「観戦記」カテゴリーアーカイブ

谷川浩司王位(当時)「淡路には三浦ファンが多いという」

将棋世界2003年8月号、谷川浩司王位(当時)の第74期棋聖戦五番勝負〔佐藤康光棋聖-丸山忠久棋王〕第2局観戦記「打開する意思」より。

 震災からの復興を祈念して1996年から始まった淡路での棋聖戦も、今年で8回目となる。

 第1回は、七冠を達成したばかりの羽生棋聖に三浦五段が、前年に続いて挑戦したシリーズ。ここでの第1局に快勝した三浦五段が3勝2敗でタイトルを獲得。七冠の一角を崩す。三浦棋聖が賞金の一部を寄付した事も、地元の将棋熱を盛り上げる理由となり、淡路には三浦ファンが多いという。

 2000年、谷川-羽生戦の第1局がちょうど通算100局目に当たるなど、数多くの舞台を演出しているが、正直言ってここでの対局は何故か一方的になる事が多い。

 実力派同士の今シリーズ。名局を期待しながら朝早く神戸を出た。

 二人の対戦成績はここまで20勝12敗。2000年の名人戦、フルセットで丸山奪取のイメージが強いが、実は佐藤がかなり勝ち越している。

 この七番勝負では、佐藤先手の1・3・5局は横歩取り。丸山先手の2・4・6・7局は角換わり。スペシャリストの丸山に相手の得意を避けない佐藤が真っ向からぶつかった。

 番勝負で丸山の角換りを全局受けて立つ棋士は佐藤の他には、郷田くらいしか思い浮かばない。負けはしたが、佐藤の真骨頂とも言えるシリーズだった。

(以下略)

* * * * *

1995年1月に起きた阪神・淡路大震災。大震災からの復興と活性化を目指した地元からの誘致がきっかけで、1996年6月18日、淡路島のホテルニューアワジでの第67期棋聖戦五番勝負第1局 羽生善治棋聖-三浦弘行五段戦が実現されることとなった。

この五番勝負で羽生善治七冠(当時)を破った三浦弘行棋聖(当時)は、棋聖戦の賞金の中から100万円を兵庫県洲本市に寄付している。

羽生善治七冠と三浦弘行五段のホテルニューアワジ決戦

* * * * *

阪神・淡路大震災が起きた1995年1月17日早朝は、三浦弘行四段(当時)は順位戦の対局のため大阪のホテルにいた。

三浦弘行四段(当時)「2週連続の順位戦」

* * * * *

谷川浩司王位(当時)は結びで次のように書いている。

 佐藤連勝。淡路で棋聖戦が始まってから誰も果たしていない、タイトル防衛まで後1勝とした。

調べてみると、たしかに1996年から2002年まで、棋聖戦は全て挑戦者が勝っている。

しかし、2003年以降は佐藤康光棋聖が5回防衛(在位連続6期)、羽生善治棋聖が9回防衛中(在位連続10期)と、非常に安定した流れとなっている。

 

18歳の豊川孝弘二段(当時)

将棋マガジン1985年12月号、ジェームス三木さんのジュニア・チャンピオン戦〔豊川孝弘二段-高徳昌毅二段〕観戦記「静(豊川)と動(高徳)の対決、”動”に凱歌」より。

 全くの素人に観戦記を書けという。思わずにっこりしたが、すぐ不安になった。私は無類の将棋好きだが、棋力は町道場の初段程度である。かつてNHKの銀河テレビ小説「煙が目にしみる」で、年齢制限と闘う奨励会員の苦しみを書いたことがある。それでお声がかかったのだろう。あのときは青野照市七段(当時)のお世話で、鈴木英春三段、武市三郎三段(当時)に取材させて貰った。まあ何とかなるだろう。こんなチャンスを見逃す手はない。

 10月4日1時半、なつかしい将棋会館に到着すると、玄関で編集部のW氏が待っていてくれた。この日は順位戦や新人王決定戦などで対局室がなく、ジュニア・チャンピオン戦は鳩森神社の広間で行うという。私は少し不満だったが、行って見ると立派な庭つきの大きな和室であった。床の間に、はじけた南天が活けてある。別の部屋で詩吟の稽古をしている声が流れ、なかなか風流なBGMとなっている。

 既に力強く駒をならべはじめていた対局者を、W氏が紹介してくれた。上座の高徳二段は23歳、二上九段門下で、風貌がなんとなく谷川前名人に似ている。東京出身のアパート住まい、連盟野球部のレギュラー選手だそうだ。一方の豊川二段は18歳、関屋六段門下で、端正な横顔が巨人の原選手を思わせる。こちらも東京出身で自宅から通っている。ゆうべは王座戦の記録係をつとめたそうだ。

 ちなみにこの対局の賞金は5万円、米長スポンサーはほんとにえらい。ただし私は米長さんに貸しがある。首相官邸の文化人パーティーでしつこく頼まれ、加賀まりこを紹介してあげたのだ。

(以下略)

* * * * *

このジュニア・チャンピオン戦は、米長邦雄十段(当時)が企画しスポンサーとなって開催されたもの。

画期的だった奨励会特別選抜戦

* * * * *

ジェームス三木さんは脚本家。

銀河テレビ小説『煙が目にしみる』は1981年にNHKで放送されており、主演は故・川谷拓三さんだった。

銀河テレビ小説『煙が目にしみる』(NHKアーカイブス)

この観戦記が書かれた1985年は、ジェームス三木さん脚本の連続テレビ小説『澪つくし』が放送された年で、視聴率55%を記録している。

さらに1987年、大河ドラマ『独眼竜政宗』を大ヒットさせ、大河ドラマ史上1位の視聴率を獲得している。

* * * * *

豊川孝弘二段(当時)が巨人の原辰徳選手を思わせる、と書かれているが、似ているかどうかは当時の写真からだけでは何とも言えないところがあるが、端正な雰囲気であったのは間違いない。

豊川孝弘二段(当時)。将棋マガジン同じ号より。撮影は弦巻勝さん。

 

中村修六段(当時)「立ってるだーけー」

将棋マガジン1985年2月号、塚田泰明五段(当時)第45期棋聖戦五番勝負〔米長邦雄棋聖-中村修六段〕第1局観戦レポート「さっそう中村、緒戦を飾る!三冠王相手に堂々たる指しっぷり」より。

 中村さんが棋聖戦挑戦者に―。

 この事は谷川さんが名人を取った時より、高橋さんが王位を取った時よりもショックだった。

 決勝戦に出た時点でも、何となく中村勝ちのイメージは浮かんで来なかった。(もっとも神谷、島両五段は準決勝あたりから中村挑戦を読み切っていたようだが)

 案外僕は保守的な人間なのかもしれない。

 しかし、時は流れている。今まではこうだったからと言って、今からもこうだという事は必ずしも言い切れない。それを谷川さん、高橋さん、そして今度は中村さんが証明しようとしている。

 では、第1局の模様をレポートしてみたい。

(中略)

 タイトル戦を見に行くというのは、実のところ初めてで、どんなものなのかと非常に楽しみだった。

 前夜祭、これは関係者のみの軽い宴で、この席で中村さんはあまりしゃべらず、緊張気味なのかな、と思ったが食事の方はしっかりとったらしく、

「お腹ジャーナルといえよう」

 などと内輪でしか分からない事を言いながら御自慢のお腹をさすっていたのを見て、まあ大丈夫と思った。

 この日は午後9時頃まで2人で雑談をして僕は帰った。

 対局当日、中村さんは家紋の入った和服で登場した。

 和服なんて着た事あるはずがないと思ったので、自分で着たのか聞いてみると、

「立ってるだーけー」

 という返事。つまりほとんど福田家の方にやっていただいたらしい。

 さて、局面の方は予想通り相矢倉となった。

(中略)

 6図以後、ずっと辛抱を続けていた中村さんだが、▲4三歩に△8五銀と反撃に出た。中村将棋は受けと思われがちだが、それは表面上であって、シャープでタイミングの良い攻めには定評があり、要注意である。

(中略)

 △7七歩成から△8八銀が素朴な決め方。銀を渡しても後手の玉は詰まない。△7六角と出て米長先生の投了となった。

 ところで、投了前米長先生は4分考えている。

 局後の感想によると△7六角をうっかりしていたそうだ。中終盤に関しては抜群の強さを見せる人だけに、やはり対局過多がたたっているのでは、というのは気のせいだろうか。

 中村さんは勝った。内容的にもいいものだったと思う。

 昔から勝負強さはあったが、大きい将棋になればなるほど力の出るタイプなのかもしれない。

 僕個人としては、中村さんに勝って欲しい気もするし、勝って欲しくない気もするという複雑な気持ちでいる。まあ静かに見守っていたい。

 感想戦を終え、立ち上がった中村さんのハカマがくしゃくしゃになっていたのが、今何故か印象に残っている。

* * * * *

自分はまだタイトル挑戦経験のない時の仲の良い同期ライバルのタイトル戦初挑戦、「勝って欲しい気もするし、勝って欲しくない気もするという複雑な気持ち」が、よくぞ本音を言ってくれた、と称賛したいほどの言葉。

一般的には「勝ってほしくない」「勝ってほしい気もするし、勝ってほしくない気もする」「気にしていたらキリがないので気にしないようにしている」のいずれかになるのが正直なところなのではないだろうか。

もちろん、これが自分が一度でもタイトルを獲得した後であれば、同期ライバルのタイトル戦での勝利を心から喜べるようになるのだと思う。

* * * * *

「局後の感想によると△7六角をうっかりしていたそうだ」とあるが、この中村修六段(当時)の△7六角が気がつきにくい、不思議流の面目躍如と言って良い一手。

1図は先手が後手の8七の歩を取った局面。

ここで△7六角(2図)が指された。

次の一手に出てくるような、もの凄い絶妙手であることがわかる。

* * * * *

「お腹ジャーナルといえよう」の意味は、わからない。

 

 

師匠に殉ずる

将棋マガジン1985年2月号、第11回名将戦決勝三番勝負〔加藤一二三王位-内藤國雄九段〕第2局観戦記「加藤、絶妙手で決戦へ」より。

 将棋は、内藤にしては珍しい相矢倉。

 端歩を突く突かないは天文学的に難しいといわれている。

 最近は端歩を受けない傾向が強く、今でも必ずといっていい程受けるのは加藤ぐらいという。

 実はこの将棋の観戦記は最初、神吉四段に依頼したと聞く。その時の神吉の返答が、関西人の情、内藤の人望の厚さをあらわしているようで傑作だ。神吉はこう答えたという。

「他なら、そりゃなんぼでも書きますけど、親分の負けた将棋だけは、よう書けません」

 言う神吉も神吉なら、そう言わせる内藤も内藤である。

(以下略)

* * * * *

このケースの場合、「よう書けません」という言葉から、気持ちがとても伝わってくる。

標準語で言えば、「書くわけにはいきません」「書きたくありません」「書けないです」などになるのだろうが、ややネガティブな感じがして、切ない心情までは伝わってこない。

このような部分が関西弁の優れたところなのだと思う。

* * * * *

師匠を親分と呼ぶのも非常に新鮮な感じがする。

一般的にはあまりお勧めできないかもしれないが。

 

 

中村修六段(当時)「真の敗因はですねえ、昼食に食べたいものが食べられなかったからなんです」

将棋マガジン1985年1月号、片山良三さんの第15回新人王戦決勝三番勝負〔小野修一五段-中村修六段〕第2局観戦記「小野修一五段二度目の優勝」より。

 中村にとっては、何とも不本意なシリーズであったと思う。その夜の酒の席でふっともらしたことばが印象的だったので紹介して結びとしたい。

「真の敗因はですねえ、昼食に食べたいものが食べられなかったからなんです。私はカモ南ばんが食べたかった。だけど相手のいる前で”カモ南ばん”とは言えないですよ……。私は弱い男なんです」

 ふざけて言っているのではない。こんな優しい男が将棋界にもまだいたのである。私はいっぺんに中村ファンになってしまった。

* * * * *

この期の新人王戦決勝三番勝負が始まる前まで、小野修一五段(当時)は中村修六段(当時)に0勝4敗。

昨日の記事の小野五段の自戦記にもあるように、小野五段は勝負面では中村六段を苦手と意識していた。

このような状況下で、たとえ中村六段が小野五段のことを「カモ」と思っていなかったとしても、昼食に「カモ南ばん」を頼めば、小野五段を傷つけてしまうのではないか、あるいは変に刺激をしてしまうのではないか、と中村六段は心配したことになる。

* * * * *

「カモ」は、鴨が捕まえやすい鳥であることから、このような俗語になったと言われている。

「鴨が葱を背負ってくる」は、さらにおあつらえむきな状況を指して使われる言葉だが、鴨南蛮の”南蛮”が葱を意味している。

そういうわけなので、「鴨南蛮」は「カモネギ」と同義語と考えることもできるわけだ。