雪の女王とマーメイド

週刊将棋に、バトルロイヤル風間さんの観戦記(マイナビ女子オープン 斎田晴子女流四段-島井咲緒里女流初段戦 斎田晴子女流四段の勝ち)が掲載された。

棋譜と文章が45%、漫画が55%の新しい形の観戦記。

対局が進む中、表情がいかに変化するか、局面によってどんな顔になるのかを追う、「顔観戦」が観戦のテーマ。

16コマの漫画と、メインの1コマ漫画。

1コマ漫画では、「雪の女王の如き強く冷たい視線」というバトルさんのメモから、斎田晴子女流四段を「雪の女王」として描いている。

島井咲緒里女流初段は「土佐のマーメイド」。

「雪の女王 土佐のマーメイドを凍てつかす」がコピー。

無表情な雪の女王が発する吹雪によって、マーメイドが盤上で凍えている図。土佐なので冷凍カツオという文字も見える。

面白さ抜群、特に斎田ファン、島井ファンの方は必見だと思う。

*****

斎田晴子女流四段は、たしかに、「雪の女王」のイメージだ。

髪が長いし細面。雪の女王は丸顔という印象ではない。

一方の島井咲緒里女流初段。

私は人魚(マーメイド)を見たことはないが、人魚の場合は、細面、丸顔どっちもありの感じがするので、丸顔の島井咲緒里女流初段は、愛嬌のある人魚というところか。

「赤ずきん」、「白雪姫」、「シンデレラ」など、童話に登場する女性キャラクターは多いので、いろいろと探求しがいのある分野かもしれない。

*****

人魚で思い出すのは、阿刀田高さんの短編。

人魚の女性と恋に落ちた男がいた。

しかし、付き合っているうちに、男は人魚に飽きて、酷い別れ方をしてしまう。

人魚の弟が、男の家に訪ねてきてドアを叩く。

男は、人魚に弟がいることは聞いていた。

男は厄介なことになったと思ったが、人魚の下半身は魚なので、何かあっても走って逃げれば追って来れないだろうと計算し、ドアを開けた。

すると、立っていたのは、上半身が魚で下半身が人間の弟。

あっという間に、男は人魚の弟に食べられてしまった。

*****

阿刀田高さんは、私が大好きな作家の一人だ。

現在の日本ペンクラブの会長でもある。

タイトルとURLをコピーしました