本当にアッと声が出てしまいそうな「後手をアッといわせる次の一手」

将棋世界1977年10月号、中原誠名人の「懸賞 次の一手」より。

<ヒント>

ひねり飛車戦から、飛交換となり、△8八飛と打たれたところです。先手苦戦に見えますが、後手をアッといわせる次の一手は?

* * * * *

最初は▲6五桂と跳ねて何かご利益があるのかな、などと考えてしまうが、正解は凄い一手。

なんと1図の局面は後手玉が詰めろになっている。

実戦では、ついつい見過ごしてしまいそうだ。

(正解は▲7一飛。これで後手玉が詰んでしまう)

「本当にアッと声が出てしまいそうな「後手をアッといわせる次の一手」」への2件のフィードバック

  1. これ、学生時代にやらかしたことあります。底歩が利くと勘違いして。。。だから一目で正解できました(笑)。

    1. あるるさん

      先手側よりも後手側がなかなか気がつかないかもしれませんね。
      もっとも先手も、とりあえず王手で飛車を打ってそれから桂を取って角にヒモをつけよう、としたらその前に詰んでいたという感じになるのでしょうが。

コメントを残す