「随筆」カテゴリーアーカイブ

屋敷伸之六段(当時)の同窓会

将棋世界1993年8月号、屋敷伸之六段(当時)のリレーエッセイ「待ったが許されるならば・・・」より。

 「もしもし、俺だけどわかる」

 先日、こんな電話がきた。名前はMと言うのだが、しばらくは誰からの電話だったのかわからなかった。なぜなら、心あたりがなかったからだ。

 「久しぶりだなあ、もう10年ぐらい経ったかなあ」

 おうおう、やっと思い出した。小学校時代の友人からの電話だった。

 お互いに最近のことをいろいろと話したあと、そいつから同級生のみんなが今なにをしているのかを聞く。さすがに10年も経っているとみんないろいろと変わっていて、驚かされた。

 そんなこんなで話が一段落して、今度どっかで会わないかと言われた。二人で会うのだろうかと思っていたら、もう一人Kという奴が八王子に住んでいるので三人でどっかで飲もうや、という感じになった。

 ただ、三人とも方向がばらばらなので、どこで飲むか難しいと思ったのだが、意外とすんなり横浜に決まり、話はいちおうついた。

 ただ、電話を切ってから急に不安を覚えた。10年ぶりなのでお互いがわかるだろうか。共通の話題がなくて恐怖の沈黙の時が現れるのではないか、など・・・。

 そして、あっというまに会う日がやってきた。

 その日は夕方から会うことになっている。

 4時ごろ電話が来た。

 「今、町田にいるんだけど、どこで待ち合わせしようか」。いよいよである。どこがいいか迷いながらも、横浜そごうの時計のところで待ち合わせた。

 昔なつかしい友人と会うので嬉しいのはもちろんだが、少なからず緊張もしていた。

 横浜へは30分で着いた。待ち合わせの場所へ行ったが、お互いの今の顔はわからない。

 しばらく探して気配がないのでおかしいなと思った。早かったかなと思いながら辺りを見回してると、それらしき二人を発見した。

 こんなときは不思議とお互いの意志が通うもので、向こうもおやっというような顔をしていた。

 「久しぶり、変わったなあ」。みんなの口から同じ言葉が出て、さて飲み屋を探そうということになった。

 それにしても二人ともずいぶん変わったなあと思っていた。

 確かに顔は昔のおもかげが残っているが、メガネをかけているので雰囲気がぜんぜん違う。もっとも、人のことは言えないが。

 さて、飲むところだが、みんな物事にこだわらないので、ごくふつうの居酒屋に入った。

 とりあえずビールを頼んで、Mが口火をきる。

 話題は、やはりみんなのこと。働いている奴、学生をやっている奴、行方不明の奴などなど・・・。

 そして結婚している奴もすでにいるらしい。

 それを聞いたときはちょっとびっくりした。確かにおかしくはないが、まだ21なのにと複雑な思いだった。

 そして、死んだ奴。これはショックだった。そいつとはけんかもよくしたけど仲の良い奴だった。落ち着きはなかったが、明るくおもしろい奴だった。

 高校生のとき、バイクで事故にあったらしい。

 「とにかく、いろいろあったんだよ」

 1杯目のビールは既になくなっている。次に何を頼もうかいろいろ言っているうちに二人がザンギを頼もうと言う。

 「なんだ、そのザンギってのは」

 「お前、ザンギを忘れたのか、ザンギを」

 なんだそりゃ。首をかしげていると、

 「いかんな、魂をこっちに売ってしまったなあ」

 そうはいってもわからないものはわからない。

 「店員に言ってみようか」

 「わからない、わからない」

 唐揚げなんだそうだ。考えて損した。

 そして、相変わらず話はあちこちへ飛ぶ。二人とも大学での生活は忙しいながらも充実しているようだ。

 Mは飲み会やコンパはめんどうだけど楽しいと言う。Kは毎日研究で忙しいと言う。たまに先生と飲むこともあるらしい。そんな二人を一瞬うらやましいなと思った。

 ごくふつうの生活をしているからだ。でも、すぐにそのことを頭から消し去った。道は自分で選んだのだから、後悔すべきではない(しかし、恥ずかしいことを書いている)。

 結局、2時間くらい飲んで、そのあとカラオケをしに行った。カラオケもおもしろかったが、書くスペースが・・・。

 帰りぎわ、

 「ヒマだったら電話くれよな」

 「いつもヒマだから、いつでも電話するよ」と言いながら、横浜駅で別れた。

—–

この雰囲気がたまらなくいい。

何がどうしたという話ではないが、屋敷伸之六段(当時)らしさに溢れているような感じがする。

なんとも癒される文章だ。

—–

「ザンギ」は北海道で広く用いられる呼称で「唐揚げ」のことを指すという。

道内には「北海道ザンギ連盟」や「くしろザンギ推進協議会」などがあって、活発な普及活動をしているようだ。

「くしろザンギ推進協議会」によると、中国料理の唐揚げ=炸鶏(ザーギー)に『運(ン)』がつくようにと「ザンギ」と名付けられたと解説されている。

—–

小学校の同窓会・・・私が20歳の時に一度開かれた。

ちょうど夏休みに入ったタイミングだったので参加することができた。

仙台の一番町だったか国分町にあったシェーキーズが会場。

25人くらい集まったのだと思う。

楽しい会だった。

その時に強く実感したことは、「好みは変わる」ということ。

小学生の頃に一番憧れていた女の子と久々会ったわけだが、あまり感動はなく、小学生の時は特に意識はしていなかった子がとても魅力的に思えたり、という具合。

今となっては、あの一回だけの同窓会がとても懐かしいが、細かいことまでは憶えていない。

当時ブログがあったなら書き残していたのに、と残念に思う。

「森内名人の力戦振り飛車で勝とう」

将棋世界2003年3月号、森内俊之名人の「一手啓上」より。

 昨年の10月からNHK将棋講座で講師を担当している。将棋番組に対局者やゲスト解説者として出演することはあっても、自分で番組を持つのは初めてなので、とても新鮮な気持ちである。

 講座はまずテーマと内容を考えるところから始まるが、題材が「力戦振り飛車」と普段指し慣れないものだけに、手順を組み立てるのがなかなか難しい。アマチュア時代の自分の実戦を思い出したり、人が指している将棋を参考にさせてもらいながら進めているのだが、公式戦でも使えそうな指し方を発見すると嬉しくなる。講座では紹介しきれなかったものもあるので、また機会があれば試してみたい。

 収録当日は準備万端で完璧、と言いたいところだが、なかなかそうはいかない。私はテレビカメラが大の苦手なのだ。それでも碓井さんの鋭いツッコミに助けられて残り数回までこぎつけることができた。最後ぐらいはカッコ良く終わりたいが、果たしてどうなるだろうか。

—–

森内俊之名人が2002年度後期に担当した講座は「森内名人の力戦振り飛車で勝とう」。

森内名人と力戦振り飛車の組み合わせが、とても不思議だ。

郷田真隆九段による「奇襲とハメ手」のような講座も、同じような意味で面白いかもしれない。

—–

森内名人は将棋講座のアシスタントに碓井涼子女流三段(現在の千葉涼子女流四段)を指名している。

以前の記事でも紹介したが、森内名人が碓井女流三段に「名人獲得おめでとうございます。いやあ、このまま無冠の帝王で終わるんじゃないかと思ってたんですがねえ」と言われたことがきっかけ。

そのとてつもなく無防備な、怖いもの知らずの踏み込みを、森内名人は高く評価したという。

名人に定跡なし

—–

力戦振り飛車、なんと力強い響きなのだろう。

ダイレクト向かい飛車などは、昔の感覚では力戦振り飛車の範疇だ。

個人的には、力戦振り飛車というと、重く攻める振り飛車のイメージ。

決して軽くは捌かない。

玉も美濃囲いには囲わない。

阪田流向かい飛車はその典型で、筋違い角阪田流向かい飛車はもっとそのような雰囲気。

—–

それにしても、阪田三吉は阪田流向かい飛車を生涯で一度しかやっていない(同様の序盤は江戸時代から指されている)にもかかわらず、阪田流と冠されたのだから、すごいことだと思う。

「後でゆっくり切り刻んでやる。納屋に放りこんでおけ」

将棋世界1991年5月号、内藤國雄九段のエッセイ「名人」より。

 映画や物語に出てくる主人公は容易なことでは殺られない。

 端役はいとも簡単に消されてしまうが、主人公は絶体絶命のピンチに陥っても殺されることがない。

 「後でゆっくり切り刻んでやる。納屋に放りこんでおけ」

 悪の親分が、他の者はウンもスーもなく殺してきたのに、主人公にだけはそうしない。

 納屋に放りこまれた主人公はそこから脱出し、最後に悪の親分をやっつけてしまう―という結末になるのが定跡。

 将棋界でタイトルをとる男、名人になる者はこの主人公を思わせる。強運である。

 だれが見ても駄目だと匙を投げるようなピンチを、どういうわけか切り抜けて最後の勝負をものにする。

 タイトル取得数と、必敗局を拾う数は正比例するのである。

 必勝局を気の毒なほど落としてきた升田幸三(実力制)四代名人も、三大タイトルを独占する時は、幾つか拾い勝ちをしている。

 実力の上に運が伴わなければタイトルはとれない。

(以下略)

—–

「後でゆっくり切り刻んでやる。納屋に放りこんでおけ」は、たしかに今までにテレビドラマや映画や小説で、数多く使われてきた定番の台詞だ。

納屋に放りこまれて死んだ主人公は皆無。

一緒に放りこまれた人がいる場合は、納屋から逃げる時に一緒に放りこまれた人が殺されているケースが多い。

内藤國雄九段のエッセイ、非常に奥が深い。

—–

ハリウッドに目を転じて、アーノルド・シュワルツェネッガーとスティーヴン・セガールとブルース・ウイルスとシルベスター・スタローン。

4人とも国際テロリストや世界的な悪と戦う映画の主人公を務めているが、それぞれ持ち味は違う。

一本の映画で流す血の量では、

ブルース・ウイルス>スタローン≧シュワルツェネッガー>セガール

困難が降りかかってきた時、運にも助けられる比率では、

ブルース・ウイルス>スタローン=シュワルツェネッガー>セガール

そういう意味では、タイトル保持者は、映画でいえば『ダイ・ハード』のブルース・ウイルスのような運が実力の上に加わっているということになるのだろう。

—–

私はスティーヴン・セガールの映画が好きなのだが、将棋はギリギリの戦いになるので、スティーヴン・セガールの映画の世界のような、「大きな困難やピンチがなく、ほとんど無傷のまま一方的に敵を壊滅させる」ようなことは少ない。

スティーヴン・セガールの映画の世界に近い棋譜ということになると、振り飛車名人の大野源一九段の将棋が思い浮かんでくる。

大野の中飛車(1)

大野の三間飛車(1)前編

大野の三間飛車(1)後編

先崎学五段(当時)を飲みに誘った羽生善治棋王(当時)

近代将棋1991年8月号、弦巻勝さんのグラビア「B級1組(6月7日午後9時頃)」より。

 棋士達の命を切りつめる順位戦がまた始まった。C2クラスは一局負けても順位によっては上がれない。先崎はその初戦に負けた。「もう僕の一年が終わりました」。プロ棋界のシステムの解かる者にしか通じない言葉で私に語りかけて来た。私にはあやふやな返事しかできない。その先崎の親友羽生はその痛さが解かる。その痛さが早く消えることを願って二人で碁を打っている。時々先崎のやるせなさが碁石をにぎる手のひらからはじけ出る。将棋の駒音のやまぬ と金部屋から羽生は先崎をつれ出して酒を飲みに出て行った。負けた時の一番良い方法を彼らはみな自分で発見していく。

 順位戦は夜9時をすぎると、どの棋士達もオオカミのような風貌に変わる。もちろん対局室はシャッターの音さえも拒んでいる。森けい二、真部戦が終わった。中に入ってカメラを向ける気にはなれなかった。自分を空気と同じ立場にして、シャッターを一枚切った。たんなる記録写真だ。それでも自分がハイエナのように思えていやだった。感想戦後、森、真部、私で飲みに行った。飲み屋までの車の中は二人の会話で将棋の駒が車中いっぱいに飛びかっていた。みな早いピッチで酒を体に入れた。「明日オレ昼の飛行機で金沢なんだ。あんまりみんなと飲めないんだ・・・」。今日対局室で写真を撮ろうとした自分が、カンオケの蓋を開けて撮ったような、いやなイメージが頭の中いっぱいになり、早く彼らから遠ざかりたいと、そんな言葉が口から出た。カメラマンとして棋界に入りすぎてしまったかなっと頭の隅で考えがウロウロしていた。そんな時間も酒の勢いが強くなってくると駒の影も写真のこともみな消えた。真部のマンションで3人でマージャンをする。3人とも酒を飲まない方がいいとは解っている。でも今日はこれでいいんだ。森は真部が上がるたびに、馬鹿でかい声ではしゃいでいる。朝が来てうまく口で話し合うことができなくなったころ、マージャンを覚えたての真部の一人勝ちで昨日の順位戦が終わった。彼のマンションを森と出た。「ツルさんありがとう」 きれいな声が背中から聞こえた。もう一歩ふんばって写真を撮ろうと思った。

—–

この時、真部一男八段(当時)はA級から陥落したばかりの頃。

B級1組順位戦のこの一戦、森けい二九段が「森魔術を発揮し、中盤の端攻め一発で勝負あった」と解説されている。

対局を終わったばかりの勝者と敗者が一緒に飲みに行くのは珍しいことだが、弦巻さんがいたので、森九段、真部八段とも3人で飲みにいこうという雰囲気になったのだろう。

また、森九段も真部八段も良い意味での不良っぽい魅力を持つ棋士なので、こうなるのは必然の流れだったのかもしれない。

このような場面に立ち会えた弦巻さんが、とてもうらやましい。

—–

羽生善治棋王(当時)が先崎学五段(当時)を誘ってどのような店に飲みに行ったのかも興味深いところ。

居酒屋なのかスナックなのかバーなのか。

—–

ちなみに弦巻さんとは麻雀(三人麻雀)を一度やったことがある。

弦巻さんはまるでマジシャンのように、何度も何度も高い手をあがっていた。

こんなに麻雀が鬼のように強い人がいるなんて、と驚いた時でもあった。

人懐っこい屋敷伸之棋聖(当時)

近代将棋1997年10月号、故・団鬼六さんの鬼六面白談義「棋聖戦、終わりぬ」より。

 棋聖戦の場合は前夜祭という派手なものはなく、関係者一同の会食会とか、控え室でくつろぎと歓談会みたいなものがあるだけだったが、私はそんなものには出席せず、円山社長と二人きりで別室で土地のコンパニオン二人を呼んで道後温泉の夜を楽しんでいた。

 どうして対局前日に私が出来るだけ屋敷七段との接触を避けたかというとそれには理由がある。

 あれは第何期の棋聖戦だったか。そう58期だから随分と前になる。当時の屋敷棋聖が南芳一九段の挑戦を受けた時で屋敷はカド番に立たされていた。当時横浜にあった我が家にしょっちゅう遊びに来ていた屋敷の応援に行こうという事になって森けい二九段に相談し、何人かの女流棋士や将棋ジャーナルの編集にたずさわっていた国枝久美子などの一隊を連れて熱海の「石庭」で開催された棋聖戦への応援にかけつけた事がある。その時の立会人は高柳敏夫九段であった。

 会食会が終わってから私の部屋で雑談会が始まったが、森けい二九段や真部八段などの棋士、産経の記者、カメラマン、それに女流棋士に国枝久美子なども混じって深夜までワイワイ、ガヤガヤと酒を飲み、放談をしていたのだが、ふと気がつくと屋敷までキャッキャッと騒いでいるのである。明日、九時から重大な対局があるのにこんなにおそくまで酒盛りにつきあっていていいのだろうかとさすがに私も気になり出した。挑戦者の南芳一九段は会食のあと、早々と自室に引きこもってしまっている。重大な対局を明日に控えて隊長を整えているのは当然であって、あんたもそろそろ寝た方が、と私は屋敷に注意したのだが彼は、そうですね、といいながら、まだキャッキャッと笑って盃を置く気配がない。女連中も一人減り、二人減り、森九段・真部八段も自室へ引き揚げたのに屋敷は腰をあげる気配がなく、残っている産経の記者と競輪の話だったか、競艇の話だったか、楽しげに話こんでいるのだった。私は部屋に居残っている福本記者に、屋敷はここでこんなに飲んでいていいのでしょうかね、と不安を洩らしていた。すると福本さんは、あの子は変わっていましてね、対局の前に大酒を飲む癖があるんです、といった。対局前には何時までに就寝せよ、という規約がないからこちらも無理にしょっ引くわけにはいかないし、といいながら福本さんがようやく自室に帰るべく腰を上げると屋敷もさすがに気がとめたのか自分も自室へ引き上げる気になってフラフラと腰を上げた。

 どうもご馳走さま、といって屋敷が部屋を出て行ったので私はホッとした。すぐには寝つかれないので外へラーメンでも食べに行こうと思って私が旅館の玄関口まで出て来た時、ずんだれた宿着の裾元を両手でつかんでいる屋敷が所在なげにその辺をうろちょろしているのだ。どこへ行くんです、と屋敷が聞いてくるから、一寸、外へラーメンでも喰いに、と私が答えると、僕も喰おうかな、といって玄関に据えつけの下駄を先に履き始めるのである。仕方がないから私は屋敷を連れて外に出た。近くのラーメン屋へ入って私が注文する前に屋敷は、ビール、一本、と注文した。屋敷は明日の重大な対局の事は忘れてしまっているのではないが、その前夜を大いに楽しもうと腰を据え出している感じに見えた。こうなったら俺は知らんぞ、と私も腰を据えてかかり、ビールの追加注文をする。そして、酔っぱらい特有のうるさい調子になって屋敷に、明日は中飛車でやれ、とか、四間飛車でいけ、とか愚鈍な事ばかり並べ立てていたが、屋敷はそうですね、とか、いい方法だと思います、とかいって酔っぱらいの意見に調子を合わせてくれるのだ。

 一時間位、屋敷と二人でラーメン屋で飲み、旅館へ引き返して屋敷は自室へようやく引き揚げた。そのあと私は、石庭の露天風呂で一人浸かっていた。深夜の露天風呂で気持よく一人で唄っていると「なかなか、うまいっすね」と岩の上の方で声がする。あわてて見上げると裸のお化けみたいに屋敷が岩場に突っ立っていた。そして露天風呂に飛び込み湯をかき分けて私の傍へ近づいて来た。もう深夜も二時を過ぎていた。この男、不眠症に悩んでいるのではないかと私はふと不気味になってきた。

 かつての彼の棋聖時代に、私にとってそういう思い出があって―結果、屋敷は南芳一九段に敗退し、随分と鳴かず飛ばず時代が続いた。国枝久美子はあの時の屋敷の敗退の責任は半分、渡しにあるといういい方までした。深夜になって屋敷を旅館の外に連れ出し、ラーメン屋で飲酒したり、午前二時頃まで一緒に呑気に露天風呂に浸かるなど、屋敷の神経を疲れさす原因であって、翌日、満足に戦える筈はないというのである。ま、そういわれても仕方がないが要するに屋敷の人懐っこさとつき合いの良さが仇となったような気がするのだ。屋敷はそれ程、酒が好きな棋士ではない。みんなと飲み合っている雰囲気をこよなく愛する棋士なのである。

 無冠になってからの屋敷はちょくちょく断りもなしに私の家へ訪れた。断りもなくというのはその頃、私は将棋マガジンの企画で若手プロの棋士と飛車落番五番勝負を自宅で行なっていたのだが、そんな時、きまって屋敷は何の前ぶれもなく私の家にお化けのように現れるのである。当時の横浜の家の玄関前には柳の木が立っていて、屋敷はきまって柳の垂れ葉の中に立って、コンチワ、コンチワ。と玄関口に向かって連呼しているのである。柳の木が、お化けという仇名がついている屋敷にはぴったり似合っていて、白昼に出現した子供のお化けの感じだった。「本日、◯◯五段と対戦されると人に聞きまして応援に来ました」と屋敷はいった。若手プロの応援に来たのか、私を応援に来てくれたのかわからないが、こんなふうに風のように飄然と現れてくるのが屋敷お化け流というか、屋敷忍者流とかいうものかも知れない。私は屋敷という棋士はもともと淋しがり屋ではないかと思った。それでいて孤独感というものでもない。人間とどれ位の接触回数を求めているのか、これがわからないのである。私みたいに人が大勢集まって、アーコリャ、コリャと騒ぎたくなる性格でもない。勉強好きな棋士がいて、一日中、誰とも人と逢わず、部屋の中で将棋盤と対峙していたってその棋士は別に孤独感は感じないだろう。むしろ、そういう孤独感を欲する棋士は多いと思われるが、屋敷はどうも一人で勉強するという孤独は苦手のようだ。棋士として自分のライフ・サイクルに対応した孤独感は仕方ないとして、それ以外の孤独感には耐えられず競輪とか競艇とかざわめきの巷を恋しがるのだ。一日何時間か将棋の勉強という風に自分を枠にはめる事は出来ない。競艇に興奮する事で勝負の秘策をつかみ得る事だし、盤面に駒を並べて研究する事が将棋の強さに直結するとは考えられないわけで一見、真面目そうに見えて実は不真面目で、不真面目そうだが、やっぱり真面目な所があるという一寸、つかみにくい若手棋士である。だから彼のお化け流とか忍者流とかいうのは実に適切な仇名という感じがする。

 しかし、今回の棋聖戦で挑戦者となった屋敷はタイトル奪取のためになみなみならぬ覚悟が感じられた。

(中略)

 そして屋敷はこの棋聖戦、第四局目において三勝一敗で三浦棋聖を破り、棋聖位に返り咲いた。思えば彼は16歳で四段に昇って18歳で中原誠棋聖を破り、史上、最年少で初のタイトルを獲得し、57期では森下八段の挑戦を退け、58期の3年後に南王将に敗れて無冠となったが、勉強しない棋士なんだからこういうのが天才だとカメラマンの弦巻さんに聞いた事がある。

(中略)

 屋敷の将棋は谷川、羽生の将棋とはまた異質のものであって、性格においてもお化け的でつかみどころがないようで、これ程、率直で明るくわかりやすい性格はないように思われる。

 道後温泉、宝荘ホテルにおけるこの最後の打ち上げ式で久しぶりに屋敷の人懐っこい笑顔を見た。応援に駆けつけた人達をみても屋敷の人間性の一面が感じられる。競艇選手の大塚さん、新宿風俗産業のドン、円山社長、ぐうたら作家の私など。

 屋敷は最近、私が赤坂に開いた風俗クラブにぜひ、連れて行ってほしい、といった。好奇心旺盛な子供のような眼をしていた。アミタイツをはいた風俗嬢がのらりくらり店内を廻る毒のある店だというと、競艇みたいに何かはまりそうですね、といってお化けみたいにヒッヒッヒッと笑った。

 それはともかく屋敷さん、棋聖奪還おめでとう。逃げた女房が久しぶりに帰ってきた心境じゃないかな。

 剣聖宮本武蔵、とか棋聖天野宗歩とかはぴったりだが、棋聖屋敷伸之という呼称は何だかぴったりこない。ぴったりこなくてもぴったりくるから彼の面白いところだ。もうこの恋女房に逃げられないよう真面目に、また不真面目に人生を送ってください。悪徳的な遊びならいくらでも御指導申し上げます。人間、真面目なだけじゃもてませんからね。

—–

若い頃の「棋士・屋敷伸之」を語った最高の名文だと思う。

やはり団鬼六さんはすごい。

—–

お化けは笑わないと思うのだが、それは別としても、赤坂の店が気になる。

”毒のある店”というコピーが魅力的だ。

”温泉街のラーメン屋”という言葉も、旅愁を誘う。

—–

屋敷伸之九段はNHK将棋講座2013年2月号の「人間じゃなかった」というタイトルのエッセイで、2010年から将棋のため、健康のために酒を止めたことが書かれている。

また、20代のころ、勉強は1日1分だけ、競艇場に向かう時に読むスポーツ紙の詰将棋を解くだけと報道されていたが、それが事実であったことも語られている。

—–

たしかに、酒を飲まない日はブログの記事の書き貯めもペース良くできるのけれども、酒を飲んでしまった日は、書いている途中で寝てしまうことが多い。

私の趣味の一つがブログ記事の書き貯めだが、今日現在、書き貯め記事のストックはあまりなく、酒を飲まない日を多くしなければと思ってはいるのだが・・・

ちなみに、酒を飲みながらやった方がはかどるのは、タイトル戦の昼食予想。