自戦記

自戦記

「ケツの穴に問うて石を飲め」

昨日から北九州市で行われている王位戦第5局の立会いは、北九州市出身の森下卓九段。 森下卓九段が12歳で奨励会入りした際、保護者役として北九州から一緒に上京してきたのがお祖母様だった。 森下九段のお祖母様を知る人は、例外なく「昔気...
自戦記

羽生善治名人と渡辺明竜王の初対局

今日は、渡辺明竜王と羽生善治名人の初対局の模様を。 近代将棋2003年8月号、渡辺明五段の「19歳新鋭棋士 トップを狙え」より。 羽生善治竜王との初対局(2003年3月14日、王位リーグ紅組2回戦)。 羽生竜王との対局。やはり...
自戦記

1996年 窪田義行四段

今日は棋王戦挑戦者決定トーナメントの事実上の準決勝にあたる、渡辺明竜王-窪田義行六段戦が行われる。 棋士別成績一覧によると、二人の対戦成績は、渡辺竜王から見て2勝1敗。(2001年○、2002年○、2005年●) 5年ぶりの戦い...
自戦記

三浦弘行棋聖(当時)の自戦記より

将棋世界1997年1月号、三浦弘行棋聖(当時)の自戦記「思ったより堅くなかった玉」より。 不思議な面白さ、ユーモアを感じさせられる自戦記。 本局は竜王戦5組の昇級決定戦で、ランキング戦で早々と負けてしまったために、我々業界の間では別...
自戦記

ダイ・ハードな銀

身動きの取れない必至状態の銀が、24手もの間同じ場所に居座り続けて大活躍をする話。最後にこの銀は生還する。 近代将棋2001年2月号、青野照市九段「実戦青野塾 心に残る先輩の言葉」より。 1976年NHK杯戦、有吉道夫八段(先)...
タイトルとURLをコピーしました