棋士のエピソード

棋士のエピソード

先崎八段と行方八段

先崎学八段と行方尚史八段は同じ青森県出身で3歳違い。 この二人の酒場での関係が面白い。 将棋世界1998年1月号、河口俊彦七段「新・対局日誌」より。 (太字が河口七段の文章) 夏の終わりの頃のこと。タイトル戦が終わり...
棋士のエピソード

神吉宏充六段と酒

神吉宏充六段の飲みっぷり。今もこのパターンかどうかはわからないが、十数年前の話。 小林恵子さん「本気十番勝負」より。 神吉さんが「神戸に遊びに来てや」と神戸に誘ってくれた際の御馳走たるや、半端ではなかった。 フグに始まり、素敵なBARを挟み...
棋士のエピソード

真部一男九段と酒

昨日11月24日は故・真部一男九段の命日。 今日は真部一男九段の飲みっぷりについて。 真部一男九段は、将棋世界1998年10月号「将棋論考」で、こう書いている。 「私の酒は終点がないのである。お開きとなるのが無性に寂しいので、深夜、もう12...
棋士のエピソード

内藤國雄九段と酒

先週は故・勝新太郎さんの将棋や酒の飲みっぷりのことを、内藤國雄九段が近代将棋に書いた記事などを通して紹介したが、今日は内藤國雄九段の飲みっぷりについて。 近代将棋2005年12月号、鈴木宏彦さんの「将棋指し なくて七癖」より。 ...
棋士のエピソード

小学4年生の頃の谷川浩司九段

今日はNHK教育で「第35回将棋の日」が15:00から2時間放送される。 ところで、NHKの将棋番組が初めてカラーで放送されたのは1972年5月5日のことだった。 将棋世界1972年6月号グラビアより。 「5月5日の子供の日にNHK教育...
タイトルとURLをコピーしました