「序盤のエジソン」を体現した田中寅彦八段(当時)の絶妙手

将棋世界1989年4月号、「B級1組順位戦」より。

第52期棋聖就位式。将棋世界1988年11月号、撮影は中野英伴さん。

 勝った方が即昇級という大一番、田中寅-石田戦は、田中が得意の飛車先不突き矢倉から、アッと驚く新手を出して快勝した。

 1図は、歩の交換こそ行われているものの、まだ駒組みの段階と思える局面だ。後手の石田もこのあと先手は▲7八金から玉を囲ってくるくらいのものと考えていた。時間も、昼休から1時間そこそこというところで、対局室の空気もどことなくノンビリムードが漂っている頃である。

 田中の指した次の一手は、そんな泰平ムードを吹っ飛ばすものであった。読者の皆さんも、1図で田中が指した手を当ててみてもらいたい。自力で発見できればA級並の感覚を持っていると自慢して良いだろう。

 1図以下の進行は、▲8六歩△6五歩▲同歩△同銀▲6六歩△7四銀▲7五歩△同銀▲7六歩△6四銀▲8五歩(2図)

 ▲8六歩と突いたのが絶妙の一手。と言ってもピンとこないだろうが、この手は、次に▲8五歩から▲8四歩としてと金攻めを目指した恐ろしい手なのだ。石田は、▲8六歩とされた時は、意表を突かれながらも「こんな歩でやられるはずがない。何か反発する手がきっとあるはず」と思ったそうだが、考えれば考えるほど、有力な対抗手段がないことが分かり、愕然としたという。

 66分の長考で△6五歩と合わせ、アヤを求めたが、▲6五同歩△同銀▲6六歩△7四銀に▲7五歩以下、一歩を犠牲に銀を元の位置に戻したのがうまい手順で、△6四銀に▲8五歩と突っかけて、先手の優勢がハッキリした形となって現れることになった。

 2図▲8五歩に△同歩は▲8八飛で受けなしなので、石田は再び△6五歩として突破口を見出そうとしたが、田中の中央に集結した金銀3枚のカベは厚く、▲8四歩から▲8三歩成~▲7二とが間に合って田中の快勝するところとなった。

 終局は、7時40分。順位戦としては異例の早さである。石田は力を発揮する所が全くないまま土俵を割ってしまったが、それだけ、新手▲8六歩のパンチ力が強烈だったということだ。

 もっとも、一部の研究熱心な若手棋士らの間では、1図の▲8六歩はしばらく前から”ある手”として知られていたところらしく、局後にそのことを聞いた石田は「イヤーッ、勉強不足でした。イカン、こんなことでは」と、自らの頭を扇子でバンバンとタタいてくやしがった。

* * * * *

将棋世界同じ号の田中寅彦八段(当時)の「昇級者喜びの声」より。

 1図はA級昇級を決めた対石田戦の序盤。私が▲8六歩と突いたところだが、これで後手は受けなし。勝ったと思った。

 こんなに早く勝ちを意識するのは私の短所であるが、そういう局面を作りやすいのは、私の長所だろう。

 情報化時代の昨今、出だしの研究は進んだように見えるが、却っていろいろな知識があるがために、創造力が欠けてきたように思う。今の将棋界には私のような棋士の存在価値は高いと信じている。

 これからも、読者の皆様には私らしい、おもしろい将棋をお見せできればと思っている。

* * * * *

▲8六歩(3図)と指されてみると意味がだんだんわかってくるが、1図の段階で▲8六歩を発見するのは至難の業。

これを受けようと△6二飛~△8二飛とすると、6四の銀が取られてしまう。

「序盤のエジソン」という呼び名が生まれるのはもっと後年のこととなるが、田中寅彦八段(当時)の構想力が凄い。

 

「「序盤のエジソン」を体現した田中寅彦八段(当時)の絶妙手」への1件のフィードバック

  1. タイトル1期A級6期という棋歴も棋士として大成された立派な証ですが、田中九段のほんとうの実績は昭和の将棋が平成の将棋に変わっていく端緒に、現代将棋(コンピュータの影響下にある将棋が最新の現代なのかもしれませんが、羽生世代が序盤から様々可能性を追求し再構築していった将棋)の礎になっていることだと感じています。藤井九段のように無から有を生み出したわけではないですが、定跡の発展進化に於いて田中寅彦という棋士は欠かすことのできない存在だと思いますし、直接間接に羽生世代の思考に多くの影響を与えているのではないかと思います。

コメントを残す