青野照市八段(当時)「みなさんは犬とかネズミとか食べないでしょう、あれと同じですよ」

近代将棋1988年10月号、弦巻勝さんの将棋写真エッセイ「棋士はみーんなグルメ」より。

 子供のころ金平牛蒡が食べられませんでした。酒を飲む年になって食すチャンスも多くなり、食わず嫌いなのだろうと食べてみるとおいしい。一瞬ですがなんだかその時偉くなったような気がしました。棋士の方達と食事をするチャンスも多いので感じたことを書いてみます。

 青野照市八段は結婚する前鷺宮に住んでいて僕の家ととても近く時々食事を一緒しました。日本酒に刺身、ちょっとした和風料理を我家のオサンドン担当者は作ります。基本的には日本料理はネタの良し悪しできまると思いますが、我家はふだんスーパーのパックされた魚などを食べているのですが、客人の来る時はけっこう遠くの魚屋に買いに行き、それなりに頑張って作っているようです。でもそうやって来る時間が解っている時ばかりではありません。「ちょっとステレオの話でもしませんか……」「何してます。ひまですか……」などと電話が来るわけで、夕食を我家のスタッフとあり合わせですることもあります。青野さんは独身で若かったが偉い先生だから御歳暮やお中元がいっぱい来る。それを我家にせっせと運んでくれました。我家はそれをもとに何かを作る。とても流れがいいんです。

 ある時ピラフだかチャーハンだかとチャイニーズスープといたって簡単な食事が出た。青野さんはやけにゆっくり食べている。僕は考えごとでもしているんだろう。棋士は話をしている時も考えている局面が閃いたりなんかするのだろうからと、しかしそれにしても箸で御飯をホジったり皿の隅の方に何かをよせたり、とにかく一生懸命その作業をしている。我家のオサンドン担当者は「あぁ先生鳥ダメですか……」「エエまあ」そのころには完璧に飯粒より小さい鳥の挽き肉は隅によせられ、さっきとはうって変わったスピードで青野さんの食事はスタートしました。あんな小さな挽き肉でも鳥は鳥、青野さんは食べません。「みなさんは犬とかネズミとか食べないでしょう、あれと同じですよ」彼はそう語ります。なんだか解ったような解らぬような気持ちの僕。外でも時々食事を御一緒しましたが、本当にいい店を沢山知っています。結婚してからおじゃました青野家は美人の奥様がやはり日本料理を作ってくれ、これがまたスバラしい。それに一つ一つの器も大変なもの本物志向の彼ならではのものでした。

—–

近代将棋1988年12月号、故・山田史生さんの第1期竜王戦第1局〔島朗六段-米長邦雄九段〕観戦記「シティ派・島、華麗に登場」より。

 ところで昼食休憩の時、若さに似合わず沈着な島が慌てた。自室へ運んでもらった松花堂弁当だが、ごはんの部分がたきこみごはんで、キノコがいっぱい。実は島はキノコが全然だめ。アレルギーが出るぐらいひどい。

 どんな手を指されても動じない島が、私を呼び「このごはんだめなんです。白いごはんもらってくれませんか」となさけなさそうな声を出したのには、悪いがおかしかった。

 それにしても良い旅館では食事に松たけなどがよく出るシーズン。もったいない話だ。

 島はコーヒーも嫌い。最近のシティー派は酒、コーヒー、キノコはだめなのか?ファッションに気を配り、パソコン、水泳、スカッシュなどを好む。何かわかるような気もするが―。

—–

将棋世界1983年6月号、加古明光さんの「第41期名人戦七番勝負始まる 第1局 谷川、光速の寄せ」より。

 初めて知ったのだが、谷川はエビ、カニ類がダメだという。何でも幼い時、食中毒にあたったとか。それを知らずに、事前にこちらで立てておいた昼食のメニューが「芝海老のカレーライス」。再びスタッフと一緒に食事をとった谷川がピラフにしたら、これにまたどっさりエビが入っていた―。

—–

鳥肉が嫌いな人は意外と多い。

アカシヤ書店の星野さんは、タコが大好物な反面、鳥肉を大の苦手としている。鳥肉へ注ぐべき分の愛情がすべてタコに回っているのは間違いない。

—–

キノコが嫌いな人も若い方を中心に意外と多い。

たしかに、炊き込みご飯にはキノコが入っていることが多い。

三浦弘行九段はキノコ料理が大好きだ。そういう意味では、三浦九段は多くの種類の炊き込みご飯を好きである可能性が高い、ということになるのかもしれない。

—–

前・将棋ペンクラブ会長で作家の高田宏さんは、エビ・カニ類がダメだった。エビ・カニのアレルギーだったらしい。ただし、タラバガニは食べても問題がなく、むしろ好きだったという。

タラバガニは生物学的にカニではなくヤドカリに分類されているので、この辺の違いは如実に現れるものだなと思った。

—–

タマネギを大嫌いな人が職場にいた。

この人と食事に行った時、「あっ、オムライスはタマネギが入っているからダメだ」という会話があった。

オムライスとタマネギがすぐには結びつかなかったので聞いてみると、チキンライスにタマネギが入っているというのだ。

普段は意識もしていなかったが、言われてみればチキンライスにはタマネギが入っている。

タマネギが主役となっている料理は少ないが、その分、細かく切り刻まれて欠かせない脇役となっている料理は多く、タマネギが嫌いな人はいろいろと苦労が多いなと思ったものだ。

—–

ご飯の中に自分の嫌いなものが細かくなって沢山入っているというのは、悪夢のようなものだ。

青野照市八段(当時)のように不屈の思いで取り除くか、島朗六段(当時)のようにすぐに全面放棄するしかない。

私が大の苦手なのはキュウリ、里芋、生のトマトなど。

キュウリや里芋が細かくなって入っているようなご飯はあまりないので、私もまだ大変な思いはしたことはないが、以前、胡麻だれのざる蕎麦を食べた時、胡麻だれの中に無数の刻まれたキュウリが入っていて心臓が止まりそうになったことは一度あるので、まだまだ油断はできなさそうだ。

 

 

佐藤康光棋聖(当時)「味噌汁がおいしいので助かっています」

将棋世界2004年11月号グラビア、第75期棋聖就位式「さらなるステップアップを」より。

 勢いに乗る森内俊之竜王・名人の挑戦をストレートで退け、防衛を果たした佐藤康光棋聖の就位式。

 会場には、関係者やファンら約200名が祝福に訪れた。

 謝辞に立った佐藤棋聖は、

「今期の五番勝負は実戦不足を感じていましたが、ツキもあって防衛することができました。最近は若い棋士達の感覚に首をかしげることもありますが、精進してさらなるステップアップを目指します」とあいさつした。

 パーティーでは、棋聖が紘子夫人とともにインタビューを受けるトークコーナーがあり、新婚生活についての質問が集中した。

「初めて会った時、きれいな人だな、と思いました」(棋聖)

「対局前は肉料理で体力をつけてもらいます」(紘子夫人)

「味噌汁がおいしいので助かっています」(棋聖)

……いやはや、二人にはすっかり当てられっぱなしであった。

—–

佐藤康光棋聖(当時)の「最近は若い棋士達の感覚に首をかしげることもありますが」という言葉が面白い。

佐藤康光棋聖は、この2年前に将棋世界で「我が将棋感覚は可笑しいのか?」を発表している。

”最近の若手棋士の感覚”とは、「我が将棋感覚は可笑しいのか?」で述べられている若手棋士の感覚。

佐藤康光王将(当時)は、自らが編み出した作戦を真似する若手棋士が全くといっていい程いないことをこの文章で嘆いている。

佐藤康光王将(当時)「我が将棋感覚は可笑しいのか?」

佐藤康光王将(当時)「我が将棋感覚は可笑しいのか?」(その2)

—–

3月9日に行われた棋聖戦決勝トーナメント、松尾歩七段-佐藤康光九段戦では、佐藤康光九段が斬新な構想で快勝している。

佐藤松尾1

1図での△7四歩が佐藤流の一手。

中継では「他の棋士ではこうは指せないだろう駒組みだ」と書かれている。また、中継室を訪れた千葉幸生六段は「見たことも考えたこともない指し方です」と話している。

感想戦で佐藤康光九段は、6二玉型で指すつもりだったこと、△7四歩のところ△4四銀とすると、▲9四歩△同歩▲2五歩△同歩▲3一角△3二飛▲4二角成△同飛▲2五飛△2二歩▲9二歩△同香▲9一金のような手が気になったこと、を語ったという。

佐藤康光九段の狙いは、端からの攻撃だった。

佐藤松尾2

そして地下鉄飛車。

佐藤松尾3

3図以降、佐藤康光九段は猛烈な玉頭攻めを展開する。

佐藤康光九段の奔放な指し回し、アマチュアでこの戦型を真似しようと思う人は私も含めてほとんどいないと思うが、だからこそ見ていて楽しい。

—–

味噌汁は奥が深い。

味噌を原料と色から分類すると、(米味噌・豆味噌・麦味噌)×(赤味噌・白味噌・淡色味噌)で9種類となる。そして、それぞれの分類毎に各地の味噌が存在する。

具の方は、働く女性を対象とした”みそ”と食生活に関する意識調査!の人気順で並べると(好きな具を複数回答可)、

1.豆腐(70.8%)
2.ワカメ(67.1%)
3.油揚げ(57.3%)
4.大根(55.0%)
5.ねぎ(54.4%)
6.きのこ類(51.6%)
7.たまねぎ(47.0%)
8.ジャガイモ(40.3%)

一番好きな具のみを回答とする別の調査では、

1位 豆腐
2位 わかめ
3位 油あげ
4位 長ねぎ
5位 じゃがいも
6位 大根
7位 玉ねぎ
8位 なめこ
9位 しじみ
10位 里いも
11位 あさり
12位 卵
13位 にんじん
14位 なす
15位 ほうれん草
16位 えのき
17位 もやし
18位 麸
19位 豚肉
20位 白菜

という結果だった。

具の組み合わせでは、双方の調査とも、1位が「豆腐とワカメ」。

私は「豆腐と油揚げ」、「豆腐とナメコ」が好きだ。

個人的には、私が苦手な里芋が、心情的に応援している麸よりもずっと上の10位にランクインされていることに、少しショックを受けている。

 

加藤一二三名人(当時)の餅つき

将棋世界1983年1月号、「東京 将棋の日 席上対局は1勝1敗」より。

 東京の「将棋の日」記念行事は、千駄ヶ谷の将棋会館で行われた。当日はあいにくの小雨がパラつく天気であったが、それでも午前10時の開場時間を待ちかねて、受付をすませる人が大勢いた。これから午後5時まで会館内の各会場でさまざまな催しが行われる。入場料は前売りで2,000円、当日は2,500円。

 玄関の右手に大盤二つが並べられ、加藤名人と米長棋王の懸賞詰将棋が出題されている。どちらか自分の好きな方を解答して、正解だとその場で、賞品の将棋の日記念のタバコがもらえる。加藤名人出題の方が7手詰めと手数が短くやさしいせいもあって、圧倒的にこちらを解答する人が多い。米長棋王出題のは11手詰め。詰め上がりがタテ一文字になる”あぶりだし”詰将棋。見た感じ、手が広く難しそうなのでみな敬遠している。

 しかし、迷わずこちらを選び、スラスラ解答を書いた人がいたのにはビックリ。この人には賞品のタバコが二つ進呈された。

(中略)

 今回の「将棋の日」のプログラムをざっと見てみると、加藤名人と米長棋王の講演、棋士のサイン会、席上対局、そして将棋を指したい人には記念将棋大会、免状獲得戦、若手棋士と女流棋士による指導対局という内容。

 11時より、2階の研修室で米長棋王の講演。150名は入る研修室に、始まる前から人がいっぱいでとても入り切らない状態。

 米長棋王はまず加藤名人対策を公開。「相手がいやになるほど鼻を鳴らして、中腰になってベルトをしめ直す。これが加藤さんが有利と見た時のクセだ。で、それを読み取って逆に利用して意表の勝負手を放って勝ったこともある」と米長棋王。

 しかし、「名人は一人、あとの110人の棋士は九段でも四段でも、名人でない棋士は十把ひとからげ」と加藤名人を上げたり、下げたりだった。

(中略)

 午後1時から加藤名人対森下卓奨励会三段の角落席上対局。4階の高雄、棋峰、雲鶴の間をぶち抜いた大広間が会場。ここも満員の盛況だ。この対局はチェスクロック使用で、持ち時間20分、使い切ると一手30秒の秒読みになる。

 解説するのが二上九段で、ゲストが落語の春風亭柳好師匠。対局者のすぐ横に大盤を置いて解説するので、いやでもその声が聞こえてしまう。だから手の解説は大盤上に動かして示す。

(中略)

 森下卓三段は花村九段門下で、まだ16歳、将来を嘱望されている少年だ。対局態度や表情を見ると、とても16歳とは思えない落ち着きがある。加藤名人の方は、本誌読者ならご存知のように、勝負どころになると全体重を指先に集中するような力強い駒さばきだ。

 下手のとった戦法は矢倉、ややおとなしい指し方で、紛れ形になった。素人目には下手危ないかと見えたが、さすがに中終盤がしっかりしていて、鮮やかに寄せ切った。

 局後、加藤名人は柳好師匠のインタビューに答えて、「途中私の方が面白いかに見える局面があったが、やはり最後まで私が勝ちという局面はありませんでしたね」

森下三段は勝利者賞として、ブラザーミシン提供のジューサーを獲得。短時間の将棋ながら、しっかりした指し回しで、大器の片鱗を見せた。加藤名人と平手で指す日も近いのではないだろうか。

(中略)

 2時半から、玄関正面で餅つきが始まった。すでにこのころには、午前中降っていた雨も上がっていた。棋士がかわるがわる餅をついて、お客さんに食べてもらうという趣向。まず最初に加藤名人の餅つき。いい音をさせてついている。つき終わった餅は、アンコ、大根おろし、きな粉、納豆などをつけて食べる。加藤名人がついた餅を食べると将棋が強くなりそうな気がしてくる。

 加藤名人は餅つきの後、先ほど席上対局をした大広間に戻り、今期名人戦の十番勝負を振り返って解説。話題になった第9局の千日手の話や最終局の詰みを発見するあたりの気持ちを語った。懇切ていねいがモットーの名人のこと、解説にも熱が入り、予定時間をオーバーするハプニングもあった。

 大広間で次に行われたのが、二上九段対林葉直子女流王将の飛車落ち席上対局。解説が直子ちゃんの師匠米長棋王、ゲストが谷川治恵女流二段。直子ちゃんは本誌9月号に載ったように、大山十五世名人との飛香落ちに勝っている。その実績が買われて、手合いも飛車落ちに。

 二上九段が和服姿、直子ちゃんは中学の制服で登場すると観客から盛大な拍手が起こった。この対局は加藤-森下戦と同じ方式。

 対局前、米長棋王は「二上さんは、下手を絶対に負かすと言っていたが、私も彼女にこれに負けるようなら破門と言い渡しました」と直子ちゃんにハッパをかける。

 とにかく米長棋王の話はユーモラスだ。次に何を言うかと、想像していた意表を突くことがしばしば。対局者の二上九段も笑いをこらえるのに一苦労といった感じだ。

(中略)

 44手目▲5六桂と打ったとき米長棋王は、「これは俗に桂馬のフンドシと言いますが、女性の間では何と言いますか」と谷川さんに尋ねるが、「両取りと言います」とあっさりかわされる。

(中略)

 最終手△8七金が指されると「この手を指されると困るんだ」と米長棋王。キレイな即詰みだ。この△8七金を見て、直子ちゃんは静かに投了した。局後、谷川さんのインタビューに、二上九段は「師匠が負けたら破門という言葉がプレッシャーになったのでしょう」と下手をかばう。直子ちゃんは「とても勉強になりました」と一言。いっぱいに詰めかけた観客から盛大な拍手を浴びた。

 勝利者賞のミシンは二上九段の手に。ジューサーは直子ちゃんに。その時「福岡行の飛行機のキップを渡さなければいけない」と米長棋王。しかしそれは当分の間、おあずけになるそうだ。師匠のきびしい愛情に答えて、直子ちゃんも強くなるに違いない。

—–

16歳の森下卓三段(当時)の落ち着きのある対局態度や表情。

この頃から、現在の森下卓九段らしさが十分に出ていたようだ。

—–

将棋世界のこの号の萩山徹さんの編集後記によると、二上達也九段と林葉直子女流王将(当時)はミシンとジューサーを後で交換したという。

林葉さんは学校で手芸部に入っていたそうで大喜びだったとのこと。

この頃のブラザーというとミシンのイメージが強いが、1962年には社名からミシンという言葉が消えており、1971年には高速ドットプリンターを開発・製造している。

現在のブラザー工業は、複合機やプリンターなどのプリンティング・アンド・ソリューションズ事業が売上の70%を占め、家庭用ミシンは7%となっている。

—–

加藤一二三名人(当時)の餅つき。

全体重を指先に集中して駒を盤に打ちつけるように、全体重を杵に集中して渾身の力で臼に打ち込んだのではないだろうか、などと想像してみるのも楽しい。

たしかに、加藤一二三名人がついた餅を食べれば、絶対に将棋が強くなれそうな感じがする。

—–

実は、私は餅が意外と苦手である。

食べようと思えば平気で食べることはできるのだが、一口か二口食べればもう十分で、それ以上食べようという気が起きない。

これは、私が子供の頃、「餅が喉に詰まって亡くなっているお年寄りが多いので、餅を食べる時は落ち着いて食べるように」と親から何度も言い聞かされ、「そんなに危ない食べ物なら、食べなければいいんだ」と子供時代の私が考えるに及んだことが、餅から心が離れた大きな理由となっている。

—–

ところが、最近、千駄ヶ谷で行われる対局の時の食事で、麺類に餅を追加する棋士が増えている。

将棋棋士の食事とおやつのデータによると、2013年に郷田真隆九段(当時)が天ぷらうどんに餅を追加したのが記録に残っている上では最初のケースのようだ。

力うどんそのものを食べたいとは思わないが、天ぷらうどんや鍋焼きうどんに餅を入れたものは、少し食べてみたいような感じもしてくる。

、、、と想像をめぐらしているうちに、餅よりも団子、いや、餅よりも団子よりも、すいとんを入れれば美味しいのではないか、これは結構いいアイデアなのではないか、と一瞬思ったりもしたのだが、よくよく考えてみれば、すいとんとうどんは原料が同じなので、全く意味がないことに気がついた…

 

 

郷田真隆五段(当時)「お客さんに見られている方が、僕はいいんじゃないかなと」

将棋世界1995年2月号、郷田真隆五段(当時)のJT将棋日本シリーズ’94決勝戦〔郷田真隆五段-米長邦雄前名人〕自戦解説「心地よい緊張感」より。

 JT将棋日本シリーズは、お客さんの前で指すのでいい緊張感があって、ちょっと特別な感じがします。最近思い始めたのですが、お客さんに見られている方が、僕はいいんじゃないかなと(笑)。

 会場の空気に緊迫感があるし、お客さんの反応、例えば、どよめいたり、いい手を指すとオーッとなるじゃないですか。そういう熱気が伝わってくる。それが結構合ってるんじゃないかと思いますね」

—–

郷田真隆五段(当時)は、1993年度から3年連続でJT将棋日本シリーズ優勝を果たしており、この談話は2年連続優勝をした時の自戦解説で語られたもの。

—–

郷田真隆九段は、第1期銀河戦(1992年)で優勝、第1回大和証券杯ネット将棋・最強戦(2007年)で優勝と、新しく始まった棋戦の第1期に優勝をしているという傾向もある。

—–

昨日の王将戦第7局で郷田真隆九段が渡辺明王将を破り、王将位を獲得した。

郷田真隆王将は、初めてのタイトルが1992年の王位、以降、1998年と2001年に棋聖、2012年に棋王、そして今回の王将が5回目のタイトル獲得。

こうやって見ると、郷田王将は、以前は夏に行われるタイトル戦と縁が深かったが、ここ数年は、2012年3月の棋王位獲得、昨年3月のNHK杯戦優勝、昨日の王将位獲得と、3月に決着がつく棋戦で結果を出していることがわかる。

—–

昨日の終局後のインタビューで郷田王将は、「この勝利を誰に一番報告したいですか」という質問に、「一番は母に。ずっと応援してくれていたので」と答えている。

近代将棋1992年12月号の巻末グラビア「郷田新王位の就位式」では、1992年10月12日に日比谷「松本楼」で行われた王位就位式の様子が伝えられており、郷田王位(当時)がご両親と一緒に写っている写真が掲載されている。

郷田王位の左側に2007年に亡くなられたお父様。写真には写っていない誰かと話をしているところのようだ。真ん中に正面を向いた郷田王位。郷田王位の右側に、郷田王位を見つめるお母様。

お母様は本当に優しい表情をされている。

郷田王将は、心の中で、お父様にも今日の勝利を報告をしていることだろう。

—–

郷田王将のお母様のこと、親友の先崎学五段(当時)のことなど→ 「郷田真隆”遅れてきた青年”の本番」

郷田王将のお父様のこと→郷田真隆王位(当時)「筋が悪くなるから、嫌だ」

 

 

将棋関連書籍amazonベストセラーTOP30(3月29日)

amazonでの将棋関連書籍ベストセラーTOP30。

—–

amazonでは「将棋」に分類されていないが、「羽生善治 闘う頭脳」は「将棋」に分類されれば1位、「 介護士からプロ棋士へ 大器じゃないけど、晩成しました」は8位か9位。