浦野真彦六段(当時)「今期、羽生、村山と当たっていた私はまず2敗は計算していた」

将棋世界1989年5月号、浦野真彦六段(当時)の「昇級者喜びの声(C級1組→B級2組)より。

将棋世界同じ号掲載の写真。

 今期、羽生、村山と当たっていた私はまず2敗は計算していた。たとえ2敗で行っても、羽生君が全勝か1敗で上がるとして、他の人がくずれなければチャンスはない。しかも2敗で残り全勝するのはちょっと難しい。という訳で自分が上がれるとは考えていなかった。

 一番印象に残っているのは、何といっても羽生君と将棋を指せたこと。彼が上がると思っていたので、指せるのは今期だけだろうと。他の棋戦と違って、本当に勝負できるのはこれが最後だと思っていた。だから、抽選で当たることが分かってから、非常に楽しみにしていた。対羽生戦は初手▲7六歩に私が△3二金と上がった将棋で、自分らしく指せたと思う。図(省略)はその終盤の局面。ここで△2八飛▲1八角△4六歩▲同歩△2五桂と指せば、私の勝ちだったようだが、単に△4六歩と突いて負けてしまった。

 7局目の対所司戦に勝って自力になって、流れが自分の方に向いてきたなと思った。それにしても、勝った将棋はひどい将棋ばかりで、いい将棋は負ける―。これが順位戦なんでしょうね。

 最終局もそれほどプレッシャーは感じなかった。2,3日前にあまり眠らなかったせいか、前の晩はよく眠れた。食欲は相変わらずなかったけれど。緊張感はもちろんあったが、盤の前に座ってしまえば関係ない。結果を考えず、悔いの残らないようにとだけ考えていた。

 対宮田戦、良くなったと思ってから、時間もないせいか、よく読めなかった。ほうっとして何か感覚で指している感じ。だから、宮田六段が投げられた時は、びっくりした。思わず「えっ」という声が出たほどである。

 現在はただ嬉しいという言葉しか見つからない。素直に喜びたいと思う。そして、両親、仲間、応援してくれた人に感謝したい。

 来期のことはあまり考えていない。羽生君が上がってきて、抽選で当たればもう一回勝負ができる。それが楽しみである。

* * * * *

浦野真彦五段(当時)は、自身の予測通り、羽生善治五段(当時)と村山聖五段(当時)の二人に敗れたものの、残りを全勝でB級2組に昇級している。

羽生五段は8勝2敗の頭ハネ、村山五段は7勝3敗だった。

* * * * *

「勝った将棋はひどい将棋ばかりで、いい将棋は負ける―。これが順位戦なんでしょうね」

これは、対戦相手から見ても裏返し的に同じことが言えるわけで、ある側面でのひとつの真理なのかもしれない。

* * * * *

この期のC級1組順位戦にはいろいろなドラマがあった。

暗闇に消えた羽生善治五段

剱持が勝つと言えば絶対勝つ。(2)

* * * * *

羽生五段の、最終戦を前にして考えていたことも、自戦記に書かれている。

羽生善治五段(当時)の自戦記

 

コメントを残す