「随筆」カテゴリーアーカイブ

大山康晴十五世名人「あんた、廊下を抜き足差し足で入ってくるけど、こっちは誰が入ってくるのか考えちゃうから困るの」

将棋世界2004年11月号、弦巻勝さんの「あの日、あの時。あの棋士と」より。

 タイトル戦を撮影して30年ほどになると思う。わずかな時間の中で集中しているところを撮影するのは、場の空気と同化しなくてはならない。長い時間対局室に居ると此の空気が熔ける。

 だから3分くらいが限度だろう。渓流の岩魚釣りの心境か。

 初めて対局室に入るとだれでも自然に正座すると思う。正座していては写真が撮れない、だから最低限度の動きで頭の中で絵を選ぶ。

 対局者に、その動きを目で追われるようではプロではない。それは目障りなのである。

 大山先生に言われた。

「あんた、廊下を抜き足差し足で入ってくるけど、こっちは誰が入ってくるのか考えちゃうから困るの、すたすた来なさいよ、そうすればあんただと解るから…」だからと言って雑な動きでは対局者の頭の中にカメラマンの動きが刺さってしまい、読みに集中する姿は撮れない。自然に、全てを受け止め、場の空気を散らかさないで撮る。棋士の心模様を受け止める、口で言うのは簡単だが、今でもまだ対局室に入る前にどきどきする。

* * * * *

○○さんは対局中に写真を撮っても良い、と誰かが正式に決めてくれているわけではない。

自然に、自然に、○○さんなら対局中に写真を撮っても良い、という雰囲気が棋士の間で醸成されるもの。

弦巻勝さんも最初の頃の苦労を経て、棋士からの絶大な信頼を得るようになっている。

夜の新宿 大人の人情

* * * * *

対局室は全くの異世界。

弦巻勝さんや中野英伴さんや炬口勝弘さんに代表される写真家は、対局室で、忍者のごとく、あるいは熊撃ちのマタギのごとく気配を消す。

* * * * *

「あんた、廊下を抜き足差し足で入ってくるけど、こっちは誰が入ってくるのか考えちゃうから困るの、すたすた来なさいよ、そうすればあんただと解るから…」

対局中の棋士は、聞き慣れた音なら気にしないが、得体の知れない音には敏感になるもの。

大山康晴十五世名人の言葉は、そのことを端的に表現している。

 

内藤國雄九段「棋士は25歳が最高であるという調査結果が出たのは何年前であったか」

将棋世界2004年1月号、内藤國雄九段の「一手啓上」より。

 2000年だ、ミレニアムだと胸ときめかしたのはつい昨日のことのような気がするが、はや2004年を迎える。歳月の流れの速さには今更ながら感心する。夜空にはこの9月に6万年振りに最接近した火星が今も一際明るく輝いている。同じ火星を眺めたであろう6万年昔の人類のこと、またこれから6万年後に眺めるであろう人類のことを考える。6万年の振れはあっても、人間の思うこと、考えることはさして変わらないのでは、という気がする。

 恐竜は2億年という長さを生きた。それに比べると人類の歴史など何程のものでもない。

 時間とは一体何であろうか、新しい年を迎える度にいつもこのことを考える。時間というものは、さまざまな顔を見せながら確実に歩みを進めていく。6万年後のことなど知ったことではないと言っても、それは確実にやってくる。我が身は存在しなくても、その時は必ずやってくる。

 棋士は25歳が最高であるという調査結果が出たのは何年前であったか。現在のタイトル者、順位戦A級、竜王戦本戦出場棋士の年齢を私流に大ざっぱに計算したところ36~37歳という結果が出た。おかしいことに25歳最高説も歳をとっていくのである。時間よ止まれとどんなに願っても止めることはできない。人生の持ち時間が切れるその日まで、自分なりの充実を求めて生きていきたいと思う。

* * * * *

まさしく、羽生世代棋士の年齢が上がっていくとともに上がっていく○○歳最高説。

ものすごい世代であることがわかる。

* * * * *

今年の7月31日に火星が5759万kmまで大接近するが、この2003年(8月27日)の大接近のときは、5576万kmという距離だった。

今年は15年前よりも183万km遠いわけで、大接近とは言っても2003年にはかなわない。

ちなみに183万kmは、地球と月の距離の4.76倍なので、かなりな差がある。

* * * * *

「時間よ止まれとどんなに願っても止めることはできない。人生の持ち時間が切れるその日まで、自分なりの充実を求めて生きていきたいと思う」

言われてみると非常に説得力のある言葉だ。

特に人生の場合は、持ち時間が切れても秒読みはないわけで…

 

「あの野郎、タダじゃおかないぞ」というムードを今回感じた

将棋世界2003年8月号、弦巻勝さんのフォトエッセイ「昔を感じさせてくれた名人戦」より。

 将棋のタイトル戦を撮影して早いもので30年近くになる。

 その間、誉められた事は少ないが、怒られた事は多々有る。それでも続けてこれたのは、将棋が面白く大好きだからと、多くの棋士が仲間として接してくれたからと思っている。

 理事室に呼び出され、故・大山康晴十五世名人にこっぴどく叱り飛ばされた事も有るし、撮影拒否にも遭った。

 ただ、我、正義なり、と意に介さなかったのは若さかも知れない。現在のように自由に撮れる環境も無いし、鼠が猫に鈴を付けに行く感じが昔は有った。おかげで早撮りとカット数も少なく、しかも機材はシンプルと、現在の撮影方法に辿り着いた。

 若手の棋士は晩年の好々爺になった十五世を見聞しているが、昭和50年代の十五世は半端じゃあなく、おっかなかった。それでも麻雀に誘われたり旅に同行するうちに、十五世のマキャベリズムと言うのか、その辺が少し解ったように思っている。今回の名人戦、1局、3局、4局と撮影したが、もしかすると昔にもどっているのでは、と感じたので、その辺を書こうと思う。

 タイトル戦は盤上の将棋だけが勝負では無く、その間のすべてが勝負で、保持者と挑戦者に争いの空気が走っている。ある時期から、いや、勝負は盤上だけや……と感じ昔に比べお上品だな、と見ていた時期も有る。

 しかし1局目、対局場に歩いて来る羽生さんのおっかない顔、指し掛けで対局場から、やけに爽やかな顔で出てくる森内さん……あれは、どちらも昔のタイトル戦の顔だと思う。

 ここ数年、学会の研究発表みたいなタイトル戦も観たが、あれでは将棋ファンも解らないし、だいいち面白く無い。良い子ばかりの将棋では……。

「あの野郎、タダじゃおかないぞ」というムードを今回感じた。

 棋士は勉強すればするほど定跡とか筋とか、考えなくても、そこそこの手は指せる。普段、そのように訓練もしている。しかし勝負手とはそのような中から生まれるものでは無いと思う。

 人生をかけた手かと思う。

 幼稚園児が描く絵とピカソが描く絵の違い、イソップの童話は滑らかな人生を歩いて来ては書けない。何十時間家の中で勉強しようと、そういう事ではタイトルは獲れないと思う。

 今回の名人戦にそんな事を感じた。

* * * * *

この期の名人戦は、森内俊之名人に羽生善治竜王が挑戦して、4勝0敗で羽生竜王が名人位を奪取している。

しかし、森内九段はここから、竜王戦、王将戦、翌期の名人戦で羽生竜王・名人に勝ってタイトルを獲得する。

この年を含めて名人戦で8回戦うことになる「羽生-森内」の初年度。

* * * * *

故・村山聖九段は「羽生さんは対森内戦になるとにわかに凶暴になる」と言っていたという。

また、2012年には、勝又清和六段がブログで、「お互いにお互いが相手の事を 力いっぱいブン回しても 壊れないおもちゃだと思ってる」という言葉で二人の関係を表現している。

対森内戦になるとにわかに凶暴になる羽生七冠(当時)

 

奨励会旅行で泣き出した二人

将棋マガジン1984年12月号、中井広恵女流二段(当時)の「ヤルッキャナイ」より。

 皆さん、こんにちは。お元気でしたか?今回は、9月27、28、29日の二泊三日で奨励会旅行に行った時のことを書こうと思います。

 朝八時三十分、連盟集合。関西奨励会との合同旅行ということもあって、バス2台で出発しました。最初はあまり気がのらなかったんです。だって、女の子一人じゃさびしいでしょ!でも、幹事の先生が「女流の方でもさそったら」と言ってくださったので、山田久美ちゃんに声をかけたところ「行きたい」ということだったので―。

 初日の予定は、練馬インターチェンジ、関越道を通り、ドライブインで昼食、三国峠をこえて「将棋の国」到着。将棋の国は二回目なんですよね。とても良い所ですから、皆さんも一度いらしてみて下さい(勝手に宣伝してしまった……)。

 将棋の国に着くと、すぐ恒例の東西対抗トーナメント戦が始まりました。私の一回戦の相手は、関西の田中幸道7級。何かのまちがいで、私が勝ってしまったんです。おかしいですねぇー。中盤ではすごく悪かったんですけど、秒読みで逆転してしまったんです。年に一度の旅行だから、こーゆーことがあってもいいですよね。全員一回戦が終わったところで夕食。次々においしそうな料理がでてくるので、びっくりしました。充分スタミナをつけて食後の二回戦にいどんだのですが、残念ながら負けてしまいました。

 二日目は、ロープウェーとリフトを使って谷川岳の天神平に登りました。名前だけでもすごいですネ!怖かったんですよ。今にもロープウーェーが落ちそうで………。命がけでしたね(少しオーバーかナ)。でも乗っている最中に「谷川岳の登山で亡くなる人は、日本一多いんだよ」と聞いたら生きている気がしないですよね。保険金、いっぱいかけてあるか心配になりました。リフトはおもしろかったですよ。ながめがとてもキレイなんです。絵葉書では得られない感動でしたね。また来たいナと思いました。谷川岳に登ったから、少しは将棋強くなるかしら…。将棋の国にもどると、キャンプファイヤーの用意が行われていました。キャンプファイヤーといえば、フォークダンス。幹事の先生が真面目な顔で言うので、思わず久美ちゃんとなきだしてしまいました。だって、男の人同士で手をつないで見つめあうんですよ。おかしくて涙が出てきちゃいます。中には、そーゆー趣味の人もいると思いますが……。夕食はバーベキューでした。おなかがすいていたのでいっぱい食べよう!とはりきっていたのに、私達の所だけ火が小さくて、全然焼けなかったんです。結局、他の所にまぜてもらうことになり、一番最後まで食べていました。あの時はつらかったですよ。食べ物のうらみは恐ろしい……。

 三日目は、朝出発が早かったんです。久美ちゃんが12チャンネルのビデオどりで、東京に帰らなければならなかったので、新幹線の時刻に合わせて―。無事久美ちゃんを駅に送り届けたわけですが、女の子一人になっちゃったので、ちょっとさびしかったんですよね。そのあと、中禅寺湖、日光、を見てイロハ坂を通り連盟に帰ってくるというコースでした。せっかくの旅行なのに、ガイドさんの説明もきかず、一生懸命トランプに打ちこんでいた奨励会員が急に思いたったように、歌を歌いだしたんです。今年は歌わなくてもいいと安心していたのにゴールまじかで御指名。やけくそになって、明菜ちゃんのサザン・ウインドをうたってしまいました。評判は、はたして?ムフフ……

  今回の奨励会旅行は、関西の方ともおしゃべりできて、とても有意義にすごせました。ところで、話は私事になりますが、父がこの原稿の題名にもんくをつけるんです。「あれじゃやる気がないみたいだ」って……。やるっきゃないの意味がわからないなんて、時代の差は大きいですね。 

* * * * *

この頃は、羽生善治二段、佐藤康光初段、先崎学1級、森内俊之1級、郷田真隆1級の羽生世代奨励会員をはじめとして、富岡英作三段、安西勝一三段、石川陽生三段、所司和晴三段、中田宏樹三段、伊藤能三段、高田尚平二段、北島忠雄二段、中田功二段、佐藤秀司二段、櫛田陽一初段、木下浩一初段、岡崎洋2級、豊川孝弘2級、中座真3級、勝又清和3級、飯塚祐紀4級、中川大輔5級、近藤正和5級、関西には本間博三段、野田敬三三段、神崎健二二段、長沼洋二段、藤原直哉二段、平藤真吾二段、杉本昌隆2級、村山聖3級、畠山成幸4級がいた時代。

このうちの全員、あるいはほとんどが、この奨励会旅行に参加していると思って間違いない。

* * * * *

「将棋の国」は新潟県の苗場にあった。

三浦弘行九段も子供の頃に通っている。

三浦弘行九段の修行時代(前編)

* * * * *

「キャンプファイヤーといえば、フォークダンス」

このような事実を初めて知った。

キャンプファイヤーにフォークダンスは定番なのか……

とにかく、男だらけの奨励会旅行でフォークダンスが行われたのは間違いないようだ。

中井広恵女流二段と山田久美女流初段の二人の女性(といっても15歳と17歳)がいるのでフォークダンスもありかな、ということだったのかもしれない。

どちらにしても、ほとんどが男性のフォークダンスは、中井広恵女流二段と山田久美女流初段を泣かせるのに十分なほど、可笑しかったのだろう。

中井広恵女流六段による当時の奨励会旅行の本が出たら、かなり売れるのではないかと思う。

 

 

中井広恵女流二段(当時)「よく別人28号だといわれます」

将棋マガジン1984年9月号、中井広恵女流二段(当時)の「ヤルッキャナイ」より。

 これからしばらくの間、私のおしゃべりにおつきあい下さい。なにしろ初めての経験なので、部屋中が紙クズの山、迷ったあげく日記風にかいてみました。 

4月6日 始業式

 八幡中学校への転校。

「行ってきます」と元気よく家を出たものの、ちょっと複雑な心境。転校したことのある方にはわかってもらえますよネ。友達できるかな……とか、自己紹介、どうしようかな…とか。でもそんな心配、必要なかったみたいです。みんなすごくやさしいんですよね。ただ、ちょっと気になるのが私のあだ名。男子が私のこと『王将』って呼ぶんです。今年の女流王将戦は悔しい思いをしたので、来年こそはがんばって、堂々と王将と呼んでもらえるようになりたいと思ってます。

5月15日 盲腸の手術

 初めての盲腸の手術(あたりまえですネ、二回も盲腸の手術できないもの)。運悪く修学旅行の前だったんです。明日手術しないと手遅れになるといわれ、しぶしぶ…。手術の時はイビキをかいてねていたそうです。これは冗談ですが、脊髄に麻酔の注射をうたれたとたんグーグーねてしまったので、何も覚えてないんです。そうですね、つらかったことは一週間以上もベッドの上に横になっていたことですね。今考えると、もう少し入院したかったなんて思うんですけど…。でも、もっとつらかったことがあるんです。おいしいものが食べられなかったこと。何人かお見舞いにくだ物やケーキを持ってきてくださったんですけど、何も食べられなかったんです。それだけならまだいいんです。「食べられないんだからしょうがないな」といいながら、おいしそうに食べ始めるんです。私は指をくわえて見ていただけ…。一番多く食べたのは母なんですよ。

「広恵のつきそいしてると、おいしいものがいっぱい食べられていいわ」なんていうんです。娘がつらい思いをしているというのに、ひどい母ですネ。おかげでやせられました。

6月24日 My birthday

 十五歳の誕生日。早いですね、時がたつのは(なんか、オバサンみたい)。十五歳というのは、将棋でも勉強でも大切な時期だと思うので、特に将棋の方は一生懸命がんばろうと思います。奨励会負けてばかりなんですよね。もっとがんばらないのと…。話が暗くなっちゃったので、ちょっと小さい頃の私について話してみようと思います。あの頃の私はかわいかったんですョ。昔の写真を見た人は必ず、 

「これ広恵ちゃん?昔はかわいかったんだねェ」

 というんです。ひどいと思いませんか、今もかわいいのに…ナーンチャッテ!よく別人28号だといわれます。頭も良かったんですョ。二才の時にひらがなを全部覚えちゃったんです。それに、動物の名前を英語で言えたんです。今言えないのに…。あと、ダンスが好きで、あの頃はやった『黒ネコのタンゴ』がレパートリーの一つでした。トラネコのぬいぐるみを抱いてよく踊っていたそうです。昔天才、中学すぎたらただの人?―

 もっと多くの事を書こうと思っていたのですが、文章がまとまらず、結局三つの出来事しかお話しすることができませんでした。次回はもっといいものが書けるようにがんばりますので、私を見捨てないで読んで下さいネ。暑い日が続きますが、皆様お元気で。

* * * * *

中井広恵女流六段が15歳の時の初エッセイ。

この頃の中井女流二段(当時)は、現在とは違って少しぷっくりとした感じだった。

* * * * *

このエッセイの2年後、1986年将棋マガジンに掲載されたパルコの広告。

当時のパルコは流行の最先端を走っており、広告も非常に斬新なものばかりだった。

「女流」の二文字が、いや

この頃の中井女流名人は奨励会員でもあり、最高に格好いいコピーになっている。

* * * * *

別人28号は横山光輝さんの人気漫画『鉄人28号』から派生した言葉。

* * * * *

5月19日に行われる将棋ペンクラブ関東交流会では、指導対局で中井広恵女流六段に来ていただけることになりました。

楽しみです。