「奨励会」カテゴリーアーカイブ

三段リーグ最終戦、対局の途中で撮影された写真

近代将棋1989年11月号、「第5回奨励会三段リーグ戦」より。

 畠山鎮、畠山成幸が昇段を果たした。ご存知のことと思うが、二人は一卵性双生児である。双子は、先に生まれた方が兄とされる。成幸の方が兄である。

(中略)

 リーグ最終日。午前中の一局に勝って成幸がまず四段昇段を決めた。最終局で残る一つのイスに自力で坐る権利を持つのは鎮、という状況にマスコミは色めきだった。これまで親子、兄弟の棋士はあったけれども、双児の棋士なんてもちろん初めてのことだ。それも同じ日に上がるかもしれないのである。

 最終局が指されている時、対局場と同階にあるロビーに行くと、数人のカメラマンが、自らの出番をジッと待っている姿があった。

 夕刻、勝負がついた。鎮が勝った。それとばかり対局室に入る。二人並んだ写真を撮るのがカメラマンに課せられた使命である。

 ところが、成幸の将棋は千日手となってしまっていた。千日手は即刻指し直しである。これでは狙いとする写真が撮れない。成幸の将棋が終わるのは、おそらく2、3時間後になるだろう。待つことは慣れっこになっているから良いとしても、それでは締め切りに間に合わなくなる恐れがある。写真の入稿が遅れてしまうと、他の記事にスペースを奪われてしまい、掲載がおぼつかなくなるかもしれない。新聞、写真週刊誌は、時間と他の記事との戦いがある。

 カメラマンらは、奨励会幹事の神谷広志六段と大野八一雄五段に申し込み、成幸の指している将棋を一時中断し、鎮と一緒の写真を撮るという手段をとった。

 すでに四段昇段を決めていたとはいえ、成幸にとっては鎮より一枚上に行くか逆に下になるかをかけた必死の勝負である。対戦者の郷田にしても来期の順位2,3枚は違う一番である。こういう事情をよく知っている、同室の三段の面々は、二人にカメラを向ける取材陣に対し、一様にずいぶん強引なことをするなという表情であった。正直なところ、筆者もこの時はそう思ったものである。

 しかし、今、思うに、取材陣のとった行動は正解であったと思っている。彼らの要請を受け入れた幹事も正着を指したと思う。翌日、数社の新聞紙面に双児の同時四段昇段が報じられ、続いて週刊誌にも記事が載った。将棋ファンのみならず、一般の多くの人の目に”将棋”が飛び込んだことに大きな意味がある。

 後日、数人の棋士にこの日のことを話したところ、対局中に写真を撮ったのは少しやり過ぎではないかという反応がほとんどであった。残念である。プロ野球や大相撲のように、将棋がもっと多くのファンを得ていくためにはマスコミの報道に対し、棋士が協力的でなくてはならない。

 プロ野球の選手は満員の球場でプレーすることを喜びとしている。報道陣がつめかければつめかけるほどハッスルプレーが出る。大相撲の力士もおんなじだ。観客に自分のプレーを見てもらい、その報道を通して、より多くの人に自分の活躍を知ってもらうのがプロとしても使命と心得ている。

 今の将棋界には、観客や報道陣を多少なりともうるさがるような雰囲気がある。プロとして、これでは主客転倒というものではあるまいか。

* * * * *

近代将棋同じ号に掲載の写真。

* * * * *

将棋世界1989年11月号、駒野茂さんの「奨励会三段リーグレポート」より。

 そして残り2局となったところで、順位順に畠山鎮11勝5敗、畠山成11勝5敗、郷田10勝6敗、鈴木10勝6敗、丸山10勝6敗の5人に絞られた。

(中略)

 気になるのは郷田-中山戦。畠山成が勝ったことによって、この勝負郷田負けなら畠山成の昇段が決まるからである。

 注目の一番は千日手に。指し直し局は中山の三間飛車穴熊に、郷田は居飛穴へと。その途上をついて中山は仕掛けるが、形勢は郷田やや有利に。しかし、中山の執拗な攻めを郷田が受け損ない、中山が制するところとなった

 その報を耳にした畠山成だが、回りに「おめでとう」と言われても「本当ですか?」と誰の言葉も信用しない。郷田-中山戦の秒読みをした者の「中山勝ちです」の言葉を聞いてもだ。

 畠山成、半信半疑の四段昇段。

 もう一人の昇段は最終戦に持ち越された。畠山鎮が庄司に敗れたからだ。

 この時点で畠山鎮11勝6敗、鈴木11勝6敗、丸山11勝6敗で、3人が横一線に並ぶ。順位の関係で、畠山鎮が勝ちなら文句なく決まりだが、負けると鈴木、丸山の順で、勝者が上がる。3人とも負の場合は、畠山鎮が昇段する。

 佐藤-畠山鎮戦。2図は佐藤不利だが、畠山の玉形がヒドイので、まだまだの観もある。

 丸山-古作戦は丸山の勝ち。丸山は他力昇級にかける。丸山に、「キャンセル待ちだね」と言うと、「エヘヘ」という顔をしていた。

 鈴木-村松戦は鈴木の勝ちになっていた。この瞬間、丸山の昇段の目は消える。

 畠山鎮か鈴木か、最終戦で昇段が決まるという素晴らしい舞台。その絶好の場面を見逃すはずもなく、取材班がジリジリ、と対局室に入り込んで来て、2人の近くに迫った。それを意識してか感想戦中の鈴木の体は小刻みに震え、対局中の畠山の目は時おり周囲を見る。その時、「負けました」の声。パシャ、パシャ、フラッシュが室内をよりいっそう明るくした。その中で、より輝かしく見えたのは畠山鎮。この瞬間、兄弟同日昇段という快挙が生まれた。

* * * * *

史上初の双子の棋士の誕生、しかも同じ日に。

このような確率は天文学的に低いはずだ。

* * * * *

この日の1局目で敗れて昇段を逃してしまった郷田真隆三段(当時)だが、撮影のための中断があった最終戦の対畠山成幸三段(当時)戦に勝ち、意地を見せている。

郷田三段は、次の期の三段リーグで昇段している。

1990年3月、郷田真隆四段誕生の日

 

今泉健司6級(当時)「いやー、100回負けの将棋だった」

近代将棋1988年6月号、「第3回奨励会三段リーグ」より。

 新人の中では屋敷がグルグルの二重丸と言ってもよいほどの大本命。強者ぞろいの三段の中にあって、その棋才はひときわ輝いて見える。こんなことを言うと、他の三段はオコルと思うが、芹沢流でいうところの「将棋の格が違う」のである。

 屋敷の将棋を数局ほど見た印象では、勝負のつけ方というか、勝負のつく場所が他の者とは違う。例えば、攻められそうになっている展開の将棋だとして、他の者はまずとにかく破られないようにと必死に防戦する。それがなんとか成功した時は良いが、ひとたびどこかに欠陥が生じ、破綻をきたしてしまえば、将棋もそこで終わってしまう。屋敷の場合は破られた後を見ている。敵の侵入をあっさり許しはしても、そこで負けにしてしまうということはない。破られても悪くないというより、逆に鋭い反撃を浴びせて優位に立ってしまうことさえある。

近代将棋1988年7月号、「第3回奨励会三段リーグ」より。

 田畑、藤原の走りっぷりは予想通り。郷田も白星を重ね、大がけの気配である。

 新人の将棋を見る時、筆者はその終盤を見る。昨今の情報時代にあっては、序盤戦は多少の努力をすれば誰でもブリッ子できるので、その上手下手を見ても、本人の素性を正しくつかむことはできない。その点終盤戦ともなれば、知識という化粧は全く役に立たない世界になる。そこでの戦いぶりを見れば、その人の素っ裸の強さを見ることができる。

 終盤力という面から見た郷田の印象は、二重丸である。いずれ昇がる人であるから、別段あせることもないけれど、世に出るのは早いに越したことはない。

近代将棋1988年7月号、「関西奨励会」より。

 あと今泉6級が7勝3敗と、あと2番。彼は奨励会に入会する前から有名で、噂になっていた程、口がうるさいそうだ。流石に、将棋を指している間はそうでもないが、感想戦が始まれば、すぐわかる程だ。相手の投了直後に、「いやー、100回負けの将棋だった」とさけび、成績を付けに立ち上がったところも見たことがある。上に昇がれば、何かにつけて話題になりそうで楽しみだ。

* * * * *

屋敷伸之三段。郷田真隆三段。やはり後のトップクラスの棋士たちは、奨励会時代からひときわ輝いていたということがわかる。

* * * * *

「序盤戦は多少の努力をすれば誰でもブリッ子できるので、その上手下手を見ても、本人の素性を正しくつかむことはできない」

”ブリッ子”は死語に近いが、非常に斬新に聞こえる言葉だ。

* * * * *

今泉健司6級はこの時14歳。

「奨励会に入会する前から有名で、噂になっていた程、口がうるさいそうだ」

この若さで、変わった分野ではあるけれども、有名になっていたのだから、すごい。

* * * * *

「上に昇がれば、何かにつけて話題になりそうで楽しみだ」

紆余曲折はあったが、今泉四段は、この時の想定をはるかに上回る話題を創り出すことになる。

「名前が同じケンジで、しかも生意気なことも言って、とにかくよくしゃべる」

 

香落ち上手・郷田定跡

将棋世界1988年7月号、駒野茂さんの「関東奨励会レポート」より。

将棋世界1988年3月号掲載の写真

 色々な局面、例えば絶妙手、珍手、大悪手などが出た場面はないかと嗅ぎ回っていたら、ある局面に出くわした。1図がそれで、ここで岡崎初段は△3二飛と回ったと言うのだ。

「何を考えていたんでしょうかねえ。あり得ない手ですよね」と、言いながら、以降の手順を見せてくれた。

 1図から△3二飛▲2六飛△3三飛▲1七桂△1四歩▲2五桂△3二飛▲1四香=上手敗勢

 この形にも定跡がある。1図から△3三角▲6八玉△1二飛▲7八玉△6二玉が最も自然な、よく指される順。この後、上手は玉を囲い、離れ駒をなくしてから、チャンスと見れば△1四歩と突き出して行くのが”郷田定跡”と呼ばれる新しい指向。

「僕もこう指す予定だったんです。ところが指したのは△3二飛。嗚呼ー」

(以下略)

* * * * *

郷田真隆九段は、奨励会時代、自戦記で「僕の目標は、名人になることと、もう一つ升田先生や米長先生のように、将棋史にのこる新手を多く指すことです」と書いている。

郷田真隆二段(当時)の自戦記「失敗を恐れずに」

様々な新手を編み出している郷田九段だが、奨励会時代から目標に向かって邁進していたことがわかる。

居飛車党なのに、香落ち上手(振り飛車)での「郷田定跡」なのだから、なおのこと格好いい。

 

1988年春、新三段の抱負(平藤三段、畠山鎮三段、郷田三段、小倉三段、屋敷三段)

将棋世界1988年6月号、「奨励会三段リーグレポート」より。

新三段の抱負

 今回の新参加は7名。そこで、この7人に今回のリーグ戦を戦うにあたっての抱負、それと質問等を浴びせてみた。

 まずは関西勢から。

―関東勢との対局、一戦交えた感想は?

平藤三段「棋風が分からず、とまどいを感じました」

―展開は、どのようになると思いますか?

「最後の最後まで、分からないと思います。ガンバリたいです」。

(中略)

 残る一人、畠山鎮三段に話を聞こうとしたものの、畠山成三段と双子の兄弟なので、どちらか分からずじまい。そこで、近くにいた平藤三段に聞くと、「メガネを掛けている方が兄(成)で、そうでない方が弟(鎮)です」と。

―初めての三段リーグ、とまどいは感じましたか?

畠山鎮三段「関東の人の棋風が分からないのが…。でも、いざ戦いが始まれば、関係ない!」

―今回の戦い方などは?

「1期で、それも1位で抜けたい。ペース配分は特に考えてなく、一局一局を大切に戦う、ということです。ただ、高校を卒業して、生活のリズムが変わり、それがどう影響するか…」

 次に関東勢。

―今回の戦い方、それと予想出来る昇級点は?

郷田三段「ガンバッて行くだけです。考えられるのは13~14勝。でも、13勝では順位が低いと危ないでしょう。長丁場ですが、連勝して突っ走って行きたい」

―どんな思いで、今回の三段リーグに挑みますか?

小倉三段「特に思いはありません。しいて言えば、棋風の分からない関西勢との対戦は、気にせずに戦って行きたいです」

―ズバリ、昇級ラインは?

「13勝5敗か14勝4敗ですね」

(中略)

―今回のメンバー中、最年少ですが、いかなる戦い方を?

屋敷三段「特に考えていません」

 以上がインタビューの内容ですが、初戦の緊張からか、やや口が重くなっているのが感じ取れました。

(以下略)

* * * * *

新三段の抱負が記事になるというのは意外と珍しい。

中学生になっての抱負、高校生になっての抱負、大学生になっての抱負、社会人になっての抱負はあるけれども、その一つ手前の新小学6年の抱負、新中学3年の抱負、新高校3年の抱負、新大学4年の抱負、は滅多に聞かないのと同様だ。

そのような状況もあってか、実戦的な回答が多い。

* * * * *

関東勢は関西勢の、関西勢は関東勢の棋風が分からないことを挙げている。

奨励会員同士でも、相手の棋風を研究して対策を練っていたことがわかる。あるいは奨励会だからこそ、より強く、相手の棋風を意識していたのかもしれない。

* * * * *

相手の棋風が分からないことを気にしていない郷田真隆三段、屋敷伸之三段の「特に考えていません」が、それぞれ個性が表れている。

 

「鳴りもの入り達」と紹介された奨励会員たち

将棋世界1989年3月号、駒野茂さんの「関東奨励会レポート」より。

鳴りもの入り達の紹介

 アマ棋界で輝かしい棋歴を持ち、そして奨励会に入ってくる若者が増えてきた。そこで、彼らのことを紹介したい。

小川浩一初段(1981年中学生名人・中学生選抜戦優勝、21歳)

 これ程素晴らしい棋歴の持ち主はいない。それに、将棋祭りでは無敵を誇っていた程だ。現状はどうか。どうも低迷気味である。生活パターンを変えて、復調してもらいたいものだ。入会当初、手には棒銀アラカルトの本を持ち、襟を正していた姿がなつかしい。

勝又清和初段(1983年中学生名人、19歳)

 初段までは順調であったが、ここでピタリと止まってしまった。早指しで、奇麗な将棋であるが、上に行くためには、ここで一工夫が必要と思う。

川上猛2級(1986年中学生名人、16歳)

 とにかく口数が少なく、おとなしい若者である。それが災いしてか、伸び悩んでいた。しかし、最近では盤上に荒々しさをみせ、闘志満々である。伸びが期待される。

立脇敬一5級(1987年中学生名人、15歳)

 昨年入会したばかりで、分からないことが多い。しかし、新入会の中では抜けている存在だ。

瀬川晶司1級(1984年中学選抜戦優勝、18歳)

 もの静かな男だ。成績も牛歩のあゆみという感じ。大崩れもなく、大勝ちもしないタイプであるが、このところ好調だ。ガンバッてほしい。

鹿島寛4級(1985年中学選抜戦優勝、17歳)

 爆発的な瞬発力が必要。年齢的なこともあるので、ここらで一つ奮起してほしい。

斎田純一初段(1983年小学生名人、17歳)

 とにかくいつも連盟にいる。不思議に思う程。これだけ真面目?に将棋に接することは、いいことだ。今後もこの姿勢が良いと思う。

窪田義行初段(1984年小学生名人、16歳)

 考え方に独特なものがあり、それが彼の個性でもある。一時ファミコンに凝り、その影響もあってか2番連続降段の一番を迎えてしまったが、気を取り直して何とかそれをこらえた。遊びも程々に。

将棋マガジン1984年6月号グラビア。撮影は弦巻勝さん。

野月浩貴3級(1985年小学生名人、15歳)

 一時期5級→6級へ逆噴射してしまったこともあったが、最近はまあまあである。ここらで止まっている男ではないと思うが。

将棋マガジン1985年6月号グラビアより。撮影は中野英伴さん。

鈴木大介初段(1986年小学生名人、14歳)

 好青年である。そして、大器でもある。これからの注目株だ。

将棋マガジン1986年6月号グラビアより。

田村康介4級(1987年小学生名人、12歳)

 落ち着きのない少年だ。その影響もあって、勢いはいいが、見落としも多い。落ち着くことが、好成績につながるであろう。

将棋世界1987年6月号グラビアより。撮影は中野英伴さん。

* * * * *

中学生名人、中学選抜戦優勝者は記事が載っていないことが多く、写真を見つけることができたのは小学生名人だけだったが、このように写真が並ぶと、とても感慨深い気持ちになってくる。

* * * * *

例えば丸山忠久三段(当時)は1984年の中学生名人だが、ここで紹介はされていないので、初段以下の奨励会員を紹介の対象としたのだろう。

* * * * *

鈴木大介初段(当時)の「好青年である。そして、大器でもある」という評が、現在の鈴木大介九段そのままという感じがする。

窪田義行初段(当時)と田村康介4級(当時)の評は、思わず笑みがこぼれてしまいそうになる。