2020-07-16

棋士のエピソード

福崎文吾八段(当時)「まあ、どっちでもいいんですけどね。端攻めして、香車の頭に歩を叩いてるか、歩を垂らしてるかみたいな差ですよ」

将棋マガジン1994年3月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。 南邸忘年会Ⅰ 神崎五段「(電話で)もしもし、今から南邸に伺いませんか」 タマ「あれ、忘年会は明日よね」 神崎「エエ、でも福崎先生に誘われ...
タイトルとURLをコピーしました