2011-01-31

棋士のエピソード

点のある・ない論争

1990年代、中村修九段と郷田真隆九段による「点のある・ない論争」があったという。 将棋世界1998年6月号、先崎学六段の「先崎学の気楽にいこう」より。 その年の夏、我々は函館で避暑を楽しんでいた。といえば格好良いが、ナニ、昼はパチ...
タイトルとURLをコピーしました