木村十四世名人の鰻重

昨日は加藤一二三九段の鰻重の話だったが、今日は木村義雄十四世名人の鰻重の食べ方の話。

将棋ペンクラブ会報2003年秋号、河口俊彦七段の将棋ペンクラブ大賞(大山康晴の晩節)受賞のことば「天才の将棋的言語」より抜粋。

===

生前の芹沢博文は、いたく木村義雄名人を尊敬していて、いろいろなゴシップを聞かせてくれた。お得意にしていたのはこんな話だ。

「木村名人は昼飯のとき、赤坂の料亭で極上のうな重の出前をとる。それが運ばれると、ふたを取って茶をかけ、またふたをする。しばらく置いてふたを取り、うなぎを取り去る。そして香の物をおかずに、サラサラとかっこむ。うなぎをもったいないなんてケチッちゃいけない。ポイと捨てるところが、どうだ、しゃれてるだろ」

この話ははじめて書く。出し惜しみしていたわけではない。あまりにくだらないと思って書かなかったのだ。

芹沢は、「木村義雄論」を書くと言っていたがはたせなかったが、もし書き上げたとしても、さっきの話は書かなかっただろう。

しかし、芹沢も私も、ああいった話が好きなのである。

木村義雄という人間の一面があらわれていると思う。

(以下略)

===

ひつまぶしの鰻抜きのような食べ方だ。

それにしても、くだらない話とは思わないが、私には一生かかっても真似ができないことだと思う。

ハムカツサンドのハムカツ抜きならば、別の美味しさが味わえそうで試してみてもいいかなと思うが、カツ丼のカツ抜き、ハンバーガーのハンバーグ抜きあたりからは試そうという気も起きなくなる。

木村十四世名人の鰻重の食べ方は、江戸っ子の粋の究極の表現なのか、木村十四世名人のある種の屈折の部分なのか、盤外戦術なのか。

興味深いところではある。

「木村十四世名人の鰻重」への6件のフィードバック

  1.  うなぎのタレつきのお茶漬けということですか。蒲焼のダシも多少出ている。
     コレステロールを気にしてたのかな(笑い)。

  2. 少し甘い茶漬けになると思うので、決して美味しいとは思えないんですよね[E:coldsweats01]

  3. 木村名人は以前にインタビューで、南禅寺の決戦時に差し入れられた美味珍味佳肴あれやこれやすべてを義理堅く食べられた結果として糖尿病になってしまった、と苦笑気味に語られていた記憶があります。通人はちらし寿司でもネタを取り払ってから食べる、と聞いたことがありますが、やはりお体のことも考えられての鰻ヌキ鰻茶漬けだったのではないでしょうか?

  4. hirozooさん
    体を考えてという可能性はあるかもしれませんね。
    しかし、糖尿病の気があったから鰻を食べなかったがオチでは、 芹沢九段もネタ話にはしなかったのではないかと思います。

  5. 内田百閒の随筆に寿司のタネをとりのけた後の飯だけを食べたいという話がありました。ある種の江戸趣味なのかもしれませんね。

    1. Brittyさん

      もり蕎麦をつゆにあまりつけずに食べるというのも江戸っ子流ですが、私はどっぷりとつけて食べるほうが好きです。

コメントを残す