2014-01-28

スポンサーリンク
随筆

屋敷伸之六段(当時)の同窓会

将棋世界1993年8月号、屋敷伸之六段(当時)のリレーエッセイ「待ったが許されるならば・・・」より。  「もしもし、俺だけどわかる」  先日、こんな電話がきた。名前はMと言うのだが、しばらくは誰からの電話だったのかわからなかった。な...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました