「観戦記」カテゴリーアーカイブ

谷川浩司九段「向こうさんは、独り、部屋の中でほくそえんでいるだろうなあ」

近代将棋1987年10月号、高林譲司さんの第28期王位戦七番勝負〔高橋道雄王位-谷川浩司九段〕第4局観戦記「谷川 王位奪取あるか」より。

 早くも継ぎ盤の田中魁秀八段は、「谷川さんの優勢な変化ばかりになる」という。

 午後5時半が封じ手の時刻。高橋王位は指し手をすでに決めており、時間とともに立ち上がった。昔は封じ手時刻のあと延々と考えることがよくあった。高橋王位は大抵、定刻に封じる。このあたりにも現代的な合理性が感じられる。

 夕食は一同、一緒にとった。高橋王位は新聞に目を通しながら、やはり口数は少ない。谷川九段は観戦記者たちと談笑。食事のあと、麻雀を少しやろうという話になった。

 記者室が麻雀の対局場。さて勝負と部屋に入ったとたん、テレビが大声を出した。クロマティが今、サヨナラホームランを打ったところだ。阪神ファンの谷川九段が、

「向こうさん(高橋王位)は、独り、部屋の中でほくそえんでいるだろうなあ」

 と悔しそうな表情。麻雀もちょいへこみで、「ヘンなものを見ちゃったから」

 半荘1回で、谷川九段は部屋に引き上げた。

(以下略)

* * * * *

谷川浩司九段は熱狂的な阪神タイガーズファン。

高橋道雄王位(当時)は熱烈な巨人ファン。

「クロマティが今、サヨナラホームランを打ったところだ」

ウォーレン・クロマティは、1984年から1990年まで巨人で活躍した。

ホームランを沢山打ち、打率も高い人気選手だった。敬遠の球を打ちサヨナラ安打にしたという実績もある。

* * * * *

「向こうさん(高橋王位)は、独り、部屋の中でほくそえんでいるだろうなあ」

調べてみると、この日の試合は巨人-阪神戦ではなく、巨人-広島戦(2X-1で巨人の勝ち)。

阪神が負けたわけではなく、巨人が勝っただけでこのような発想をするところが、勝負師の真骨頂と言えるだろう。

* * * * *

1987年度、セリーグでは巨人が1位で阪神が最下位となっている。

谷川九段にとっては、野球に関しては見るもの聞くもの、ストレスがたまることばかりの年だったということになる。

* * * * *

「半荘1回で、谷川九段は部屋に引き上げた」

少し負けたなら、もう1回半荘をやって気分良く終わろう、と思うのが人情だが、1回だけで切り上げるのが自制心の強いところ。

見習いたい。

独眼竜観戦記

NHK大河ドラマの視聴率が、内容の善し悪しは別として、過去最低を記録したと先日報じられたが、大河ドラマで歴代最高平均視聴率を記録している『独眼竜政宗』の脚本家、ジェームス三木さんによる観戦記。

将棋マガジン1986年10月号、ジェームス三木さんのジュニア・チャンピオン決定戦決勝〔高田尚平三段-平藤真吾二段〕観戦記「高田君、ブッチ切りで優勝を飾る」より。

 私ごとで恐縮だが、来年の大河ドラマで(独眼竜政宗)の脚本を担当する。戦国時代の資料を漁っていると、囲碁や将棋についてのエピソードが随所に出て来て面白い。

 将棋指南役といえども、太閤秀吉に対して駒を落とすのは無礼であるとし、秀吉のほうが飛車の頭の歩を落とした話は有名だ。これは初手から敵の角頭に飛車が成れるので、圧倒的に有利である。

 伊達政宗の家臣茂庭綱元は、あるとき秀吉との囲碁で、自分の首を賭けた。秀吉は16人の妾の内、香の前というずばぬけた美形を賭けた。腕前は互角だったというから、凄まじい戦いが展開されたろう。結果は綱元が勝ち、香の前を奪って仙台に連れ帰ったそうだ。こういう場合は命を賭けたほうが強いに決まっている。負ければ命を取られる将棋なら、我々だって死にものぐるいになるだろう。でもそんな将棋を指したいとはゆめゆめ思わない。

 さて、ジュニア・チャンピオン戦も大詰めを迎えた。勝てば50万円、負ければ1万円である。命を取られるわけではないが、相当なプレッシャーがかかっているに違いない。しかも関東奨励会と関西奨励会の対決である。

 ところが高田尚平三段も平藤真吾二段もまことに冷静、表面上は闘志も緊張も感じられない。おとなしいというよりも無気力にさえ見える。負けたら命を取るぞといっても、おそらく変化はないだろうと思った。しかしこのふたりが熱戦を勝ちぬいて来たのである。奨励会の頂点に立とうとしているのである。

(中略)

 将棋の駒は、主君から足軽まで厳然と階級差があり、少なくとも民主的ではない。主君さえ生きれば、あとはみんな戦死してもいいのである。家臣は主君のために、どうやって死ぬかを考えるだけである。戦国時代の武将は、おそらく将棋を奨励したことだろう。捕虜にした駒を、自軍に組み入れて使えるのも日本将棋の特徴だが、これも同一民族の乱世によくあったことで抵抗はなかったと思う。しかし城代家老ともいうべき飛車や角まで、敵陣に加わって攻めて来るのはせつない。せめて主君を裏切れるのは金銀以下にしたらどうだろう。将棋連盟が聞いたら目をむきそうなことをつい考えた。

(中略)

 いつだったか将棋雑誌で奨励会員のアンケートを読んだが、世の中は将棋がなくても成り立つので、棋士は謙虚でなくてはならないという答えが多かった。それなら私の専門であるドラマだって同じだろう。

 確かに趣味や芸術やスポーツは、生活に必要なものではない。しかし人間は生活の向上だけのために生きているのではない。生活は人生の一部に過ぎないのである。

 人生があってこそ人間の価値が存在する。人生とは哲学である。生まれて来て死ぬまでの持ち時間を、どうデザインするか、どんな色に染めるかである。将棋には哲学がある。

 私の人生は終盤の寄せに入っているが、奨励会員諸君はまだ序盤の駒組みの最中だと思う。堂々と誇り高い将棋人生を送って貰いたい。

* * * * *

『独眼竜政宗』は、NHKが1987年1月4日から12月13日に放送した大河ドラマで、平均視聴率39.7%は、大河ドラマの歴代トップ。主演の渡辺謙さんが大ブレイクしたドラマだ。

* * * * *

「太閤秀吉に対して駒を落とすのは無礼であるとし、秀吉のほうが飛車の頭の歩を落とした話は有名だ。これは初手から敵の角頭に飛車が成れるので、圧倒的に有利である」

これは”太閤将棋”と呼ばれるもので、1999年の将棋ペンクラブ大賞を受賞している鈴木宏彦さん(協力:島朗九段)の『81桝物語』によると、初手から▲2三飛成△3四歩▲2八竜△8四歩▲2四歩で先手の必勝形になり、二枚落ち以上のハンディになるだろうと解説されている。

* * * * *

伊達政宗の家臣・茂庭綱元は、伊達家と豊臣秀吉との折衝役として京都に派遣されていた。『独眼竜政宗』では村田雄浩さんが演じている。(父親の鬼庭左月役はいかりや長介さん)

元々は茂庭ではなく鬼庭という姓だったが、秀吉が「鬼が庭にいるのは縁起が悪い」という理由で、姓を茂庭に改めさせたという。

史実では、秀吉と綱元がやったのは賭け碁だったが、ドラマでは綱元は将棋の実力が名人級という設定で、賭け将棋に変わっている。将棋が大好きなジェームス三木さんらしい改変だ。

* * * * *

香の前」のその後のことについては諸説があるが、64歳で亡くなっているとされている。賭け碁が行われたのは香の前が20歳前後の頃のこと。

* * * * *

仙台市内には茂庭という地名がある。しかし、この茂庭は茂庭綱元とは別筋の河村系茂庭氏が治めていた所。

* * * * *

「しかし城代家老ともいうべき飛車や角まで、敵陣に加わって攻めて来るのはせつない。せめて主君を裏切れるのは金銀以下にしたらどうだろう。将棋連盟が聞いたら目をむきそうなことをつい考えた」

飛車と角は取られたら相手の持ち駒にはならない(取られたらそれでお終い、盤上から消えるだけ)、というルールになったら、どのような将棋になってしまうのだろう。想像がつかないが、手数がかなり伸びることだけは確かだと思う。

* * * * *

「確かに趣味や芸術やスポーツは、生活に必要なものではない。しかし人間は生活の向上だけのために生きているのではない。生活は人生の一部に過ぎないのである」

これは名言。

 

「全く、誰かさんのおかげで1、2月の予定はガラガラ。悔しいので観戦記でいじめようと考えた私であった」

将棋マガジン1991年4月号、中井広恵女流王位(当時)の第17期女流名人位戦〔林葉直子女流王将-清水市代女流名人〕第3局観戦記「来年まで待っててネ!」より。

誰かさん。将棋マガジン同じ号のグラビアより。撮影は弦巻勝さん。

―全く、誰かさんのおかげで1、2月の予定はガラガラ。悔しいので観戦記でいじめようと考えた私であった。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

”女流名人位戦は毎年タイトル保持者が替わって面白いですね”

 いつだったかこう言われたことがある。市代ちゃんにいつも3連敗していた私としては耳が痛い話だが、それだけ防衛するということは難しいのだろう。

 直子ちゃんの2連勝で行われた3局目―。意外にも対局日の朝の市代ちゃんは明るかった。どちらかというと、対局中の彼女は無口なのだが、いろんな人と話をしている。この辺、開き直りが感じられた。

(中略)

 第1局は初手▲3六歩と指し、話題を呼んだが、今度は何と▲5六歩。ほとんど、ウケ狙いでやっているとしか思えないのだが、これは彼女なりに深い考えがあった。

 彼女は何度か▲7六歩△3四歩▲5六歩という戦法を試みたのだが、(私との挑戦者決定リーグでも一局指した)これは△8八角成▲同銀に△5七角と打ち込まれ馬を作られてしまう。そこで初手▲5六歩なら△3四歩に▲5八飛とまわり、それから▲7六歩と角道をあければ馬を作られずにすむ。あと、本譜のように、居飛車模様にもすすめられるのだ。

 ▲5六歩に対し、市代ちゃんは7分考えて△8四歩と指した。

 ”また変なことをやってきた”おそらく、心の中ではこう思ったに違いない(私なら絶対そう思うから)。

(中略)

 女性を誉める言葉として”綺麗”や”かわいい”がある。直子ちゃんが前者としたら市代ちゃんは後者の方だろう。直子ちゃんと時々、”市代ちゃんみたくかわいくて性格が素直だったらねェ……”という話をする。

”直子ちゃん綺麗だよ”って言うのだが、どうも彼女はそう言われなれているせいか、うれしくないらしい。

 でも、私が知っている限り、彼女はかなり照れ屋でかわいい性格をしている。特に好きな人の前では引っ込み思案のおとなしい女の子に大変身するのだ。普段の林葉直子からは想像もつかない……。

 兄弟子の米長王将に、”女優さんと会った後だと、女流棋士がとてもかわいく見えるよ”と言われたことがある。どんなに気の強い女流棋士でも女優に比べればヒヨコのようなものだという意味なのだろうか?さすが、女性の評論にはうるさい(怒られるかナ)。

 ある女流棋士はこう言った。

”勝負師なんだから、気が強くて当たり前だと思う。ただ、素直なのが一番大事なんじゃない”

 将棋盤を離れたらかわいい女―を目指しているのは、皆同じのようだ。

(中略)

 対局中、二人の指にキラキラ光っている指輪が目にとまった。

”誰からもらったの?”

 なんてヤボなことは聞かなかったが、”私だって指輪、してるわよ”と変なライバル意識を燃やしてしまう。女って、妙な生き物だわ……。

(中略)

♫stay with me

 悔しいから、スキーに行くわ…。

 大好きなハートのイヤリングを口ずさみながら、何が悔しかったのかはさだかではないが、直子ちゃん達とスキーに行ってきた。

 彼女は自分自身のことを、うん○(*運動音痴)だと言うのだが、どうして初めてとは思えない上達の仕方。初日からリフトに乗ってすべって降りてくるのだから、男性陣もビックリである。

 市代ちゃんにも聞いてみると、学生の頃、一度やったことがあるそうだ。腕前の程は?と尋ねると、帰る頃には結構すべれるようになったという。

 普段、座ってばかりいるので、たまにはこうしてスキーなどで体を動かすのもいいかもしれない。

(中略)

 最近は女流棋士でも扇子を使う人が多い。私はバトルロイヤル風間さんの似顔絵入り女流棋士扇子を愛用しているが、対局者の二人は特にこれといって決めてるのはないようだ。

 直子ちゃんは一局目が大山扇子、二局目が中原扇子……とくれば、三局目はもうおわかりだろう。

 対して市代ちゃんは、一、二局が中原扇子、三局目のは多分、字から想像して屋敷棋聖のだろう。

(中略)

 二人の性格を分析してみると、市代ちゃんはO型らしい朗らかな性格。自分の感情をおもてに出さず、いつもニコニコしている。

 直子ちゃんはB型らしく行動的。感情はわりと顔に出る方かな。とっても明るくて、”林葉、中井”のセットだと5人分余計にうるさいとよく言われる(先崎五段が加わると手がつけられない)。彼女は将棋年鑑に血液型をA型とまちがってのせたまま毎年直してないので、いまだにA型だと思っているファンも多いと思うが、典型的?なB型だ。

 二人を見て思うのだが、かなり非凡である。文章を読んでもわかるように、発想が普通の人とはちょっと違うのだ。

 あと、精神的にとても強い。今回の将棋でも、きっと2連敗してもまだまだこのくらいじゃ……と思ってるに違いない。私なら2連敗した時点で、三局目を指さなくても結果は見えてる。

(中略)

 とりあえず1勝返して、市代ちゃんはホッとしているだろう。次も勝つことができれば、精神面ではグンと有利にたつ。

 私としてはどちらも応援することができないので何も言えないが、あえて言うならば、

”来年まで待っててね!”

 と、こんなセリフだろうか……。

勝った清水市代女流名人(当時)。将棋マガジン同じ号のグラビアより。撮影は弦巻勝さん。
昼休時。将棋マガジン同じ号のグラビアより。撮影は弦巻勝さん。

* * * * *

「彼女は何度か▲7六歩△3四歩▲5六歩という戦法を試みたのだが、(私との挑戦者決定リーグでも一局指した)これは△8八角成▲同銀に△5七角と打ち込まれ馬を作られてしまう」

▲7六歩△3四歩▲5六歩△8八角成▲同飛△5七角なら、大野流向かい飛車の手順になるが、やはり馬を作られるので指しこなすのは難しい。

* * * * *

「そこで初手▲5六歩なら△3四歩に▲5八飛とまわり、それから▲7六歩と角道をあければ馬を作られずにすむ。あと、本譜のように、居飛車模様にもすすめられるのだ」

本局は中飛車にはならなかったが、ゴキゲン中飛車が出現する前の時代にこのような指し方をしていたのだから、すごいことだ。

後年になるが、藤井猛六段(当時)は林葉直子女流五段(当時)が指していた将棋をヒントに、左美濃の玉頭を攻めるという構想(1筋に飛車を回して、1筋、2筋の歩を交換。つづいて銀冠の銀を棒銀のように使う)を編み出している。

藤井システム誕生前夜

* * * * *

この期は林葉直子女流王将(当時)が3勝1敗で勝ち、女流名人位を奪取。

翌年「来年まで待っててね!」の言葉通り、中井広恵女流王位(当時)が挑戦者となり、3勝2敗で勝って女流名人となっている。

棋士と観戦記者の勝敗的相性

近代将棋1985年2月号、信濃桂さんの第8回若獅子戦1回戦〔島朗五段-飯田弘之四段〕観戦記「相穴熊の闘い」より。

 観戦記者と棋士の間にも縁というものがある。頻繁に手合がつく棋士、不思議に当たらない棋士さまざまだ。観戦したことのない棋士の将棋に一度でも接すると、それが2,3回続いたり、などということもある。

 棋士同士「あいつとはこのところよく顔が合うな」ということがよくあり、同じ対局者の連闘も珍しいようで案外あるものだ。私自身、最近加藤一二三王位-田中寅彦八段戦を二度続けて観るという経験をした。対局室も同じ、おまけに戦型も同じ。いざ筆を執る段になって面食った。

 島朗五段は20代前半の若手の中では最も縁のある棋士で、ここ2、3年の間にそろそろ十本の指が必要なくらい観戦させてもらった。しかも勝率がよい。

 棋士の側にも「あの人に横に座られると、もう勝った気がしないんだ」ということがあるそうで、私のことではないけれど、そういう告白をA級八段の棋士からうけたこともある。その逆のケース、つまり島五段のケースは、観戦記者にとって嬉しいものだ。

 しかし私にもバツの悪い棋士がいる。盤を離れたところでは親しくさせてもらっているのに、観戦するとどうも勝てない。これも縁の一種なのだろうか。

(以下略)

* * * * *

私が観戦記を書かせていただいているNHK杯戦は、対局をしている横に座るのではなく、ディレクターなどがいる副調整室で観戦をしているので、「あの人に横に座られると、もう勝った気がしないんだ」と思われることは通常の棋戦に比べて少ないと思うが、それでも、自分が観戦記を担当した時のそれぞれの棋士の勝率は気になるものだ。

延べ9年間で、3勝0敗の棋士が1人、2勝0敗の棋士が2人、2勝1敗の棋士が2人、1勝1敗の棋士が2人、1勝0敗と0勝1敗の棋士は多くいるとして、0勝2敗の棋士が3人いる。

0勝2敗の3人の中の1人が豊島将之名人(昨年放送の準決勝・対稲葉陽八段、今年放送の準々決勝・対羽生善治九段戦)。

準決勝・準々決勝、かつ対局相手が超強い、ということはあっても、やはり気になってしまうもの。

ちなみに、この2回とも、解説は斎藤慎太郎王座。

これまでのところ、斎藤王座がNHK杯戦で解説を担当したのは、この2回だけ。

私によるものではない、斎藤王座のせいだ、と思おうと考えたが、やはり気になる。

昨年放送の準決勝の後、豊島八段(当時)は棋聖、王位を獲得した。今年放送の準々決勝の後、豊島二冠(当時)が名人位を獲得した。

だから、、と言っても、それはそれ、これはこれ。

バツが悪い、とまではならないものの、やはり気になり続けるものなのである。

 

谷川名人の弟弟子、と人から言われるのが何よりも嬉しかった井上慶太四段(当時)

近代将棋1984年11月号、池崎和記さんの第8回若獅子戦〔井上慶太四段-神吉宏充四段〕観戦記「関西流ケンカ将棋」より。

 神吉宏充四段(内藤九段門下)と井上慶太四段(若松六段門下)は、師匠が同門(故藤内八段門下)のせいか兄弟弟子のように仲がいい。年齢的にも体格的(?)にも神吉の方が兄貴分だが、四段になったのは井上の方が早かった。ともにタニケン(谷川研究会)のメンバー。神吉、井上に、有森浩三四段、浦野真彦四段を加えて”関西の四天王”という。奨励会時代、井上が二段の時に、三段の神吉は有森と並んで四段昇段の筆頭候補だった。が、先輩二人が激しいデッドヒートを演じている間に「お先に失礼!」とばかりに真っ先に四段に駆け登ったのがノーマークの井上。神吉と有森が地団駄踏んで悔しがったというエピソードがある。

 かんき・ひろみつ。ご存知、関西若手の名物男。今や、棋士としてよりも”突撃レポーター”として名高い。『将棋世界』に「関西若手はどないじゃい」という抱腹絶倒のレポートを連載中で、棋士のプライバシーをズケズケ書くものだから、読者には大ウケだが(筆者もその一人)、俎上にのせられる棋士の方は「今度は何を書かれるやら……」と、いつも戦々恐々の状態らしい(ホントかね?)。

 趣味も、その体重(110キロ!で棋界ナンバーワン)と同じくらい豪快で、何を思ったか最近、ン百万円の大枚をはたいて最高級レーザーディスクのフルセットを買ったそうな。その後の最新情報によれば「借金で首が回らず、ヒーヒー言ってる」ともっぱらの噂。

 将棋の方はどうか―。神吉と親しい浦野四段の話によると「なまくら四つの、定跡にこだわらない将棋ですね。人マネがキライ、というよりデキナイ棋風で、その個性的な将棋は”神吉流”とも”ヘンタイ流”とも呼ばれています。とにかくツヨイ将棋。もっとも私はまだ負けてませんけど……」とのこと。

 一方の、いのうえ・けいた。「ケイタ」の名前のイメージ通り、童顔で明るい性格の好青年。対局中はほとんど無口だが、ポカをやった時などに、突然「わしゃ、何をやっとるんじゃ!」と大声を発するクセがあるという。私生活はあまり知られていないが、谷川名人の弟弟子、と人から言われるのが何よりも嬉しいらしい(その気持ち、ワカル)。

 棋風は、攻守ともに安定した居飛車の本格派。童顔ゆえに「一見ヨワそうに見えるが」(浦野四段)、実は強く、外見とは裏腹に内面の闘志は相当のものがあるという。欠点は自分の形勢を悲観的に見ることと、勝負にわりあい淡白なこと。

(以下略)

* * * * *

将棋世界1983年4月号、四段に昇段したばかりの頃の井上慶太九段。

* * * * *

1984年当時、レーザーディスクプレーヤーが20万円以内だったので、「ン百万円の最高級レーザーディスクのフルセット」は、音響装置や大型画面やソフトなどを含んだものと思われる。

レーザーディスクは、1990年代後半、DVDに駆逐されてしまうことになる。

* * * * *

「神吉宏充四段(内藤九段門下)と井上慶太四段(若松六段門下)は、師匠が同門(故藤内八段門下)のせいか兄弟弟子のように仲がいい」

このようなこともあり、神吉宏充七段は、井上慶太九段のエピソードを数多く書いている。

井上慶太五段(当時)の悪夢

井上流運転技術

「井上さん、ずっとそうしていなさい」

井上慶太八段(当時)「へ?そちらどなたはんでっか」

井上慶太六段(当時)の結婚

井上慶太五段(当時)の妹さん「ウソやろ」