「振飛車党の古き良き時代」カテゴリーアーカイブ

振り飛車党はそれを我慢できない

将棋世界1994年3月号、神吉宏充五段(当時)の「対局室25時 in 関西将棋会館」より。

 大阪・ミナミ。バブルが崩壊した今もなお、若者を中心に活気溢れる街。

 夜のネオンに彩られた午後七時、ドラマのアクションシーンを彷彿とさせる光景に出会った。

 男が車のボンネットの上に飛び乗り、左右両窓をガッチリ手で押さえ、フロントガラス越しに車の中に乗っているアベックに何やら怒鳴っている。

 「おら、落としてみんかいコラ。やってみい!」

 アベックも何やら言い返している。

 「のけ、のかんかい。ひき殺すぞオッサン」

 「おう、やらんかい。おら、おら」

 またたく間に野次馬が群がる。

 「何じゃい、何やっとんねん。おお、おもろいやんけ」

 車は低スピードで蛇行し、男がバランスを崩して地面にはった瞬間、男を無視するかのように走り去った。いや、走り去ろうとした。

 車の不運は繁華街の道路だったこと。信号と多くのタクシーが道を塞ぎ、思うように前へ進めない。

 地面を舐めた男は、パンパンとズボンの汚れを払い、野次馬に一瞥くれてから先の車に一目散。

 「おらぁ、ようやってくれたのう。出て来んかい」。思いっきり車の目に付いた所を蹴り上げる。

 中のアベックは狂犬のような男を相手にせず、信号が変わると逃げるように走り去る。また次の信号で止まる。それを見てまた男が追いかける・・・。

 その後どうなったかは見なかったが、車に向かっていった男の根性は、いかにも関西や、あきらめが悪いけど一応勝負しとるのうと、感心してしまった。

 C2の順位戦も残すところあと3局。昇級を目指す者にとってはどんなかたちでも勝ちたいところ。それこそ、反則でも何でもいい・・・。

 1図は神崎五段-植山五段戦の投了図。

神崎植山1

 中盤必敗だった神崎、なりふり構わず駒を張り、一目散に入玉を目指した。

 結果は植山が寄せを誤り、神崎の逆転勝ち。まったく、関西の根性男は執念で生き残ったのう・・・。

   

 さて2図は、その将棋の序盤戦。現代矢倉を知らない私にとって、それは何か未知の異星人の会話を聞いているような、不思議な気分にさせられる手順だった。

神崎植山2

2図以下の指し手

▲5八飛△6四銀▲3八飛△5三銀 (3図)

 「これが最善なんですよ」と若手奨励会員が言う。つまり▲5八飛から▲3八飛が、相手に銀出を強要させて銀引きを余儀なくする。これで先手が一手得だと言う。

 私が疑問に思うのは、後手がむざむざ一手損して最善だと言われるところ。何で?最善とは損しても待つことなんだろうか。

 それならもっと前に損しない対策があるのとちゃうんやろか・・・。さらに不思議な手順が続く。

神崎植山3

3図以下の指し手

▲9八香△4二銀▲2五歩△3三銀引▲1七香 (4図)

 先手は▲9八香と手を待つ。後手は2手連続銀を引く。それを見て自ら攻撃形を否定するような▲2五歩。何でや、この形は▲2五桂と跳ねるのとちゃうかったんかいな。そして△3三銀引に▲1七香・・・そっ、それやったら少し前に▲1八香と指すところで、最初から▲1七香と上がってええのと違うん?

神崎植山4

 これが最近の流行形なのか。こんな難解な手順を矢倉党は日夜研究しているんだろうか・・・振り飛車党の皆さん、矢倉を理解しようとするのはやめましょう。

(以下略)

—–

神崎健二五段(当時)はこの対局直前まで順位戦で7勝0敗、この期、9勝1敗で昇級を果たすことになる。

—–

振り飛車党にとっての矢倉。

娯楽小説が好きな人にとっての純文学、と言っても良いのだろう。

難解な作品が多いので、かなり敬遠してしまう感覚。

最近はネット中継などで一手毎に解説がされ、矢倉の中盤戦での難解な指し手の意味も理解できるようになってきたわけだが、昔はそうではなかった。

—–

私は本を読んで、その本が面白かったら、その作家が書いた本を徹底的に読むという読書スタイル。

学生時代に阿刀田高さんの短篇集「ナポレオン狂」を読んで、あまりの面白さに、既刊の書籍を次々と読み尽くすとともに、それ以来10年以上、阿刀田高さんが新しく出す本はほとんど買って読んだものだった。

小林信彦さんの「唐獅子株式会社」、大沢在昌さんの「新宿鮫」、司馬遼太郎さんの「項羽と劉邦」、逢坂剛さんの「カディスの赤い星」然り。それぞれの作家の他の著作にもはまっていった。

数少ない例外が村上春樹さんだった。

「ノルウェイの森」が出版された頃に読んで、とても雰囲気のある素晴らしい小説だと思った。その後すぐ、村上春樹さんの他の小説を三冊ほど買ってきて読み始めた。

一冊目を読んで何か雰囲気が違うなと感じ、途中でやめて二冊目に。

二冊目も序盤で馴染めずに三冊目に。

三冊目も同様。。

「ノルウェイの森」が村上春樹さんの作品の中では違った傾向のものだったということを理解した。

村上春樹さんの小説は、文章は平易だけれどもストーリーが難解なものが多いと言う。

ノーベル文学賞を受賞した大江健三郎さんは、文章もストーリーも難解だ。

昭和の振り飛車党の私にとって、純文学と矢倉は同じようなイメージだ。

故・米長邦雄永世棋聖は「矢倉は将棋の純文学」と語っているが、この場合の”純文学”の意味は「王道」というニュアンスがあったと言われる。

とにもかくにも、純文学という表現は、いろいろな幅広い意味で解釈できそうだ。

振り飛車党受難(2)

将棋世界1992年10月号、奥山紅樹さんの「棋士に関する12章 『少数派』」より。

 将棋戦法の隆盛と衰退は、時の棋界第一人者の動向とぴったり一致している。

 かつて大山康晴・升田幸三の両巨人が健在だった1960年代後半から70年代前半にかけて、両者の振り飛車を打ち破り、あるいは模倣することを軸に、プロ棋界が展開した。

 しかし、棋界第一人者の交代とともに振り飛車はしだいにシンパ(同調者)を失い、居飛車(相矢倉・相掛かり・角換わりなど)が棋界の主流となった。

 棋士はそれぞれ個性強烈に見えて、意外に付和雷同、多数に身を置きたがるのである。

 では、振り飛車は戦法として劣っているのか?それはない。もし中原・谷川らが飛車を振り、イビアナに連戦連勝すればふたたび「振り飛車王国」が来よう。

 故・大山康晴十五世名人は筆者に

 「奥山さん・・・本当の名人上手と言われる人は、戦法によって将棋の勝ち負けが左右されるなど思っちゃいないですよ・・・弱い者が居飛車穴熊指せば負けようし、強い者が飛車を振れば勝つ・・・ただそれだけのことです。

 と語ったことがある。

 「だから、時の名人は『この戦法はダメだ』など、言わんでしょう。戦法いうのは、衣装みたいなもんです。和服やから勝つ、洋服やから負ける言うのはおかしいんで、本当の第一人者は『将棋の勝敗は(戦法とは)別のところでつく』と思っとるですよ」

が、大山語録の結びだった。

 ―将棋の勝敗は戦法ではない。勝敗は別のところでつく・・・。

 これを聞いた時、観戦記者は何かあっけらかんとした気分になったものだ。

 じゃあ、どうして大山名人は飛車を振るのですか?食い下がった筆者に、

 「それは・・・大山に飛車を振らせたらうるさい、皆がそう思ってるから振るんです。それが本音の半分、いうところじゃないですか」

 にこにこと笑って、話は終わった。笑顔の裏にしたたかな人間性、言葉を変えれば悪魔性がのぞいた。

 大山語録には、人間の存在のありようをめぐる「本当のこと」がある。

 将棋は戦法だの、システムだのの優劣ではない。あくまで人と人のたたかいである。

 この世に健康・人格・識見・才能・技術五拍子そろった完全な人間はいない。ゼロだ。

 われも不完全、彼も未熟である。ミジュクモノどうしが、精一杯の技術を駆使して、どろどろ・パチパチ・すったもんだ・組んずほぐれつをやるから将棋は面白いのである。

 ダサくてもぶかっこうでも、「これがおれの将棋だ!」と、とことん意地をつらぬかなければ、カリスマ性を持った流派・教祖は興らない。勝負の美学も出てこない。盤上に”華”も咲かない。

 形だけ美しく内容空虚な美学はいただけないが、徹底して意地をつらぬく余りの美学はあって良い。カリスマ性や”華”のない、ただ高水準で均質のプロの世界というものに、ファンは魅力を感じるだろうか?共感を覚えるだろうか?

 誰も彼もが森下システムを採用し「負けまい」「負けまい」と連呼する。完成した部品を採用するような、同一局面症候群が、プロ棋界に広がっている。

 そのかげで意地っ張りの精神、創造とヤセガマンの心、美学と”華”が死ぬ。プロの根本を支える大切なものが死ぬ―のではないか。「なぬ?森下が開発したシステムなど、おれは使う気はない。理由?おれの方が志が高いからだ」と言ってのけるプロはいないものか・・・。

 ここ10年来の振り飛車衰退の裏に、観戦記者は何かうさん臭いものを感じる。「児玉流カニカニ銀」に新鮮な驚きを覚えるのは筆者一人ではないだろう―。

(以下略)

—–

奥山紅樹さん(下里正樹さん)の思いが込められた文。

奥山さんは、松本清張や森村誠一の秘書役をつとめたことがあり、森村誠一とは『悪魔の飽食』シリーズを共同執筆している。

また、地下鉄サリン事件の頃は、ワイドショーにコメンテーターとしても登場していた。

—–

同一局面が多く出てくることには、私はあまり抵抗がない。

どのような新手が出てくるかが興味の的だし、名勝負になることも多い。

—–

明日は、このような時代に振り飛車で活躍していた棋士たちの話。

(つづく)

   

振り飛車党受難

近代将棋1991年4月号、武者野勝巳五段(当時)の「プロ棋界最前線」より。

 小林健二八段、森安秀光九段と振飛車党の実力者が相次いで昇級を決めた。前号で残した宿題が、表題の「振飛車は復活するか」という命題であった。

 少し前号をおさらいしてみよう。昭和58年度の振飛車は、374勝468敗15引き分けで、勝率4割4分4厘。これでは振飛車党が大挙居飛車党へと避難してしまうのは当然である。

 この10年の間に、振飛車党から居飛車に転向した有力者に、谷川、南、桐山、森、福崎、勝浦などがいる。この事実が振飛車の苦戦を物語っているのだが、同時にそれは振飛車の技術の進歩の上でも大きなマイナスであった。

 この振飛車苦戦の有力な一因となったのが居飛車穴熊の出現で、この昭和58年度の振飛車の対居飛車穴熊の勝率は、なんと4割1分7厘の非常な低率なのである。

 これに敢然と立ち向かった棋士も多かったが、そのほとんどが名誉ある討ち死にを遂げた。当時からずっと振飛車党だった代表的な棋士に、佐藤大八段、山口英七段、山口千七段などがいるが、居飛車穴熊を契機として、急に勝率が落ちて今日に至っている。大山十五世名人や森安九段とはいえ、その例外ではないのである。

 さて、米長王将が「これからは再び振飛車が流行する」というので調べてみたのだが、平成2年度途中の振飛車は、322勝461敗16引き分けで、勝率4割1分1厘と昭和58年当時よりさらに悪化しているのである。それでは居飛車穴熊に対してはどうかと集計してみたが、平成2年度途中集計ながら52勝113敗5引き分けで、勝率3割1分5厘とダブルスコア以上の惨憺たるあり様で、なんの良い前兆も感じられなかったのである。

 これでは私には振飛車が再び流行するとは理解できないが、前号でもふれたように小林健八段など振飛車を指す棋士が増えたのも事実で、根っからの振飛車党である森安九段が復活してきたという現象にもその兆候は現れてきているのだ。勝率の集計をする事も、大いなる難事であったが、これでは個々の棋譜を調べてみなければ一定の見解が出せないようである。ということでまたまた次号に続く。

—–

この当時の振り飛車の勝率がこれほど悪かったとは驚いてしまう。

居飛車穴熊の元祖は田中寅彦九段。

それまでもプロ間で居飛車側が穴熊に囲うという例はあったが、プロの戦法として定着させたのが田中寅彦九段。

田中九段が居飛車穴熊で抜群の勝率をあげ続けるとほかの棋士も用いるようになり、居飛車穴熊が全面的に猛威を振るうようになった。

—–

将棋史の中での振り飛車盛衰の歴史は非常にドラマチックだ。

それまで当たり前のように指されていた振り飛車が江戸時代中期に衰退。

その頃の振り飛車は、ただ受けるだけで、相手が間違ってくれるのをひたすら待ち続ける戦法だったので、そのようになったのも無理はなかったのかもしれない。

振り飛車が復活するのは昭和20年代。

大野源一八段(当時)の「攻める振り飛車」の登場が振り飛車革命とでも言うべき位置付けとなる。

関東では、松田茂行八段(当時)がツノ銀中飛車で暴れまわっていた。

そして昭和30年代、大野八段の弟弟子である大山康晴名人、升田幸三九段が振り飛車を指すようになって振り飛車全盛期が始まる。

大野源一八段の振り飛車(特に三間飛車)の捌きは神業そのものだ。

大野の三間飛車(1)前編

大野の三間飛車(1)後編

—–

昭和30年代から40年代前半、その振り飛車に敢然と立ち向かって数々の急戦での振り飛車対策を編み出したのが山田道美八段(当時)と加藤一二三八段(当時)。

玉頭位取りは昭和20年代に灘蓮照八段(当時)が開発している。

(つづく)

米長哲学誕生の一局

「米長哲学」という言葉がある。

「自分には消化試合であっても、相手にとっては一生を左右するほどの大勝負には全力投球すること。それができない者は、この世界では見放される」というもの。

確かに、この言葉には非常なインパクトと説得力がある。

今日は、「米長哲学」誕生の一局を見てみたい。

—–

1969年度B級1組順位戦最終局。

この期は内藤國雄八段が既にA級復帰を決めており、最終局で残り一枠が決まる展開だった。

昇級候補は、大野源一八段、芹沢博文八段、中原誠七段。

最終局の組合せは次の通り。

  • 大野源一八段-米長邦雄七段戦(大阪対局)
  • 芹沢博文八段-中原誠七段戦(東京対局)

大野八段は勝てばA級復帰の自力型。

大野八段が負けた場合は、芹沢-中原戦の勝者がA級へ。

振飛車名人の大野八段は60歳で、大野八段のA級カムバックはマスコミやファンが望むものだった。

そのような大野八段と戦った、昇降級には関係のない米長七段。

結果は米長七段と中原七段が勝ち、中原七段がA級へ昇級した。

—–

大野流▲5七銀型中飛車の出だし。(大野八段の先手)

 

米長七段の引き角により、大野八段は向飛車へ転向。

1_7

その後折衝が続き、△5三銀打に対して、大野八段の見事な捌きが繰り出される。

以下、▲7八飛△7四歩▲7五飛△同歩▲5三角成

3_8

大野八段の猛攻。▲7一角からの展開を狙っている。

△同金▲7一角△5二飛▲5三角成△同飛▲4四銀。

攻める振飛車ファンから見たら感動の鳥肌が立つ大野流。

4_7

以下、△4三飛▲同銀成△同銀▲8二飛△5二飛▲8一飛成…と進み大野八段の攻めが順調。

ここから米長七段の粘り腰。

5_8

△3一金▲4一金△2二銀▲3一金△同銀▲4一金△2一金▲ 5一銀不成と、大野八段の攻めは続く。米長七段もなかなか決め手を与えない。

6_7

103手目、大野八段が二枚飛車で迫る。

7_7

大野八段は秒読みに弱かった。相手が秒読みの時も慌ててしまったという。

ここから▲4三竜。米長七段は△6六馬。

そこから▲5五銀△同馬▲5二竜引なら大野八段に勝機があったらしい。

110手目の局面では▲6五歩でも良かったのかもしれない。

ところが大野八段は▲5二竜引。

8_8

しかし、△3九銀からの詰みがあった。

9_7

大野八段投了。

ほとんど詰みまで指した大野八段の無念さが表れている。

大野八段にとっては非常に惜しい一局だった…

佐藤大五郎九段自慢の一局

佐藤大五郎九段の自慢の一局。

(将棋世界1999年7月号、「棋士それぞれの地平」に棋譜が掲載されている)

1969年B級1組順位戦、佐藤大五郎七段(先)-中原誠七段戦。

1

佐藤大五郎七段の四間飛車に対して、中原誠七段は△6四銀から△7五歩の急戦。

ここから▲7八飛△7六歩▲同銀△7二飛▲6五歩△7七角成▲同飛△5五銀。

2 (1)

ここからの佐藤大五郎七段の駒が、強情なまでに前進する。

▲7五銀△9九角▲7六飛△8八角成▲7四銀△8七馬▲7五飛。

3

敵陣にじわじわと迫る迫力。

その数手後が第4図。

4 (1)

次に△7五馬と引かれると銀を只取りされてしまう。先手の攻めが難しそうに見えるが、佐藤大五郎七段はここから見事に捌いてしまう。

▲8二歩△9三桂▲8一歩成△同飛▲9四角成△7五馬▲7三銀成△同銀▲7二馬。

5 (1)

局面が一気にほぐれた。

6

そして終盤の入り口。この局面で佐藤大五郎七段の絶妙手が出る。

次の一手のような▲9三馬!

これが詰めよ馬取り。

以下、△5三馬▲2三銀不成△同玉。

7

ここからも次の一手のような決め手が炸裂する。

▲7五馬。

△同馬だと詰んでしまう。

以下、△2四銀▲5三馬△同金▲4二角△3二飛▲5三角成△5八と▲4一銀△2二飛▲3五桂まで、111手で佐藤大五郎七段の勝ち。

8

時の中原誠七段を相手に、”薪割り流”が見事に決まった一局だった。