2016-07-22

読む

佐藤康光名人(当時)「実は第3局と第4局の間に、初手を▲7六歩と▲2六歩のどちらにするか、相当悩んだんですが、第4局に負けた後、あまりに阿呆らしいことに気付いて、悩むのはやめました(笑)」

将棋世界1999年8月号、第57期名人戦七番勝負第7局「ツキに恵まれたシリーズ」より。佐藤康光名人(当時)の自戦解説、記は野口健二さん。 ―▲7六飛を指すところでは、投了するのでは、という声も出ていました。 佐藤 正直に言うと、1分...
観戦記

塚田泰明八段(当時)「私の席は佐藤の隣だったのだが、どうも様子がおかしい」

将棋世界1999年8月号、塚田泰明八段(当時)の第57期名人戦七番勝負第6局〔佐藤康光名人-谷川浩司九段〕観戦記「203手の大熱戦」より。  名人戦第5局が始まる2日前、谷川と2人で食事をした。  その昔は結構よくあったのだが、お互...
タイトルとURLをコピーしました