2014-07-18

棋士のエピソード

「どうも行方君はボクに喧嘩を売ってるとしか思えないね」

将棋世界1995年1月号、河口俊彦六段(当時)の「新・対局日誌」より。  夜になると控え室がにぎわい、継ぎ盤が二つになった。  その一方に小林五段が座り、今日の将棋を片っぱしから並べている。そのうち、中村八段対行方四段戦があらわれた...
タイトルとURLをコピーしました