「講座」カテゴリーアーカイブ

「関係ないことですが、女性に対し、最近の私は、この▲5一角のようにはっきりしない手を選んで、失敗の連続」

将棋マガジン1991年1月号、泉正樹六段(当時)の「囲いの崩し方」より。

 4図は、互いに竜を作り、寄せの構図をどう築くかという局面。

 ここで、▲7三竜や▲9一竜と桂香を取る手は、次に厳しい手もなく、後手を安心させるだけ。

 それに、玉が二段目にいる状況では、竜(飛)もその筋にきかせておく方が、より効果的な攻めができるものです。

〔候補手〕①5一銀、②4三歩、③5一角。

 ①5一銀? この手だけは、着手を踏みとどまったとしても、浮かんだだけで勝利の女神は遠のきます。

 ほったらかしの△5七銀成なら▲4二銀成で銀の顔は十分立ちますが、強く△4一金と引かれた場面を想像すると、そっけない返事で可愛い娘にソッポを向かれた、もてないナンパ師の様。

 ②の4三歩が、ハートを射止めるのに最適の「しびれの一着」。

 これに対し、△同金直が普通の応手ですが、そこで▲4一銀が「矢倉崩しの基本」ともいえる攻めです。

 以下、△4二金寄と頑張っても、▲6一角(参考F図)で後手陣は収拾困難。

 戻って、▲4三歩に対し、△同金左はやはり▲6一角が急所の一着。

 △4一金は手順に▲9一竜と香を取り、何れも先手勝勢となります。

 金頭に一本叩くだけで、これだけの成果が上がるのですから、正しく「一歩千金」とはこのことです。

 ③の5一角は、如何にもさえない感じのする手で、△5七成銀と迫られ、はっきりしません。

 関係ないことですが、女性に対し、最近の私は、この▲5一角のようにはっきりしない手を選んで、失敗の連続。男らしい態度が必要と痛感しています。

(以下略)

* * * * *

泉正樹六段(当時)らしさ全開の囲いの崩し方講座。

▲5一銀よりは▲5一角の方がまだ救いはあるが、たしかにいかにも冴えない手に見える。

泉六段は「最近の私は、この▲5一角のようにはっきりしない手を選んで、失敗の連続。男らしい態度が必要と痛感しています」と吐露したいという思いから、この例題を作ったとも考えられる。

* * * * *

①5一銀の、そっけない返事で可愛い娘にソッポを向かれた、もてないナンパ師の様。

泉八段は、このような状況も経験している。

27年前の悲劇

 

油断一秒地獄絵図

将棋マガジン1991年1月号、泉正樹六段(当時)の「囲いの崩し方」より。

 さて、本題に入る前に、勝つための重要な一つの要素を考えてみます。

 当然のことながら、将棋は相手と一手ごとに指し進める訳ですから、なかなか思い通りには行きません。

 講座のテーマにある通り、囲いを崩さなければ、玉を討ち取ることはできませんが、時と場合によっては、その必要なく勝つこと(または負け)もあります。

 どういったことかと言いますと、①に反則、②にうっかり、③④がなくて、⑤に油断。

 よく、「ひどい二歩を打った」とか、「王様をただで素抜かれた」等の言葉を耳にします。

 プロ、アマを問わず、①②のケースで負ける場合は、悔やんでも悔みきれませんね。

 プロ間で9割方、勝っていた形勢の将棋を負けるのは、まさしく⑤の油断で、大抵「どこかで相手が投げると思った」「投げっぷりの悪さに負けた」など、自分の不手際を棚に上げ、相手を非難する言動に走りがち。

 さすがに、棋士も人の子の訳ですから、愚痴の一つも言いたくなりますが、そこに油断があったのは、明らかな事実です。

 必勝図は、今からおよそ14年前の香落ち戦。1級から、昇段の一番を迎えていた私に対し、中井将軍の夫、植山二等兵(当時二段)が相手。

 昔は、「雀荘マサキ」で同居する仲でしたから、「兄キ、ゆるめてくれるなんてやさし過ぎる。そんなことじゃ、将棋の神様のお怒りにふれるぜ!」なんて思ってました。

 それもそのはず、局面は圧倒的に私の優勢。と金をひたすら、押し寄せればよい、6二、7二、8二といった具合に。

 時が来さえすれば、何の苦もなく栄光の初段。

 そんな私の脳裡とは裏腹に、△5四飛の不可解極まりない一手が着手。

 5二のと金と、5六の金の両取り(4九馬の利きがあるため)は、すぐ気づきましたが、8四の地点が空間になったのは全く気づかず、自信満々の手つきで▲6二と。

 次の瞬間、植山さんが申し訳なさそうな態度で桂をつかんだのです。

 △8四桂!!(地獄絵図)。

 なんという浅はかさ。自玉の退路さえ作れば、勝利は不動の態勢。金銀5枚の鉄壁囲いも、飛び道具の前には何の役にもたちませんでした。

 ちなみに、植山さんは、△3四飛の馬取り(ただ捨て)では、さすがの私も気づくと思ったそうです。

 このように、勝ち切るまでは、「油断大敵」「勝ち将棋、鬼のごとし」との、心理面での格言も肝に銘じたいものです。

(以下略)

* * * * *

まさしく油断大敵。

△3四飛と指さずに、あまり刺激的ではない△5四飛としたのも、嬉しくなるほど芸が細かい。

* * * * *

油断大敵。

「どの局面から勝ちを意識しましたか?」という質問に対して、多くの棋士が投了数手前(ほとんど敵玉の詰みが確定したような段階)と答えるのも、最後の最後まで楽観はしない、油断はしない、ということが身体に刻まれているのだと思う。

* * * * *

雀荘マサキは、泉正樹八段の奨励会員時代に住んでいた部屋のこと。多くの棋士や奨励会員が麻雀などをやるために訪れていた。

雀荘マサキ

 

谷川浩司王位(当時)「だから、私の振り飛車はちょっと変わっているような気がする」

将棋マガジン1987年11月号、谷川浩司王位(当時)の「光速の周辺」より。

 板谷八段との棋聖戦、私は飛車を振った。今期5局目の振り飛車である。

 たまに、振り飛車を指すと、居飛車との感覚の違いに戸惑う面がある。しかし、反面、将棋がとても新鮮なものに感じるという、いい面もあるようだ。

 私は居飛車党である。だから、どうしても、どんな局面を見ても、居飛車側からのものの考え方をし、居飛車側の肩を持ってしまう。形勢が五分ならば、居飛車良しと判断してしまうのだ。

 普通、振り飛車の利点は玉の堅さにあると言われている。玉の堅さを利用しての強引な捌きが、常に振り飛車の狙いである。

 しかし、普段居飛車側を持って指す事が多い私にとって、振り飛車の美濃囲いというものが、そんなに堅いと思えないのである。舟囲いも、美濃囲いも、同じ金銀3枚で囲っているのであれば堅さも同じであろう、という感覚になっている。

 だから、私の振り飛車はちょっと変わっているような気がする。多少の駒損は無視した豪快な捌きというのではなく、大事に大事に指すことを心掛けた振り飛車なのである。

悩んだところ

 私の三間飛車に対し、板谷八段は中央位取りから急戦を仕掛けてこられ、激しい戦いになった。

 1図は私が△5六馬と銀を取りながら竜取りに当てたのに対し、先手が2三の竜を▲2二竜と逃げた局面。

 現在は私の銀桂得、かわりにと金を作られている。先手の飛車は捌けているが、私の飛車はつらい格好。

 ここでの指し手は一番悩んだところである。

 1図で単に△3二銀とと金を払うのは、▲同竜△5一飛に▲4三歩と垂らされて、振り飛車側がおもしろくない。

 普通は△5一飛だろう。以下▲4二と△5三飛(参考A図)として、▲4三とならば△同飛▲2一竜△2三飛でこれは捌け形。

 しかし、参考A図で単に▲2一竜もある。これは相当に難しい形勢である。

 1図で私が一番やってみたかった手は△6五銀。以下▲4一と△7六銀▲5一とと構わず攻め合いにこられ、△7五桂と打った時に▲5八金上(参考B図)とされて後が続かない。

 参考B図から△8七銀成以下、角は取れるのだが、それっきり。後手陣には二枚飛車の早い攻めが待ち受けている。

発想の転換

 再び1図。

どうも、捌こう、あるいは激しい攻め合いに持ち込もうとするからいけないようだ。銀桂得をしているのだから、長引かせればいい、じっくりした将棋に持ち込めばいい、と、発想を切り換えた。

 その発想から生まれたのが△1一銀(2図)である。

 とはいえ、△1一銀は何とも指しにくい手であった。△1二香型の顔を立てて、といいたいところだが、それは冗談。この手を指す時は、こんなところに銀を打つ事が恥ずかしかった。

 1図で先手としては、3二のと金で銀桂損を補わなければ釣り合いが取れない。そこで、△1一銀と捨てる銀1枚で済めば、私の方に桂得が丸々残る勘定となる。

 △1一銀に▲同竜は、△3二銀▲2二竜△2三馬で竜が働かない。1一に行った竜が働かないのが大きいのだ。

 △1一銀に対して、怖いのは▲4一との飛車の取り合い。以下△2二銀▲4二と△2九飛▲4三と△1九飛成▲5二と△6五香(参考C図)という進展が予想されるが、最後の△6五香が意外と厳しい。

 参考C図から▲6一とならば、△6七香成▲同金△6九竜▲同玉△6七馬(参考D図)で先手玉はたちまち必至。

 参考D図から▲5八金の受けには、△5七桂▲同金△7八金▲同銀△6八金まで。

 また、参考D図で先手には銀が1枚しかないので、後手玉は詰まない。どうやら、2図からの飛車の取り合いは、振り飛車側の勝ち筋のようである。

 という訳で、板谷八段は2図から▲1一同竜の順を選ばれた。そして、△3二銀(3図)とと金を払って、私の方に桂得だけが残り、指しやすさを自認した。

* * * * *

居飛車感覚と言うべきか、あるいは非常にロジカルな背景があるというべきか、とにかく△1一銀は素晴らしい手だと思う。

このような手を見ると、居飛車党の棋士の振り飛車も見てみたくなる。

* * * * *

現代の振り飛車党でいえば、杉本昌隆八段がこのような棋風に近いのかもしれない。

村山聖四段(当時)「杉本三段は全振り飛車党の中で唯一の本格正統派です。メチャクチャ格調が高いんですよ」

 

早石田裏定跡

近代将棋1982年10月号、石田和雄八段(当時)の「良い手、悪いて、普通の手」より。

石田流三間飛車

 石田流三間飛車の急戦型です。6図までは有名な定跡手順ですので、私が敢えて解説するまでもないでしょう。

「その先もよく知っている。6図からは△3七飛成に▲5五角とする手が良い手で、△2八竜▲同角にて先手良しでしょう」と言われる方も多いかもしれませんね。

 しかし、ちょっと違った攻め方をされた場合も、きちんと対応ができますか?案外、定跡の盲点というのも多いものです。

6図以下の指し手
△4六同飛▲同銀△1五角▲3七歩△4六角▲同歩△3六歩(7図)

変化球の手順

 前述の△3七飛成以下の手順が、石田流定跡におけるストレートならば、本譜の順はさしずめ変化球といったところでしょうか。ストレートは打てても変化球は打てないというのでは強打者とは言えません。

 △4六飛と飛角を換えてから△1五角の王手。うっかり▲4八金とでも防ごうものならとたんに△8八角成と銀を素抜かれて一巻の終わりです。▲3七歩は絶対の受けですが、後手△4六角切りから△3六歩と執拗な攻め、安易な対応策ではつぶされてしまいます。

7図以下の指し手
▲3八金△3七歩成▲同金△3六歩▲2六金△3七銀▲同桂△同歩成▲2九飛△3八と▲1五金△2九と(8図)

石田流成功

 ▲3八金と受けるのが普通の手のようですが、これは悪い手。譜の進行の如く、強襲を喰って先手劣勢となります。

 手順中▲1五金のところで△2七飛と逃げても△3五桂があります。

 8図は、駒割りこそ先手の大きな得になっていますが、陣形の差がより大きく、この後、後手からの飛車一本の攻めを、先手陣は防ぎ切れません。

 また7図、少々開き直り気味に、▲1六歩と突き、後手の攻めを催促するのも、△3七歩成▲7八飛(▲1五歩は△2八とでダメ)△2六角とされ、と金が大きな存在で、後手有利です。

 さあ、それでは7図、どうすれば良いでしょうか。

7図以下の指し手
▲3四飛△3七歩成▲同桂(9図)

強防の飛車打ち

 ▲3四飛、この強防手で、ギリギリ受け切ることができます。△3七歩成を▲同桂と払い、飛車のタテ利きが素晴らしく、後手の攻めは頓挫してしまいました。

 飛車という駒は、横利きによる受けをしばしば見せてくれますが、このようにタテ利きの受けというのは珍しいでしょう。

 尚、▲3四飛では▲3五飛と打っても、同じように見えますが、それは△3七歩成を▲同桂の後、△2六銀の飛車取りが相当やっかいです。

9図以下の指し手
△2二銀▲1六歩△3三銀▲3六飛△4七銀▲3五飛△3四歩▲1五歩△3五歩▲4五桂△4四銀▲6五角(10図)

ここまで覚えて欲しい

 △2二銀から△3三銀、以下後手は必死に飛車イジメですが、逃げるだけ逃げてから飛角の刺し違え、そして軽く▲4五桂と跳ねてから、攻防の▲6五角打ち。ここまでは是非覚えておいていただきたい手順です。

 10図以下△3六歩には▲3八歩(▲4七角成と欲張ると△3七歩成で大変)また△3六銀成ならば▲4三角成として先手必勝です。

* * * * *

近代将棋1982年11月号、石田和雄八段(当時)の「良い手、悪いて、普通の手」より。

 前回、早石田の変化から、面白いと思われた指し手を二、三採り上げましたが、もう一つだけ、余り見かけない変化順を掲げてみます。

 1図をご覧下さい。

 この局面、よく本などに示されている図だと思いますが、ここからの指し手に注目して下さい。

1図以下の指し手
△4六同飛▲同銀△9五角(2図)

注意すべき角打ち

 △4六同飛と飛車角交換をし、△1五角と打たれた場合についてが、前回の主なテーマでしたが、今度は飛車角交換後の△9五角、反対側に打たれた場合です。

 この角打ちも結構な定跡の盲点になりがちな一着で、要注意の順です。さてこれにどう受けるかですが、前回の講座をよく理解された方ならば、答えは比較的すぐに頭に浮かんでくるのではないでしょうか。

2図以下の指し手
▲7七飛△同角右成▲同銀△同角成▲同桂△8九飛▲8八角(3図)

飛車打ちの受け

 王手だからといって、うっかり▲4八玉とかわそうものなら、△8八角成と銀を素抜かれて一巻の終わりです。この銀は飛車の横利きによってヒモがつけられているのを忘れてはいけません。

 一番平凡な手は、▲7七銀でしょうが、これも△同角左成▲同桂△同角成と二枚換えされて感心できません。(先手必敗か)

 正解は▲7七飛です。力強い飛車打ちの受けで、まさにこの一手です。

 対して後手、△7七同角右成以下は勢いというものでしょうが、その後、一見厳しそうに映る△8九飛の打ち込みも、▲8八角という、これまた強防手があり、先手大丈夫です。3図以下、先手の次なる狙いは▲7九金による飛車の捕獲ですが、わかっていても後手、これを防ぐ(これに替わる)適当な手段がありません。

* * * * *

早石田の奇襲、ここまで解説されている講座はなかなかない。

さすが石田和雄九段だ。

* * * * *

私もそうだが、石田流を好きな人は早石田からのこのような攻撃はほとんどやらないと思う。細かい変化は熟知していないけれども、正しく受けられると早石田が悪くなると言われているので。

しかし、居飛車党の人は、このような変化も覚えておかなければ、危なくて、早石田に対応できない。

石田流を好きな人はこの講座を読み飛ばしても実戦上は影響は出ないが、居飛車党の人は読み飛ばすわけにはいかない講座。

振飛車党には振飛車党の苦労があるとしても、世の中の不条理というか、居飛車党は覚えることが多くて本当に大変だと思う。

 

「矢倉は難しくて、わからない」という理由

近代将棋1977年1月号、青野照市五段(当時)の「矢倉のすすめ」より。

「矢倉は難しくて、わからない」

 この言葉は、初級者だけでなく、アマの高段になった人からでさえ、聞かれます。

 では、なぜ矢倉戦法は難しくて、わかりにくいのでしょうか。

(中略)

  この振飛車の戦いのように、戦いは戦い、寄せは寄せというように、区切って進んでいく将棋の方が、わかりやすいといえます。

 従って矢倉の難しさとは、

  1. 序盤の作戦に苦労し、ヘタをすると駒がぶつからないうちから、悪くなっていることがある。
  2. 戦いが始まると、戦線が局面全体に広がり、考えにくくなる。
  3. その際、受けるべきか攻めるべきかという、攻防のアヤが難しく、攻めすぎると切れてしまい、受けすぎるとツブれてしまう。

というような点が、あげられます。

 しかしそれだけに、矢倉には将棋の本質、基本となる考え方が多く含まれており、ある程度マスターすることによって、将棋そのものの力がつくのではないかと思います。

(以下略)

* * * * *

これは矢倉だけに限らず角換わり腰掛銀、横歩取り、相掛かりにも共通していると思う。(この講座は矢倉全盛時代に書かれており、矢倉以外の居飛車はあまり指されていない時期だった)

ただ、角換わり腰掛銀、横歩取りは激しい戦いにすぐに突入することが多いので、観るという観点からは、じっとりとした戦いが長く続く矢倉とはイメージが異なる。

しかし、自分が指すということになると、やはり1~3が重くのしかかってくる。

アマ高段者を除くアマチュアに振り飛車党が多いのも、1~3の逆の理由によるものだと思う。