2011-01-16

読む

駒が指から離れる瞬間の嫌な予感(内藤國雄九段)

将棋世界1999年7月号付録、「一生に一度の会心の一着&穴があったら入りたい究極の大ポカ」の内藤國雄九段の項より。 【ヒント】 駒が指から離れる瞬間、この手は敗着になるという予感。元の形には戻れない悪手。 今回は渋い悪手。...
タイトルとURLをコピーしました