「奨励会」カテゴリーアーカイブ

「実はぼく、この中の坊瑞苑での最初の記録係なんです」

近代将棋1984年10月号、能智映さんの「呑んで書く 書いて呑む」より。

 その検討会を見ていて思い出すのが、谷川さんが王位戦で記録係をつとめたときのことだ。

 あれは勝浦修八段が中原誠王位(当時)に挑んだ年のことだから、昭和51年の第17期王位戦だった。場所はたしか兵庫県姫路市の「播龍」だったと記憶している。

 立会人の内藤國雄九段が背のヒロッと高い少年を連れて現れ、「この子は強くなりまっせ」と紹介してくれたのを覚えているが、もうそのころには”天才少年・谷川”の名は将棋界に知れ渡っており、わたしも当然、その名を聞いていた。

 こんどの王位戦の打ち上げの宴のとき、隣りに座った谷川さんにそんな話をすると、「ええ、そうでしたね。わたしは、あれが最初で最後のタイトル戦での記録係なんです」といって笑っていた。わたしにとっても大変光栄なことだが、いつか中原十段が「わたしもタイトル戦での記録はただの一度だけ。それも王位戦なんです」といっていたのを思い出す。何年のだれとだれの将棋かは忘れてしまったが、いつかまたチャンスがあったら聞いておくことにしよう。

 そのとき、中原さんが教えてくれた。

「あのね、奨励会員でも高校や中学に行っているものは、夏休みだけしかタイトル戦の記録をやることができないんですよ。もっとも、ぼくは高校卒業寸前、谷川君は中学卒業寸前に四段に昇ったんだから大差なんですけどね。ふっふっふ」

「なるほど」と思ったので、強く印象に残っている。

 その中原-勝浦戦の対局開始のときにおもしろい話がある。

 朝、例によって駒がきちんと並んだ。そんなとき、ときどきおもしろい話が出る。このときも、立会人の内藤さんはじめ、対局者の中原さん、勝浦さん、みんな明るい人なので、いろいろと出た。そんな笑いの中で中原さんがふっとわたしに向かっていった。

「あのね、能智さん。この谷川君はきっと強くなるから、いま”三段・谷川浩司”の色紙をもらっておくといいですよ」

 谷川少年は中学生の制服を着て、困ったような顔をしていた。ただ内藤さんが「そうや、そうや」といっていたが、もちろんかわいそうでもらう気にはなれなかった。いま思うと、やっぱり残念でならないが、谷川さんの天才ぶりを見るおもしろいエピソードではなかろうか。

 また話は今期王位戦第2局の打ち上げの席にもどる。ちょうど谷川さんの隣に井上君が座っていた。わたしからいえば一つ置いて向こう側の席である。

 そのとき、谷川さんと記録係の話をいろいろしていたら、聞いていた井上君が話に入ってきて言うのである。

「実はぼく、この『中の坊瑞苑』での最初の記録係なんです」

 そういえばそう。23期の王位戦、内藤-中原戦での記録係はたしか”この子”だった。きょう、このホテルの支配人が「最初にうちを使ってくださったときは内藤先生と中原先生の戦いで、午後1時47分に終わって大あわてしました」といっていたっけ。井上君もその対局をよく覚えていて話す。

「あれは谷川流の筋違い角の超急戦の将棋になって、77手で終わったんです」

 そこでわたしがからかい心を起こした。

「じゃあ、モナコのグレース・ケリー王妃が泊まったベットに最初におやすみになったのは君か?」

 それを知っている谷川さんはちょっぴり笑ったが、もっと若い井上君はちょっぴり赤くなっていた。

 というのは、このホテル、ポートピアに来られたモナコ王妃夫妻が「日本式のホテルに泊まりたい」といわれお泊めしたところだ。実は対局室がその部屋で、いつも記録係がその寝室に寝ることになっている。ちなみにその部屋代は1日5万円とか。

「ええなあ」と内藤さんも井上君に言っていたが、記録係でも、ときにはこんな役得があるのである。

(中略)

 つい最近のことだ。わたしは中原誠十段と某棋士の観戦記を書くために盤側についていた。どの将棋も序盤は比較的のどかだ。相手が考えているとき、中原さんとわたしは他愛のない話をしていた。すると中原さん、すっと横にある茶封筒を開き、一枚の紙片を取り出して、わたしのほうに差し出した。

「これ、見てください。おもしろいですよ」

 渡されたものは一見なんの変哲もない記録用紙である。さっと見たとき、「ずいぶんきれいな字だな」と思った。そして対局者が「王位・大山康晴 挑戦者・二上達也」と書かれているので「こりゃあ、古い棋譜だな」と興味を持った。

 中原さんは黙ってニコニコ笑っている。

 次に日付を見るのが普通だ。なんと「昭和39年8月31日」と記されている。そして「あっ」と驚いた。記録係の項にほんとに驚くべき人の名が書かれていたのである。

「三段 中原誠」

 なんと、これが冒頭に書いた中原さんの貴重な記録係の体験の棋譜だったのである。

 やや角張った字は、いまの色紙の字とそっくり。それが実にていねいに書かれている。しかも、終盤のノータイムの部分でも少しも乱れを見せていない。もちろんペンの肉筆だ。

 じっくり見たあと、「大変貴重なものを見せていただいて」とお返ししようとした。そしたら、ニヤッと笑ってまたびっくりすることを言う。

「この間、昔の物を整理していたら、これが出てきたんですよ。これ、王位戦のものだから、能智さんに差し上げますよ」

 ケロッとして言ったので、一瞬冗談かと思った。しかし次の瞬間、とび上がるほどうれしかった。

 いまも、その棋譜はすぐ横にある。もう家宝である。そしてまた欲が出た。

「谷川さんが三段のとき、中原さんが『色紙をもらっておけば』と言ってくれたが、あのとき棋譜をもらっておけば、二枚そろったのにィー」と。

* * * * *

「中の坊瑞苑」で最初に王位戦七番勝負が行われたのが、1982年の第2局だった。

この時の記録係を務めた井上慶太二段(当時)は18歳。

この半年後に、井上二段は四段に昇段している。

「心優しき青年 井上慶太四段」

将棋世界1983年4月号グラビア、「新星誕生!井上慶太新四段」。

* * * * *

「ちなみにその部屋代は1日5万円とか」

「中の坊瑞苑」の貴賓室の今日の料金を調べてみると、78,990円(2食含む、消費税別)。

35年前と比べても、それほど上がっていないことがわかる。

* * * * *

モナコのグレース・ケリー王妃は、元アメリカの女優で、1951年から1956年まで映画に出演していたが、1956年にモナコ大公レーニエ3世と結婚。

しかし、1982年9月14日、前日に起きた自動車事故が原因で亡くなった。享年52歳だった。

井上二段が記録係を務めた王位戦第2局が1982年8月5日~6日だったので、わずか1ヵ月後のこと。

井上二段にとっては、普通の人が感じる以上に衝撃的な出来事だったに違いない。

 

深浦康市初段(当時)の抵抗

将棋世界1988年12月号、駒野茂さんの「関東奨励会レポート」より。

「子供が三段かよ」―、こんな声が対局室でつぶやかれた。深浦が三段に昇段した瞬間である。

 深浦は入品から、破竹の勢いで勝ちまくった。二段に駆け登り、そして今、11勝4敗と昇段の一番を迎えて愛二段と対戦。1図はその中盤で、深浦が▲4六同角とした局面である。

(中略)

 深浦も「この手を指されていたら、大変でした」と。勢いのある者には、かならず運が向くというものであろう。

 昨年の奨励会旅行でのこと。深浦三段が休憩中のバスの中でX君を相手にこんな会話をしていた。

X君「おい、子供。ジュース買ってこいよ」

深浦「ガキが千円くれたら、買ってきてやるよ」

 年下の者にまで”子供”と言われた深浦三段。何とも言えぬ、涙ぐましい抵抗だ。しかし、今は以前とは違う。身長も伸びた、体つきも大人に、顔つきもしっかりと…。そして何より将棋の成長が素晴らしい。

 もう誰も”子供”などと言う者はいないだろう。それだけ成長著しいのである。

* * * * *

将棋世界1988年1月号グラビアより。1987年11月、茨城・袋田温泉での関東奨励会旅行。
将棋世界1989年1月号グラビアより。1988年11月、山形県天童市での関東奨励会旅行。前から3列目、左から2番目が深浦康市三段(当時)。

* * * * *

1987年の関東奨励会旅行、深浦康市初段(当時)がいじらしい。根性(ガッツ)が発揮されている。

* * * * *

1987年の関東奨励会旅行の時点で、深浦初段は15歳。

年下の関東の奨励会員は

金沢孝史1級(14歳)
木村一基2級(14歳)
鈴木大介3級(13歳)
行方尚史4級(13歳)
奥山浩士4級(14歳)
三浦邦治5級(13歳)
上田純一5級(14歳)
野月浩貴5級(14歳)
三浦弘行5級(13歳)
田村康介6級(11歳)

などで、他に6級に9人。

「おい、子供。ジュース買ってこいよ」「ガキが千円くれたら、買ってきてやるよ」は、お互いに多少ふざけてくだけた雰囲気でのやりとりだったかもしれないが、史実(といってもX君が誰かはわからない)は別として、X君が誰だったならドラマ性が最も高くなるだろう、と考えてみるのも面白いかもしれない。

 

郷田真隆二段(当時)奨励会時代最後の香落ち上手局

将棋世界1988年3月号、駒野茂さんの「関東奨励会レポート」より。

将棋世界同じ号掲載の写真。

 香落ち。駒落ち将棋の中で、一番難解であり、複雑なもの。奨励会はこの難問を完破して、上に昇って行かなければならない。

 今月は、この香落ち戦を採り上げてみる。

 香落ち下手を持った場合、戦型としては急戦策と穴熊にする指し方がある。他にも相振り飛車にするのもあるが、現状では先の二大戦型だ。上手は、△3五歩と歩を伸ばした三間飛車。あるいは△1四歩と端を突いての四間飛車。これが主流だ。

 郷田二段-岡崎初段戦で、岡崎が引き角から1筋突破を目論んだのに対し、郷田は軽く受け流そうと△2五歩(1図)と突いた所。

 香落ちで一番難しいと言われているのは、下手が仕掛けた直後だ。

 実戦では▲1四歩。岡崎はこう打てば△1二歩と受けてくれるものと思っていた。ところが郷田に△4四角と上がられて、1筋の飛、香が重いことに気付く。 

 この▲1四歩では、▲7七銀と上がるのが最善手。両者も局後この意見。攻めの途中で受けるのは、何となくおかしいようだが、こう指すと上手の指し方が、非常に難しい。たとえば、端(△9四歩)あるいは△4四角なら、▲7七銀の方が得をしている手と言えるからだ。それに、譜が進んで△6四桂と先手で打たれる手も防いでいる。

 こうした、相手の手を殺しながら、細かく指し進めて行くのが、香落ち将棋の難しさなのである。

 2図。

2図以下の指し手
△4三馬▲7六歩△同香▲7七歩△8六桂▲6八玉△7七香成▲同角△7六桂▲7九玉△4八と上▲4一飛△6一金(3図)

 ▲6二銀成として、岡崎は勝ったと思ったらしい。その気分を吹っ飛ばした、郷田の次の手が素晴らしかった。

 △4三馬! これが下手からの▲7二銀成△同玉▲4二飛△6二金▲8二金△6一玉▲4四飛成として、上手玉が詰めろになる順を消しながら、逆に、△8七馬以下の詰みを見せた絶妙手であった。

 岡崎は▲7六歩と突いて、必死に粘ろうとするが、郷田の打った△6一金がまたシブイ受け。これで絶対詰まない形にして、下手玉をじわじわと寄せて行く。こう指されては、岡崎に術はなかった。

 この一番を制した郷田は、次の愛二段戦にも勝ち、三段昇段を決めた。三段リーグに入ると、もう香落ち戦はない。この対岡崎戦が、郷田新三段にとって、最後の香落ち戦になったのである。

* * * * *

郷田真隆三段(当時)の、振り飛車らしい指し回しが印象的な一局。

居飛車党の奨励会員でも、香落ち上手では振り飛車を指さなければならず、そのような部分は本当に苦労をしたはずだ。

* * * * *

雑誌企画やイベントでのお好み対局で香落ちが指されることはまずないと思うので、郷田九段にとっては、この対局以来、香落ち上手は指していない可能性が高い。

 

米長邦雄九段(当時)「野球の優勝ではないが、昇段者にビールをかけようか」

将棋世界1987年12月号、駒野茂さんの「四段誕生のドラマを これから先が本当の勝負だ!」より。

 10月19日。第1回三段リーグの最終戦が、東京将棋会館で行われた。

 6月24日の第1局目から約4ヵ月。今ここに、その結果が出ようとしている。

 9時に開始された全8局の将棋も、12時を少し回ると5局が終了していた。残っているのは中川-中山戦、先崎-杉本戦、小池-藤原戦。どれも昇級がらみの将棋なので、緊張した面持ちで対局している。(14戦目が終わった時点で、先崎学三段、中川大輔三段が11勝3敗、藤原直哉三段が9勝5敗、第1回なので順位は無い)

 この3局の中で一番気になるのは、小池-藤原戦で、藤原が負けるとその瞬間に先崎、中川の昇級が決まる。自分達の将棋に関係なく、だ。

 当然気になるだろう。先崎はたまにだが、後ろを振り返って見る(形勢はどうだ)。しかし、やはり自力で決めてやるの気持ちがあるのですぐに自分の盤上に目を戻す。

 12時20分。床の間の背にした中山の背中がエビのように曲がり、

「負けました」

 中川は自力で昇級を決めた。

(中略)

 12時32分。小池-藤原戦は、藤原の玉が小池陣地(三段目)に入っていた。入玉か?と思わせたが、小池が追い戻している。どうも小池三段の勝勢のようだ。

 先崎の声がした。肩が下がっているところを見ると負けか。軽いはずの駒を重そうな手つきで持つ、それがやり切れない思いを表していた。

 12時34分。藤原が投了した。15秒位であろうか、盤上を凝視しながら藤原の唇が動く。声は出さないがその動きが、(何で…)そう言っているように見えた。

「楽勝かと思うたけど」(藤原)

「えー、ヒドかったですねえ」(小池)

 この瞬間、昇段者が決まった。

 この小池-藤原の結果が出ると感想戦をしている先崎の声が大きく聞こえて来た。手つきもバネのようにしなやかである。やはり他力とはいえ、昇級したことに変わりはないのだから。

(中略)

●米長宅での祝賀会●

 2人の昇級が決まった後、米長宅で祝賀会が開かれることになった(当日)。沼五段、室岡五段、中川四段、先崎四段、伊藤三段とともに、米長宅へと向かった。

 着くとすでに米長九段は座しており、

「いよう、まあ座りなさい」

とまねき入れてくれた。その時すでに、先崎昇さん(先崎四段の父)と中川真理子さん(中川四段の姉)がいて、笑顔で昇段者を迎えた。途中から米長九段のファンの方一人と佐瀬八段が加わり、会はいっそう盛り上がった。

 誰かが、

「野球の優勝ではないが、昇段者にビールをかけようか」

「そりゃいい。先崎、部屋の中ではまずいから、ちょっと外へ出ろ」

「いや~、やめて下さいよ」と言いながらも、喜びはかくせない。

「いや、まて。ビールではもったいない、あれは飲むものだ。そうだ、同じ泡ということで消化器を使おう」

「そんなもんかけられたら、死んじゃいますよ」

 先崎も この時ばかりは逃げの一手であった。祝賀会ならではの光景というべきか。

 宴たけなわ。それを静めるようにして、米長九段が―、

「将棋界には昔からしきたりがある。師匠に世話になってもその恩返しはしない。では、どうするか。師匠にするのではなく、弟子のめんどうを見ることが恩返しなのである。だから、二人にのぞむことは早く一人前になって、弟子をとる。それが将棋界への御恩返しなのだ」

 早く一人前に、米長九段はその言葉に力を込めていたように思う。二人の新たなる旅立ちへの、はげましの言葉であろう。

将棋世界同じ号、グラビアより。

* * * * *

将棋世界1987年12月号、「将棋パトロール」より。

 10月19日、「第1回奨励会三段リーグ戦」が終了した。

 全16局のリーグ戦、昇段者や戦跡等についての記事は190頁をご覧いただくとして、この欄では、記録面から「三段リーグ」を振り返ってみたい。

☆第1回奨励会三段リーグ戦☆

全136局(不戦局1)
先手78勝(勝率.578)後手57勝
関東奨励会13名 104勝104敗(.500)
関西奨励会   4名    32勝32敗(.500)
※従って、関東vs関西も勝率.500(52局=26勝26敗)だった。

※ ※ ※

 リーグ全体の特徴としては、やはり四段以上の公式戦同様、先手勝率が、非常に高い数字となっている点が挙げられる。

 先手番(各8局)では、17名全員が3勝以上をマークしているが、後手番(各8局)では、2勝以下に終わった者、5名を数えた。

 また、後手番で6勝以上を挙げた者が2名いるが、この2名(中川7勝、先崎6勝)が四段昇段を果たしており、”後手番を克服する”ことが、四段への絶対条件と言えそうだ。

 ところで、関東vs関西で指す場合はどちらかが(東京または大阪へ)遠征するわけだが、この遠征時の勝率を見てみると、

関東=.472(36局=17勝19敗)
関西=.438(16局=7勝9敗)
合計=.462(52局=24勝28敗)

となっており、僅かだが、遠征の影響が、あったようである。

 特に、遠征+後手番という条件になると、関東・関西合わせて.346(9勝17敗)という低勝率に終わっていて、”遠征を苦にしないこと”も、リーグ突破の条件として挙げることができるだろう。

 尚、四段昇段を決めた中川(13勝3敗)には、自分を除く勝ち越し者6名全員に対する勝ち星が含まれており、また、先崎(12勝4敗)の方は、負け越し者8名に対して、一つも取りこぼし(?)がなかった。

(以下略)

* * * * *

第1回三段リーグは、全員に順位がついていないので、頭ハネがない。

中川大輔三段が午前中に勝って昇段が1人確定。

残る先崎学三段(11勝3敗)が2連敗して、藤原直哉三段(9勝5敗)が2連勝した場合のみ、昇段決定戦が行われるという図式だ。

* * * * *

第1期竜王戦も、決勝トーナメントの準決勝が、挑戦者決定三番勝負と同じイメージとなる七番勝負出場者決定三番勝負だった。七番勝負出場者決定三番勝負が2つ行われ、その勝者同士が七番勝負を戦うという方式だった。(最後の十段だった高橋道雄十段は、この七番勝負出場者決定三番勝負からの出場)

第1期というのは、当然といえば当然だが、いつもとは違う意外性がある。

* * * * *

Wikipediaによると、ビールかけの発祥は、1959年の南海ホークス(現在のソフトバンクホークス)のリーグ優勝時、あるいは日本一になった時という説があり、どちらにしても場所は、南海の定宿であった中野ホテル(現在の中野駅南口、丸井のある場所だったと伝えられている)でのことだったという。

米長邦雄九段邸も中野区だが、中野ホテルのあった場所からはやや遠い。

* * * * *

「将棋界には昔からしきたりがある。師匠に世話になってもその恩返しはしない。では、どうするか。師匠にするのではなく、弟子のめんどうを見ることが恩返しなのである」

師匠を「先輩棋士」、弟子を「後輩棋士」、世話やめんどうを「世話やご馳走」に置き換えても、将棋界の昔からのしきたりになる。

 

「いや本当かよ。先ちゃんこんな事もするのか」

将棋世界1987年11月号、駒野茂さんの「関東奨励会レポート」より。

 職場や学校で、仕事や授業が始まる前など、ワイワイガヤガヤのおしゃべりなどは、日常茶飯事だ。

 奨励会もしかり。

 幹事の来る10分前位が、一番話しが盛り上がっている。

「この前の競馬、10Rを取り損ねちゃったよ。前もって予想していたのに、違う馬に目が行っちゃったよ」

「かあ~、中日つうのはほんと、だらしねえ~な。またゲーム差が離れちまった」

 他にも他愛のない事や、将棋の話などが入り交じっていて、まともに全部の話を聞こうものなら、頭がパニックになる位。

 そんな中、誰かが、

「あれ~、先ちゃんがバイトしてらあ」

「えっ、何それ」

 と言って、近くにいた数人の者が、声の主の周りに集まる。

「ほらっ」

 そう言って広げたのは、10月号『将棋世界』に載っていた”森田将棋”の広告であった。

 そこにでている少年に指を差し、

「いや本当かよ。先ちゃんこんな事もするのか」

「でも、これ本当に先ちゃんか?違うような気もするけど」

「このムクれた顔は、間違いなく先ちゃんだよ」

 先程から先ちゃんという人物が出て来るが、話の早い読者なら、もうお分かりであろう。先ちゃんとは、先崎三段のことだ。

 本人がいればこの場で確かめるのであるが、彼は三段リーグの対局で別室にいる。で、後で本人に、

「森田将棋の広告に出てるの、あれ先ちゃん?」

 と聞いたら、

「あり得ないでしょ!」

 と一喝されるように言われてしまった。

 下の写真と見比べていただくと分かるが、帽子をかぶらせればどう見てもそっくりだ。だからみんなに間違えられても無理はない。

 いくら当人が違うと言っても、当分の間はみんなに間違えられるだろう。そう思った時、一喝された時の先崎三段の表情が思い浮かんだ。

 あの時の顔付きは、本当に”少年”とそっくりだったのだ。

 

将棋世界同じ号掲載の写真。
将棋世界1987年10月号掲載の広告。

* * * * *

どう見ても、先崎学三段(当時)に似ているとは思えないのだが、もしかすると、将棋が非常に強い人の目からすると似て見えるのかもしれない。

* * * * *

とはいえ、広告の少年は小学生か中学生に見える。

この時、先崎三段は17歳。

それでも似て見えてしまうものなのだろうか。

どちらにしても、奥が深そうな世界だ。