「奨励会」カテゴリーアーカイブ

元祖天才少年

将棋世界1986年3月号、銀遊子さん(片山良三さん)の「関東奨励会だより」より。

 先だってアッという間に奨励会を駆け抜けていった羽生善治が出現する以前には、”天才少年”といえば米長十段門下の先崎学の頭の上につく形容詞と決まっていたものだった。

 ところがこの先崎、11歳6級で入会以来、初段までは周囲の期待通りに順調に上がってきたものの、なぜかそこでバッタリ足を止めてしまったのである。

 原因は、そんなことは第三者にはわかるはずがない。本人だってなにがどうなったのかわからないうちに後から来たヤツラにどんどん追いつかれ抜かれていくのを不思議に感じていただろうから。ただ、率直に感じたままのことを言わせてもらうと、先崎の将棋には以前の勢いがなくなったということだけは断言できると思う。「将棋にナキが入って強くなった」とはよく聞くセリフだが、先崎の場合はナキが入り過ぎて持ち味までけずり取られてしまったという気がするのである。

 その先崎が、羽生が抜けていったのを見て吹っ切れたか、久々に上がり目を作った。村松(公)を破って通算7連勝を果たし、昇段の一番を迎えたのだ。元祖天才少年の復活か、これは見逃すわけにはいかない。

 相手は昨年有段者の勝率部門で第2位をとった豊川二段。この豊川も先崎にとっては後輩で、2級の時に6級で入ってきたはずなのに、いつの間にか地位が逆転しているのだから勝負の世界は恐ろしい。過去の対戦成績は、豊川がなんと6戦全勝なのだという。これは後で聞いたのだが、そういえば先崎ははじめからイヤそうな顔をして指していたことを思い出した。いわゆる「天敵」の関係になってしまっているらしい。

 なるほど、出だしから先崎のデキがよくない。豊川は負けるはずがないと思って指しているし、先崎はまた勝てないんじゃないかの気持ちが底にあるからその差が出てしまう。それでも2図は先崎がかなり盛り返した場面。しかし、次の一手が問題でまたダメにしてしまう。▲5九香が、△5四馬を消して好手のようだが敗因。

(中略)

 どうも、元祖天才少年もガッツ豊川には分が悪いようであるが再始動の手応えは十分ある。今後の動向を注目したい。

—————-

私の話だが、学校の授業を真面目に聞いていれば、家に帰ってからそれほど勉強しなくても良い成績を取れていた時代があった。

それが小学1年から中学2年まで。

ところが中学3年の1学期になったら、学内での成績順位が急に下がり始めた。

私自身は何も変わっていなかったので、最初はなぜ自分の順位が下がったのか、原因がわからなかった。

周りが高校受験に向けて頑張り始めたのだという、非常に当たり前なことに気づくのは、第一志望の高校に落ちて、第二志望の高校へ入ってからだった。

思い出すと、塾などにはもちろん通わず、参考書や問題集も買わず、勉強時間もあまり変わらず、従来通りのスタイルを続けていただけだった。この頃は将棋にも夢中になっていた。

—————-

先崎九段の著書によると、この頃の先崎少年は麻雀、パチンコをたくさんやって、タバコや酒も覚え始めたのだという。

先崎学九段と私を比べたらバチが当たるが、先崎少年の場合、才能だけで(私の場合は学校の授業を真面目に聞くだけで)、順調に進めたのは初段まで(私の場合は中学2年まで)ということになる。

—————-

しかし、それも人生。

そのような過程を経てきたからこそ、現在の多才な先崎九段が生まれたのだと思う。

私も、第一志望の高校に受かっていたら、そのままのスタイルが続き、何も気づかなかったと思う。

もっとも、先崎九段がすごいのは、遊びはそのまま続け、将棋に対する取り組みを強めて、四段になったこと。

 

 

羽生世代奨励会入会半年目の頃

将棋世界1983年5月号、滝誠一郎六段(当時)の「奨励会熱戦譜 新四段誕生の一局」より。

新入会員

 57年度入会した者も早や6ヵ月の月日が流れた。皆、平均して成績はいいようだ。

 我々の頃は、弱くても入会できたため半年間はほとんど勝てず、次の入会者を待って成績を上げたものだ。ところが最近は、入会した時点で相当な棋力を持っており、すぐに昇級していく者が目立つ。棋士のほとんどが、自分達の頃と比較して5、6級の者でも強いのに驚いている。同期で成績のかんばしくない者は、遅れをとらないように努力してほしい。

研究会

 有段者ともなると自分の決めた道に対し自覚を持って研究会という場で棋力の向上を求めているようだ。

 私の聞いた話では、研究会員は多少の会費を払い、優勝あるいは準優勝の者へそのお金を割り当てている。それと下位2、3名は、罰金を払う厳しさである。研究会では自分の不得手な戦型で指したり、指定局面を試しているようだ。また、人間的なつながりができ、数少ない友人を得られると同時に競争心が起き、会員にとってプラスになるであろう。こういう傾向は大変すばらしいことと思うので、やめることなく続けてほしい。

ハイキング、一泊旅行

 毎年春になると、ハイキングが行われ、運動不足の会員にとっては、気持ちのよい一日を過ごすと思う。(中には、迷惑がっている者もいるかもしれない)

 前回は、山のコースを選んだため、だいぶまいった者を見かけた。それでも夕食の時には全員はつらつとしてよく食べてくれた。

 今年もよいコースを選び、盤を離れて、清々しいアセをかきたいと思っている。

 秋には、一泊旅行が行われる。春のハイキングと違い親睦が主目的であり、級位者は、有段者に顔を覚えてもらうというのは、プラスになるのだから積極的にアピールして自分を知ってもらうことだ。

 昨年は、愛知県三谷温泉に一泊し、板谷進八段に世話をしていただき、トヨタ自動車工場を全員で見学させていただいた。普段将棋盤に向かっている奨励会員達が関心を持っていない世界を見ることができ、各自いろいろ心に期するものがあったと思う。これらの行事は、奨励会の時のよい思い出になるだろう。

(中略)

57年度の四段昇段者

<関東奨励会>
大野八一雄(椎橋五段門下)
加瀬純一(松田九段門下)
飯田弘之(大内八段門下)

<関西奨励会>
井上慶太(若松五段門下)
有森浩三(有吉九段門下)

大野八一雄
明るい性格で人付き合いが良い。将棋連盟卓球部の幹事をしている。趣味は、音楽、囲碁、ドライブ(最近免許を取ったばかりで、近くの喫茶店に行くにも車で行こうとするので仲間は呆れている)。女の子にもてそうなので少し心配である。

加瀬純一
ホストクラブのホストみたいに、いつもキメており、酒が強く、歌もうまく、さっぱりしていて実に気持ちがいい男だ。師匠がもっとも可愛がっている弟子だ。趣味は野球で、連盟の野球部ではレギュラーである。

飯田弘之
宗教に理解を示し、また、棋士ではただ一人の大学生(上智大学4年)である。奨励会の時に奨励会運動部の幹事をやってのけ、仲間から慕われている。趣味は、運動関係ならほとんどこなす。

(中略)

 四段というのは、あくまで出発点に立ったということに過ぎない。奨励会に入る時は、だれもが高い目標を持って入会しているはずである。そこで私が新四段の人達に言いたいことは、いつまでも高い目標を持っていて欲しい。五段、六段、七段というのは、目標までを一つの長い道にたとえると、連盟が適当なところに線を引いただけのものなのですから。

————–

昭和57年12月奨励会入会の羽生世代奨励会員、羽生善治5級、森内俊之5級、郷田真隆6級、関西奨励会で佐藤康光5級の時期。先崎学2級は前年の昭和56年入会。

「57年度入会した者も早や6ヵ月の月日が流れた。皆、平均して成績はいいようだ」と書かれているが、その後の時代に起きる大きな流れの序章であることは、この時点で奨励会幹事の滝誠一郎六段(当時)も想像はしていなかったことだと思う。

————–

「秋には、一泊旅行が行われる。春のハイキングと違い親睦が主目的であり」とある。

普通はハイキング=親睦ではないか、と突っ込みたくなるところだが、そうでないということは、ハイキングの主目的は体を動かすことによる気分転換なのだろうか。

————–

私はホストクラブについては詳しくないが、1983年の頃の「ホストみたいにキメている」というと、ソフトスーツにネクタイはロベルタ、カフスも身に付けている、という雰囲気になるのだと思う。

ただし、滝六段のホストに対するイメージが1970年代のものだったとしたら、濃紺のスーツに白いワイシャツ、髪型をバシッとキメた雰囲気となる。

1970年代のホスト

現代のホスト

————–

「そこで私が新四段の人達に言いたいことは、いつまでも高い目標を持っていて欲しい。五段、六段、七段というのは、目標までを一つの長い道にたとえると、連盟が適当なところに線を引いただけのものなのですから」は、素晴らしい贈る言葉。

 

 

奨励会のモグラ叩き

将棋世界1984年4月号、銀遊子さん(片山良三さん)の「関東奨励会だより」より。

 ニョキッと頭を出すと、ハンマーでポコッと叩かれる。三段陣の厳しい星のつぶし合いを目のあたりにすると、あの「モグラ叩きゲーム」をついつい連想してしまう。

 頭を出すのは好調なモグラ、ハンマーを持って待ちかまえているのも同じ種類のモグラである。どっちのモグラも、頭頂部に多かれ少なかれコブをこしらえているのがおかしい。

 先月号で、「6連勝でかなり有力」とお伝えした所司は、その後1勝を加えたものの、大きなコブを3つももらってしまいフラフラの状態。まだあきらめてはいけない星だが、客観的に見れば、もう終わっているだろう。勢いが無ければ上がれるものではない。

 入れかわるように頭を出してきたのが日浦だ。今月全勝で通算5連勝、9勝3敗の目もある。「くやしいけど、強いんだよ、アイツは」という評判を聞く。ちょっと暗い影を感じさせる、一匹狼的な雰囲気がある男。もうすぐ19歳だ。他のみんなはさっそく「日浦市郎を叩く会」を結成して対抗に動くらしい。来月がヤマ場である。

 目立たないように勝っているのが安西。8勝4敗の星だ。12勝4敗を一度取っているのであと4つでいい。こうやって、頭を低くしてハンマーに見つからないようにするのが、案外うまい手かも…

—————-

将棋世界1984年5月号、銀遊子さんの「関東奨励会だより」より。

 まわりのムードが「あいつは強いから(四段昇段させても)仕方がない」とならないと、奨励会というところはなかなか卒業させてもらえないことになっている。

—————-

日浦市郎三段(当時)は1984年4月4日に四段に昇段する。

「○○を叩く会」のような会ができた時は、逆に昇段間違いなしの実力になっているということなのだろう。

—————-

1965年度から1988年度までの四段昇段者数は次の通り。

1965年度  3
1966年度  3
1967年度  3
1968年度  3
1969年度  3
1970年度  2
1971年度  2
1972年度  2
1973年度  2
1974年度  5
1975年度  8
1976年度  7
1977年度  1
1978年度  4
1979年度  4
1980年度  8
1981年度  5
1982年度  5
1983年度  4
1984年度  6
1985年度  6
1986年度  7
1987年度  3
1988年度  4

1959年度から1973年度までは東西決戦の時代。二つのリーグの1位同士が昇段を懸けて戦った。(1962年度から1968年度までは前期・後期の東西決戦の敗者同士の決戦が行われ、この勝者も昇段できた)

1974年度から1986年度までは三段リーグがなく、二段以下と同じような昇段規定だった(青い色の期間)。

1987年度から現在の三段リーグとなった。

—————-

「モグラ叩き」の他にも、水平方向に開いた穴の奥から突然顔を出すワニを叩く「ワニワニパニック」というのもあった。

どちらにしても、現実のモグラ叩きは一人で何匹ものモグラと対峙しなければならないので見逃しも出るが、奨励会の場合は複数の人がピンポイントで狙ってくるので叩かれる大変さはケタ違い。

厳しい世界だ。

 

 

奨励会入会試験問題(1981年版)

将棋世界1981年12月号、「昭和56年度奨励会入会試験」より。

 今年度の関東奨励会入会試験は10月14、15日および21日に将棋会館で行われました。受験者数は昨年の記録をあっさり更新し関係者を驚かせる一幕もありました。この問題は14日に出題された筆記試験、第一問は比較的やさしく受験者もスラスラと解いていましたが、第二、第三問と進むうちにピタッと筆が止まり腕組みして考える者も……。ちなみに受験者数75名中100店満点は2人、平均は72点でした。制限時間は60分。さあ、あなたは何点取れる?

第一問 知識問題

1.現在のタイトル名と保持者名を漢字で書きなさい。(10点)例(名人=中原誠)

(   )(   )(   )(   )(   )

2.(  )内をうめて格言を完成させなさい。(10点)

(   )は近づけて受けよ。
(   )八手の得あり。
 歩越し銀には(   )。
 金銀の逆形(   )。
 開戦は(   )。

第二問 詰将棋(①…10点 ②…15点)

第三問 次の一手(共に先手の手番 ①…15点 ②…15点)

 

第四問 読みの問題(25点)

2図を盤面に書きなさい。

1図よりの手順
▲2五歩△同飛▲6三銀成△同銀▲5四歩△5五歩▲同飛△4四銀▲5三歩成△同銀▲3四銀△2一飛▲2三歩△4六歩▲同歩△5一角▲5三飛成△同金▲3三銀成△2八飛▲4五桂△5四金▲2二歩成(2図)

—————-

この年の奨励会入会試験(東京)は、75名が受験し20名が合格。(前年は59名が受験し20名が合格)

先崎学少年(11歳)が3度目の受験で5級で合格している。

この期で四段以上になったのは、先崎学九段、中座真七段、岡崎洋六段、関西では阿部隆八段。

——–

第一問の1。

正解は、

十段=加藤一二三
王将=大山康晴
王位=中原誠
棋聖=二上達也
棋王=米長邦雄

リアルタイムなら易しい問題だが、今なら超難問。

——–

第一問の2。

正解は、

(大駒)は近づけて受けよ。
(玉の早逃げ)八手の得あり。
歩越し銀には(歩で対抗・歩で受けよ。どちらも正解)。
金銀の逆形(無筋なり)。
開戦は(歩の突き捨てから)。

金銀の逆形無筋なり、は意外と知られていない格言。

金銀の逆形筋悪し、と言ってしまいそう。

——–

第二問①。

▲3一銀不成△2一玉▲1二角△1一玉▲2二銀成△同玉▲2三歩△1二玉▲3二飛成△1一玉▲2二竜まで11手詰。

第二問②。

▲1三角成△同玉▲2五桂△1二玉▲2一飛成△同玉▲2二銀△同玉▲3四桂△3二玉▲3三金△3一玉▲2二桂成まで13手詰。

2題とも、言われてみればそうだけど絶対にこんな手は思い浮かばない、と言いたくなるような手数の割には難しい問題。

——–

第三問①。

▲6三角不成が正解。

△同銀なら▲8三桂△同銀▲8二金以下後手玉は詰む。

▲6三角不成のところ▲6三角成としてしまうと、△2七香不成▲同馬△2八歩▲同馬△同金成▲同玉△4六角▲2九玉△2七歩で必至。

▲6三角不成なら△2七香不成▲同角で、△2八歩と打てず後手は金縛り状態。

第三問②。

▲1七桂。

これしか助かる道はない。

——–

第四問

——–

先崎学少年の入会により、羽生世代の幕開けとなる。

羽生善治三冠、森内俊之九段、佐藤康光九段、郷田真隆王将などが入会するのはこの翌年のこと。

将棋世界のこの号の「棋友ニュース」の八王子将棋クラブの欄には、「11歳の羽生善治君五段昇」と載っている。

 

 

奨励会入会試験問題(1980年版)

将棋世界1980年12月号、「公開!奨励会試験」より。

 今年度の関東奨励会の入会試験は10月の7、8日および16日に将棋会館で行われましたが、この問題は7日に出された筆記試験です。第一問の知識問題は常識のテストで比較的易しいのですが、第二問の詰将棋や第三問の次の一手などはかなりハイレベルな問題になっています。ちなみに受験者59名中100点満点は1名。平均は55.5点でした。制限時間は60分です。あなたもチャレンジしてください。

第一問 知識問題

1,歴代永世名人の名前を書きなさい。(10点)

十一世名人( 伊藤宗印 )
十二世(       )
十三世(       )
十四世(       )
十五世(       )
十六世(       )

2.(  )内をうめて格言を完成させなさい。(10点)

(  )接近すべからず。遠見の(   )。金底の(   )。(   )歩のえじき。(   )歩ともせよ。

第二問 詰将棋(その1…10点  その2…15点)

次の詰将棋を解きなさい。

1980%e8%a9%b0%e5%b0%86%e6%a3%8b%ef%bc%91

1980%e8%a9%b0%e5%b0%86%e6%a3%8b2

第三問 次の一手(共に先手の手番 その1…10点  その2…15点)

1980%e6%ac%a1%e3%81%ae%e4%b8%80%e6%89%8b1

1980%e6%ac%a1%e3%81%ae%e4%b8%80%e6%89%8b2

第四問 読みの問題(25点)

2図を盤面に書きなさい。

1980%e5%9b%b3%e9%9d%a2

1図よりの手順
△5六歩▲同歩△8八角成▲同銀△3三角▲2一飛成△8八角成▲7七角△8九馬▲1一角成△5七桂▲5八金左△5六飛▲6八桂△4九桂成▲同玉△5八飛成▲同玉△6二玉▲5三歩△7二玉▲5五馬(2図)

——–

この年の奨励会入会試験(東京)は、59名が受験し20名が合格。

その中で四段以上になったのは、故・小野敦生六段、北島忠雄七段、日浦市郎八段、佐藤秀司七段、中田功七段。

——–

第一問の1。

これは易しい問題。

正解は、

十二世名人 小野五平
十三世名人 関根金次郎
十四世名人 木村義雄
十五世名人 大山康晴
十六世名人 中原誠

——–

第一問の2。

正解は、

玉飛、角に好手あり、歩岩より固し、桂馬の高とび、二枚換えなら

解答が名詞だけでは済まない問題が多いので、やや緊張しそう。

——–

第二問その1。

▲2三飛△3二玉▲4三銀△同歩▲2一飛成△同玉▲3三桂△3二玉▲2三金まで 9手詰

第二問その2。

▲1五飛△1四歩▲1二桂成△同玉▲2三銀△同玉▲2四歩△1三玉▲2三歩成△同玉▲2五飛△1三玉▲2四竜△1二玉▲2三竜まで 15手詰み

私にとっては勘弁してほしいほど難しい。特にその2は合駒が複雑そうに見えて困る。

——–

第三問その1。

▲9四歩が正解。

以下、△同歩▲9二歩△同香▲8三金で先手優勢。

なかなか気が付かない攻め筋。

辺境の島の隅にある小さな飛行場を重装備で攻撃するようで少し気が引けるが、敵玉に近いので効果的ということなのだろう。

第三問その2。

▲7七角が正解。

以下△3三桂なら、▲3六歩△2六角▲3七銀で先手優勢。

ひたすら▲5三飛成を狙う一本気さに好感が持てる。

——–

第四問

ゴキゲン中飛車の序盤に似た局面だが、戦前に流行した横歩取りの変化で、手順中の▲6八桂は加藤治郎名誉九段の新手。

1980%e5%9b%b3%e9%9d%a2%ef%bc%92

——–

私がやったら、普通で20点、バイオリズムの良い日で35点といったところだろう。

平均は55.5点。やはり第二問以降は難問だったのだと思う。