「絶妙手」カテゴリーアーカイブ

郷田真隆四段(当時)の格調の高い名手

近代将棋1990年5月号、撮影は弦巻勝さん。

将棋マガジン1991年5月号、「公式棋戦の動き 棋聖戦」より。

 このところの棋聖戦は、若手の活躍が目立っている。具体的に名を出せば屋敷伸之。納得していただけたと思う。

 郷田四段も、期待される一人である。

 前期、挑戦者決定戦まで駒を進めた実績、近況の成績の良さなど、成長著しいからだ。

 1回戦の対淡路戦では、その力底知れぬものを感じ取れる手順を見た。

 今、▲8四角成(1図)としたところ。

 1図で、普通は敵陣に飛車を打ち下ろしておいて、それから、というものだが、郷田の指し手は△5三金寄。4一飛を捌こうとする、遠大なる構想だ。

 これに淡路は▲6三歩と、と金攻めに出るが、△4五飛▲6二歩成△4二金▲6三と△4三金寄▲5三歩△5六成桂▲5二歩成に△4九飛成(2図)と飛車の成り込みを成功させて、郷田が勝っている。

 △5三金寄。非凡である。

* * * * *

慌てず、騒がず、堂々と王道を行く4筋の飛車。

モーセの歩みとともに海が割れる、そのようなシーンを見たような思いにさせられる。

郷田真隆四段(当時)20歳、の絶妙な構想。

* * * * *

別の格調高い名手→郷田真隆九段の格調の高い名手

 

「将棋指しは、なにがあろうと、勝ってさえいれば仕合わせな人種である。負けては、女性にもてても、金をもうけても、子供が生まれても、名声を得ても、おもしろくない」

将棋マガジン1991年2月号、河口俊彦六段(当時)の「対局日誌」より。

 A級順位戦の、谷川-真部戦はとっておきの一局。

(中略)

 ▲6一飛と打って金取り。誰もが△5二銀と受けると思った。

21図からの指し手
▲4六馬△4一飛成▲4三桂(22図)

 この局面はいろいろなところで紹介した。いくらいい手でも、何回も書いているうちに感激がうすれてくるものだが、△4六馬はちがう。ますますよく見えてくる。

 そもそも金を王手で取らせる、の着想が浮かばない。竜王戦第5局の最後も同じだったが、感覚が余人と全然違うのである。これこそ、谷川でなければ指せない手であった。先崎の言いぐさじゃないが、並の棋士より大駒一枚強い。

 △4六馬は次に△3七銀と打ち込みを狙って一手すき。それだけの詰み筋だから受けがありそうだが、▲3七銀は△2四歩があって受けたことにならない。

 よって、金を取らせても△4三桂で、谷川が勝ちなのである。

 真部も竜王戦のときの羽生も、本筋の指し方をつづけた。真正面から戦ったから谷川に斬られたとも言える。終了は午前0時9分前。真部の残り時間は1分だった。全力を出し尽くしたから悔いはない、ということはなかろう。負けは負けである。感想戦を終えて立ち上がろうとしたとき、真部はよろめいた。苦笑しながら「このごろ酒が弱くなった。すぐ酔っ払ってしまう」と呟いたが、私には返す言葉がない。

 将棋指しは、なにがあろうと、勝ってさえいれば仕合わせな人種である。負けては、女性にもてても、金をもうけても、子供が生まれても、名声を得ても、おもしろくない。真部にすれば、今は人生でいちばんつらい時であろう。

* * * * *

21図。後手の持ち駒に銀が3枚もあるのだから、△5二銀と打っておいて、それから…と考えそうなものだが、ここから△4六馬。

金を王手で取らせるのも驚きだが、馬1枚だけで先手が寄ってしまうのももっと驚きだ。

最短距離で勝ちに行く谷川将棋の真髄と言って良いだろう。

河口俊彦六段(当時)が「何回も書いているうちに感激がうすれてくるものだが、△4六馬はちがう。ますますよく見えてくる」と書いているが、まさしくそう感じてくる。

* * * * *

真部一男八段(当時)がA級順位戦で0勝6敗の時の一戦。

「将棋指しは、なにがあろうと、勝ってさえいれば仕合わせな人種である。負けては、女性にもてても、金をもうけても、子供が生まれても、名声を得ても、おもしろくない」

は、かなりな名言だと思う。

 

忘れ得ぬ妙手

将棋世界2005年2月号、真部一男八段(当時)の「将棋論考」より。

 本誌は2月号だが、今はまだ慌ただしい年の瀬だ。

 一年の締め括りをどうしようかと愚考していると鮮烈な将棋の一場面がフラッシュバックする。

 この思い浮かんだ局面を読者とともに堪能したい。

 どういう訳か蘇る将棋は自分が10代だった頃の作品が殆どだ。

 まずはA図、昭和43年第12期棋聖戦。山田道美棋聖対中原誠六段。

 局面は山田が△4八歩成と角を取った所。次の一手として考えたい方はそのようにしてください。

 中原は飛車取りに構わず▲3五銀と只の所に銀を進めたのだ。

 この一手が絶妙の決め手になっている。

 飛、銀、桂と当たりになっていて目が眩むようでしょう。

 これで後手はヤリクリがつかなくなっているから驚きだ。

 △4九とと飛車を取るのは▲4四銀で全然ダメ。△3五同銀は▲5三金とクサビを打ち込み、△6一玉には▲6三金、△4一玉には▲4八飛が次の▲3三桂不成の両王手を見てぴったりである。

 本譜はやむなく△4五銀と桂を外したが▲4八飛△4六桂▲同銀△3四銀▲5五歩と進み先手が快勝した。

 山田はA図では当然▲4八同飛と読んでいて、以下△2六角▲4七飛△3七歩成▲同銀△1七角成と進むものと思いこんでいたそうである。

 次はB図、昭和44年第15期棋聖戦、中原棋聖対内藤國雄八段。(先後逆)

 ここで内藤の放った一着は私の感覚を遥かに越え、とうてい思いつきそうもない手だったので強烈だった。

 通常の感覚では▲6七香△同飛成▲6八香となるものとして、そこから読みを進めるであろう。

 ところが、内藤の脳細胞は▲5五香の奇想をキャッチしていたのだ。

 ▲9一馬の利きを遮りいかにも単純そうなこの香が、実は最短の寄せになっていたのには仰天した。

 天才の思考回路は分からぬものだが、それにしてもこの香には並み居る控え室の高段者達も一様に唸らされたという。

 以下は△6八金▲同銀△同飛成▲同金△5九銀▲3八玉△6八銀不成▲5三香成△同金▲4五桂と進み、あっという間に寄り筋となった。

 見事なものである。

 最近で(といっても平成8年)目を瞠ったのは第9期竜王戦、羽生善治竜王対谷川浩司九段、C図である。(先後逆)

 

 ここで谷川が打ち込んだ▲3三桂の烈手は読者も記憶に残っているかもしれない。

 先の中原、内藤の妙手もそれぞれ個性的ではあるが、この一手もやはり谷川の並々ならぬ終盤の才能が発現されたと云える。

 流石の羽生も意表を衝かれたであろう。

 以下は△5一飛▲4七飛△5六角に第二の剛打▲4二角が飛ぶ、勝負術では当代随一の羽生もこの飛躍した二連打を浴びては持ちこたえようもなかった。

 この他にも素晴らしい作品が多く浮かぶ、20代を過ぎてからは大山流の渋い金引きの発想にも底知れぬ独創が感じられるようになってきた。

 またの機会にご紹介したいと思います。

* * * * *

アマ・プロ問わず、それぞれの人にとっての「忘れ得ぬ妙手」というものがあることだろう。

多くの絶妙手の中から一つ選べと言われたら、私の場合は、升田幸三九段の1971年名人戦第3局、後手升田式石田流での△3五銀。

そういえば不思議なことに、ブログを始めて11年目になるが、升田幸三実力制第四代名人のこの△3五銀については、まだ記事にしたことがない。

なぜなのかわからないが、私の寿命が尽きるなどしてこのブログにいつかは最後の日が訪れるだろうが、最後の記事を「升田の△3五銀」にしようという深層心理が働いているのだと考えられる。

 

 

鈴木大介六段(当時)「今となっては深浦超合金は私の味方です」

将棋世界2003年2月号、神崎健二七段(当時)の「本日も熱戦関西将棋」より。

1月17日 20時以降

 棋士室には、多くの棋士が来ていたものの、関心は差の開いたモニターテレビではなくて、10秒将棋の勝ち抜き戦。

 最初は三段二人で指していたところにやはり明日B2対局の鈴木大介六段が参入。最初座っていた二人が対戦することはもう二度とはこなかった。

 内容も一方的に勝ち続け、相手変われども主変わらず。しかも指しながらつぶやく話術は面白すぎ。それをすべて書いていては、振り飛車日記の復活になってしまいそうなので省略。

「これで明日の順位戦で負けてしまうというストーリーだと私はあまりにも悲しすぎますよね」

 連勝が10近くになったころに、もう見ちゃおれんと平藤五段が挑戦。10人以上はいた全員が注目。

 ところが、完封シャットアウトできそうだった平藤、漫画に書いたような坂道の転げかたで逆転負け。

 その後連勝は13まで伸びて、14局目に三度目の挑戦で平藤がようやく、鈴木を休ませてあげることに成功して終了。

「明日は▲7六歩△3四歩に対しての3手目が問題だ。▲7五歩かな。たぶん△4四歩だと思うんだけど」とひとりごとの鈴木。

1月18日

19時10分

「奇手を放ってきました」

夕食休憩後、皆が多くの棋譜を並べているのを眺めながら鈴木がひとりごと。その後、二言三言何か悲観的なこともぼやいてはいたが、誰もその後半は信じてはいない。でも中には、昨日の10秒将棋で、ゆるい球を打ちすぎた弊害か?との心配の声も。

 そこまで言われては見に行かなくてはいけない。内藤の長考中の盤面は4図。

 棋譜を見ると4手目△4四歩まで昨日の予想どおり。

 確かに妙なところに見たことのない桂打ち。もしかすると、きしゅは奇手ではなく鬼手のほうのキシュだったのか?

 なかなかこの▲5四桂は浮かびにくく、淡路、杉本、平藤はじめ何人かで数手先から予想してもらったがなかなか浮かびにくい手。

 鈴木としては、大長考の夕休をはさんだ69分の一手は、決め手となった。桂を△同歩と取れば▲6三金の打ちこみ、角を逃げれば▲6二桂成から▲6三金でつぶれてしまうのだ。

21時

 感想戦。

「何かあがいて来たなあと思ったら、こっちがやられてた。考えてたらあんまり悪いんで最後には笑うてしもたわぁ」と淡路九段に自嘲ぎみに話しかける内藤。隣で深浦と対局中の有吉九段。中盤の手順を質問。内藤乗りの手順を指摘して、その後両対局者も、その説に賛同。

「この手筋は、覚えても、使うことはないなぁ。この将棋一局だけや」と内藤でもいうほどの珍しい場所の歩頭の桂。

24時

「今となっては深浦超合金は私の味方です」(理由は順位戦の表参照)

 B2では、全勝の深浦も1敗の中川も勝って自力を維持。依然三番手のままの鈴木は、感想戦終了後もいつまでも棋士室にいて、この部屋が自分の住みかであるかのように、いろんな将棋を次々と並べていた。

 その中には、派手な応酬の中原-久保戦(中原勝ち)、島-郷田戦(島勝ちで昇級)の途中までの棋譜もあった。

 鈴木は脱落しようとも、逆転昇級しようとも、来期も相変わらず楽しそうに10秒将棋を指しつづけているような気がする。そういえば、最近関西では若手棋士が10秒将棋を指す姿は、少なくなってきたかも?

——————

4図の鈴木大介六段(当時)の▲5四桂がワクワクするような凄い手。

内藤國雄九段の「この手筋は、覚えても、使うことはないなぁ。この将棋一局だけや」もユニークだし、対局中なのに感想戦に参加してくる有吉道夫九段も面白い。

——————

「今となっては深浦超合金は私の味方です」。

その心は。

この時点での順位戦B級2組の戦績上位は次の通り(段位は当時)。

深浦康市七段(5位)8勝0敗

中川大輔七段(6位)7勝1敗

鈴木大介六段(4位)6勝2敗

最終戦で深浦-中川戦。

つまり、自身では残りを2勝するとして、最終戦で深浦七段が勝ってくれれば、鈴木大介六段が昇級できるという勘定。

——————

実際には、

鈴木大介六段(4位)は残り2連勝で8勝2敗。

中川大輔七段(6位)は9戦目の対行方尚史六段戦に敗れ、最終局の対深浦戦に勝ち8勝2敗。

深浦康市七段(5位)は9勝1敗で昇級。

で、中川大輔七段が頭ハネとなり、深浦康市七段と鈴木大介六段の昇級が決まった。

順位差1つは1勝分という言葉があるが、まさにそのような事例。

——————

それにしても、深浦超合金という表現が秀逸だ。

勝負師としての深浦康市九段を表わす見事な形容詞となっている。

——————

鈴木大介九段と深浦康市九段というと思い出してしまうのがこのエピソード。

ストイックだった深浦康市少年

 

 

森内俊之八段(当時)「はっきり言ってライバルである」

将棋世界2001年2月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第5回 森内俊之八段」より。

鋭く決める

 前年度の竜王戦で中川大輔六段と対戦した。中川さんとは奨励会の級位者だった頃からずっとしのぎを削ってきた間柄で、四段になった棋士番号もわずかに1番違い。はっきり言ってライバルである。

 中川さんは横歩取りのスペシャリスト。私も横歩を取れる時は取るのが好きなので本局も横歩取りになった。飛車角が空中を乱舞する激しい応酬から私が優勢になり、図は先手が角で4四の飛車を取って、後手が△同歩と取り返した局面。

 どう決めるかというところだが、普通に▲5三桂成△同金▲3二飛の王手角取りは△4二桂合いが両方をいっぺんに受けるぴったりの手だ。これでも先手優勢だが、私は▲5三桂成以上の決め手を発見した。図から▲5三飛成!△同金▲3二飛△4三玉▲3四飛成△同玉▲5三桂成。飛車から行くのがキレ味鋭い一着で、これなら合駒する桂がない。以下は必然の進行で包囲網を築き寄せ切ることができた。

—————-

普通に考えれば、▲5三桂成△同金▲3二飛△4二桂▲2二飛成で満足してしてしまうところ。

▲5三飛成と行ったとしても、△同金▲3二飛△4三玉▲2二飛成、または△同金▲同飛成△同玉▲3二飛△4二桂▲2二飛成で十分と思ってしまうところ。

しかし、これでは中盤の指し方の感覚なのだろう。敵陣をボロボロにしたものの寄せの形は見えてこない。

後手玉が寄り形になる時は寄り形にする。

これで十分と思わずに、更に良い手を探すのがプロの本能なのだろう。

とはいえ、私などの場合は欲をかいて失敗することが多く、このバランスと言うか見極めが難しい。

分相応の欲にしておけ、ということなのだと思う。

—————-

「はっきり言ってライバルである」という表現が面白い。

将棋世界2002年8月号に掲載された、森内俊之九段と中川大輔八段が一緒に写っている写真がある。撮影は炬口勝弘さん。

右から、10代の頃の森内九段、中川八段、先崎学九段。

今はなくなったが、渋谷将棋センターでの研究会(ハチ公研と呼ばれていた)の帰りのシーン。