将棋史に残る名手・絶妙手(江戸時代編)

将棋世界1987年7月号、内藤國雄九段の「自在流スラスラ上達塾」より。

 さて、今回は史上に残る名手というものを取り上げてみたい。

 歌でいえば懐メロの名曲といった所であろうか。

<宗看魚釣りの一局>

 4図は伊藤看寿(手前側)対大橋宗与の一戦。

 1749年というから凡そ240年前の対戦である。

 手合は現在では見られない右香落。

 4図では誰もが▲8四とを考えるであろう。一見それが当然の一手に見える。

4図以下の指し手
▲6九歩△3三角▲8四と(5図)

 しかし天才看寿はそう指さなかった。

 ▲6九歩と打ったのである。

 この勝負を自宅で案じていた兄の伊藤宗看名人は弟の指し手▲6九歩の報を聞くとさっさと釣りに出かけてしまった。

 後は聞く必要がないというわけである。

 流石は名人の炯眼というべきか。

 物語としては出来すぎている感じもするが事実この▲6九歩は鮮やかな名手で、これで心配なしと胸をなで下ろした宗看の気持ちがよく分かるのである。

 さて4図で直ちに▲8四ととするとどうなるか。

 ▲8四と△同銀▲同歩△8八歩成で以下―
①▲同角は△同角成▲同飛△7九角にて
②▲同飛は△9六歩にて

いずれも下手が苦しくなる。

 ▲6九歩は①の方の手順の△7九角による飛金両取りを未然に防いでいるのである。

 ▲6九歩に対する△3三角は気がきかないようだが、もっといい手はとなると見当たらない。消費時間の記録は残っていないが、きっと宗与は対策に苦慮したに違いない。

 

 5図の後は
△8四同銀▲同歩△9六歩▲8六角△8八歩成▲9六飛△8七と(好手)と進んでいく。

 宗与も上手の貫禄を見せて最善を尽くすが名手▲6九歩の前にわずかに届かず看寿の軍門に下ったのであった。

 尚、伊藤看寿はこの時四段。兄宗看(七世名人)の後をついで名人になる予定であったが夭折してしまった。しかし実力を買われて死後に名人位を贈られている。

<宗看の角捨て>

 6図は▲8四歩突きに△同歩と応じた局面。宗看の指した次の一手を考えていただきたい。(便宜上図面は逆)

 手前側伊藤宗看対大橋宗桂の御城将棋で手合は左香落(宗看が上手)、1816年に指されたものである。同じ宗看という名でもこちらは六代目、先程の対局から凡そ70年の歳月が流れている。

 さて6図であるが宗看の方は歩切れ、▲8四同銀△8三歩▲7五銀と一歩を手中におさめて良しとしそうな局面であるが、鬼宗看と云われた程の人、そんな生ぬるい指し方では満足しなかった。

6図以下の指し手
▲9五角△同香▲8六飛(7図)

 次の一手は何と香の筋に角がとび出す▲9五角。そして△同香の一手に▲8六飛。

 邪魔になっているものは何でも捨てる詰将棋のような味が感じられる。

 7図になってみると後手の裸玉はピンチにおちいっている。あっという間に救いようのない状態になっている。

 7図で△9三角と受ける手はどうか。

 それは落ち着いて▲9六歩と突かれる。以下、歩が9五、9四と進んでくるのを防ぐことが出来ず宗桂のジリ貧となる。

 実戦譜は7図以下次のように進んでいく。

△6三銀▲8四銀△7一玉▲8二歩△6二玉▲8一歩成△7四銀▲6六桂△6三銀▲9五銀△7五角▲8二飛成

 以下数手で宗看の勝ちとなる。

 鬼宗看の面目躍如たる角捨てであった。

<天野の遠角>

 愈々棋聖宗歩の登場である。

 8図は天野宗歩対伊藤宗印の対局。

 1856年に行われたもので、これも御城将棋。御城将棋は江戸時代にあっては最も重要な対局であり力も入っており従って名局、好局が多い。

 本局も棋史に残る名局の一つと云える。

 さて8図、後手の△4四同銀は次に△5四飛と歩を払う準備である。

 これで△5四飛の時の▲8二角の筋が消されている。たとえば8図以下

▲5七銀右△5四飛▲8二角△5五角▲同角成△同銀▲8二角△6四角▲同角成△同銀▲8二角△7三角

 △4四同銀が遠くの▲8二角を消しているという意味がお分かりいただけたであろう。

 ただ先手としては△5四飛に▲8二角が打てなくても形勢を損じるというわけではない。

 充分互角に指せているのだが、宗歩は優勢になるチャンスを逃さない。

 8図の次の一手は▲1八角。

 これが天野の遠角として棋史に残る名角なのである。どうしてこれがそれ程の名手なのか、簡単に説明することは難しい、多分に感覚的な問題であるからだ。

 8図で▲1八角のあと10数手進んだのが9図である。後手は目の上のたんこぶである5四歩を外す事が出来ず模様の取り方に苦労している。

 9図以下、宗歩は▲4五銀とぶつけ熱戦の末押し切った。

 ▲1八角に始まる構想が見事で、棋聖宗歩にとっても生涯を代表する一局となったものである。

* * * * *

4図からの<宗看魚釣りの一局>と8図からの<天野の遠角>は有名だが、6図からの<宗看の角捨て>は初めて知る手だった。

* * * * *

<宗看魚釣りの一局>の▲6九歩は、御利益がわかりやすい。

その反面、<天野の遠角>▲1八角は御利益的にはすぐにわかりにくい。すぐにではなく、しばらく経ってからでもわかりにくい。

そういう意味では玄人好みの一手ということができるのだろう。

* * * * *

個人的には<宗看の角捨て>▲9五角が、一番痛快で好感度が高い。

振り飛車党が喜ぶような手だと思う。

 

2019年7月将棋関連新刊書籍

2019年7月の将棋関連新刊書籍。

〔8月以降の新刊〕