「絶妙手」カテゴリーアーカイブ

羽生善治四冠(当時)の石田流崩し

将棋世界2005年12月号、「第64期順位戦」より。

 本命羽生の4回戦は同じく2勝1敗の鈴木(大)。1図は鈴木が四間飛車から石田流に組み替えた局面。▲6六銀を早めに上がり居飛車穴熊の仕掛けを封じたはずであったが……。

羽生石田崩し

 1図から△9五歩▲同歩△同香▲9六歩△同香▲同飛△8六歩▲同角△9五歩▲同飛△6六角で羽生がペースを握った。9筋で香を捨てて△8六歩がうまい仕掛け。この筋はちょっと見たことがない。以下も難しい戦いなのだが、仕掛けを許した鈴木が局面を悲観し、68手の短手数で羽生の勝ち。

 著書「決断力」がベストセラーとなっている羽生だが、構想力も桁違いだ。

——–

▲6六銀型の石田流は、破壊力が抜群の戦型。

1図が先手番だとしたら、▲7四歩△同歩(△同飛は▲7五銀で飛車が死ぬ)▲7五歩のような攻めで7筋を突破することができる。

また、▲6六銀型の石田流は、守備力も強い。

しかし、羽生善治四冠(当時)は、全く新しい構想で、その死角をついて崩壊へと至らせる。

1図からの手順を追ってみたい。

1図は、後手から△4五歩と角道を開け、先手が▲4五同歩と応じた局面。

羽生石田崩し

ここから、△9五歩▲同歩△同香▲9六歩(2図)。

羽生石田崩し2

普通はこれで守り切ることができるのだが、△同香▲同飛△8六歩(3図)。

羽生石田崩し3

△8六歩で6六の銀が孤立してしまった。

△8六歩に▲同歩として△6六角には▲8五歩という切り返しも見えるが、△8六歩▲同歩の時に△9五歩とされて、ダメそう。

そういうわけで△8六歩には▲同角(4図)。

羽生石田崩し4

ここで△6六角と銀を取ると、▲9五角で飛車角両取りとなって、後手が逆にハメられた形になってしまう。

この▲9五角の狙いを封じ込むのが、△9五歩(5図)の焦点の歩。

羽生石田崩し5

▲同角ならば△8七飛成で、6六の銀を守る

  • ▲6七金は、△9四歩▲8六角△6六角▲同金△9五銀
  • ▲4四香は、△同銀▲同歩△9四香の田楽刺し

で、どちらも先手がつまらない。

先手は▲9五同飛と取って後手は△6六角(6図)と銀を取ることができた。

羽生石田崩し6

先手の石田流は崩れてしまった…

——–

しかし、6図から▲8五香とするとどうなるのだろう。

「以下も難しい戦いなのだが」と書かれているように、本当に難しそうだ。

 

 

「何という筋の悪い攻め!」と最初は思われた絶妙の攻め

将棋世界1995年12月号、泉正樹六段(当時)の「公式棋戦の動き」より。

棋王戦

 ベスト4をかけた対局は非常に価値が大きい。勝てば、次からは負けても敗者戦に移ることができるからだ。

 久保-高橋戦は、苦心して居飛穴に囲った高橋に、序盤早々、角のニラミで後手陣をかきまわした久保が金桂交換の駒得でやや優勢。

高橋久保1

 と、思いきや、高橋突如、力を込めた△4四桂!何という筋の悪い攻め!「飛車角を自分から止める手が成立したためしがない」は浅はかにも形だけで即断する無責任な猛進君。

 これが鬼の様に厳しかった。▲6七銀△3六桂▲同銀△2六角▲3八玉△4五飛▲同銀△3七金▲2九玉△4七歩成(A図)と一気に攻めたてて高橋勝勢。

高橋久保2

▲3八玉で▲3七桂でも、△3五歩▲同銀△3七角成▲同玉△4五飛▲4六銀△3六歩▲同玉△3五金(B図)

高橋久保3

▲3五同銀の所▲同金でも△4七歩成▲同金△4六歩(C図)で何れも先手陣壊滅。こんな無茶苦茶な攻めが利くところに穴熊の驚異がある。久保もガク然。

高橋久保4

——–

後手が穴熊で先手が歩切れだったので成立した、高橋道雄九段の全体重をかけたような迫力満点の攻め。

3図で▲5四金も、△5六桂▲同歩△4七銀とガリガリ攻められるのだろう。

きっと3図では、▲4四同金△同角▲同角△同飛もあったのだろうが、やはり先手がつまらなさそう。

歩切れの恐ろしさが如実に現れた展開だ。

 

中原誠十六世名人の神業のような手作り

将棋世界1995年10月号、泉正樹六段(当時)の「公式棋戦の動き」より。

全日本プロ(朝日)

 全棋士の名が連なるこの棋戦。ごひいきの棋士を見つけるのに、けっこう時間を費やすのではないでしょうか。それでも1回勝てば少し見易くなる訳で、野獣の名前は発見できましたか……。アッ、イチコロだったっけ。

中原中田5

 9図は横歩取りから、中原独自の”金銀分裂カニ囲い”。はっきり言って、この戦法何人もマネができず、なんで図のようにと金ができるのかは凡人にはとても理解できない。

 ただし角香と金の二枚替えだから中田(宏)が形勢悪しとも思えない。中田は少々形勢を悲観していた。全然手になりそうもない所から、と金を作られたショックなのだろう、普段は楽観的な中田をしても自信がなくなってしまうらしい。

 △3七とは防げないため、▲4五桂としたが、△同桂▲同歩△7六桂の痛打を浴び、はっきり形勢を損ねてしまった。

 中原は感想戦で▲7五歩を指摘。△同飛は▲7六歩。飛車が逃げれば玉が安全になる。考えてみれば当然の事なのだが飛車を追うのは▲9二馬との先入観がデカイ。プロの盲点だ。

——–

「なんで図のようにと金ができるのかは凡人にはとても理解できない」と泉正樹六段(当時)が書いているが、そのと金がどうやってできたかが、同じ号で日浦市郎六段(当時)によって書かれている。

将棋世界1995年10月号、日浦市郎六段の「今月の目 関東」より。

 第14回全日本プロ将棋トーナメント、中田宏樹六段-中原誠永世十段戦から。

 後手の中原永世十段が横歩取らせ中原流に出て、1図は▲8二角と中田六段に打ち込まれたところ。

中原中田1

 この局面から、控え室では「中原先生、どうするんだろう」という感じでモニターテレビを見ておりました。後手からは手をつくりにくそうに見えますが…。

1図以下の指し手
△4六歩▲同歩△4八歩▲同銀△2六歩(2図)

中原中田2

 この形のスペシャリスト、中原永世十段はさすがにうまく手をつくります。

 まず△4六歩と突き捨て、▲同歩に△4八歩が狙いの一手。▲同金には△5九角!!と強襲される筋があるので中田六段は▲同銀ですが、中原永世十段はイロイロな面をカラメて攻めてきます。

2図以下の指し手
▲9一角成△2四飛▲2五歩△同飛▲3七桂△2四飛▲7四歩△2七歩成(3図)

中原中田3

 2図から▲2六同飛は△4四角▲2八飛△8八角成▲同金△7九銀という攻めがあって先手不利。

 本譜、中田六段は香を拾って△2四飛と回られた手に対し▲2五歩~▲3七桂と手筋の受けを見せましたが、中原永世十段に△2四飛と引かれてみると▲2五歩と押さえられません(▲2五歩には△同桂▲2六飛△3七桂不成▲2四飛△4九桂成で後手優勢)。

 中田六段は▲7四歩と桂取りに歩を打って勝負。中原永世十段の△2七歩成(3図)は「ハテナ」という手に見えましたが…。

3図以下の指し手
▲2五歩△7四飛▲2七飛△2六歩▲2九飛△2七角(4図)

中原中田4

 3図から▲2五歩△7四飛▲2七飛と進み、と金を払われて後手の攻めが失敗したかに見えますが、ここで△2六歩と再び打ち返すのが狙いの一手。▲同飛は先ほどと同じく△4四角の筋があるので飛車を引く一手ですが、△2七角と打った手が厳しい。この手は△4九角成▲同飛△5八金という強襲を狙っています。

4図以下の指し手
▲4七銀△4九角成▲同飛△2七歩成(9図)

 強襲を防いで中田六段は▲4七銀ですが、それでも角を切られました。と金を作った局面は後手優勢です。

 1図以下の手は「職人芸だね」という声が上がったほど。プロが見てもホレボレする順で、スペシャリストのすごさを実感した一局です。

——–

1図から後手が手を作れるなんて信じられないことだが、それを無理攻めではなく自然な手順で実現させてしまうところが中原誠十六世名人の真骨頂。

名人の「職人芸」というと何か不思議な言葉の組み合わせのような感じがするが、要は「名人芸」ということになるのだろう。

 

金銀4枚無傷の左美濃を一手で崩壊させた大山康晴十五世名人

1983年の王将戦七番勝負第1局の米長邦雄九段-大山康晴王将戦。

1図は大山王将の△4五馬に対して、米長九段が69分の長考で6九の金を▲7九金と寄ったところ。

ここで大山王将が、金銀4枚の先手の堅陣を一手で崩壊させる絶妙手を放つ。

大山妙手1

———-

将棋世界1983年3月号、故・井口昭夫さんの第32期王将戦七番勝負第1局観戦記「怪物大山緒戦に快勝」より。

 つづく大山の△4五馬が好手で、米長は「分からなくなった」。69分の長考で▲7九金と寄ったが△8六桂(2図)が痛烈をきわめた。

大山妙手2

 この手に控え室は騒然となった。口々に「こんな手があっては(終局は)夕食前だ」と言う。控え室の予想では、この手で△7四桂▲5七銀△6六香で後手よしだったが、大山の説明では「△7四桂▲7五銀△6六香▲同金△同桂▲同銀△7八馬▲同金△9七銀▲同玉△9九竜▲9八香△9五歩▲8五桂△8四香でスレスレの勝負」になるそうだ。感想で大山は「あそこで行かないと長い将棋になると思った。△8六桂と打って少しいいと思ったと語っている。

2図以下の指し手
▲8六同歩△8七香▲同銀△7九竜▲同玉△6七馬(3図)

 △8六桂▲同歩△8七香▲同銀となったとき、△7九竜と先に竜を切ったのが好手。米長は△6七馬と思っていたようだ。しかし、それだと▲6九香でがんばる手が生じる。竜を先に切ったので大山は金2枚を手にし、ひたひたと米長玉に迫る。

大山米長1

3図以下の指し手
▲7八飛△6六馬▲6八香△5七馬▲5九香△4六馬▲5八桂(4図)

 ここからの米長のねばりがすごい。81手目の▲7八飛が受けの好手でこれ以外、例えば▲6八飛は△5六金で駄目になる。ただし次の米長の手▲6八香は、米長自身「▲6九香だったか」と後悔している。▲6九香に△5七馬なら▲8八玉と逃げる。

 米長は守り一方に見えるが、反撃に移れば大山陣にも欠陥がある。87手目米長の▲5八桂がクセモノで、△4五馬なら▲6六桂ととび、次に▲7四桂打という必殺のツナギ桂を見ている。▲5八桂で大山は一瞬「逆転されたか」と思ったそうだ。

大山米長2

4図以下の指し手
△5六馬▲6六桂△同馬▲同香△6七金▲5四歩(5図)

 夕食をはさんで大山は50分考え、再開後△5六馬としたが、読み切っていた。▲6六桂に△同馬と切って反撃の根を断ち、▲同香に△6七金とスッポンのように食いついた。大山は「馬を逃げようかと思ったが、大駒全部捨てても、金銀で食いついていこうと決意した。時間が2時間を切っているので受けに回るのは苦しい。時間があれば別の道を選んだかもしれない」と言う。

大山米長3

5図以下の指し手
△7四桂▲1二角△4五歩(6図)

 93手目▲5四歩を米長は敗着と見る。

「この手で先に▲1二角△6六金▲5四歩△同歩▲4六角△6二桂▲5八桂で長い将棋になるが、こちらは駒損をしていないので指せる」と米長。大山はこれに対して「こちらも悪くない。この形は安心だ」と不同意。面白いことに意見が分かれている。

 大山の△4五歩が妙手。▲同角成なら△6八金打▲同飛△同金▲同玉△4八飛の両取りねらいだ。米長は▲8八玉とその順をさけたが、こうなってはもう時間の問題となった。

大山米長4

6図以下の指し手
▲同角成△6八金打▲同飛△同金▲8八玉△7九銀▲9八玉△4七飛(7図)

 大山は「湯のみが小さいのでノドがかわく」とお茶を所望。米長はずっと正座の姿勢をくずさず、時折扇子を膝に立てて読みふける。大山の口から「うーん」とか「チッ」というつぶやきに似た音がもれる。

大山米長5

7図以下の指し手
▲5七桂△9五歩▲9七角△4八飛成▲7九角△同金▲5八金△4五竜▲同桂△5六角(投了図)
まで、114手で大山王将の勝ち

 104手目△4七飛が決め手だろう。最後は即詰みではないが、もはや望みがなく、午後8時57分、米長は「負けました」と投了、大山は「どうも」と応えた。

「投了図を見ると、私のほうが随分いいように見えるでしょうが、内容はそうではなくスレスレの勝負でした」と大山は控え目に語った。

 一昨年は米長1勝のあと4連敗、今年は大山1勝のあとどうなるか。

 その夜、米長は珍しく麻雀を半荘打ち、のっけから面前清一色であがって度肝を抜き、大勝して引き揚げ、翌朝は大山のお株を奪って夜の明け切らぬうちに宿を出たとか。

大山米長6

——–

米長邦雄九段が69分の長考で指した▲7九金が絶妙の△8六桂を招いてしまったのか。

△8七香と打たれては、先手の6七金か7九金が必ず取られてしまう。

△8六桂▲同歩の後の形なら△8七香は次の一手として頭に浮かんでくるが、1図で△8六桂を発見するのは難しい。

受けの名人と言われた大山康晴十五世名人の鋭い攻めの一手。

米長邦雄九段の必死の粘りも迫力がある。

——–

昔、受けが弱いので受けが強くなるような本を買おうと思い、書店へ向かったことがある。

しかし、相手の攻めを読めなければ的確な受けもできない、受けに強くなるにはより攻めを強くしなければならない、と考え、結局は攻撃力を高めるような本を買ってしまった。

当時は受けに関する本が少なかったのでこのようなことになったのだが、どちらにしても、受けが強い人は本当は攻めも強い、この時に初めて気がついたことだった。

大山十五世名人の△8六桂を見ると、そのことがより一層強く感じられる。

 

行方尚史七段(当時)の絶妙の連続角不成

近代将棋2005年4月号、村山慈明四段(当時)の「定跡最前線特捜部」より。

 創作次の一手問題を見るたびに、「こんな都合のいい手順、実戦ではまずありえない」と想っていた。ところが……。まず下の図面を見て頂きたい。

行方F1

 この局面は某豪邸で行われている研究会の行方-F戦の終盤戦である(後手の先生は本人の希望によりイニシャル)。すでに両者30秒の秒読みに入っているがここからの行方七段の指し手はまさに「実戦次の5手」だった。

 その前にこの局面でF先生の読み筋を記しておくと(手順にヒントが隠されている)図から▲4二角成△7六桂▲7七玉△5六銀不成(好手)▲6四角成△6七歩成▲8六玉△8五銀▲7五玉△7四歩▲同馬△同銀▲同玉△(▲6四玉なら詰みはないが△5二金▲5四玉△3五角で勝ち)△6五銀▲6四玉△4二角▲5三合△6三歩▲7五玉△5三角まで詰みというもの。

 途中△5六銀を不成で取るのが妙手だ。勘の良い方ならもう正解手順はお気付きだろう。

 実戦は次のように進んだ。▲4二角不成!△7六桂▲7七玉△5六銀不成▲6四角不成!△6七歩成▲8六玉△8五銀▲7五玉(打ち歩詰め図)以下先手勝ち。

行方F2

 何と角不成の二段活用、先手玉はすれすれ打ち歩詰めで逃れている。しかしやはり創作と実戦は違うようで、まだ後手にも勝機があったようだが、F先生は「いや~こんなすごい手食らったら勝てませんよ。お見事!」と、行方七段の絶妙手順を称えていた。

 行方七段の終盤力(才能?)に脱帽です。

(以下略)

——–

行方尚史七段(当時)の、2度にわたる絶妙な角の不成。

まるで、『巨人の星』の大リーグボール3号を見ているような気持ちになる。

そういう意味では、フワフワとした魔球のような▲4二角不成と▲6四角不成。

——–

この講座に登場しているF先生と村山慈明四段(当時)は、奇しくも、昨日発表になった第27回将棋ペンクラブ大賞技術部門で大賞と優秀賞を受賞している二人だ。