2013-05-30

スポンサーリンク
奨励会

行方尚史四段(当時)「四段昇段の記 血を吐くまで」

将棋世界1993年11月号、行方尚史四段(当時)の「四段昇段の記 血を吐くまで」より。  疲れ切っていた。対岡崎戦の敗北は、僕の神経をズタズタにした。惨敗だったので、後悔はそれ程残らなかったが、敗北の事実は昇段への自信を見事に引き...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました