「未分類」カテゴリーアーカイブ

研究会を一緒にやった方が良い、と思えてしまう二人

将棋世界2003年1月号、河口俊彦七段(当時)の「新・対局日誌」より。

 A級順位戦の2局が特別対局室で並んで戦われている。それは珍しくないが、2局が仕掛けるまで同型だった。どういう気持で指しているのかね、と観戦記担当のライター諸氏はいちように首を傾げている。

 戦型は7図のような基本型。

7図以下の指し手
▲4五歩△同歩▲3五歩△4四銀▲1五歩△同歩▲2四歩△同歩▲7五歩△同歩▲2四飛△2三歩▲2九飛△6三金(8図)

 これは定跡手順。どうでもいいことを書けば、この手順中の△4四銀は丸田九段の創案で、指された当時はあまり評判がよくなかったような気がする。なにしろ50年も昔の話で、私が奨励会に入る前に勉強した形だからよく覚えているわけではない。その後すたれたが、後手の応手が研究され、すっかり中味を変えて甦った。ただ先手の攻め方はいぜんと同じで、▲4五歩以下、3、1、2、7筋の順に歩を突き捨てるのがポイント。

 8図まで2局同型。さらに、▲1二歩△同香も同じで、次の手から変わった。

 羽生竜王対郷田九段戦で、郷田九段が指したのは▲3四歩の取り込み。これは昔の指し方だそうである。

 丸山九段対三浦八段戦の方は、これを見てか丸山九段が手を変えた。

(中略)

 羽生対郷田戦は、10図となっている。

 8図からここまで、途中2時間近い長考があったりで、遅々として進まず、研究陣も退屈していたが、10図まで進めば、最後まで読めると、にわかに活気づいた。

 10図は、次に▲2三飛成とやっても一手すきでないから先手負ける。で、郷田九段はひねった指し方をした。

10図以下の指し手
▲6八金△7六歩▲5八金△7七歩成▲同桂△7八歩▲同玉△6九銀▲8八玉△8六歩▲同歩△5八銀成▲2三飛成(11図)

 いったん▲6八金と寄って受ける。この手に26分使って、残り15分となった。

 竜王の方は時間に余裕があって、まだ2時間弱残っている。だから腰を据えて読み切りにかかった。

 見ていると、たしかに真剣に考えている。しかし、勝負を争っている、といった切迫したものが感じられない。何か高等数学の難問を解こうとしているみたいだ。勝ち負けより将棋の内容が大事、ということなのだろうか。

 やがて△7六歩が指された。

 この手とこれ以後は、すべて控え室の予想通りに進んだ。もちろん郷田九段も読んであり、ノータイムで▲5八金と取った。これで勝ちと思っていたのである。つまり、自玉に一手すきが続かない、と見ていたのだ。

 ところがそうでない。控え室ではうまい筋を発見していた。

 △7七歩成から△7八歩の打診がうまく、▲同玉と取らせて△6九銀と打つ。これに対し、▲8九玉は△7七馬だから▲8八玉と逃げる。そこで△8六歩と突き捨てを入れてから、黙って△5八銀成がうまい。実戦心理としては、△8七歩と叩き、▲同玉に△5八馬などと指したくなるが、そういった順は一手すきがつづかない。継ぎ盤でいろいろやって、結論が出ないでいると、すこし離れたところから松尾五段が、実戦で指された△5八銀成を指摘した。11図が一手すきと言うのだ。

 その詰み筋は一同すぐわかった。勝又君が感心して「寄せは若い人にまかせるにかぎるね」。

 それを聞いた田中(寅)九段が「どう指すの?」と正解を聞き、10図を経て最後の詰みまでを盤に並べて確認した。そして「年寄りは念を入れなきゃわからない」。長年の経験がそう言わせた。

11図以下の指し手
△8六飛▲8七角△7八金 まで、羽生竜王の勝ち。

 郷田九段はどこかで(多分11図の▲2三飛成のところだったと思う)自分の誤りに気がついた。しかしそのときは手遅れだった。▲2三飛成のときは、負けを覚悟していたらしく、△8六飛に▲8七角合いと見せ場を作り、きれいに負けた。

 最終△7八金が好手で、▲同玉は△6九馬だし、▲9七玉は△8七飛成以下詰み。

 夜の11時と割り合い早く終わり、となりが対局中なので、第2対局室の方に移って感想戦となった。

 研究テーマは、当然のように仕掛けの直後で、郷田九段は、そこでの指し方がまずかったと言う。研究は延々とつづき、実戦とまるで違う局面が調べられた。

 実は気になっている局面がある。それは10図で、▲6八金△7六歩のとき、▲8八銀と引く手で、控え室の研究では、これが意外に難しかった。しかし、郷田の棋風では、そんなひどい利かされは考えもしないだろう、と思った。

(中略)

 終わると私は忙しい。羽生対郷田の感想戦も気にかかる。で、第2対局室へ回ると、さすがに中盤の研究は終わり、観戦記者に寄せ合いの説明をしているところだった。

 ちょうどよいと、気にかかっていた、10図からの▲6八金△7六歩のとき▲8八銀と引く手を訊いた。

 羽生竜王はすぐ「△8六歩▲同歩△8七歩▲同銀△8八歩で私が勝ちでしょう」と答えた。ところがその後に控え室で発見されていた、うまい受けが先手にあって後手は容易に勝てない。両対局者とも読んでなかったらしく「えっ!?」と驚き、さっそく調べだした。

 それからが大変だった。考えられるありとあらゆる手を徹底的に調べ出した。その変化手順のすべてを書けば、記号だけで2頁は埋まる。いっそそれを書きつらねれば、感想戦の雰囲気は伝わるのかもしれない。

 調べること1時間あまりで、まだ終わらない。疲れはてていっとき老人席へ退避し、再び戻ると、やっと結論が出たところだった。

 ▲8八銀には、△8六歩▲同歩△7七歩成▲同銀△7八歩と、聞いているだけで眼がくらくらする手順で、後手が勝ちなのだった。

「しかし」と郷田九段が言った。

「ド利かされの▲8八銀が実は第一感だったんです。ただ、▲5八金で勝ちと読んでいましたからね。銀引きは深く考えなかった。難しいと言ってもしょうがない」

「腰掛け銀」は、仕掛けで勝負が決し、終盤のない戦型と言われている。今日の2局を見ては、その常識もウソということになる。将棋はやっぱり終盤なのである。

—————-

昨日の第30期竜王戦決勝トーナメント 佐々木勇気五段-藤井聡太四段戦の感想戦、かなり細かいところまで検討が行われていたが、藤井聡太四段戦の帰りがあまり遅くなってはということで、感想戦は途中で打ち切られたようだった。

ところが、佐々木勇気五段が駒を駒箱にしまっている最中も、二人の感想戦は口頭だけで続けられた。

まだまだ話し足りないこと、検討したいことがあるのだろうな、と思ったが、時間が無制限にあれば、この時の羽生善治竜王(当時)と郷田真隆九段の感想戦のようになっていたのかもしれない。

—————-

この時の羽生善治竜王(当時)と郷田真隆九段の様子、あるいは昨日の佐々木勇気五段と藤井聡太四段の様子、それぞれ二人で一緒に研究会をやれば素晴らしいのに、と思えてくるが、なかなかそうもいかないのが勝負の世界。

感想戦の世界も、ある意味では不思議だ。

 

 

対局の前日に観てはいけない映画

将棋世界2001年9月号、飯島栄治四段(当時)の「創作次の一手 解答と解説」より。

 最近、映画のビデオを借りてたくさん観たので、映画の話をしたいと思います。くだらないですが、自分の主観で映画を2つに分けました。

 対局の前日に観てもいい映画。「マトリックス」「バトルロワイヤル」「交渉人」など。対局前にテンションを上げるならアクションが多い作品がおすすめ。

 逆に、対局の前日に観てはいけない映画。「ショーシャンクの空に」「船の上のピアニスト」「ダンサーインザダーク」「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」など。この中で自分が一番切なくなったのは「ショーシャンクの空に」でした。どれも涙モノで切なくて良い作品ですが、対局前日にテンション下げちゃダメダメ。対局に負けて泣けば良いのにその前に泣いてどうすんだって感じっす(笑)。

 他にも良い作品がいっぱいあって紹介できないのが残念。みなさん、感動映画「涙モノ」があったら教えてくださーい。

(以下略)

—————-

昨年の11月にアマゾンプライムに加入してからというもの、時間のある時には見放題の映画を観ている。

深作欣二監督の作品に集中した時期があるので、「バトルロワイヤル」と「バトルロワイヤル2」は観た。

自分があの中の生徒だったら、どのような行動をとっていただろうと、とても考えさせられる映画だった。

教師役はビートたけしさんだが、武田鉄矢さんというキャスティング案もあったという。

武田鉄矢さんだったなら、また印象の違った映画になっていたのだろう。

—————-

テンションを上げるということでは、飯島栄治四段(当時)が書いている通りアクション系。

個人的には、スティーヴン・セガール主演の映画がかなり効果的ではないかと思う。

スティーヴン・セガールの映画は、テロリストや犯罪組織などによって周りの状況はどんどん悪くなっていくものの、中盤から終盤にかけての主人公のセガールの活躍により、悪の集団が殲滅されるという図式。

セガールは敵の攻撃を受けても全く平気でほとんど無傷、滅茶苦茶強くて、なおかつピンチらしいピンチが訪れないので、何も考えずに安心して見ていることができる。

同様に、日本の『必殺シリーズ』も良いかもしれない。

後半に大逆転の勧善懲悪型で、主人公にあまり危機が降りかからないスタイルの映画。

—————-

たしかに、感動的であったり泣けたり、という映画は対局日前日には不向きであるという感じはよくわかる。

対局の最中にも、頭の中に感動的なシーンや泣けるシーンが浮かんでくる可能性がある。

ちなみに「ショーシャンクの空に」といえば、羽生善治三冠の好きな映画。

佐藤康光九段は「カサブランカ」。

羽生四冠の好きな映画など

木村一基八段は「ニュー・シネマ・パラダイス」。

おしゃべりに見られていなかった木村一基四段(当時)

みな、対局日前日には不向きな映画ばかりだ。

—————-

1月のある土曜日、NHK杯戦(準々決勝 千田翔太六段-佐藤康光九段戦)の観戦記を書き始めるために午前4時頃に起きた。

ふと、書き始める前に感受性を活性化させておこうと考え、アマゾンプライムで映画を観ようと思い立った。

選んだのは、今まで見たことのなかった「ゴッドファーザー」。

3時間の長さだが、見終わるのが7時頃だしまあいいか、という感じだった。

ところが、見始めたら映画に釘付け。あっという間に3時間が過ぎていた。

こんなに素晴らしい映画だったのか…とビックリ。

自分の中では洋画部門で「ニュー・シネマ・パラダイス」と並ぶ洋画部門1位タイとなった。

感受性を活性化させるどころか、見終わった後も頭の中は「ゴッドファーザー」だらけ。

ネットで「ゴッドファーザー」のことを調べ尽くしているうちに午前11時30分。

PARTⅡも3時間以上の作品だが、すぐに観なければと思い、「ゴッドファーザーPARTⅡ」も観始める。

PARTⅡはPARTⅠに勝るとも劣らない作品。いや、泣ける量ではPARTⅡに軍配が上がる。

特に、序盤の、自由の女神の前を移民船が航行する33秒間は1年分の涙が出るほど。また、有名な「愛のテーマ」が流れるシーンはPARTⅠ、PARTⅡとも悲しい場面ではないのに涙が出てくる。

「ニュー・シネマ・パラダイス」もそうだが、悲しいことを描写しているシーンではないのに泣けてくるのが素晴らしい映画の条件なのかなと思ったりした。

結局、観戦記に着手したのは19時頃からになったが、これほど映画に感動させられたのは久し振りで、なかなか良い一日だった。

もちろん、「ゴッドファーザー」シリーズも対局日の前日には絶対に観てはいけない映画だ。

 

 

 

近代将棋チームVS囲碁棋士チーム

月刊宝石2002年2月号、湯川恵子さんの「将棋・ワンダーランド」より。

 新年おめでとうございます。

 ちょうど新春特別企画にお呼ばれしたので聞いてください。対局者は高木祥一九段、上村邦夫九段、武宮正樹九段、工藤紀夫九段、そして小林光一碁聖。そう、碁界のこの先生方が将棋を指した。

 近代将棋社が企てた新年号の企画で近将チームと棋院チームの対抗試合。対局場は新宿の料理屋。特別立会い人は中原誠永世十段だった。

 私は近将チームの一員で武宮九段と当たった。”宇宙流”の先生、将棋も自在な駒組みなのにバランスよく中盤は攻めっ気盛んに急所急所と迫ってくる。
「僕って筋いいでしょ、筋は」
 と朗らかに自慢していた。その朗らかさに乗じて私が勝負手一発で騙したかっこうだった。

 高木九段と上村九段は昔から将棋界にも知られた指し手だ。永井英明さんと団鬼六さん相手にそれぞれ勝った。工藤九段は近将チームの親分(ナイタイ社主の円山和則氏)が相手だったので「恐れ入りました」――。

 さぁ2勝2敗で残る1組は。

 いま”小林光一”をインターネットで検索したらどどっと出て来た。タイトルは数え切れない。名誉棋聖、名誉碁聖、名人七連覇、五冠王などの文字をあわてメモした次第。この碁界の大スターが将棋を!? 

 棋院の将棋大会が5年に一度くらいあり、安倍九段、林海峰九段、陽兄弟、小松九段など、大勢参加しているが小林コーイチは見かけたことがない。

 主催者に聞くとこの対抗戦は年1度の3回目。小林碁聖は例年メンバーの林海峰先生が都合つかず、棋院側幹事の上村九段が出した代打ですって。

 相手は芸能界トップの将棋好きだろう俳優の石立鉄男さん。敵の口三味線も聞こえていないのか小林九段は、シーンと唇引き結んで指した相振りの一戦。第1図で、▲2六歩!

 普通2筋の歩交換は後手側が(飛車が2筋に居て)指すものだ。なんと機敏な斬新な発想。これで”コミ”分くらいポイントあげたと思う。本業では地に辛いことで有名なコーイチ流。最後は角・金・銀の盛大な駒得で”中押し”勝ちだった。

「一応連盟から免状もらってるんです、五段だったかなぁ」
 と苦笑なさるお姿、本当に実物かしらとまじまじ見つめてしまった。昭和27年生まれ50才。写真で見るよりさっぱりとした意外に色白なお顔だ。
「実はたまに指してるんですよインターネットの道場で」
 とクスっと笑ったお顔には急に親しみ感じた。

——–

近代将棋チームは、団鬼六さん、石立鉄男さん、永井英明さん、円山和則さん、湯川恵子さん。

日本棋院チームが、高木祥一九段、上村邦夫九段、武宮正樹九段、工藤紀夫九段、そして小林光一碁聖。

立会人が中原誠十六世名人。

なかなか凄い面子が揃った豪華な企画だ。

——–

新春特別企画ということは12月に行われたのだろう。

そういえば、近代将棋の経営が傾く前の頃は、近代将棋執筆者が招かれる忘年会が催された時期があり、私も1998年に参加させていただいたことがある。

その場所も新宿の料理店の2階だったので、この近代将棋チームVS囲碁棋士チームも同じ店だったと思われる。

——–

私は12月生まれなので、昔は12月という月が大好きだった。

ところが、社会人になってからは私の中での12月の株価が大暴落してしまった。

日中の仕事中はともかく、夜の酒場がどこも混んでいて慌ただしいことが12月を好きではなくなった最も大きな要因。

——–

逆に好感度が高いのが1月と2月。

酒場が混んでなくて落ち着いて飲めるから。

恥ずかしくなるくらい非常に単純な理由だ。

 

 

棋士による棋士の物真似

将棋世界1990年7月号、先崎学四段(当時)の第48期名人戦第3局現地レポート「敗因が分からない」より。

 こんなことをしているうちに、問題の局面が近づいて来た。中原の決め手を与えない手厚い粘りに谷川が手を焼く。だが控え室の面々は、まだ事の重大さに気付いていない。「あとはソースをかけるだけだ」なんて言っている。フランス料理じゃあるまいし―。

 青野八段が、「中原さんは、まだ悪いとは思っていないよ。感想戦ではそういうよ」と言って中原の物真似をして、それがよく似ているので一同大笑い。それだけでもおもしろいのに、感想で中原が、まったく同じようにしたのでまた大笑い(衛星放送で感想戦の様子をご覧になっていたかたは、一同がゲラゲラ笑っていて、対局者が怪訝な顔をしていたのを見て、何のことか分からなかったと思うが、それはこういうことです)。

(以下略)

———

9月15日に発売された週刊新潮の「気になる一手」で、渡辺明竜王が、

  • 奨励会時代に記録係をやっていると、様々な棋士の癖を発見できて面白かったこと
  • 記録係に時間を伝えられた時の対応にも「はい」や「うん」などの微妙な違いがあって、渡辺明少年を含む奨励会員達はみな、細かいことを把握していたこと

について書いている。また具体例として、渡辺竜王は次のように書いている。

 青野照市九段は「はいはい」と返事をしてから数秒後に「はいは一度でいいか」と自分で突っ込むのがお決まりで、これには笑いをこらえるのが大変だった。カラスの鳴き声が聞こえた時に、「カアカア、か」と呟くのも恒例だ。

——–

青野照市九段の声が頭の中に聞こえてきて、声を出して笑いそうになってしまった。

渡辺竜王は、奨励会時代に一通りの棋士の物真似をできるようになっていたとのこと。そして、今の奨励会員も同じように物真似を蓄積しているが、なかなかそれを発表できる機会がないという。

将棋ペンクラブ大賞で物真似部門ができれば面白い、と一瞬思ったのだが、全く違った団体になってしまいそうなのでそれが悩みどころだ。

 

 

木村一基七段(当時)「序盤で早くも一歩損。もう駄目だ」

将棋世界2005年12月号、「第64期順位戦」より。

「序盤で早くも一歩損。もう駄目だ」と今日も木村がしゃべっている。昼、事務室でのおなじみの光景。ユーモラスな口調に、皆ニコニコ笑っている。それはそうでしょ木村さん、あなた横歩取りやっているんですから。

(以下略)

——–

同年代の行方尚史八段が「序盤で早くも一歩損。もう駄目だ」と言えば、シェイクスピアの劇を見ているような深刻な雰囲気になるだろうし、三浦弘行九段が言えば、本当であることを疑う人はいないだろう。

山崎隆之八段が言ったなら、有利・不利を問わずいつもの自虐的なボヤキにしか聞こえないだろうし、石田和雄九段がボヤけば、今有利に進めているんだろうなということになる。

豊川孝弘七段なら「序盤で早くも一歩損。コマネチ」となるだろうし、福崎文吾九段なら、もっと異空間のボケ方になるだろう。

木村一基八段らしい、木村八段にしかできないような芸だと思う。