息抜きをすすめるのが罪、と思わせるような存在

昨日の29日付の日本経済新聞の『春秋』に、羽生善治二冠とイチロー選手のことが取り上げられている。

羽生二冠の王座戦連覇の記録が「19」で止まったこと。二重写しになるのが、米大リーグで毎年200本以上ヒットを打ち続けてきたイチロー選手の記録が「10」で途切れること。

「記録はいつか途切れる。途切れてこそふたりの輝きが増す。身勝手なファンはそう思っている」で結ばれている。

春秋

羽生善治二冠とイチロー選手の共通点、について2002年に書かれた文章がある。

将棋世界2002年10月号、片山良三さんの第43期王位戦第3局(羽生王位-谷川九段)観戦記「これからの10年」より。

片山良三さんは、 元サンケイスポーツ記者で現在はスポーツジャーナリストで、元奨励会員。

 競馬の武豊騎手と将棋の羽生の「天才対談」が、あるスポーツ紙の企画で実現したことがある。羽生が7冠独占を果たす少し前のことだったので、二人とも20代半ばの、今以上に勢いがあった頃だ。その中で羽生は「20歳を過ぎたあたりから、記憶力ははっきりと落ちてきています」と発言して、対談相手の武を含む、同行したスタッフを全員シーンとさせてしまったという。

 そのときたまたま用事があって武の自宅に電話を入れたら、大事な対談中なのに本人が出てきて、「いま、羽生さんが家に来ているんですよ」と言う。そのあと、にわかに小声になって、「共通の話題がつかめません。助けてくれませんか」と来た。いまでこそ各界のトップと交流を深めて、どんな対談でも平気でこなしてしまう武豊なのだが、羽生という将棋の天才との交流は、順応能力抜群の彼にとっても未体験の「違和な存在」だったようだ。無理もない。羽生が将棋界に猛スピードで築いてきた実績は、その将棋の内容を理解できる人でないと実感としては伝わってきにくい。「こんな凄い手を指せる人は、普段どんなことを考えているのだろうか」という興味がわいてこそ、棋士との対談は盛り上がるものだと思うのだ。武豊と羽生の最初の出会いは、残念ながらすれ違いに終わったようだった。

 しかし、ずっとあとになって武豊から興味深い話を聞くことができた。

「いろいろなジャンルの、すごい人たちとたくさん知り合いになることができました。初対面の方との対談の終わりには決まって、今度はボクが乗っている競馬場にも見にいらしてください、とお誘いするわけですけど、そうは言えなかった方が二人だけいるんです。野球のイチローさんと、将棋の羽生さん。どちらも、その世界のさらに高いところを極めようとしているのが、少しお話をしただけでもビンビンと伝わって来たので、息抜きに競馬を、などと気安く誘ってはいけないと感じたわけです。この気持ち、わかってもらえたのかどうか」

 武豊が体感した不思議な感覚を、筆者はすぐに理解できた。なぜならその感覚は、選りすぐりの少年たちが棋士を目指して全国から集まってしのぎを削る奨励会においても、古くから綿々と受け継がれているものだからだ。

 自分以外は全員がライバルなはずなのに、「こいつは将来の将棋界を背負って立つ男」と稀有な才能を認めた相手に対しては、その芽を潰してしまおうなどとは考えない。年頃の少年たちのことなので、将棋以外にもギャンブルや酒など魅力的な脇道はたくさん用意されているのだが、「名人候補」と認められた人間にはそうした誘惑がなぜかかからない。谷川浩司がそうだったし、羽生善治ももちろんそう。古くは中原誠も、入会して半年もしないうちに、周囲から自然と別格扱いをされていたと伝えられている。

 現代のニッポンの天才は野球のイチローと競馬の武豊、という説があるが、筆者はこれに将棋の羽生を加えて、日本が世界に誇れる三大天才であると提唱したい。「息抜きをすすめるのが罪、と思わせるような存在」が天才の名に値する絶対条件。

(以下略)

—–

息抜きをすすめるのが罪、と思わせるような存在。

インパクトのある言葉だ。

「巨人の星」の星飛雄馬のような、ストイック過ぎて声をかけづらいようなタイプでは決してなく、柔和で温和な雰囲気を持つ羽生二冠がそうであることがすごいことだと思う。

窪田ワールドのあけぼの

「東海の鬼-花村元司九段棋魂永遠記-」より、中野隆義さんの「一代の勝負師」(近代将棋1985年8月号)より。

 ある奨励会員がいた。花村門の一人なのだが、序盤がからきし下手で、定跡に詳しい敵に当たっては常に大苦戦を強いられていた。

 見るに見かねた兄弟子の一人が進言に及ぶ。

「先生。やつの序盤はちょっとヒド過ぎるので、私が一つ教えてやろうと思うのですが」

 弟弟子を思う言に、師匠・花村はこう応えた。

「君の気持ちはありがたいが、あいつは中・終盤に見所がある。どんどん勝っていくのに越したことはないが、序盤を教えちゃあイカン。あいつは序盤が下手だから、苦しい将棋をなんとかしようとして頑張っている。中・終盤に強くなるためには絶好じゃあないか。序盤は何番か失敗すれば自然と覚えていくものだ」

 発想の転換の妙に、恐れ入ったという。

(以下略)

—–

ここでいう奨励会員は、この記事が書かれる前年に入門した、窪田義行少年。

故・花村元司九段自身が中・終盤に非常な強さを発揮するタイプだったが、窪田義行六段の窪田流の世界は、棋風は異なるものの、師匠譲りのシステムということになる。

羽生善治王位・棋聖と渡辺明竜王・王座

昨日の王座戦第3局は、渡辺明竜王が勝って王座を獲得した。→棋譜

結果は渡辺竜王が3連勝でストレート勝ちだったが、各局とも内容的には僅差。

特に、第2局と第3局は、渡辺竜王ファンから見たら、胃の痛い時間が午後早くから終局直前まで続いたのではないだろうか。

—–

今年の2月に行われた渡辺明竜王と木村晋介将棋ペンクラブ会長の対談(会報春号)より抜粋。

渡辺明竜王が語った羽生善治名人(当時)。

木村 去年の竜王戦の羽生さんとの戦いは印象的でしたが、羽生さんというのは特別な人ですか?

渡辺 そうですね。やはり実績が抜きん出ていますから。対戦する時に周りの人が一番注目するのが羽生さんとのカードですね。私のブログのアクセス数も、羽生さんと対局した翌日は増えますから。

木村 将棋はどうですか。他の人と違うものは感じますか?

渡辺 それはよく聞かれるのですが、技術的なところで羽生さんの将棋が具体的にどこが違うかというと難しいところがあります。例えば攻守のバランスがいいと言われるのですが、攻守のバランスがいい人はいくらでもいるので、棋風的な部分と言うよりは、正確性、ミスが出ないというところだと思います。ただ、将棋の場合、正確に指せた率が数字で出ないのでわかりにくいですね。どれくらい正確に指せたかは当事者でないとわかりません。

木村 羽生マジックと言うから、奇抜な手を指しているかというと、そうではなく、あくまで正確性に羽生将棋の本質はあるということですね。ところで、バトルロイヤル風間さんの今年の正月の漫画に「あいつが羽生を羽生と思っていない」というのがありますよね。週刊将棋でしたけど。

渡辺 あれは傑作でしたね。

木村 年賀状にわざわざルビをふって「はにゅうぜんじ」という。他の方は羽生善治ブランドを意識し過ぎてやられてしまっているところがあると思うのですが、渡辺さんはいかがですか?

渡辺 それはありますね。 羽生さんの信用力というか、それは一生消えることはないです。私が小学生高学年の頃、羽生さんは七冠王でしたし、そういう信用の度合いは全く違います。初めて指した時は、自分が実際指すということだけで緊張しましたし。

木村 羽生さんのほうから見ると、苦手が一人できちゃったんじゃないかな、という見方もありますね。

渡辺 たまたま竜王戦では、こちらが2回幸いしましたが。

木村 (中略)バトルロイヤル風間さんの漫画で、羽生さんがおみくじを引いたら大凶だった。こんなことがあるのかと驚いた羽生さんが「もしもし渡辺くん、まちがえて君のおみくじをひいちゃったよ」というのもありました。こういうのはファンが喜ぶと思うんですよね。羽生さんと渡辺さんの仲は実際悪いわけはないのですが、多少仲が悪いくらいのふりをして、昔の木村-升田、大山-升田のような、ファンが喜ぶような演出上の対抗形というのも人気が出ると思います。

渡辺 観戦記を読むと、昔の棋士はいろいろドラマがあったようですね。

(以下略)

—–

羽生・渡辺両者の激戦は、今後も長い間、ファンを魅了してくれることだろう。

まだまだ、この二人の戦いは続く。

木村一基八段の最も印象に残る一手

近代将棋2005年10月号、加藤昌彦さんの「運命の一手」より。

木村一基八段の最も印象に残る一手。

木村一基の魅力は強靭な粘りである。少しくらい苦戦でも、絶対に諦めないで、相手にじわっとプレッシャーを掛け続ける。そうするうちに形勢の差が縮まると、大抵は木村の流れに変わって、逆転勝ちという具合だ。

(中略)

木村の特徴が最も表れているのが、第33回新人王戦第3局、木村一基六段-鈴木大介七段戦だ。

(中略)

序盤に鈴木の鋭いパンチが入って、木村は思わぬ劣勢に立たされた。押せ押せでくる鈴木に対し、さすがの木村も持ちこたえられないのではと見られていた。ところが、木村本人は緊張の糸を切ってはいなかった。

図は鈴木が△3八銀不成と追ったところ。ここで▲6七玉が絶妙の早逃げ。

photo (21)

以下、△2九銀不成と飛車を取るのは▲5四歩が抜群の味になる。だからと言って△4七飛成では▲5七金と当てられて、龍を逃げるのでは後手側がおかしい。早見えの鈴木も仕方がなかったのか思わず手を止めて長考に沈んだ。

そして52分使って△2五桂と指したが、やっぱりここでも▲5四歩が急所の突き出しになっていた。

「運命の一手というよりも、棋士になってから一番印象深い一手ですね」と、木村は当時のことを振り返っている。決してスマートではないが木村らしい耐久力のある戦い方が、この勝利に表現されていた。さばきの名手、鈴木の猛攻を受け切ったのも大きな自信になっているだろう。堂々たる新人王戦優勝だった。

(以下略)

—–

飛車を見切っての玉の早逃げ。

終盤ならともかく、中盤での一手。

大駒を見切って他の手を指す、というのは見ていて本当に格好がいいと思う。

王座戦第3局対局場「松伯亭あづま荘」

王座戦第3局は、山形県天童市の「松伯亭あづま荘」で行われる。→中継

松伯亭あづま荘は、本館、別館合わせて34室という中規模な旅館で、山形牛料理や山菜、秋のきのこを取り入れた郷土料理が名物。

スタッフ紹介のページには、「いらっしゃいませ、ようこそおいで下さいました。普通はこんなにニコヤカではありせん」という料理には厳しいこ調理長や「接客係のひとみ&ハル」の写真が掲載されている。

「松伯亭あづま荘」といえば思い出されるのが、2009年の王座戦。

夕食の注文は、羽生が卵とじうどん、おにぎり、オレンジジュース。山崎は卵とじうどん、オレンジジュース。卵とじうどんは、山崎がよく頼むメニュー。先に羽生に言われるとは思わなかっただろう。

この文章は当時のネット中継に書かれたもの。

山形県といえば蕎麦が名物だが、「松伯亭あづま荘」では山崎七段の定番メニューである卵とじうどんも用意していたわけである。

この旅館ならではの、温かいもてなしだと思う。

〔過去の食事実績〕

「松伯亭あづま荘」での過去の王座戦の、食事実績は次の通り。(「将棋棋士の食事とおやつ

」のデータによる)

羽生善治王座の「松伯亭あづま荘」での2004年以降の対戦成績は3勝0敗。

2004年

羽生善治王座、森内俊之三冠とも、

天ざるセット(ざるそば きのこ天ぷら 筋子おにぎり おみ漬 きのこ田舎煮おしんこ 柿 スチューベン)

2007年

羽生王座

昼食:天ざるそば

夕食:五目あんかけ焼きそば

久保利明八段

昼食:親子丼

夕食:天ざるそば

2009年

羽生王座

昼食:天ぷら麦きり(うどんい近いイメージの食べ物)

夕食:玉子とじうどん、おにぎり

山崎七段

昼食:サンドイッチ

夕食:玉子とじうどん

[昼食予想]

羽生王座の昼食は、「天ざる」か「天ぷら麦きり」のどちらかと断言しても良いと思う。

一方の渡辺竜王。

「松伯亭あづま荘」では、2007年に久保二冠の定番「親子丼」、2009年に山崎七段の定番「玉子とじうどん」を出している。

これらのことから、渡辺竜王が好きなメニューが用意されている可能性が高いものと思われる。

予想は次の通り。

羽生善治王座

昼食:天ぷら麦きり

夕食:五目あんかけ焼きそば

渡辺明竜王

昼食:山形牛丼

夕食:五目あんかけ焼きそば