2015-02-01

読む

七條兼三物語(後編)

近代将棋1989年6月号、団鬼六さんの鬼六面白巷談「酔いどれ天国」より。  二日目は高知のホテル、三翠園に宿泊、相変わらず、夜の宴会では社長の膳の前には銚子が乱立している。朝も酒、昼も酒、そして、夜も酒ではいくら社長がタフでもお年がお年だ...
タイトルとURLをコピーしました