2013-02

スポンサーリンク
読む

それぞれの羽生世代

将棋世界1990年8月号、青島たつひこさん(鈴木宏彦さん)の「駒ゴマスクランブル」より。 「馬鹿だなあ。こういうのは、絶対にサインもらうほうがいいんだ。向こうだって、それを待っているんだから」  先崎四段だ。  「そうかあ」と郷田四段。  ...
インタビュー・対談

羽生善治竜王(当時)「好みのタイプなんてお聞きしていいですか」

将棋世界1990年8月号、「羽生竜王、憧れの菊池桃子さんと念願の対談」より。 ―羽生竜王は去年の竜王戦というビッグタイトル戦で「竜王」になって優勝賞金3000万円を獲得したんですよ。 羽生 ただ、そういうことを考えていると邪念が入っ...
タイトル戦の食事

王将戦第4局対局場「ホテル花月」

王将戦第3局は栃木県大田原市の「ホテル花月」で行われる。 →棋譜中継 →中継ブログ ホテル花月は、那須山や那珂川を望める、ホテルの機能と旅館のくつろぎを持った湖畔の観光旅館。 〔昼食実績〕 将棋棋士の食事とおや...
インタビュー・対談

羽生善治竜王(当時)・菊池桃子さん対談

将棋世界1990年8月号、「羽生竜王、憧れの菊池桃子さんと念願の対談」より。  憧れの女性にいよいよ会えるとあってビシッと決めてきた羽生竜王。落ちついているなぁと思ったのですが、やっぱりそわそわしている雰囲気です。約束の時間にスラッとした...
観戦記

スポーツ紙記者ならではの盤側記

将棋世界1990年3月号、大西弘志さん(大阪スポニチ)の「王将戦第1局盤側記」より。  「一浪したような気分です」  米長が挑戦権を得た時にポツリもらした感想だった―。  南王将への挑戦者を決める、第39期王将戦リーグは、昨年...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました