2011-01

読む

結婚招待状の返事

非常に微妙な時期に、非常に微妙な相手から届いた結婚招待状。 将棋マガジン1996年3月号、鹿野圭生女流初段の関西レポート「タマの目」より。 (12月29日阪急将棋フェスティバル) 神吉五段「タマちゃん、ワシ、今日テレビの仕事入...
読む

高柳一門vs佐瀬一門

将棋マガジン1996年2月号、「門下別に見る奨励会」より。一昔前、奨励会には二大門下とまで言われたほど、大きな一門が二つあった。それは高柳敏夫名誉九段門と故・佐瀬勇次名誉九段門。 とにかく多かった。 当時、関東奨励会が100人近い人数の時、...
読む

若き日の羽生流価値観

羽生善治名人はAB型。 AB型は時としてB型よりもマイペースと言われることがある。 将棋マガジン1996年1月号、鈴木宏彦さんの「羽生善治、七冠へ翔ぶか」より。 既存の価値観や常識にとらわれない。これが羽生将棋の顕著な特徴である。大きく見れ...
棋士のエピソード

森内俊之九段と佐藤康光九段の勝負哲学の違い

昨日に続いて、将棋マガジン1996年1月号、青島たつひこさんの「佐藤康光&森内俊之のなんでもアタック」より。 「佐藤康光&森内俊之のなんでもアタック」ができた経緯と、二人の棋士の哲学。 「プロ棋士の能力を探る実験をやりましょう。ファ...
読む

森内俊之八段-伊奈めぐみさん戦

将棋マガジン1996年1月号、「佐藤康光&森内俊之のなんでもアタック」より。 渡辺明竜王の奥様であり、「妻の小言。」を書かれている伊奈(渡辺)めぐみさんの、1995年に指された将棋を。 ----- 「佐藤康光&森内俊之のな...
タイトルとURLをコピーしました