「随筆」カテゴリーアーカイブ

名人芸の棋士寸評

近代将棋1982年6月号、原田泰夫八段(当時)の「棋談あれこれ」より。

 今回は昇段者に祝意を表し、昭和生れの新鋭に拍手。皆さんの喜びが分る、昇段者のご家族、師匠、ファンのお喜びを察する。今後の奮闘、昇進を期待し寸評を並べる。

森八段 35歳

 名人戦挑戦者決定リーグに復帰昇進。天才的早見え早指し。乱闘になるほど力が出る。振り飛車好き。独創性豊か、常に恐れず面白い将棋を見せる。すかっとした竹の如き美剣士。

谷川八段 20歳

 次代の名人候補。自分より遙かに格の下の将棋を見る場合でも、距離を保ち正座静粛の観戦態度は模範的。自然、自在、淡々、さわやか………先輩の長所を吸収して大成。リーグ戦にも勝ちこしを予想する。適当な時期に、彼にふさわしき花嫁が現われることを祈る。

福崎七段 21歳

 純心な少女の如き笑みを浮かべながら斬りまくる。攻め八分、あやしいまでに鋭い攻めに見とれる。対局態度も立派。谷川君の好敵手、谷川-福崎、福崎-谷川で数多くタイトル戦に登場する日を期待する。好青年。

淡路七段 31歳

 中原棋聖に淡路六段が挑戦した時に声援「不倒流」の愛称を呈した。長期戦、長手順で最後に勝つ男。一手、一手に慎重すぎないか、真面目流。もうちょっと図太く構えれば更に好調が持続できる。実力者。

田中(寅)六段 24歳

 二階級特進させたくなる。高段戦をよく調べている。愛妻弁当を開きながらも盤上に眼を注いでいる。盤上一筋型、故山田九段を想い出すが、ブルンブルンのギターも楽しむ。日下ひろみさん、しっかりした美人妻を得てから更に努力、連続昇進はお見事。

鈴木(輝)六段 27歳

 棋士仲間やファンに愛される青年。先般、良縁の結婚、これから落ちついて対局に打ちこめる。対局には全力傾注、終了すればヒヤアヒヤアと笑声をあげながら人生を楽しむ。健康に留意して大いにがんばるべし。

中村(修)五段 19歳

 全勝優勝に拍手、見事見事。四段に昇進直後か、民放テレビで彼の言動に接した、実にいい感じ。育ちのよさか師匠の人間教育がいいのか、どこへ出しても大丈夫の好青年。淡々流。大いに有望。

高橋五段 21歳

 物に動じない、独特の雰囲気をもつ青年。大平元総理が浮かんでくる感じ。大型。10秒将棋の名人。奨励会諸君と早指しを指しまくる。茫洋、新進の競争相手を呑みこむかも知れない。

南五段 18歳

 精巧な小型コンピューター。性能抜群、静かに鋭く回転する。黙って指し、静かに勝ち、敗者のこぼす感想を黙ってきいている。無想流。山頂禅庵で坐禅が似合う不思議な感じを与える好青年。前途洋々。

 四段に昇段者

 植山悦行君。西川慶二君。武市三郎君。室岡克彦君。堀口弘治君の5人が4月1日付で昇段、4月22日に昇段免状を授与される。おめでとう。原田の場合、昇進して最も嬉しかったのは、奨励会の六級から初めて昇進五級になった時、初段になった時、四段になった時、八段になった時、40数年前、30数年前のことが鮮やかによみがえる。

 三段と四段の一段の差は雲泥の相違、今も昔も変りがない。

 新四段の諸君は、奨励会で泣いて鍛えた腕を、これから大いに発揮すべし。努力の持続、才能を磨くこと、健康に注意すること。神様でないから、ほどよく遊ぶことはストレス解消でいいが、乱れすぎて人に迷惑をかけるのはいけない。その辺の心の持ち方が難かしい。

(以下略)

* * * * *

「すかっとした竹の如き美剣士」

「彼にふさわしき花嫁が現われることを祈る」

「純心な少女の如き笑みを浮かべながら斬りまくる」

「長期戦、長手順で最後に勝つ男」

「二階級特進させたくなる」

「先般、良縁の結婚、これから落ちついて対局に打ちこめる」

「どこへ出しても大丈夫の好青年」

「大平元総理が浮かんでくる感じ」

「山頂禅庵で坐禅が似合う不思議な感じを与える好青年」

それぞれ一つ、印象的な言葉を入れるのがこのような時のコツだと言えるだろう。

名人芸の棋士寸評だ。

 

原田泰夫八段(当時)「原田降級、退役と決定」

近代将棋1982年4月号、原田泰夫八段(当時)の「棋談あれこれ」より。

 昇降級リーグ終る。昇級、昇段者に拍手。

 降級、降級点者は残念、奮起を期待する。

 原田降級、退役と決定。2組…六段の組で不振、まさか3組…五段の組でプロ棋戦に登場するわけにはいけない。棋戦の少ない時にエレベータ八段で、とにかくA級在位10年は事実である。11年前かB1組で優勝、A級に復活「原田八段、48歳の抵抗」とほめられたことがあった。

 もう一度がんばれ。ハリがなくなる。さびしい。生活は大丈夫なの……など激励とご心配下さる人たち。やめた方がいい。先生の場合はもっと早くやめるべきだ。将棋界に尽くし方がいくらもある……これまた好意的な言。

「将棋天国」誌に「退役は爽やかに」と発表した。引退という言葉は嫌い、棋士に退職はなし。自分でけじめをつけただけ、少年の気持で人生の出直し、講演、執筆、指導、読書、”研修会”の勉強にも力が入る楽しい陽春である。

* * * * *

昇降級リーグ2組は順位戦B級2組、3組はC級1組のこと。

昔は、C級2組が四段格、C級1組が五段格、B級2組が六段格、B級1組が七段格、A級が八段格とされていた。

* * * * *

棋士は退会したり除名にならない限りは一生棋士であり、引退したからといっても名実ともに「棋士」のまま。

そういう意味では、たしかに「引退棋士」という呼び名よりも「退役棋士」の方が意味としては正しいのだろう。

* * * * *

「講演、執筆、指導、読書、”研修会”」の研修会とは、原田泰夫九段の自宅のある阿佐ヶ谷の居酒屋でいろいろな人と語り合いながら飲むこと。

 

原田泰夫八段(当時)「だが、自己嫌悪に陥るほど終盤が弱い。プロには弱い、連敗。人生の一区切りの時節になった」

近代将棋1982年4月号、原田泰夫八段(当時)の「棋談あれこれ」より。

関西将棋会館

 2月1日、小林六段と昇降戦があり、正月末日大阪へ。新しい関西将棋会館に二泊、大変いい気分であった。京都、大阪の講演旅行の折には時間がなく、今回が初めてであった。千駄ヶ谷本部で数日前に花村さん(九段)に行き方を教わった。「新大阪から電車でもいいが、車をおごればいいでしょう」車はいつでも利用できるので環状線で福島駅へ。なるほど、駅から歩いて2分、分りやすい。五階建て、レンガ色の堂々たるビル、土地購入費と建設費を合わせて約7億円、改めてご賛助いただいた皆様に感謝した。

 大山会長、有吉、板谷両理事はじめ関西在住棋士の努力とご苦労を感謝した。会員の一人として建設基金、募金運動に積極的に協力すべきだが、今回は自然流の少額で勘弁願った。

 有力ファンに何回お願いしたことか、少額でも人様の尊いお金を頂戴することはやさしいことではない。四の橋の若松寺から中野昭和通りの照国道場を購入の時、千駄ヶ谷の土地購入、はじめて和風建築の時、東京会館再建の時「一生一度のこと、本部にご寄附を、これも”界・道・盟”のためですから―」同じことを同じ方に何回も何回もお願いするのは、いかに心臓が強くても気がひける。

 東京で関西のことを、大阪で東京のことを各界にお願いすることは大仕事、少々体験したので奮闘した皆さんのご苦労がよく分る。何もしない人がアラを探して文句を言う傾向がある。立派に完成したことを喜んだ。

 二階の将棋クラブは大入り満員「珍らしいね、原田八段だ、いつも和服だ」「勝負師には見えない、宗匠か、坊さんだね」とかなんとか、皆さんはパチパチ指しまくっていた。

 当日は日曜なので特別に入場者が多かったのか、道場は成功だ。もっとも現在、千円以下で一日楽しめる席がほかにあるだろうか。「免状、認定状獲得戦」のり張り紙、会館完成記念、毎月第3日曜、5戦全勝または4勝1敗2回の成績で免状(有段者)4勝1
以上で認定状(級位者)無料贈呈。

 参加費(受験料)級位:千円。初・弐段:2千円。参・四段:3千円。五段:4千円。

 正式な初段免状料は1万8千円なので、右は本部がファンに感謝した大サービスである。三階の宿泊室はホテルなみ、新しいので気分がよかった。翌日は五階で対局した。

「江戸城本丸黒書院」ここで先般、二上棋聖-加藤十段の棋聖戦が行なわれた。内藤九段-酒井四段と小林六段-原田戦。千駄ヶ谷の特別対局室より、関西の「黒書院」が遙かに上等だ。「ここを借りると一日10万円だそうですよ」と内藤さん。予算のある各界将棋部は話しのタネに黒書院で将棋会を開催していただきたい。東京でも大阪でも近代的なビルができて結構だが、人件費、維持費が多くなる。建物を活用、普及面に力を入れて増収をはからなければならない。

(中略)

 大駒指導は20代、30代時代より現在がうまくなった。だが、自己嫌悪に陥るほど終盤が弱い。プロには弱い、連敗。人生の一区切りの時節になった。

* * * * *

花村元司九段の「車をおごればいいでしょう」という言葉が粋な感じがする。

* * * * *

「何もしない人がアラを探して文句を言う傾向がある」

これは本当だと思う。

* * * * *

昭和60年代まで東京と大阪の連盟道場で「免状、認定状獲得戦」が行われていた。

5戦全勝または4勝1敗2回で免状が無料。3勝2敗なら通常の免状料。

私が生まれて初めて連盟道場へ行ったのも、初段の免状獲得戦にチャレンジしようと思ったから。

非常にモチベーションの上がる企画だった。

* * * * *

「だが、自己嫌悪に陥るほど終盤が弱い。プロには弱い、連敗。人生の一区切りの時節になった」

順位戦ラス前の頃。

原田泰夫八段(当時)が引退をほのめかした瞬間だ。

 

森安秀光八段(当時)「明日の作戦ですが、▲7六歩なら△3四歩と角道を突きます」

近代将棋1982年4月号、原田泰夫八段(当時)の「棋談あれこれ」より。

 棋王戦は共同通信社が東京でお世話役をして、地方の有力社が支えて掲載している。地方社の中では原田の郷里の新潟日報社が、毎年第3局を新潟市で設営、立会解説役にあてて下さる。

 第3局、3月5日、新潟市「室長」旅館。

 4日前夜祭は大和デパートで。森安八段は大阪から、原田は羽田から飛行機で、米長棋王は月岡温泉で一泊静養の由。月岡はなつかしい、昭和19年、両雄が生れない前に原田兵卒は新発田連隊へ、月岡方面へ行軍、かけ足で鍛えられた。農村漁村の同年兵にはとてもかなわない。田舎青年は身体の出来が違う。

 軍隊は強者を標準にするので、将棋四段は「アゴ出し原田」上官、戦友がかばって下さった。そんな昔しを想い出した。

米長「新潟では勝ったことがありません。明日はなんとか―」

森安「関西から棋王戦の挑戦は初めてなので、なんとか―明日の作戦ですが、7六歩なら3四歩と角道を突きます」

 米長さわやか流の挨拶、話しのうまさは定評がある。森安八段も実に楽しい話しであった。原田はこの際、森安流に別名を呈したかった。とっさの思いつきで「七転八起流、だるま流」はいかがと提唱したら拍手があった。森安八段も「だるま流はいいですね」とご満悦の顔であった。達磨は愛嬌があり強い。

 全棋士中、一、二の人気者の米長さわやか流のことは誰もが知っている。森安だるま流は新潟は初めて、ファンも初対面。「いい男、いい感じの先生」と好評。将棋が強くても人間を嫌われては困るが、共に皆さんに愛されていた。

 将棋は7六歩 3四歩 6六歩 3五歩の出だし、後手番の森安だるま流の三間飛車、米長さわやか流の6、7筋位どり戦法。中盤では僅かながら「だるま流、さしやすし」の感じがした。飛車の小びんと、玉の小びんに手をつける面白い場面で、米長棋王が奇術の如き手順の妙を示して一挙に有利になった。七転八起の粘りがきかない局面、森安だるま流の無念を察した。何か、見落しがあったようだ。

 過去、新潟場所では3戦3敗だった棋王が会心の逆襲で快勝、ご気嫌であった。大盤解説は大和デパート「出会いの広場」で、存分に弁じた。この模様を、「話かご」、「窓」欄で2回もほめていただいた。大満員の会場が浮かび好意的ファンと新潟日報社に厚くお礼を申し上げたい。棋王戦もなかなかの人気で結構である。

○「第1回アマ女流棋聖戦」は3月14日、箱根の「彫刻の森ホテル」で行なわれた。本部とサンケイ新聞社の共作、コーセー化粧品会社協賛。箱根在住ファンは善人で奉仕精神が強い。2月に「箱根名人戦」の世話をして、一ヵ月後にまたまた準備をして下さった。

 将棋道の普及は有力ファンの善意で、どれほど盛んになっていることか、箱根と形は違うが各地で各種の催しが続いている。

 総平手。4番戦。A、B級とも点数制。午前1時から午後4時まで。閉会は午後5時。”待ったはしないように。二歩、二手、王手を忘れた場合は、悪意なき過失とみて許しあう。淑女的、いい想い出の将棋会”を申し合わせて開始、あと味のいい、はなやかな棋会。原田、蛸島女流名人、多田二段が指導将棋、中井広恵嬢も出席。大広間で約30人が熱戦を演じた。

 優勝は群馬県太田市の山田久美さん、15歳、市立宝泉中3年が優勝「アマ女流棋聖」を獲得、後日、二上棋聖と二枚落の対局がある。山田さんと平手でお相手、林葉嬢、中井嬢にも劣らない棋才を感じた。西村七段門下になるという。立派な先生に学び、近い将来の女流名人、王将も決して夢ではない。しとやか流の美少女に幸あれ。

 サンケイ本社の福本担当は今秋に関西将棋会館でも「アマ女流棋聖戦」を開催して、東西決戦で盛りあげたい由、まことに結構な読み筋である。彫刻の森ホテルはサンケイグループ、将棋会の後「わたしたちは、ゆっくり泊まって温泉に入ったり、将棋を楽しんだりして行きます」人生を楽しむ令夫人たち、箱根ファンには、あの山、あの緑、鳥のさえずりが聞こえてくる。

(以下略)

* * * * *

森安秀光八段(当時)が「だるま流」と呈された瞬間と山田久美アマ(当時)の将棋界デビュー直前の頃。

* * * * *

将棋のアマ女流棋聖戦をネットで調べても何も出てこない。この記事を書けば、いずれはGoogleなどで検索できるようになるだろう。

* * * * *

アマ女流棋聖戦に協賛のコーセー化粧品(現在の株式会社コーセー)は原田泰夫九段が稽古を行っていた会社。

株式会社コーセーに将棋ペンクラブ大賞の協賛をしていただいているが、これも将棋ペンクラブ名誉会長だった原田泰夫九段とのご縁によるもの。有り難いお話だ。

* * * * *

「明日の作戦ですが、▲7六歩なら△3四歩と角道を突きます」

森安秀光八段(当時)は振り飛車党なので、後手番なら2手目は△3四歩以外考えられないのだが、作戦をこのように表現するのも面白い。

 

原田泰夫九段の講演(序盤)の再現

近代将棋1982年12月号、原田泰夫八段(当時)の「棋談あれこれ」より。

講演

 秋冷、仕事をした後の酒のうまさかな、人生の幸福を感じ
る。11月17日付で九段、11月25日付で藍綬褒章を下さるご通知、ありがたく感謝、肩書を汚さぬように界、道、盟のために尽したい。

 未知、初対面のところからの講演のご依頼がある。先約で失礼の場合もある。2月を例にすれば、行田市役所上級職員の研修会。農林省関係。小林コーセートップ幹部セミナー。神奈川県教育センター校長コース。相模台工業高校PTA。宇都宮青年館。杉並区文化祭。社会保険大学。1時間半、2時間、3時間の講義もある。内容の新鮮を心がける。

 どんな調子で何を話しているのか「原田ぶし」の序盤をご紹介したい。「颱風禍知られざる深き町」句と認めていただけるか。

三手の読み(序盤)

「盤上盤外」と致します。盤上は将棋界、将棋道、将棋連盟のこと、それ以外の社会、各界を盤外と見ます。将棋的発想で社会や人生や世界ニュースを眺め、盤上の世界ならこう考えると見たり、ブラスの面を吸収したり考え方を往復させますと現代が面白く眺められます。

 盤上の考え方では相手の立ち場に立って、相手の最善手を読む、これを「盤面をひっくり返して見る」と申します。盤を裏返しにするのではなく、相手側、向かう側に立つということです。 

 20代の青年時代から言葉を選び、言葉作ることが好きでした。選び、作った言葉を浮かべて物ごとを考えると分りやすくなります。

 大正12年生れ、数えで60、昭和12年に加藤名誉九段門下にしていただいてから45年、24年、26歳で八段に昇進してからでも33年、60年の人生、45年の棋士生活の失敗談、体験談を、いかに省略するか、まとめるか、一つにしぼるか、これは難問、あまりにもお話し申し上げたいことが多いからです。

 時間節約の場合は、意識して早口にして、あまり警戒しすぎては話しが面白くないので自然に流します。時には縦横の飛車筋に、時には稲妻型の角筋に、桂馬筋に飛んだり、香車の如く
話しが走ることがあります。

 話し上手より聞き上手と申します。この点、よろしくご賢察願います。

 原田と致しましては、皆様方約二百人の立派な指導者に、人物試験をうけている気持であります。写真よりラジオよりテレビよりも、面接して話しをきけば、その人間がどの程度か、はっきり分ると存じます。こちらは、秀才でも人格者でもございません。

 一般に将棋は娯楽、趣味と見ておられます。それで結構、将棋を楽しまれればいい。プロを棋士と申します。棋士には棋士の使命がございます。その点は時間があれば後に申します。プロ棋士の世界を勝負の世界、棋士を勝負師とも言われます。

 たしかに勝負の世界で勝てば本人はいい気分、家族は喜び、ファンは我がことのように喜んでくれます。位置が上り収入もふえます。負ければその反対、若い純心の時ほどくやしさが激しく、ほんとに泣きたくなったり、死にたくなることもありをした。

 その時その場で白黒の結着がつきますから厳しく見えます。しかし考えようによっては社会のあらゆる職業が勝負の世界であり、その日に勝負がつかないから一層奥の深い勝負とお感じになるのではないでしょうか。

 原田は勝負ごとはほとんど致しません。将棋は幼年時代に見よう見真似で覚えましてプロになり、現役時代も退役した只今でも大変好きであります。新聞棋欄、テレビ将棋、将棋の月刊誌や単行本が楽しい刺激で、突然、八段から八級に腕が落ちることはございません。

 表て芸の将棋道は別、そのほかの競輪、競馬の如き、トランプ、マージャンの如きに興味が湧かない性格であります。囲碁は本山の日本棋院から初段を頂戴していますが、活き死にも分りません。本部の理事、会長時代に日本棋院の本因坊とか名人の就位式に、10回か20回か祝辞を弁じましたので「あいさつ初段」にして下さったわけです。

 東京、千駄谷の本部で対局の場合、午前10時開始、翌朝の午前1時を過ぎることも稀ではありませんでした。50代の原田から見れば20代、30代棋士は恰度子供の如き年齢です。

 若手棋士は14時間、15時間、油汗を流して必死に戦かい、局後の反省会の感想戦も終り帰宅するかと見ればすぐには帰りません。

「さあ、したくだ、先生、マージャン覚えましたか………」ちょうど小遣いの取りごろだという。覚える意志のない者が上達する筈がない。若手諸君の楽しそうなマージャンの音をききながら、読み残しの朝刊、夕刊を眺めて帰る、性格、生き方が違うので少しもうらやましくありません。これが深夜の光景です。

 ある時期、本部のマージャンが盛んでした。マージャンを知らざる者は人間失格の如く横暴な発言もありました。「日本マージャン連盟」ではあるまいし、マージャンを知らないことも自由です。こちらもヘソ曲りかも知れません。野球は甲子園で高校選手が汗と涙にぬれる光景に感動致します。相撲やマラソンの観戦は好きですが、野球の見方はよく知りません。数年前、江川、江川とスポーツ紙に村祭りの子供の下駄のような活字が出ました。

 ドラフトとか、契約金、本部の棋士たちの大きな話題になりました。そこで「江川とかいう大型新人は、走るのか、打つのか、球を投げる名人か、どっちなんですか」身近にいた毎日新聞の名文家の加古記者が「投げるほうです」と言って大笑いされました。無知は無邪気なものです。

 勝負ごとをする代りに読書、書道、俳句の勉強をしたり、将棋界以外の人達とおつき合いに時間を使いたいわけです。世の中には勝負ごとでない趣味も沢山あります。

 正式に稽古致しましたのは長唄とギター、僅かな期間でも拙宅へ先生に来ていただき指導をうけました。中途半ばになりましたのは筋が悪いこと、時間がとれず、その道の先生に無礼になりましたのは筋が悪いこと、時間がとれず、その道の先生に無礼になりますのでやめました。

「松の緑」を舞台でうなったり……一番へたなのに令嬢、令夫人たちが稽古仲間の男が珍らしかったのか「ご立派な態度とお声で……」お世辞を言われました。一手詰を分らない入門者に「あなたは将棋の筋がいいですね」というようなものでしょう。

 第三の男、禁じられた遊びの曲が流れるとギターの先生が最後に模範を示された姿が浮かんで参ります。稽古ごと、芸ごとは長く続けなければいけません。反省しております。

 その点、拙筆ながら毎日、墨をすり、筆をもち書道の手本を開き独習しております。どうも進歩致しません。近年は複写機が普及され鉛筆、ペン習字に力を入れない傾向があります。年賀状や暑中見舞の書体を拝見して名筆に感服するのはごく僅かであります。

 マイコン、パソコン時代とか、いかに文明の利器が進歩致しましても、昔しからの基本である「読み、書き、ソロバン」を小学時代にきちんと覚えさせなければいけないと存じます。

 話しが角筋から桂馬筋に飛んだようです。

 局面を盤上に戻します。将棋は「読み」と申します。読みとは先を見て、相手の心を読むことです。覚え始めのごくごく初心者は次の一手に迷い、中級者は「三手の読み」上級有段は10手-20手の手順を読みます。

 プロの高段は次の一手を浮かべ、時には途中の読みを無意識に省略して、到達点と数十手先の完成図をいくつか描きます。そこで―

(以下次号)

* * * * *

原田泰夫九段のスピーチをそのまま再現した、非常に貴重な文章。

原田九段の声、口調、発音が思い出されて、とても懐かしく感じられる。

* * * * *

とはいえ、ここに載っているのは序盤も序盤。

将棋でいえばまだ10手以内の局面。

ここから、新潟のイタリア軒で見た関根金次郎十三世名人の紋付きと仙台平の姿に憧れ棋士を目指した話、加藤治郎名誉九段門下内弟子の時代、木村義雄十四世名人と一緒に行った満州慰問、は出だしとして定番。その後、将棋界の話題、世相、諸々の事柄へと話が展開される。

「原田のポン友、白樺の君 加藤博二九段、五十嵐豊一九段」「界道盟」「礼儀作法も実力のうち」「原田の話は桂馬のようにあっちへ飛んだりこっちへ飛んだり」なども定番。

毎回、よく出てくる定番の部分と、新たに挿入される話題のバランスが絶妙で、原田節は多くの人を魅了していた。

話が面白いので、どんなに話が長くなっても、皆が喜んで聞いていた。

いつもの定番の話が出てこないと、お客さんが承知してくれないほどだった。

* * * * *

(以下次号)で終わっているが、翌月号に次のように書かれている。

近代将棋1983年1月号、原田泰夫八段(当時)の「棋談あれこれ」より。

 前号末尾(以下次号)は編集部が気をきかしたもの。20頁ぐらいでないと口語体での講演はおさまらない。ご寛恕を。