屋敷伸之六段(当時)の髪型

将棋マガジン1995年1月号、屋敷伸之六段(当時)の「若手棋士リレー自戦記 記憶の残る棋士に」より。

 9月初めに坊主になった。もちろんなりたくはなかった。自分の頭を家に帰って鏡で見る。あまりにも違う自分がいたので、気絶しそうになった。ものすごく後悔した。

 その後すぐ、浜松でサッカー部の合宿があった。みんなから質問攻めにあった。地元の方からも言われた。 「なぜ坊主にしたのですか」

 人の触れられたくない部分に踏み込んでくる。心の中でコノヤローと思いながらも、笑いながら、いやあ意味ないですよ、と言う。また自分がいやになってしまった。

 それから1ヵ月ぐらいたつとようやく髪の毛も長くなってきた。高校球児のようだと言われ、自分でもけっこう気に入ってきた。

 でも、もう坊主にはしたくない。

 くだらない賭けはやめようと思った。

(以下略)

—–

どういう賭けだったのかは書かれていないが、この記事の写真を見ると、屋敷六段(当時)は、高校球児というよりも、田中邦衛さんそっくりな髪型になっている。 災い転じて福となす。 この頃から、屋敷九段は現在のような短い髪型に定着したのだと思う。