棋士のご利益

近代将棋1995年9月号、中井広恵女流五段(当時)の「棋士たちのトレンディドラマ」より。

 先日、主人が

「やっちゃん(S前竜王)が酔った勢いで、人妻のお尻をさわったんだってよ」と。

「うそー?! いくら酔ってたって、あのマジメな彼がそんなことしないでしょう」

「だって○○君がそう言ってたよ」

 後日、聞いてみると、実はさわったのはお尻ではなくお腹。それも、その人妻というのが妊婦さんで、お腹の子が頭が良くなるようにさわってほしいと頼まれたらしい。

 そんなご利益が彼にあるのかどうかはわからないが、それなら納得。

 それにしても、なんて噂とはいい加減に伝わるものか。

(中略)

 うまく伝わらないのは噂話だけではない。

 女流王将戦第二局を終えてのインタビューで、

「これで一勝一敗のタイになったわけですが・・・」

という記者の方の質問を受けて、私は、

「今月8局も対局がついてますので、8局全部指せるように頑張ります」

と言った。

「全部勝つつもりで?」

聞かれたので、できればとか、そうですねとか答えたのだったが、新聞に載った私のコメントは、

「全部勝つつもりです」

になっている。

 8局全部指せるようにというのは、この五番勝負全局戦いたいというつもりで言ったのに、何と強気なセリフになっているのだろう。

 まあ、私の性格から、これくらいのこと言っても不思議じゃないというので書かれてしまったのだろうけど、文章になるとニュアンスが違ってとられてしまうものだ。

(以下略)

—–

S前竜王とは佐藤康光九段のこと。

たしかに、妊娠中に棋士にお腹をさわられたら、頭の良い子が生まれてくるような感じがする。

—–

1995年のこと。

仕事で田中寅彦九段とお会いすることがあった。

その日は日本橋東急の将棋まつりがあった土曜日。

帰りに、私としては珍しく、神田のパチンコ店に寄った。

そうすると、始めて間もなく打ち止めになった。

プロ棋士に会った直後は勝負運のようなオーラが身に付いて勝てるのかなと感じた。

その次に田中寅彦九段との打ち合わせのあった日の仕事帰り、試しにパチンコ店に寄ると、また打ち止めになった。

またその次に田中寅彦九段と会った日の仕事帰りパチンコ店に寄ると、また打ち止めになった。

4度目からは通常モードに戻ってしまったが、プロ棋士の見えない力が何かあるのではないかと感じた時だった。

加藤一二三九段「少年隊っていうのは、どの人達?」

近代将棋1995年4月号、中井広恵女流五段(当時)の「棋士たちのトレンディドラマ」より。

 我愛娘のみずもはだいぶ大きくなった。

「顔は私に似てかわいいが、性格はママそっくりになってきて困る」

と、あちこちで言いまわる主人は、世界一の親バカではないかと思う。

 でも、棋士の方達は対局の時、とても厳しい顔をして将棋を指してらっしゃるが、お子さんの話になると、本当に優しい顔で嬉しそうに話される。

 以前、首相官邸で行われたパーティーで加藤一二三九段にお会いした時

「少年隊っていうのは、どの人達? 子どもにサインを頼まれたんだけど、顔がわからなくて」

と本当にニッコニッコされて尋ねられた。

「今日は見えてないようですよ」

と答えると、他のタレントさんを探しに又奥様と、仲良く歩いて行かれた。

 加藤先生がサインを頼むお姿はちょっと想像できないが・・・。

 その加藤九段の一二三という名前をお子さんにつけたのが小林健二八段。

「うちの一二三がね・・・」

と話をされると、時々ドキッとすることがある。

 他にも、田中寅彦九段は息子さんに”誠”、福崎八段は娘さんに”直子”というように、棋士と同じ名前をつけてらっしゃる。

(以下略)

—–

少年隊の東山紀之さんと谷川浩司九段は、顔の雰囲気が似ていると思う。

郷田真隆五段(当時)のメガネ

近代将棋1995年1月号、”亥年の将棋まつり”郷田真隆五段(当時)の「年男として」より。

 今年で私にとっては2度目の年男を迎える訳だが、だからといって何が変わる訳でもなく、早いものだと思うばかりである。

 ただ、年男という言葉の持つ響きは(年女?)独特な感じがあって、何となくバリバリと元気よく生活する様な図を想像してしまう。

 そこで、私自身のことを考えてみると、どうもそういう図、景気のいい話が浮かんで来ない。

 まあそれはそれで良いのだが、今年は、1つ目標を立ててみようと思っている。

 それは日々の生活に活気を持たせることで、積極的に前向きに行動することである。

 私は普段、家でのんびりとしていることが多いのだが、今年は、好きなスポーツ観戦の数を増やしたりして、重い腰を、少し軽くしようかと思う。

 それから、これは前から考えていた事だが、何か習い事を始めようかと思っている。

 今、何となく考えているのは、書道か、ギターやピアノなどの音楽関係のもので、面白そうな気がする。他にも面白そうなものはあるが、読者の皆さんの中で、”これはいい”というものがあれば教えて下さい。

 さて、目標を立ててみても実行できるかどうかも分からないが、何か1つはやり遂げられるように努力したいと思う。

—–

この年、郷田五段が習い事を始めたかどうかはわからない。

しかし、全く新しいことが始まる。

近代将棋1995年9月号、池崎和記さんの「福島村日記」より。

 王位戦の谷川-郷田戦(挑戦者決定戦)を取材。郷田さんがメガネをかけているのでビックリした。

 三社連合の高林譲司さんに「いつからかけているんですか」と聞くと「一ヵ月くらい前から。視力は0.1とか言ってたけど」。私が「せっかくの男前が少し落ちましたね。郷田さんは絶対コンタクトにすべきですよ」と言うと、高林さんは笑って「そォ? 普通、男はメガネをかけたら男前が上がると言うけどね。本当に落ちてた?」。私は正直な男だから「落ちましたね。女性ファンが少し減ります」と言うしかない。

 昼食のとき、郷田さんと隣り合わせになった。大勝負の真っ最中にまさか「メガネは似合わないです」なんて言えやしないから、「メガネをかけないと盤面が見えにくいんですか」と、つまらないことを聞く。

 郷田さんは「いえ、見えるんですけど目が疲れてくるんですよ」。すると向かいに座っていた浦野六段が「それで三人マージャンしか、せェへんのやな」。

 将棋は郷田さんが快勝した。強い。感想戦が終わってから両対局者、中平邦彦さん、高林さんと飲みにいく。午前二時まで。いや、三時だったかな。

—–

郷田九段は、なによりも自分の将棋を見てほしいというタイプ。

メガネは喜んでかけたのかもしれない。

—–

逆に、昔はメガネをしていたのに現在はかけていない代表的な棋士は、先崎学八段と矢内理絵子女流四段。

—–

現在のA級のメガネ率は60%でB級1組は46%。

2006年に行われたある調査では、日本人のメガネ率は60%だったという。

プロ棋士のメガネ率は高いのだろうなと思いがちだが、実際はそうでもないことがわかる。

—–

昭和に入ってからの永世名人では、木村義雄十四世名人、大山康晴十五世名人、中原誠十六世名人、谷川浩司九段、羽生善治二冠とメガネをかけている。

森内俊之名人だけが唯一メガネをかけていないことになる。

己の最期を自覚する悲しい目

1992年の先崎学五段(当時)の著書「一葉の写真」より。

 僕の友人に、僕よりも三つ年上のAという男がいる。Aは今春就職したばかりなので、一緒に食事をしたときには、年下ながら収入の多い僕が払うことになっている。

 Aは、将棋はほとんどといってよいほど指さないのだが、そのくせ将棋界のことには精通していて、棋士の知り合いが僕一人ということで遠慮がいらないからか、ときどき、ドキリとするような、疑問や見解をぶつけてくることがある。

 そのAの持論の一つに、将棋指しの若手は、

「暗い」

というのがあり、いつも会うたびになんだかんだとこの話になる。

 Aいわく、

「お前(ご馳走になるくせに威張りやがるのだ)ぐらいの年の若者は、もっと青春を楽しんでいるんだ。お前らみたいに毎日将棋指すだけなんてのは考えられないね。おまけにみんな眼鏡をかけて、無口ときている。俺にはみんな”オタク”に見えるよ」

 なかなかいってくれるのである。

 当然僕だって、仲間の悪口をいわれたのだがら黙ってはいない。

「僕たちが暗いっていうけど、世間の奴らは、車とファッションと女のことしか考えてないパッパラパーが多いじゃないか。男子一生の仕事に命をかけてるわれわれがオタクだなんて、そういう考え方のほうがどうかしてるね」

 というわけで、だいたいいつも激論が戦わせられるのだが、僕は、そのたびに複雑な気分にさせられた。

 それは、向こうの論理のなかにも一抹の正論があるな、と感じるからであり、将棋界が、世間からそう見られているということに対する悔しさからであった。

 九月七日、残暑というには暑すぎるこの日、連盟ではB級2組順位戦が行われていた。このB2というクラスは、中堅やベテランの強者たちが集まっており、それぞれ順位戦慣れしているため、部屋の雰囲気も、しっとりと落ち着いている。

 が、そのなかで一局だけ、若さあふれる対決があった。屋敷-丸山戦。二人合わせても三十八歳という若さあふれる対決である。昼間のうちは、二人とも無口で小柄な目立たないタイプということと、また、順位戦のなかにあって唯一の王座戦ということもあり、この一局に、あまり注目している人はいなかった。形勢は屋敷がよかった。

 ところが午後十時、もう終わっているだろう(王座戦は持ち時間五時間)と思って対局室を覗くと、部屋の空気は一変していた。丸山が秒読みのなか、悪い将棋をクソ粘りしていた。

「五十五秒、六、七、八」

秒を読まれるたびに丸山は、肩をいからせ、一枚の駒を、まるで野球のボールを投げるように強く打ちおろした。屋敷は、一手指すごとに、トイレにでも行くのか席を立つのが印象に残った。部屋の雰囲気は緊張感で張りつめ、うっかり咳払いでもしようものなら記録係を含め三人の視線で金縛りにあいそうに感じられた。もちろん、丸山のほうには年下のタイトル保持者に対するライバル意識があったのだろう。丸山は、あきらかに興奮していた。

 午前零時半―なんと、まだ対局は続けられていた。五時間の将棋で日付が変わったことなんて聞いたことがない。双方一分将棋のなかで両者とも盤の上に覆いかぶさって指していた。見ていて頭と頭がぶつかりそうでハラハラさせられた。屋敷の唇は震え、視線はときたま宙を舞った。

 対局室の緊張とはうらはらに、盤上は大差だった。いや、大差なんてもんじゃない。お互いの玉は寄りそうもないが、丸山の駒は十枚もなかった。もう投げるだろう、と思ったとき、丸山は、盤上のなんの意味もないところに桂を打ちつけた。

 それが図の局面である。

photo (12)

 丸山はこの手を指すと、目を見開いて屋敷を睨んだ。それは、午後十時に見せた野獣のような目ではなく、己の最期を自覚する悲しい目だった。

 僕は、この将棋の終盤戦をAに見せたかった。Aだけではなく、若手棋士のことを、人間味が感じられない、ゲーム感覚でつまらない、などとわかりもしないくせに馬鹿にする評論家に見せてやりたかった。

 彼らの姿は、まさに人生を賭けて戦っている者のそれだった。

(以下略)

—–

この将棋は、このあと△2七銀成▲9七桂△3八香成までの328手で丸山四段(当時)が投了している。

—–

1996年に羽生七冠が誕生して以来、プロ棋士や将棋が広く認知されるようになり、将棋を「暗い」と思う人は激減した。

そのような意味でも「羽生七冠誕生」は非常に大きな意味を持つ出来事だったと言える。

渡辺明四段(当時)の決断

竜王戦第4局は渡辺明竜王が勝って3勝1敗とした。→中継

102手目の△8四香打など、いつものように踏み込みが良く、渡辺竜王はどんどん強くなっているという感じがする。→棋譜

そのような渡辺竜王の高校3年の時の話。

近代将棋2002年9月号、渡辺明四段(当時)の「18歳高校生棋士 トップを狙え!」より。

 暑い夏が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。僕は高校生活最後の夏休みを過ごしています。高3にもなると、宿題は出ず、時間がたくさんあるので、有意義に過ごしたいと思っています。

 先日、大学には行かないということを担任の先生に報告しました。4月ごろから迷いに迷い、やっと決断しました。この間、棋士の先輩方をはじめ、多くの方々にアドバイスをいただき、とてもうれしかったです。ありがとうございました。

 大学に行きたいという気持ちが出てきたのは4月ごろ。それまでは大学に行くつもりは全くありませんでしたが、高3になって周りの友達が大学の話をする事が多くなってくるにつれて、自然と大学を考えるようになりました。

 全国から様々な目的を持った人が集まる大学は自分にとっては魅力を感じる場所であり、「いろんな人と接することによっていろんな考え方ができるようになるよ」と言ってくださった方が何人かいました。

 確かに、将棋以外の世界も見てみたいという気持ちはあります。ただ、「これを勉強するんだ」という明確な目標が自分にはないような気がしました。やはり大学は勉強の場なので、あまり勉強する気がないのなら、行かないほうがいいだろうと思い決断しました。先生は「そんだけ悩んで出した結論なんだから、後で行けば良かったと後悔することはないと思うよ、大丈夫」と言ってくださりました。

 今回の件は今までのどんなことよりも悩みました。行こうと決めた次の日に行かないと決める、なんてことが何回もありました。これだけ悩んだことで気が付いたことも幾つかあり、大学進学を考えて良かったと思っています。

 周りの友達は受験に挑んでいくわけなので、何もできないかもしれませんが、応援していこうと思っています。

—–

高校3年にして、非常に立派だ。

担任の先生も素晴らしい。

—–

思い起こせば、私も大学に入るまでは「これを勉強するんだ」というものがあった・・・

子供の頃、テレビで米国ドラマ「宇宙家族ロビンソン」を見て宇宙が大好きになった。

宇宙を好きになる人は、宇宙飛行士を夢見るタイプと天文学者に憧れるタイプに二分されるというが、私は天文学者になって第二の地球を探したいと思った。

巨大望遠鏡を持つアメリカの天文台に勤務するのが夢だった。

しかし、中学1年のある日、夜空を見上げると、どれがオリオン座でどれが天の川なのか全くわからない自分に気が付く。

「こんなことでは天文学者には向いていないのではないか」と思い、”第二の地球を見つけられるような望遠鏡を設計・開発する光学技術者”になろうと気持ちを切り替えた。

光学を勉強して光学関係の会社に入る、のが夢に変わった。

高校に入学して、大学の志望は地元の国立大学の工学部応用物理学科か東京の私立大学理学部の応用物理学科と決めていた。

しかしユルイ私のことなので、真面目に大学入試に向けた勉強を開始したのが高校2年の秋から。

物理の基本は数学、最初に、中学まで得意だった数学を立て直そうとして数学の勉強に集中的に取り組んだ。数学の成績は半年でみるみる伸びた。伸びるともっと楽しくなり更に数学を勉強するようになる。

この頃は、90点取れる得意科目を100点にする努力するよりも、40点の不得意科目を70点に伸ばすほうが実戦的であることを意識していなかった。

結果として受験直前、数学と現代国語は良い成績だったものの、物理・化学・日本史は惨憺たる成績だった。

それでも当初の目標通り、地元の国立大学応用物理学科と東京の私立大学応用物理学科を受験したのだがら無謀というほかはない。

ちょうど、東京の私立大学の同じ学部に、数学と英語だけで受験できる応用数学科があったので、そちらも腕試しで受けてみた。

結局、受かったのは応用数学科のみ。腕試しに救われた形だ。

「数学系の学科だから女性比率が高くて、かえって楽しいかもしれない」と一番初めに思った。

この時点で、望遠鏡を開発しようという子供の頃からの目標は一気に消えてしまった。

人生、このようなことの繰り返しかもしれない。