2014-04-20

観戦記

羽生善治六段(当時)の中飛車と加藤一二三九段の中飛車破りの激突

将棋マガジン1990年1月号、河口俊彦六段(当時)の「対局日誌」より。  アマチュアでは振飛車の愛好家が多い。それに対して、プロの振飛車党は年々すくなくなりつつある。勝つことばかり考えていいのだろうか。  そんななかで、羽生が時々で...
タイトルとURLをコピーしました