絶句する瞬間

将棋マガジン1995年11月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。

近鉄将棋まつり

森安女流初段「あら、鹿野さん。「ねぇねぇ、今日は畠田理恵さんが来てるんだって。あーぁ、カメラ持って来てたらよかった」

タマ「あら、私カメラなら持って来てますよ」

森安「まぁ、そうぉ。じゃあ一緒に写真撮って、私、ミーハーよ」

タマ「はぁ、じゃあはいチーズ」

森安「ありがとう」

タマ「あのぅ、私も撮ってもらえます?」

森安「あら、鹿野さんもミーハーだったとは知らなかったわ」

タマ「すいません、写真お願いします」

畠田理恵「ええ。あのぅ、鹿野さんですか? いつもタマの目読ませてもらってます」

タマ「エッ……(絶句)」

(以後、固まって何もしゃべれなくなってしまったタマである)

—–

エに濁音がついたような「エッ……」だったのだろう。

羽生善治六冠(当時)と畠田理恵さんの婚約が発表された直後の頃の話だ。

コメントを残す