「絶妙手」カテゴリーアーカイブ

森内俊之八段(当時)「はっきり言ってライバルである」

将棋世界2001年2月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第5回 森内俊之八段」より。

鋭く決める

 前年度の竜王戦で中川大輔六段と対戦した。中川さんとは奨励会の級位者だった頃からずっとしのぎを削ってきた間柄で、四段になった棋士番号もわずかに1番違い。はっきり言ってライバルである。

 中川さんは横歩取りのスペシャリスト。私も横歩を取れる時は取るのが好きなので本局も横歩取りになった。飛車角が空中を乱舞する激しい応酬から私が優勢になり、図は先手が角で4四の飛車を取って、後手が△同歩と取り返した局面。

 どう決めるかというところだが、普通に▲5三桂成△同金▲3二飛の王手角取りは△4二桂合いが両方をいっぺんに受けるぴったりの手だ。これでも先手優勢だが、私は▲5三桂成以上の決め手を発見した。図から▲5三飛成!△同金▲3二飛△4三玉▲3四飛成△同玉▲5三桂成。飛車から行くのがキレ味鋭い一着で、これなら合駒する桂がない。以下は必然の進行で包囲網を築き寄せ切ることができた。

—————-

普通に考えれば、▲5三桂成△同金▲3二飛△4二桂▲2二飛成で満足してしてしまうところ。

▲5三飛成と行ったとしても、△同金▲3二飛△4三玉▲2二飛成、または△同金▲同飛成△同玉▲3二飛△4二桂▲2二飛成で十分と思ってしまうところ。

しかし、これでは中盤の指し方の感覚なのだろう。敵陣をボロボロにしたものの寄せの形は見えてこない。

後手玉が寄り形になる時は寄り形にする。

これで十分と思わずに、更に良い手を探すのがプロの本能なのだろう。

とはいえ、私などの場合は欲をかいて失敗することが多く、このバランスと言うか見極めが難しい。

分相応の欲にしておけ、ということなのだと思う。

—————-

「はっきり言ってライバルである」という表現が面白い。

将棋世界2002年8月号に掲載された、森内俊之九段と中川大輔八段が一緒に写っている写真がある。撮影は炬口勝弘さん。

右から、10代の頃の森内九段、中川八段、先崎学九段。

今はなくなったが、渋谷将棋センターでの研究会(ハチ公研と呼ばれていた)の帰りのシーン。

 

 

 

森下卓六段(当時)の、次の一手のような手が連続する絶妙手順

将棋世界2001年4月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第7回 森下卓八段」より。

 平成元年、第2期竜王戦本戦で中原誠永世十段と対戦した。これに勝てばベスト4という大きな一番だが、ここまで私は中原先生に3局対戦して3連敗という成績。当時、棋聖と王座の二冠を持つ中原先生には、正直言って勝てそうな気がしないまま盤の前に座ったのを覚えている。

 矢倉になり、後手が5筋の歩を角で交換してくる「中原流」から金取りに桂を打たれたのが図の局面。

 ここで▲6七金引と逃げていては△6六歩と押さえられ、▲5七金でも▲7七金寄でも△6五桂で後手の攻めが調子づく。ただ、私は図の局面で「何かある」と感じていた。図から▲5五金△同銀左▲同銀△同銀▲2五飛△5三歩▲8三銀△5二飛▲7四銀成△同金▲5三角成△同飛▲2二飛成。金損覚悟の▲5五金がキレのある一手で勝ちを収めることができた。▲2五飛の十字飛車が厳しい攻めで5五の銀取りを受けると▲4二銀だ。

 ▲5五金は今でも忘れられない会心の一手である。

—————-

広告の限られたスペースなので棋譜の占める割合が多く、手のイメージを掴みづらいが、盤に並べてみると、一連の手順の素晴らしさがよくわかる。

図から▲5五金△同銀左▲同銀△同銀の清算後、▲2五飛と飛び出したのがA図。

銀取りだが、△6六銀などとすると、▲4二銀と打たれ、

  • △同飛なら▲同角成△同玉▲2二飛成
  • △5二玉なら▲2二飛成
  • △3二玉なら▲3三銀成△同角(または△同玉)▲2三金

と後手は必敗形となってしまう。

そういうわけで、A図から後手は▲4二銀を防ぐ△5三歩。

ここで指されたのが▲8三銀!(B図)

森下卓九段の師匠、故・花村元司九段が1972年のNHK杯戦(対 中原誠名人)で敵飛の頭に単騎放った鬼手▲8三銀を彷彿させるような一手。

△同飛は▲2二飛成があるので、角成を受けながらの△5二飛。

そして▲7四銀成が、6三の金を中央の守備から剥がす妙手。

△同金▲5三角成でC図。

飛車をどこに逃げても▲6三馬の王手金取りが残るので△同飛。先手は▲2二飛成と角を取りながら急所に飛車を成り込む。

あまりにも見事な絶妙の手順。

 

 

佐藤康光九段の次の一手に出てくるような会心の絶妙手

将棋世界2001年11月号の、アサヒスーパードライの広告「キレ味。この一手。 第14回 佐藤康光九段」より。

狙っていた一着

 谷川浩司名人(当時)に挑戦した第56期名人戦。1勝2敗と黒星先行で迎えた第4局は、私にとって落とすことのできない一番であった。谷川名人の四間飛車に居飛車穴熊に囲って作戦勝ちと感じていたのだが、谷川名人のねばり強い指し回しの前に、私は決め手をつかめず、徐々に追い込まれて焦りを感じる展開になっていた。図は谷川名人が飛車で6四の歩を払ったところ。6六の拠点が大きく先手が苦しくしたかとも思える局面だが、ここで私に狙っていた一着があった。

 図から▲4五桂がキレのある会心の一手。△同銀は▲4三竜だし、△同桂は▲4六角の王手飛車が厳しく決まる。

 この将棋に勝って2勝2敗のタイに持ち込み、フルセットの末に名人位を獲得することができた。この第4局はシリーズの中で最も印象に残っている一局である。

—————-

▲4五桂はなかなか気が付きづらく盲点になりそうな、まさに次の一手のような絶妙手。

△4五同桂▲4六角に△5五桂と頑強に受けられた場合は、▲同歩△同銀▲5六桂の切り返しがある。

—————-

とはいえ、後手からの△7七桂成~△6七歩成のような順も見えており、先手も非常に怖い状況。

この後、滅多に見ることのできないような超過激な斬り合いが繰り広げられる。

その模様については、明日の記事で紹介したい。

—————-

佐藤康光九段が日本将棋連盟の会長に就任した。

このような非常に大変な時期に会長を引き受けることを決意した佐藤康光九段には本当に頭が下がる。

私の中では応援したい気持ちでいっぱいだ。

—————-

佐藤康光九段にはエピソードが非常に多い。

メガネをよく壊したり波にさらわれたりしている、将棋以外の勝負事に弱い、車の運転が決して盤石ではなかった、など主に先崎学九段のエッセイで書かれている。

佐藤康光九段は、このブログの4,246記事中、547記事に名前が登場している。

—————-

それ以外の棋士のこのブログでの名前の登場回数も調べてみようという気持ちになり、調べてみた。(4,246記事中、登場回数100回以上)

  • 羽生善治三冠 1,466
  • 佐藤康光九段 547
  • 谷川浩司九段 505
  • 森内俊之九段 503
  • 渡辺明竜王 437
  • 郷田真隆王将 416
  • 中原誠十六世名人 349
  • 大山康晴十五世名人 342
  • 先崎学九段 298
  • 加藤一二三九段 288
  • 三浦弘行九段 252
  • 升田幸三実力制第四代名人 236
  • 米長邦雄永世棋聖 231
  • 藤井猛九段 229
  • 木村一基八段 225
  • 森下卓九段 217
  • 村山聖九段 211
  • 深浦康市九段 205
  • 久保利明九段 195
  • 林葉直子さん 195
  • 中井広恵女流六段 194
  • 丸山忠久九段 193
  • 河口俊彦八段 182
  • 森信雄七段 170
  • 内藤國雄九段 164
  • 神吉宏充七段 162
  • 行方尚史八段 160
  • 鈴木大介九段 154
  • 島朗九段 143
  • 山崎隆之八段 121
  • 屋敷伸之九段 118
  • 田中寅彦九段 117
  • 青野照市九段 112
  • 森雞二九段 110

このような集計は初めてだが、羽生善治三冠の名前が3回に1回登場しているとはすごい。

 

 

羽生善治四冠(当時)の石田流崩し

将棋世界2005年12月号、「第64期順位戦」より。

 本命羽生の4回戦は同じく2勝1敗の鈴木(大)。1図は鈴木が四間飛車から石田流に組み替えた局面。▲6六銀を早めに上がり居飛車穴熊の仕掛けを封じたはずであったが……。

羽生石田崩し

 1図から△9五歩▲同歩△同香▲9六歩△同香▲同飛△8六歩▲同角△9五歩▲同飛△6六角で羽生がペースを握った。9筋で香を捨てて△8六歩がうまい仕掛け。この筋はちょっと見たことがない。以下も難しい戦いなのだが、仕掛けを許した鈴木が局面を悲観し、68手の短手数で羽生の勝ち。

 著書「決断力」がベストセラーとなっている羽生だが、構想力も桁違いだ。

——–

▲6六銀型の石田流は、破壊力が抜群の戦型。

1図が先手番だとしたら、▲7四歩△同歩(△同飛は▲7五銀で飛車が死ぬ)▲7五歩のような攻めで7筋を突破することができる。

また、▲6六銀型の石田流は、守備力も強い。

しかし、羽生善治四冠(当時)は、全く新しい構想で、その死角をついて崩壊へと至らせる。

1図からの手順を追ってみたい。

1図は、後手から△4五歩と角道を開け、先手が▲4五同歩と応じた局面。

羽生石田崩し

ここから、△9五歩▲同歩△同香▲9六歩(2図)。

羽生石田崩し2

普通はこれで守り切ることができるのだが、△同香▲同飛△8六歩(3図)。

羽生石田崩し3

△8六歩で6六の銀が孤立してしまった。

△8六歩に▲同歩として△6六角には▲8五歩という切り返しも見えるが、△8六歩▲同歩の時に△9五歩とされて、ダメそう。

そういうわけで△8六歩には▲同角(4図)。

羽生石田崩し4

ここで△6六角と銀を取ると、▲9五角で飛車角両取りとなって、後手が逆にハメられた形になってしまう。

この▲9五角の狙いを封じ込むのが、△9五歩(5図)の焦点の歩。

羽生石田崩し5

▲同角ならば△8七飛成で、6六の銀を守る

  • ▲6七金は、△9四歩▲8六角△6六角▲同金△9五銀
  • ▲4四香は、△同銀▲同歩△9四香の田楽刺し

で、どちらも先手がつまらない。

先手は▲9五同飛と取って後手は△6六角(6図)と銀を取ることができた。

羽生石田崩し6

先手の石田流は崩れてしまった…

——–

しかし、6図から▲8五香とするとどうなるのだろう。

「以下も難しい戦いなのだが」と書かれているように、本当に難しそうだ。

 

 

「何という筋の悪い攻め!」と最初は思われた絶妙の攻め

将棋世界1995年12月号、泉正樹六段(当時)の「公式棋戦の動き」より。

棋王戦

 ベスト4をかけた対局は非常に価値が大きい。勝てば、次からは負けても敗者戦に移ることができるからだ。

 久保-高橋戦は、苦心して居飛穴に囲った高橋に、序盤早々、角のニラミで後手陣をかきまわした久保が金桂交換の駒得でやや優勢。

高橋久保1

 と、思いきや、高橋突如、力を込めた△4四桂!何という筋の悪い攻め!「飛車角を自分から止める手が成立したためしがない」は浅はかにも形だけで即断する無責任な猛進君。

 これが鬼の様に厳しかった。▲6七銀△3六桂▲同銀△2六角▲3八玉△4五飛▲同銀△3七金▲2九玉△4七歩成(A図)と一気に攻めたてて高橋勝勢。

高橋久保2

▲3八玉で▲3七桂でも、△3五歩▲同銀△3七角成▲同玉△4五飛▲4六銀△3六歩▲同玉△3五金(B図)

高橋久保3

▲3五同銀の所▲同金でも△4七歩成▲同金△4六歩(C図)で何れも先手陣壊滅。こんな無茶苦茶な攻めが利くところに穴熊の驚異がある。久保もガク然。

高橋久保4

——–

後手が穴熊で先手が歩切れだったので成立した、高橋道雄九段の全体重をかけたような迫力満点の攻め。

3図で▲5四金も、△5六桂▲同歩△4七銀とガリガリ攻められるのだろう。

きっと3図では、▲4四同金△同角▲同角△同飛もあったのだろうが、やはり先手がつまらなさそう。

歩切れの恐ろしさが如実に現れた展開だ。