新聞社の立場から棋士、または将棋連盟についての要望などを、約1時間にわたって講演。奨励会員もそのときは神妙に聞き入っていたのだが、講演のあとの質問になるとがぜん目の色が違ってきた。加古さんは将棋も担当されているが、年末のレコード大賞の選考委員でもある。それを知っている奨励会員が次から次へと質問するのである。

「松田聖子ちゃんと郷ひろみのうわさは本当ですか?」とか「中森明菜ちゃんのデビューのときの苦労話は?」などいろいろ飛び出した。これにはさすがの加古さんも困った様子。盤を離れると奨励会員も並(以下?)の少年なのである。

「私の通っている高校(代々木高校)は芸能界の人が多いのですが、醒めているところがあるように思うのですけどどうしてですか」という質問をした富岡三段。11日は四段昇段のかかった例会日である。

(中略)

 羽生が初段に昇ってきた。1局目は庄司初段に勝って昇段の一番を迎えた羽生は、2局目も勢いに乗って佐藤初段を破り晴れて入品。最近は勝負強さも備えてきたようだ。

 羽生の入会は57年の12月。1年ちょっとで6階級の進撃はたいへんな記録でもある。有段者とぶつかるこれからに注目したい。

(以下略)

* * * * *

この頃はまだ、日本レコード大賞も黄金期を過ぎていたとはいえ、大晦日の放送は視聴率30%を超えていた時代。

加古明光さんの講演が終わるやいなや、将棋に関することではなく芸能界の質問が次々と出たのは、とてもよく気持ちがわかる。

* * * * *

初段を認められることを意味する「入品」は元々は囲碁用語。

今まで「にゅうほん」と読むのだと思っていたが、あらためて調べてみると「にゅうぼん」が正しいようだ。

* * * * *

羽生善治竜王が初段になったのが1984年1月11日で13歳の時。

藤井聡太五段が初段になったのが2014年6月22日で11歳の時。

今日行われる朝日杯将棋オープン戦準決勝、羽生善治竜王-藤井聡太五段は対局前からマスコミが大きく取り上げている。

故・高田宏さん(作家、前将棋ペンクラブ会長)が何度か話されていたことだが、「どちらが勝ったほうが大きなニュースになるか、ということを考える」

羽生善治竜王-藤井聡太五段は、この一局だけを見ればどちらが勝っても大きなニュースになるだろうが、最も大きなニュースになるケースは、藤井聡太五段が朝日杯将棋オープンで優勝した場合だろう。

どちらにしても、注目の一戦。

中継(AbemaTV)