2011-10-02

スポンサーリンク
読む

宮田敦史四段(当時)の硬骨

将棋世界2002年10月号、宮田敦史四段(当時)の「終盤のメカニズム」より。 この講座も今月で2回目になるが、初回はどうだっただろうか。何人かのプロ棋士から、内容が少し難しいという声を聞いたが、自分としては今後もこのペースでやりたいと思う。...
読む

面白くない本

将棋世界2002年10月号、堀口一史座朝日オープン選手権者(当時)の自戦記「モーメント」より。 私は本もいろいろ読むが最近読み始めた本はサルトルの「嘔吐」だ。サルトルのことは少ししか知らなかったが、なかなか面白いことを言っているとは、前から...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました