「未分類」カテゴリーアーカイブ

小池重明アマ名人(当時)が紹介する先手後手二枚落将棋、二枚落対二丁飛車将棋

近代将棋1982年10月号、小池重明アマ名人(当時)の連載随筆「将棋と酒」より。

○切れ負け将棋

 最近はアマチュアの大会でもチェスクロックを使い、切れ負けのルールを採用する場合が多い。七十分切れ負け、三十分切れ負けという具合いである。大会の運営がスムースに行くからである、弊害も多いがしばらくは切れ負けルールが幅を利かしそうである。

 時計に慣れる意味と直感力、大局観などを養うためにたまには五分切れ負け十分切れ負けの将棋も良いと思う。大学将棋部では三分切れ負け将棋などもやっているみたいだ。

 しかし切れ負け将棋(五分、十分)ばかり指していると手があれるということもあるのでたまに指すのが良いと思う。

○先手後手二枚落将棋

 双方とも二枚落ちで指す。小駒だけの戦いとなる。この将棋の利点は小駒の使い方、特に歩の使い方が上手になる。キメのこまかい攻めが必要なので(乱暴するとすぐ切れてしまう)丁寧な将棋が指せるようになる。足の短かい駒ばかりなので大駒の威力がいかに強いかということを痛切に感じる。欠点は時間がかかり、千日手になりやすい。入玉に関してのルールの決め方も必要(入玉はなしとか)。小粋な味のある将棋である。

○二枚落対二丁飛車将棋

D図が指し始め図となる。角のかわりに飛を並べる。二丁飛車の威力が強いか、小駒だけでいかにして押え込むか。大駒の使い方、小駒の使い方が一度に勉強出来る将棋である。先手、後手が大きくひびく。二丁飛車側が定先で丁度よい手合いか?

E図うっかり△4二銀だと▲2六飛と2本飛車を並べられ大変なことになる。このように小駒側は細心の注意が必要となる、飛側はいかにして網を破るか下手をすると押さえこまれて手も足も出なくなる。一局ずつ交互にすると面白いし、勉強になる。また、飛を成っても小駒が取れずと金もいないと攻めることが出来ないということが良くわかる。

 以上色々な将棋を紹介したが、この他にもまだ沢山ある。私の感じでいうと、つい立て将棋これはまったく面白い。しかし実戦には役にたたない。勉強になるのは、たまに指す短時間の切れ負け将棋、先手後手二枚落将棋、二枚落対二丁飛車将棋、この三つは非常に役にたつと思う。一度おためしあれ。

* * * * *

昨日の変則将棋は、一部を除いて、実力養成には役立たないけれども気楽にできるゲーム。

今日の変則将棋は、勉強になって実力養成にも役立つものばかり。

* * * * *

先手後手二枚落将棋は、地味な戦いがひたすら続くような感じがする。

いろいろな勉強の要素が詰まっていそうだ。

小駒の使い方が上手くなりながら忍耐力も同時に身に付いてきそうだ。

棋風が変わってしまう可能性があるかもしれない。

* * * * *

二枚落対二丁飛車将棋は、どう見ても二丁飛車側が攻める手段が難しそうだ。

飛車が大好きな私が見ても、二枚落側を持ちたいような気持ちになってしまう。

どちらを持っても勉強になりそうだが、不条理さを痛切に感じて、早くこれをやめて普通の将棋を指したい、と私だったら思うかもしれない。

NHK将棋講座2018年8月号「井上慶太九段-糸谷哲郎八段戦」観戦記

一昨日は、NHK将棋講座2018年8月号の発売日。(今日が発売日と勘違いしていました)

◯表紙は羽生善治竜王のイラスト。

○佐藤紳哉七段の講座「佐藤紳哉のエンジョイ将棋」、8月のテーマは「得意戦法を持とう」。第1週は破壊力抜群の棒銀、第2週は守備力が高い矢倉、第3週はバランスのいい四間飛車、第4週は強気に攻める石田流三間飛車。初心者にもわかりやすいように、見事に決まる成功例を中心に解説されています。

◯後藤元気さんの「渋谷系日誌」は、NHK杯戦での「弟子の対局と師匠の解説」と「師匠の対局と弟子の解説」について。この号に自戦記、観戦記が掲載されている4局のうちの3局、井手隼平四段-近藤誠也五段戦の解説が井手四段の師匠の田丸昇九段、永瀬拓矢七段-高野智史四段の解説が高野四段の師匠の木村一基九段、井上慶太九段-糸谷哲郎八段の解説が井上九段の弟子の船江恒平六段ということから、それぞれの微笑ましいエピソードが紹介されています。また、藤井聡太七段の昇段スピードに扇子の段位が追いついていなかった頃の、羽生善治竜王が名人戦第2局の打ち上げの席での雑談で出した妙案についても書かれています。

○段・級位認定 次の一手問題

○将棋連盟からのお知らせ

○女流棋士会からのお知らせ

○日本女子プロ将棋協会からのお知らせ

○「重箱のスミ」クイズ

○テキスト感想戦

○付録は、「船江恒平のホップ ステップ ジャンプ 4手詰め!」。後手玉が王手をされた状態から始まる船江恒平六段の新機軸の詰将棋。解いてみようという気持ちが強く起きます。

〔NHK杯戦観戦記〕

◯1回戦第9局 井手隼平四段-近藤誠也五段

「生涯の課題」 自戦記:井手隼平

◯1回戦第10局 永瀬拓矢七段-高野智史四段

「緊張の中の再戦」 自戦記:高野智史四段

◯1回戦第11局 井上慶太九段-糸谷哲郎八段

「面白い作戦やね」 観戦記:私

◯1回戦第12局 佐藤慎一五段-森内俊之九段

「盤石の勝利」 観戦記:岩田大介さん


今月号には私が書いた観戦記(井上慶太九段-糸谷哲郎八段戦)が掲載されています。

井上九段の模様が良かった将棋でしたが、勝ちを逃す手があって、糸谷八段が逆転をした一局。

感想戦の模様、後日の両対局者の談話、5月に行われた森信雄七段一門祝賀会で兄弟子の山崎隆之八段が糸谷八段について語ったこと、井上九段の祝辞、などを盛り込んでいます。


対局前の控え室では、富岡製糸場で行われる叡王戦決勝七番勝負第4局の大盤解説を担当することになっている糸谷八段が、終局時刻が遅くなった場合、どうやって翌日午前中から開催される大阪でのイベントに間に合うように上州富岡→高崎→東京→新大阪を移動すればよいのか、解説の船江恒平六段に相談していました。

対局前の振り駒では、振り歩先の譲り合い(上座の譲り合いと同等)がありました。井上九段が譲ろうとして、糸谷八段が恐縮しながら懸命に「先生、それはいけません」とおしとどめて、元通りの井上九段の振り歩先となりました。

感想戦では、井上九段の「賢いな、あんた」「二歩打ったらあかんぞーと思っとって…またテレビ出たらいかんぞー」などの井上九段らしい面白い会話がありました。

井上九段と糸谷八段といえば、糸谷3級時代の駒台置き間違え反則負けのエピソード(→糸谷哲郎3級(当時)の伝説、稲葉陽5級(当時)の伝説)があります。井上九段に確認したところ、落ち込んでいる糸谷3級に「プロになったら、これが伝説になるんやから、よかったやないか」と言ったことは覚えているということでした。

これらのことは、当初は観戦記の中で触れようと思っていたのですが、全体の流れや行数の関係などから、残念ながら盛り込むことはできませんでした。

逆に言えば、このようなエピソードを入れることができなかったほど、トピックスが豊富だった一局だったということになります。

NHK将棋講座2018年8月号、ぜひご覧ください。

 

NHK 将棋講座 2018年 8月号 [雑誌] (NHKテキスト)

 

「顔立ちはやさしくても指し手は憎い」

将棋世界2004年11月号、関浩六段の「公式棋戦の動き」より。

NHK杯

 9月放送の4局は好局、熱局ぞろいだったが、山崎-島の終盤戦に現れた珍形を紹介しよう。

 経過はともかく、10図は先手の勝勢だ。大駒3枚を封じられた後手は手が出せない。

 実戦は▲7六歩△8六角▲5八玉△9五歩▲6五歩△4四飛▲6六馬△9六歩▲8六銀△8七歩▲4八金上……。

 角を取らない▲5八玉、金を取れないことを見越した最終▲4八金上。

 顔立ちはやさしくても指し手は憎い。105手で山崎の勝ち。

* * * * *

どれほど憎い指し手なのかを振り返りたい。

10図から▲7六歩△8六角▲5八玉(11図)

△8六角は▲同銀と取ってくれれば△8七歩で、9九の飛車を世に出そうという苦肉の策。しかし、▲5八玉と冷たい仕打ち。

11図から△9五歩▲6五歩△4四飛▲6六馬(12図)

後手は△9五歩から香を取りにいくぐらいしか手がない。先手は8六の角は取らないまま、▲6五歩~▲6六馬と馬を要所に配置。

12図から△9六歩▲8六銀△8七歩▲4八金上(13図)

△9六歩にようやく▲8六銀と角を取る。

▲6六馬には恐ろしい狙いがあった。

△8七歩とは打てても、△8八歩成と金を取ることができないのだ。(△8八歩成▲同馬で9九の飛車が死んでしまう)

ただし、このまま△8八歩成▲同馬の進行だと、△5七金が激痛になりかねないので、▲4八金上。

よくよく見てみると、友達をなくすような激辛な手ではなく、後手からの手段を殺す非常にロジカルな手順であることがわかる。

「顔立ちはやさしくても指し手は憎い」と書かれた山崎隆之五段(当時)だが、「顔立ちはやさしくて指し手がニクイ」が正解なのかもしれない。

 

第43期棋王戦第5局対局場「東京・将棋会館」

渡辺明棋王に永瀬拓矢七段が挑戦する棋王戦第5局は、東京都渋谷区の「将棋会館」で行われる。→中継

渡辺明棋王の昨年の棋王戦第5局および2017年度の東京将棋会館での昼食実績は次の通り。(将棋棋士の食事とおやつのデータによる)

2017年棋王戦:「ふじもと」のうな重(竹) ○
「ふじもと」のうな重(梅)1勝0敗
「みろく庵」のすき焼きうどん 2勝0敗
「紫金飯店」の豚肉と野菜と春雨の中華風すき焼き 0勝1敗
「とんかつふじもと」のミックスフライ定食 1勝2敗
「とんかつふじもと」のロースカツ定食 0勝1敗

永瀬拓矢七段については2017年度のデータがないので、2016年度の昼食実績から。

「千寿司」の特上にぎり寿司(さび抜き) 納豆巻(さび抜き)7勝1敗

〔昼食予想〕

予想は次の通り。

渡辺明棋王:うな重(竹)

永瀬拓矢七段:特上にぎり寿司・納豆巻

 

 

研究会を一緒にやった方が良い、と思えてしまう二人

将棋世界2003年1月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。

 A級順位戦の2局が特別対局室で並んで戦われている。それは珍しくないが、2局が仕掛けるまで同型だった。どういう気持で指しているのかね、と観戦記担当のライター諸氏はいちように首を傾げている。

 戦型は7図のような基本型。

7図以下の指し手
▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀▲1五歩△同歩▲2四歩△同歩▲7五歩△同歩▲2四飛△2三歩▲2九飛△6三金(8図)

 これは定跡手順。どうでもいいことを書けば、この手順中の△4四銀は丸田九段の創案で、指された当時はあまり評判がよくなかったような気がする。なにしろ50年も昔の話で、私が奨励会に入る前に勉強した形だからよく覚えているわけではない。その後すたれたが、後手の応手が研究され、すっかり中味を変えて甦った。ただ先手の攻め方はいぜんと同じで、▲4五歩以下、3、1、2、7筋の順に歩を突き捨てるのがポイント。

 8図まで2局同型。さらに、▲1二歩△同香も同じで、次の手から変わった。

 羽生竜王対郷田九段戦で、郷田九段が指したのは▲3四歩の取り込み。これは昔の指し方だそうである。

 丸山九段対三浦八段戦の方は、これを見てか丸山九段が手を変えた。

(中略)

 羽生対郷田戦は、10図となっている。

 8図からここまで、途中2時間近い長考があったりで、遅々として進まず、研究陣も退屈していたが、10図まで進めば、最後まで読めると、にわかに活気づいた。

 10図は、次に▲2三飛成とやっても一手すきでないから先手負ける。で、郷田九段はひねった指し方をした。

10図以下の指し手
▲6八金△7六歩▲5八金△7七歩成▲同桂△7八歩▲同玉△6九銀▲8八玉△8六歩▲同歩△5八銀成▲2三飛成(11図)

 いったん▲6八金と寄って受ける。この手に26分使って、残り15分となった。

 竜王の方は時間に余裕があって、まだ2時間弱残っている。だから腰を据えて読み切りにかかった。

 見ていると、たしかに真剣に考えている。しかし、勝負を争っている、といった切迫したものが感じられない。何か高等数学の難問を解こうとしているみたいだ。勝ち負けより将棋の内容が大事、ということなのだろうか。

 やがて△7六歩が指された。

 この手とこれ以後は、すべて控え室の予想通りに進んだ。もちろん郷田九段も読んであり、ノータイムで▲5八金と取った。これで勝ちと思っていたのである。つまり、自玉に一手すきが続かない、と見ていたのだ。

 ところがそうでない。控え室ではうまい筋を発見していた。

 △7七歩成から△7八歩の打診がうまく、▲同玉と取らせて△6九銀と打つ。これに対し、▲8九玉は△7七馬だから▲8八玉と逃げる。そこで△8六歩と突き捨てを入れてから、黙って△5八銀成がうまい。実戦心理としては、△8七歩と叩き、▲同玉に△5八馬などと指したくなるが、そういった順は一手すきがつづかない。継ぎ盤でいろいろやって、結論が出ないでいると、すこし離れたところから松尾五段が、実戦で指された△5八銀成を指摘した。11図が一手すきと言うのだ。

 その詰み筋は一同すぐわかった。勝又君が感心して「寄せは若い人にまかせるにかぎるね」。

 それを聞いた田中(寅)九段が「どう指すの?」と正解を聞き、10図を経て最後の詰みまでを盤に並べて確認した。そして「年寄りは念を入れなきゃわからない」。長年の経験がそう言わせた。

11図以下の指し手
△8六飛▲8七角△7八金 まで、羽生竜王の勝ち。

 郷田九段はどこかで(多分11図の▲2三飛成のところだったと思う)自分の誤りに気がついた。しかしそのときは手遅れだった。▲2三飛成のときは、負けを覚悟していたらしく、△8六飛に▲8七角合いと見せ場を作り、きれいに負けた。

 最終△7八金が好手で、▲同玉は△6九馬だし、▲9七玉は△8七飛成以下詰み。

 夜の11時と割り合い早く終わり、となりが対局中なので、第2対局室の方に移って感想戦となった。

 研究テーマは、当然のように仕掛けの直後で、郷田九段は、そこでの指し方がまずかったと言う。研究は延々とつづき、実戦とまるで違う局面が調べられた。

 実は気になっている局面がある。それは10図で、▲6八金△7六歩のとき、▲8八銀と引く手で、控え室の研究では、これが意外に難しかった。しかし、郷田の棋風では、そんなひどい利かされは考えもしないだろう、と思った。

(中略)

 終わると私は忙しい。羽生対郷田の感想戦も気にかかる。で、第2対局室へ回ると、さすがに中盤の研究は終わり、観戦記者に寄せ合いの説明をしているところだった。

 ちょうどよいと、気にかかっていた、10図からの▲6八金△7六歩のとき▲8八銀と引く手を訊いた。

 羽生竜王はすぐ「△8六歩▲同歩△8七歩▲同銀△8八歩で私が勝ちでしょう」と答えた。ところがその後に控え室で発見されていた、うまい受けが先手にあって後手は容易に勝てない。両対局者とも読んでなかったらしく「えっ!?」と驚き、さっそく調べだした。

 それからが大変だった。考えられるありとあらゆる手を徹底的に調べ出した。その変化手順のすべてを書けば、記号だけで2頁は埋まる。いっそそれを書きつらねれば、感想戦の雰囲気は伝わるのかもしれない。

 調べること1時間あまりで、まだ終わらない。疲れはてていっとき老人席へ退避し、再び戻ると、やっと結論が出たところだった。

 ▲8八銀には、△8六歩▲同歩△7七歩成▲同銀△7八歩と、聞いているだけで眼がくらくらする手順で、後手が勝ちなのだった。

「しかし」と郷田九段が言った。

「ド利かされの▲8八銀が実は第一感だったんです。ただ、▲5八金で勝ちと読んでいましたからね。銀引きは深く考えなかった。難しいと言ってもしょうがない」

「腰掛け銀」は、仕掛けで勝負が決し、終盤のない戦型と言われている。今日の2局を見ては、その常識もウソということになる。将棋はやっぱり終盤なのである。

—————-

昨日の第30期竜王戦決勝トーナメント 佐々木勇気五段-藤井聡太四段戦の感想戦、かなり細かいところまで検討が行われていたが、藤井聡太四段戦の帰りがあまり遅くなってはということで、感想戦は途中で打ち切られたようだった。

ところが、佐々木勇気五段が駒を駒箱にしまっている最中も、二人の感想戦は口頭だけで続けられた。

まだまだ話し足りないこと、検討したいことがあるのだろうな、と思ったが、時間が無制限にあれば、この時の羽生善治竜王(当時)と郷田真隆九段の感想戦のようになっていたのかもしれない。

—————-

この時の羽生善治竜王(当時)と郷田真隆九段の様子、あるいは昨日の佐々木勇気五段と藤井聡太四段の様子、それぞれ二人で一緒に研究会をやれば素晴らしいのに、と思えてくるが、なかなかそうもいかないのが勝負の世界。

感想戦の世界も、ある意味では不思議だ。