「講座」カテゴリーアーカイブ

禁断の▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲2四歩

将棋世界1982年8月号、大島映二四段(当時)の「定跡研究室」より。

初手からの指し手
▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲2四歩△同歩▲同飛(指定局面図)

 ▲2四歩△同歩▲同飛が成立するか、答えは否。

 これは棋界の通説である。恐らくはこのことは今後も変わらないだろう。

 あまりにも有名な定跡なので今さら解説する必要はないかもしれないが、なぜ先に角頭を突破しているのに不利になるのか、簡単に振り返ってみたい。

 指定局面から予想される指し手は△8六歩であるが、この手は予想と言うより、絶対の一手である。それに対して先手の応手として▲2三歩と▲8六同歩がある。

変化1 △8六歩▲2三歩△8七歩成▲2二歩成△同銀▲2八飛△2七歩▲5八飛△8六歩にて後手優勢(変化1図)

 ▲2三歩。先に角を取るねらいであるが、結局角を手にしたものの後続がなく▲2八飛と引き下がるようでは失敗である。最終手△8六歩が良さを決定づける一手で単に角を取らず次のと金作りを目指す手が巧妙な一手。

変化2 △8六歩▲同歩△8七歩▲2三歩△8八歩成▲同銀△3五角▲2八飛△5七角成▲2二歩成△同飛▲2三歩△1二飛にて後手優勢。(変化2図)

 先の▲2三歩が悪いとなればこの▲8六同歩しかないが、変化2図となってはやはり後手良しである。駒の損得はないが馬の力がなんと言っても大きい。▲2二歩成に対しての△同飛は重大なところで、△同銀と取ると▲4五角と打たれてうるさい。△6二飛と受ければ▲5二歩がある。(変化3図)

 しかし、△6二飛の手で△3二金▲6三角成で一局。

 以上が指定局面における定跡であり結論でもある。

 私もこの定跡には肯定している。

 今回の指定局面対局は、先手不利の立場からのスタートとなった。

(中略)

 指定局面における▲2四歩△同歩▲同飛と仕掛けた局面は先手不利、と言う定説はかなり古くからあったようだが、実戦例がない訳ではない。

実戦例その1 

昭和8年12月、高段勝抜棋戦 ▲八段 花田長太郎 △八段 木村義雄(当時)

指定局面以下の指し手
△8六歩▲同歩△8七歩▲2三歩△8八歩成▲同銀△3五角▲2八飛△5七角成▲2二歩成△同銀▲4五角△3二金▲6三角成△5二金▲9六馬△6七馬▲7八金△4五馬▲7六歩△6二銀▲7七銀△6三銀▲6九玉△4二玉▲5八玉△2七歩▲4八飛△3四歩(実戦例1図)

 長手数進めたが、実戦例1図では▲3九銀のさばきが難しく、後手の陣容勝ちだと思う。なお当時は▲2二歩成に対して△同銀と取る手が常識だったようである。

 勝負は先手の逆転勝ちに終わったが、木村十四世名人は『駒の損得はないが△4五馬と引き、いつでも△2七歩打が利くので理論的に有利であると信じている』と記している。

(中略)

 以上、二つの実戦例で言える事は、やはり先手不利であると言う事である。

 私も指定局面からいろいろ考えてみたが結局は不利。従って今回のテーマは、いかに高橋五段が確実に勝ち切るか、またはいかに私が抵抗できるかという勝負である。

昭和57年5月31日 於東京将棋会館
▲四段 大島映二
△五段 高橋道雄

指定局面以下の指し手
△8六歩▲同歩△8七歩▲2三歩△8八歩成▲同銀△3五角▲2八飛△5七角成▲2二歩成△同飛▲2三歩△1二飛▲6五角△3二金▲8三角成△6七馬▲7八金△3四馬(1図)

 △1二飛までは最初に述べた手順であり、先手が苦しいと書いた変化でもあるが、指定局面から指し継ぐとするならばこの順しかなかった。

 1図でも確かに先手の指しにくい局面だが、不利を最小限に食い止めようと思ったのである。

「▲6五角では▲8三角もあった」と言う高橋五段の感想があった。

1図以下の指し手
▲6八玉△2三金▲4六歩△2四歩▲3六歩△8二飛▲6五馬△8六飛▲7六歩△4二銀▲5八金△8四飛▲6七金右(2図)

 1図から2図へ至る手順で、みすみす▲8六歩を只取りされたようだが、あまり▲8六歩にこだわっていると、かえって目標にされる恐れもある。歩損は初めからの事なのでここでは、▲8六歩を犠牲にして中央に厚みを加えた方が良いと思った。

2図以下の指し手
△2二金▲4八銀△3二金▲4七銀△4一玉▲3七桂△4四歩▲7七桂△5二金▲5六銀△2五歩▲7五歩△2四馬▲5七金△6二銀▲7九玉△3四歩▲4七金△3三桂▲8七銀△3一玉▲7六銀(3図)

 2図以下の指し手は、いわゆる駒組み合戦であるが、いかに優れた陣形を作るか、という事だけでなく、いかに相手の動きに制約を加えるか、という戦いでもある。

(中略)

 本譜は▲4六馬と決断を見送ったために、△3四金と立ち直られてしまった。

 ▲3六金も悪い手で、大事な局面で一手損したのは実に大きかった。

 その後もなかなか難しいところもあるが、9手連続と金を動かすという高橋流の攻めに押し切られてしまった。

<結論>

 指定局面は、やはり先手不利。

 しかし、頑張る余地はありそうだ。

——————

古来より先手が不利になると伝えられてきた指定局面図。

多くの棋書では、指定局面図以下△8六歩▲同歩△8七歩▲2三歩△8八歩成▲同銀△3五角で後手よし、あるいはそこから更に進めて▲2八飛△5七角成▲2二歩成△同飛▲2三歩△1二飛(変化2図)で後手よし、までで解説は止められているが、その先には難解な世界が待ち受けている。

△5七角成の次の▲2二歩成を、△同飛と取っても△同銀と取っても、先手も馬を作れることには変わりはなく、先手が一気に悲惨な状況になるというものでもない。

もちろん先手の方が模様を取りづらいので、先手が好んで指すべき順ではないが、腕力に自信があって辛抱が苦にならない方にとっては、十分に効果のある奇襲戦法になりうるかもしれない。

——————

それにしても、花田長太郎八段- 木村義雄八段戦でこの順が指されているとは驚かされる。

——————

5月に行われた世界コンピュータ将棋選手権で3位に入賞した将棋ソフト「技巧2」と指定局面図から戦ってみた。(技巧2が後手で読みの深さレベル100)

すると、変化2図の△1二飛が定跡のところ、△8二飛と技巧2が指してきた。それではと▲4五角と打つと、技巧2は△5四歩。▲同角なら△8六飛▲8七歩△5六飛で先手はハメられてしまう。

ハメられてしまったところですぐに投了したが、この時は一手30秒の設定。

試しに、昨晩寝てから今朝起きるまでの間中考えてもらおうと、5時間の持ち時間にして技巧2に考えてもらったところ、13分の考慮時間で、やはり△1二飛ではなく△8二飛と指していた。

△1二飛と△8二飛、専門的にどちらが良いのかはわからないが、先手が馬を作れなくなったのは確かだ。

将棋は馬を作ることが目的のゲームではないけれども、これでは指定局面図にしてみようというモチベーションが下がってしまう。

まあ、指定局面図は奇襲なので、仕方がないと言えば仕方がないのだが。

 

 

沼春雄六段(当時)「そして悪役が好きならば人柄の悪さ天下一品の……イヤ、やはりこれは名前を出しにくいですね」

将棋世界2001年9月号、沼春雄六段(当時)の「将棋再入門」より。

 今月号ではあっという間に上達する方法をお教えしましょう…と言いたいところなのですが、申し訳ないことに、実はそんなものはないのです。

 将棋の序盤は戦法が多く、中盤の戦い方は広く、終盤で玉を寄せる際は複雑怪奇と、どこまでいっても難しいばかりで、特に初心者には大変なのです。

 しかし先月号でもふれました通りで、この難しく面倒な部分こそが将棋の面白味なのですから、繰り返しになりますが、しばらくはガマンしてください。

 いつまで辛抱すればよいか、は個人差があって何ともいえないところです。

 ただ言えることは、将棋の上達にはこの将棋というものを長く好きになっていただくことが必要だ、ということです。

 でも最初から面倒ではせっかく持った興味が半減するのも仕方ないでしょう。

 そこで私から初心の方々にお願いなのですが、それはご自分が指す将棋以外にこの将棋の世界そのものを好きになっていただけないか、ということなのです。

 つまりプロの対局に興味を持っていただきたいのです。

 現在将棋界では竜王戦、名人戦を始めとして数多くの棋戦が戦われています。

 プロ棋界を好きになっていただければ棋士達の一勝一敗が面白くなるでしょう。

 私は相撲ファンですが、自分で相撲をとろうとは思いません。

 また時代劇も大好きですが、まだ人を斬ったことはありません。

 つまりプロ棋士への興味ならば技術の上下に無関係に楽しめるはずです。

(中略)

 幸い現在のプロ棋界は多士済済、魅力的な棋士が数多くいて、皆様のそれぞれの期待にも十分添えると思います。

 強い棋士がお好みならば本誌出演度抜群の羽生善治五冠をはじめ丸山忠久名人、藤井猛竜王などのタイトルホルダーがいます。

 ほかに佐藤康光九段、森内俊之八段、先崎学八段ら。そして復活を狙う谷川浩司九段。

 また現在タイトル戦に登場中の郷田真隆八段や屋敷伸之七段。

 女流棋士達も数が増え、美しさとたくましさも充実しています。

 そして悪役が好きならば人柄の悪さ天下一品の……イヤ、やはりこれは名前を出しにくいですね。でもこれも見ていただくうちに誰かは自然に分かる…かもしれません。

 いずれにしましても皆様に好かれる要素は充分と、これは我田引水だけではないと思っています。

 そしてそれらのプロ棋士があやつる盤上での奇手妙手を理解するためにも上達したい、となってくれれば嬉しいことこのうえもありません。

(以下略)

—————-

「そして悪役が好きならば人柄の悪さ天下一品の……イヤ、やはりこれは名前を出しにくいですね。でもこれも見ていただくうちに誰かは自然に分かる…かもしれません」

沼春雄六段(当時)が誰を思い浮かべて書いていたのかはわからないが、かなり踏み込んだ文章でもあると思う。

—————-

悪役の俳優は人柄の良い人が多かった、あるいは後輩や大部屋俳優から慕われる人が多かったと言われている。

そういう意味では沼春雄七段が書いている悪役とは大きく意味が異なる。

成田三樹夫さん、山本麟一さんなどはその典型だろう。『緋牡丹博徒』シリーズや『仮面の忍者 赤影』などでの悪役で有名な天津敏さんも非常に優しい人だったという。コテコテの悪役とは少し異なるが岸田森さんも同様。

どういうわけか、私は大人になってから悪役俳優が大好きになってしまった。

—————-

プロレスラーも、大人になってから悪役(ヒール)が好きだったことに気づいた。

もっとも外人悪役プロレスラーの場合は、人柄の良い人ばかりではなかったようだが。

あるパーティーで郷田真隆九段(当時)と短い時間立ち話をした時のこと。

プロレスの話になって、「私が好きなプロレスラーは、フレッド・ブラッシーフリッツ・フォン・エリックです」と私は話していた。

しかし、言った瞬間、あまりにも二人のレスラーの取り合わせというか選び方が、変なことに気付いた。

フレッド・ブラッシーは噛み付き攻撃と急所攻撃の反則技で有名で、フリッツ・フォン・エリックは反則技ではないけれども、鉄の爪と言われるほどの握力で相手の顔面を締め上げギブアップをさせるアイアンクローが有名。

どちらも実力のあるレスラーだが、「将棋で好きな戦法は?」と聞かれて「鬼殺しとアヒル戦法です」と答えるような雰囲気だ。

郷田九段は「ラフファイトのレスラーがお好きなんですね」と品良く言ってくれたが、もっと違うレスラーの名前を出せなかったものかと帰りに少し後悔したものだった。

「デイック・ザ・ブルーザーとクラッシャー・リソワスキーのコンビ、スカル・マーフィーとブルート・バーナードのコンビ」と言っておけば良かったかな、いや、これはもっと墓穴を掘ってしまう。「ハーリー・レイスとブルーザー・ブロディ」あたりが良かったか、いや、これは多くの人がそうだろうから面白くない。いろいろと考えた結果、そういえば私はジャイアント馬場さんのファンであったことを忘れていた。灯台下暗し。

 

 

中座真四段(当時)「この手は、お腹を空かした羆の目の前でニコニコ笑いながらお弁当を食べているようなもので、もの凄く大胆な一着です」

将棋世界2000年3月号、中座真四段(当時)の「横歩取り△8五飛戦法」より。

 将棋には、実際に踏み込んでみなければ分からない、という局面が数多く存在します。森下八段は、以前自戦記の中で、「将棋の実戦を大海とすれば、机上の研究は小川のようなものである」と書かれていました。△8五飛戦法が出始めてから約2年半、指された将棋は既に二百数十局に及びますが、解明されたと思える形はまだほとんどないのが現状です。

 1図。この局面での「△7三桂」も研究課題の内の一つ。

%e4%b8%ad%e5%ba%a7%ef%bc%91

 この手は、少し前までは、誰もが知ってはいながら、怖くて指せなかった一手でした。

「この変化は誰かが犠牲になってくれなきゃ分からないね」。巷ではそんなことまで囁かれていましたが、この局面に敢然と踏み込んで行ったのが中原永世十段(1999年8月31日対阿部七段戦)。その日はたまたま連盟に居合わせたのですが、その将棋の中身が面白く、私は職業も忘れすっかりファンの一人になって楽しんでしまいました。

 今月はこの「△7三桂」がテーマ。

(中略)

 「△7三桂」この手を指すにはまず、幾つかの条件があります。

  • 完璧に研究している
  • 受けには滅法自信がある
  • 裸の玉が好き
  • 王手飛車を掛ければ負けても満足

 一つでも該当する方はぜひ実戦で試してみてください。当てはまらない方(正常です)は、△8八角成と交換してから△7三桂と跳ねましょう。こちらの変化は先月号の講座を参照してください。

 冗談はさて置き、なぜ「△7三桂」が激しい手なのか、まずはその説明から入っていきましょう。

 先手の▲3五歩は「私は次に▲3三角成△同桂▲3四歩と攻めますよ」ということを意思表示した手です。それに対し後手は「あなたの攻めは全然怖くありません」と、構わず桂馬を跳ねてしまうのです。次に△3五飛と取られると、先手は何のために歩を突いたのか分かりません。

(中略)

 後手が受けないのですから、ここで先手が攻めなければ男が廃るというものです。

1図以下の指し手
▲3三角成△同桂▲3四歩△4五桂▲3三歩成△5七桂成(途中図)▲同玉△3五角▲5八玉△2六角▲3二と△同玉▲6六角△4四角(2図)

%e4%b8%ad%e5%ba%a7%ef%bc%92

 ▲3三角成からは熾烈な攻め合いに入ります。途中図△5七桂成に対し▲6九玉と引く手も考えられますが、以下△3三銀▲2一飛成△3一歩となり後手がやや指せる局面です。

 △3五角で早くも王手飛車が掛かりました。▲5八玉もこの一手、他の手では△6五桂が王手になるので先手が持ちません。▲6六角が急所の一着、攻めと同時に△5五飛の筋を消す等、受けにも利いています。△2六角と▲6六角では角の働きが違うので、後手の△4四角もこの一手。但し角交換になると玉のコビンが開いてしまうので後手も気持ちの悪い所です。2図から枝分かれして行きます。

%e4%b8%ad%e5%ba%a7%ef%bc%93

 実戦譜を参考にして、まずは阿部-中原戦から。

2図以下の指し手
▲2四桂△3三玉▲4四角△同歩▲3二金△2四玉▲2二金△3三玉▲1一金△6五桂▲5七歩△4五桂▲6八銀△5四歩(3図)

 阿部七段はここから▲2四桂と激しく攻めていきます。中原永世十段の玉の動きはまさに「神業」。玉で相手の攻め駒を攻めています。このように玉をうまく使うことができたら将棋は楽しいでしょうね。それにしても自玉を放って置いて、さらに両桂をぴょんぴょん跳ねて攻撃して行くのにはたまげてしまいます。

 最後の△5四歩が絶妙の間合い。玉の懐を広げると同時に、次に△5五歩を見せ先手を焦らせる狙いがあります。

%e4%b8%ad%e5%ba%a7%ef%bc%94

(中略)

 2図での▲2四桂の所では、現在は▲4四同角△同歩▲6八銀が主流となっています。これは、先手陣は何れ一手受けが必要になるので、手を決めない方が得という判断です。この例の参考棋譜は、王座戦第1局、羽生-丸山戦(1999年9月3日)から。

2図以下の指し手
▲4四同角△同歩▲6八銀△3六歩(4図)

%e4%b8%ad%e5%ba%a7%ef%bc%95

 羽生王座の▲6八銀に対して、丸山八段はじっと△3六歩。この手は私の「昨年驚いた手ベスト3」に入る一着です。結果的には疑問手になりましたが、羽生王座相手に、堂々とこの手を指せるのは、丸山八段ぐらいでしょう。この手は、お腹を空かした羆の目の前でニコニコ笑いながらお弁当を食べているようなもので、もの凄く大胆な一着です。実戦は4図から▲3四金△6一角▲4四金△2八歩▲2三歩△3三銀▲同金△同玉▲2二角△4二玉▲1一角成で先手良しとなっています。

 その後△3六歩では△2八歩が後手の有力手段となりました。次はその将棋を研究してみましょう。

(以下略)

——–

中座真四段(当時)の絶妙の解説。

このような面白くて理解しやすい解説なら、難しい△8五飛戦法も勉強してみたくなるというものだ。

——–

羆(ヒグマ)は体長1.8~3.0mで体重は100~500kg程度。

基本的には雑食で、鹿、猪、ネズミなどの哺乳類やサケやマスなどの魚類、果実を主に食べるが、一度でも人を食べるとどんどん人を襲うようになるという。

弁当の中身も当然ヒグマの食べ物になってしまう。

——–

1図の△7三桂に端を発する、実戦が繰り返されることによる試行錯誤と定跡の発達。

この過程と、その中から繰り出されるその棋士の個性に溢れる指し手。こういったところが人間同士の対局の面白いところであり醍醐味だ。

これが仮にコンピュータソフトによる研究が大勢を占める世の中になったら、ここに現れているような過程は全て水面下で研究しつくされ、そもそも1図の△7三桂という手自体が実戦に現れる前に却下されたものになっているかもしれない。

それはそれで良いのかもしれないが、個人的には少し寂しいような気持ちにもなってくる。

——–

日本将棋連盟のホームページがリニューアルされたが、英語版がGoogle翻訳そのままになっている部分があって、例えば、中座真七段の名前は「Excuse true」になっていた。(現在は修正済み)

ネット上で話題になっていたようだが、結構本人は気に入っていたと、奥様の中倉彰子女流初段がtwitterで明かしている。

私の名前もGoogle翻訳で試してみたが、読みは違っているものの、まともな翻訳のされ方だった。

Google翻訳にかかると加藤一二三九段が「Kato, one hundred twenty-three」になるなど、いろいろな新しい発見ができるようだが、普通に出てきてしまうと、少しガッカリしてしまうことに気がついた。

 

 

森信雄四段(当時)のとてもわかりやすい1ページ講座「詰将棋の作り方」

将棋世界1984年6月号、森信雄四段(当時)の1ページ講座「詰将棋の作り方」より。

 将棋を指すには相手が必要ですが、詰将棋は一人でも楽しめます。

 そして、詰将棋は解くのも勿論ですが、作るという楽しみ方もあるのです。

 私はどちらかと言うと、作るより解く方が好きですが、それでも随分作りました。

 余り満足のいく作品は少ないのですが、上手、下手に関係なく楽しめるものだと思っています。

 それではどうやって作るのでしょうか。

 初めて作ってみよう、と思った人のために易しい詰将棋の作り方を説明します。

 いちばん作り易いのが、詰め上がりから逆算する方法です。

1図。

▲3三銀成までの詰みですが、これを素材に作っていきます。

森信雄詰将棋1

2図。

森信雄詰将棋2

 ▲1三歩△同竜▲2一竜△2三玉▲3三銀成までの詰み。

 1三の地点を埋めてから、▲2一竜から▲3三銀成までの詰め上がりを狙ったものです。

 これだけではまだ詰将棋とは言えません。

3図。

森信雄詰将棋3

 ▲2四桂△同竜▲1三歩△同竜▲2一竜△2三玉▲3三銀成までの詰み。

 打ち歩詰めを打開するために、▲2四桂と捨てて竜を呼び、それから▲1三歩以下1図の詰手順となります。

 この様に詰将棋を作る時は、いろんな手筋を組み合わせていきます。

 ただ手筋の組み合わせだけでは、易しいし物足りません。

 その中にも、自分の個性を出すのが大切な事だと思います。

4図。

森信雄詰将棋4

▲2一竜△2三玉▲3二竜△1二玉▲2四桂△同竜▲1三歩△同竜▲2一竜△2三玉▲3三銀成まで11手詰。

 初めの4手を付け加えて一応完成です。

 ただ初手に▲2一竜と駒を取るのは、詰将棋としてはどうかと思いますが、手筋ばかりでなく俗手を入れるのも、自分の好みでいいと思います。余り参考になる良い詰将棋ではありませんが、1図の素材から、4図の詰将棋ができました。

 皆さんも是非一度作ってみて下さい。

——–

なるほど、自分の実戦の中から自分で会心を思う詰み手順を記録しておいて、そこから逆算的に詰将棋を作るのが、初めて詰将棋を作るときには良いかもしれない。

あるいは、プロ棋戦のネット中継で現れた気に入った詰み手順をベースに逆算的に作る手もありそうだ。

——–

今回初めて森一門祝賀会に出席する。

いつもはイベントの世話役的な立場であることが多いのだが、この日は、一将棋ファンとなって楽しんできたいと思っている。

また、前日の将棋ペンクラブ関西交流会でも森信雄七段にお会いできる。

今から楽しみでならない。

 

 

好事魔多し

将棋世界1984年3月号、神谷広志四段(当時)の「1ページ講座」より。

 1図は部分図ですが、穴熊の敵玉をどう寄せるかという所です。

 候補手をいくつかあげておきますので第一感で答えてみて下さい。

 分かりやすくするため後手の持駒はなしとしました。

A ▲7二と
B ▲6三と
C ▲7二金
D ▲8二金
E ▲7三竜
F ▲8一竜

神谷1

 まずAの▲7二とは以下△同銀▲同竜と進みます。と金と銀の交換で得をしたようですが▲7二同竜とした局面が詰めろになっていません。しかも桂以外の駒を相当もらっても後手玉は詰まない形をしていますので、一手争いの終盤では大抵負けになるでしょう。

 Bの▲6三とは、この手自体が詰めろではなくAと同じ理由で失敗です。

 Cの▲7二金は以下△同銀▲同ととなり後手玉は必至です。自玉が詰まない場合はこれで勝ちですが、もう少しうまい手を考えて下さい。(金1枚の持ち駒の時は、これが最善の寄せでしょう)

 Dの▲8二金は詰ましにいった手ですが、△同銀▲同竜△同玉▲7一銀△7三玉▲6三金△8四玉で詰みどころか逃がしてしまい大失敗です。

 Eの▲7三竜は△同桂には▲8二金以下詰みですのでこれで必至となります。金を渡さないだけCの▲7二金より優れていますがもっといい手があるためここでは次善手ということになります。

 Fの▲8一竜が正解。以下△同玉▲7一金△9一玉▲8一金打の並べ詰めになります。当たり前といえば当たり前でバカみたいな問題に見えますが、実戦でA~Eまでの有力手段がある時は案外逃したりするものです。何故かといいますと、7一の駒が竜ですので非常に切りにくいのです。これが2図のように▲7一との形ならば、間違える可能性もずっと低くなるでしょう。

神谷2

「終盤は駒の損得よりも速度」いつもこの格言を肝に銘じたいものです。将棋は大駒が命ではありません。

——–

私は1図を見て▲7三竜と思ったのだが、正解を見て愕然。

手段が多くて、そのどれもが心地良く思えるものであった場合、このように間違うことが多いということだ。

アマチュア同士の対局で、あまりにも優勢な方が逆転負けしてしまうことがあるが、やはりこのような積み重ねがあってのことだろう。

——–

休みの前日の仕事が終わった夕刻、自由に使えるお金が50万円、財布の中に入っている。

「さて、これからどうしよう」

このような時に悪手を指してしまいがちになるのが人生だ。