羽生善治七冠(当時)「うなぎはダメですか?」

将棋世界1996年9月号グラビア、第67期棋聖戦第3局「陣屋決戦は、羽生に凱歌 三浦の作戦、またも生きず」より。

 昼休後の再開時刻は1時だが8分前に既に三浦は対局室に戻り臨戦態勢に入る。身体を小刻みに揺すり扇子を動かし読み耽る。「どこか身体を休めるところはありますか」と記録係に尋ねる三浦。慣れないタイトル戦のせいか対局中はやや神経質そうな感もあるが、盤上没我、ファイティングポーズに変化はない。

 やがて羽生棋聖が入室、そんな挑戦者の姿にチラッと視線を落とす。「では1時ですのでおねがいします」の立会人・佐伯昌優八段の声の直後に三浦の△7三桂が指された。担当記者の「夕食でございますけど・・・」の質問に羽生は「うなぎはダメですか?」。

 控え室で取材陣のほとんどがうなぎだったのでそれに影響されたのか。あるいは局面は本格的な矢倉の持久戦模様だが、うなぎで夜戦に備えようという意か。取材控え室ではそんな冗談も出た。三浦は鍋焼きうどんを注文。この会話のしばらく後、羽生は後手の端攻め志向に対して▲2五歩と飛車先の歩をまた伸ばした。

—–

当時の棋聖戦は持ち時間が5時間。夕食休憩もあった時代。

「うなぎはダメですか?」と聞くということは、うな重が対局用メニューに入っていなかったものと思われる。

この後、羽生二冠は陣屋での対局の際には、うな重を連投することになる。

将棋棋士の食事とおやつによると、以下の通り。

2000年棋聖戦○ 対谷川浩司九段 うなぎ

2000年王位戦● 対谷川浩司九段 うなぎ

2000年竜王戦● 対藤井猛竜王 うなぎ

2001年王将戦○ 対谷川浩司九段 うなぎ

2002年竜王戦○ 対阿部隆八段 うなぎ

現在の陣屋の対局用昼食メニューは、

天麩羅そば(温)

天麩羅うどん(温)

天ざるそば(冷)

天ざるうどん(冷)

天麩羅重

かつ重

と、うな重は含まれていない。

当時は、うなぎを得意としていた調理師がいたのかもしれない。

—–

裏メニューや賄いメニューが人気になることがある。

そういう意味では、陣屋のカレーライスは裏メニューの代表例だ。

ファストフード店にも裏メニューは存在するという。→有名チェーン店の裏メニューまとめ

賄いメニューは、スタッフのために店で提供されている食事。

私も、池尻大橋にあった酒場で、賄い料理である、カレーライス、ベーコンエッグをよく頼んでいたことがある。ニンニクと一緒に炒められたベーコンエッグは絶妙だった。

—–

馴染みの店に食材を持ち込んで、指定の料理を作ってもらうという「特別メニュー」というジャンルもある。

ママが一人でやっている酒場へ豚バラ肉を持ち込んで、生姜焼などを作ってもらうような手筋。

マグロ名人戦で獲得した大量のマグロを、知り合いの店へ持ち込み、料理してもらうのも、典型的な事例のひとつだ。

—–

2010年の王座戦で、挑戦者の藤井猛九段は陣屋で「チキンカレーうどん」という特別合体裏メニューを注文している。

2009年の名人戦では、郷田真隆九段が椿山荘でメニュー外の親子丼を注文している。

メニュー外の注文は、昼食予想的には困るのだが、見ていてとても楽しいものだ。

1988年将棋カレンダー、2月の怪

将棋マガジン1988年2月号、神吉宏充四段(当時)の「何でも答えまっせ!!」より。

Q.事件発生

 ボス、事件発生です。来年の将棋カレンダー2月のところを見て下さい。谷川グループの皆さんがボールを持って撮影しとるんはええんですが、浦野五段ひとり、外の方向へ視線がいっとるんですわ。一緒におったボス、なぜかわかりませんか?

<横浜市 Bさん 14歳>

A.新・太陽にほえろ

 おう、テキサスどうした。何ぃ、カレンダーだとぉ? ふんふん、やっぱり中森明菜は可愛いのう。おっと違った、こっちの将棋カレンダーか……。はっはあ、確かにマッチが一人横向いとるなあ。それじゃあヤマさんに推理してもらおう。

ヤマ「ボス、考えられる事は三つ。一つは可愛い女の子が横にいた。二つめはボールが重たくてアエいでいる。そして三つめは寝違いで首が回らない。どれでしょうか」

「よしわかった。ゴリさん、浦野五段のウラを取ってくれ」

 ここで「太陽にほえろ」のバックミュージックが流れる。しばらくしてゴリさんが血相を変えて登場。

「ボスわかりました! 浦野五段は女の子を見ていたそうです。とうとう本人が自白しました」

 大都会の片隅で、また一つ大きな事件が片付いた……。

—–

私自身のことを振り返ってみると、心に余裕がない時は、街角ですれ違う女性や同じ電車に乗っている女性の顔が目に入らないことが多い。物理的な視野が狭くなっている状態だ。

心に余裕がある時は、すれ違う女性を一瞬見ながら、「おっ」と思ったりすることができる。

この期の順位戦で浦野五段(当時)は8勝2敗と好成績を収めるが、頭ハネで昇級ならず。翌年に見事B級2組に昇級を果たす。

「好調な時は、女性をついつい見てしまう」

これは、ひとつの真理なのではないかと思う。

—–

15年前の話。

サンフランシスコの街中を歩いていた時、前方から金髪女性がやってきた。

ブロンドというよりも本当の金色。

「さすがアメリカ。金髪の色が違う。このような鮮やかな金髪なんて日本じゃ見ることができない」

当時は、”ガングロ”女子高生が日本を席巻していた頃で、街を歩くと銀髪の山姥のような若い女性が珍しくなかった。

金髪は、かえって新鮮だった。

しかし、その女性とすれ違った時、私は何とも言えない微妙な気持ちになった。

彼女は日本人だった・・・

ユーモラスな次の一手

将棋マガジン1988年2月号、中村修王将(当時)の「懸賞 次の一手」より。

photo (1)

以前のブログ記事でも書いたが、中村修九段の次の一手には、不思議な雰囲気が漂う作品が多い。

本当に不思議な次の一手

この問題は、それほど難問ではないけれども、よくこのような次の一手を考えられるものだと感心させられる。

今までに味わったことのないテイストだ。

正解

「お金はいらないからタイトルを取らないでくれ」

将棋マガジン1992年12月号、鈴木輝彦七段(当時)の「方丈盤記」より。

 最後はプロの負けた時の過ごし方を書いてみたいと思う。

 よく「負ける30分前には気持ちの整理をつけているから投げる時はそれ程でもない」と言われているが、果たしてそうだろうか。

 辛い気持ちの波としては低い位置にきているとは思うが、そんなに割り切れる訳ではないだろう。フツフツといつ大火になってもおかしくない残りの火が燃えている状態と言ったら分かり易いだろうか。

 一週間に一局の対局であれば、その日のために一週間を使っている。それほどまでに時間と神経を遣って負けた気持ちは言いようがない。

 その情けなさ、ぶつけようのない怒りでやり切れない気持ちになる。

 二、三年前までは、なかなか家に帰る気になれず、朝まで痛飲するのは普通で、順位戦に負けた時には待っていた泉君と二人、夜中の2時過ぎに野本先輩を呼びだして麻雀を打ったこともある。

 酒を飲み麻雀をすれば気持ちも多少癒えるのかといえばそうでもない。全く身体に悪いしバカバカしいが、そうでもしないとやってられないのだ。正に「俺たちに明日はない」の心境になっていた。

(中略)

 いつか、負けた時でも全く変わらないので、「流石ですね」と中原名人に言った事がある。

「いや、そうでもないんだ」は意外だったが、誰も免れないプロの定めなんだと思ったものだった。

 いつも勝っているからといって負けた時が大した事ないとはいかないようだ。

 常勝といわれた木村十四世名人の言葉に「将棋に負けたら、酒を飲んで女の膝枕」がある。

 少年の頃に聞いた時は何も判らず羨ましいなと思ったが、きつい勝負を闘い抜く処世術だったのだと今になって判る。

(中略)

 風呂でも浴びてさっぱりし「お疲れ様でした」と日本酒でもついでもらって眠くなるまでお酒を飲んで膝枕で寝る。いい、実にいい。これなら早く負けて帰りたくなるだろう。

 少なくとも徹夜麻雀よりはずっといい。次の日も気持ちのいい目覚めで「さあ、やるぞ」となるに違いない。

 負けた時の過ごし方がそのまま健康と関係があるような気もする。

 昔の棋士は負けると二日くらい連盟で麻雀を打ってから帰る人もいたし、酒を飲み過ぎて廊下で寝ていた先生もいた。

 そうした名物の先生方は皆長生きされなかったようだ。自分を傷つけながら身も心もボロボロにしてしまったのかもしれない。

(中略)

 図は今期王座戦第三局の投了図。比較的投げっぷりのいい福崎君が、詰みまで指していたのが印象的だ。

photo_2 (10)

 森(けい二九段)さんが棋聖を取られた時に「お金はいらないからタイトルを取らないでくれ」と言っていたのを思い出す。

 並棋士には贅沢過ぎる程の頂上決戦ではあるが、それゆえに辛さも大きいという事もあるだろう。

 谷川さんに竜王を取られた時の羽生君の顔も忘れられない。朝まで小林(健)八段と”チンチロリン”をやっていたが、時折放心したような表情を見せていた。

 翌日は両対局者(福崎・羽生)と共に岐阜城に登った。晴れ渡った天守閣までくると「ここで指したら良かったな」と福崎君が言った。「そんな事言っても」と言おうとして言葉を飲み込んだ。何だか胸がしめつけられるようだった。

「天野宗歩は本当に強かったんでしょうかね。棋譜だけ見ても感想戦聞かんと」とまたしても返事に困る事を聞いてきた。

「相手が弱ければ誰でも強く見えますからね」に「それはそうだね」とやっと返事ができた。

 戦国時代の風景を見て少しずつ気持ちも晴れてくるだろう。今はそう思うしかないと自分にも言い聞かせていた。

「負けて強くなる」は本当なのかなと思ったりするが、「敗局は厳しき恩師なり」はその通りだと思う。

(以下略)

—–

福崎文吾王座に羽生善治棋王が挑んだこの年の王座戦、羽生棋王が3連勝で王座を奪取した。

上の投了図は、羽生王座19連覇の始まりの瞬間だった。

—–

野球やサッカーなどの場合は、一方のチームのみを応援するわけなので、応援しているチームが勝った時は負けた相手のことなどはあまり考えない。

将棋の場合は、両対局者とも好きな棋士ということが多いと思うので、将棋ファンは勝者、敗者両方の気持ちを考えることになる。

ファン心理として、このようなところが、野球などのスポーツと将棋・囲碁の大きな違いのような感じがする。

—–

バトルロイヤル風間さんのブログで”広島の将棋ファンリクエスト似顔絵シリーズ”が久し振りに発表された。

久保対佐藤、久保対郷田、カラー色紙。

タイトルが移動するということは、本当に明暗が分かれる。

そのような雰囲気が濃厚に描かれている。

振り飛車党への福音

将棋マガジン1988年1月号、「インタビュールーム’88 第1回 大山康晴十五世名人」より。

 そして、その現役50年、Aクラス40年を振り返った時、十五世は言う。

「何といっても、升田さんに尽きる」

「升田さんとは、昭和10年から数年間、木見先生の家で一緒に寝起きし、そして戦後は二人が軸になってセリ合い、それが昭和40年近くまで続いたわけだから―。その中で一番印象に残っている将棋は、名人戦で負けて、名人位から落ちた一戦ですね。こっちが名人になったとか、名人位を取ったのは、それほどじゃあない」。

 喜びよりも悔しさ、”忍”の十五世ならではだ。一時の敗北に屈せず、その悔しさをバネにする。勝ったからといって浮かれない。

「167局戦ったが、升田さんと指している時が、一番おもしろかった。相手にとって不足なし。常に一生懸命戦ったもんですよ。対局中はお互い無言。周囲の人に対しても、必要最小限のことしかしゃべらない。思いを、感情を、グッと胸のうちに秘め、死力を尽くした。そういった相手に恵まれたというのは、幸せなことですよね。勝っても負けてもやりがいがあった」

 大山の眼前には常に升田がいて、升田の眼前には常に大山がいた、のである。

(中略)

「ほかの人とやる時は、どこかで何とかなるし、何とか勝てるだろう、という安易感がありましたね」。

 一番強い二人がシノギを削り合い、技を磨き合うのだから、他が追随できぬわけだ。

「本当の意味でのライバル。こうした関係は他の世界でもないでしょう。それが中原さんとなると―可愛い坊やですよ。そんな一生懸命になれない。歳が24も違えば、どうしてもそうなりますよ」と、笑う十五世だが、言外に私達の将棋は”鍛え”が違う、と言っているようでもある。

 その鍛えの入った目に、”七大タイトルを七人で”という現棋界の勢力分布は、どう映っているのだろうか。

「本当に強い人、ズバ抜けた人がいない。ということですよ。ドングリの背比べ(笑)」と手厳しい。いずれ誰かがまとめて、少なくとも三つや四つは取る時期が来なくてはいけない。それが本来の姿だという。

「皆んなで仲良く分け合って(笑)、というもんじゃないでしょ。今タイトル持ってる若い人達には、より一層努力してもらいたいと思いますね」と期待する一方、若い世代の将棋を評して”荒っぽい”とズバリ。

「あんな荒っぽい将棋で、いつまでも続くとは思えない。勢いで指している感じで、その勢いが落ちたらすぐダメになるんじゃないかな、というような」。

 だから、今はその勢いに押され気味の、中原米長も、十分に巻き返しは可能、と十五世は見ている。

 総合的な最近の傾向は、皆んな”攻め将棋” これを”ヨーイドン!”で競争するような将棋、と形容する。なかなか言い得て妙だ。

「両方がヨーイドンだから、速い者勝ち、になるのでね。じっくり腰を落として、というような人が出てくれば、そう易々と勝てるもんではないし―。そのあたりを今の若い人には期待したいですね」。

 こうした”ヨードン将棋”は、持ち時間が短くなったため、時代の流れ、豊富なデータのお蔭で研究が進んだ、などの理由によると、分析しながらも、それだけでは”アマチュアの将棋”、じっと耐えることができる将棋の実力を身につけて欲しい、と十五世は望む。

 さらに、自身の経験を顧みて「トップの座を持続しようと思えば、ヨーイドンでは続かない」と言う。

「それ以下の立場ならヨーイドンでもいいんですけど、”一番”ということになると、受け止めてハネ返す、横綱相撲のような感じの棋風にしないとダメなんですよ。

 私自身、世間で”受け将棋”と言われ出したのは、名人になってからですよ。なるまでは、そうじゃなかった。どちらかと言うと、ヨーイドンのほうでしたよ(笑)。それがトップに立ってからは、これじゃあ続かない、という気持ちが強くなったためにね。だから”受け”じゃなくて、”慎重な”ということですよね」。

 トップになるだけではダメ。トップをどれだけ長く保ち得るか。続ける、ということを価値あり、とするのが、十五世の勝負哲学であり、人生哲学でもある。

(中略)

 戦法的には、現役でいる限り振り飛車を続ける、と宣言。

 一時の振り飛車ブームが下火になったことについては「結局、下手な、ということと、負ける、ということで、やめちゃうんでしょ(笑)。何でも指して指せないわけじゃないもんね。工夫が足りないだけですよ。そんなに振り飛車がダメなもんでもないですよ」と、サラリ。世の振り飛車党にとっては、力強い励ましの言葉だ。

 そこで十五世のワンポイント・レッスン。

「振り飛車は自分の方から動くのではなく、相手が動いてきた時の捌き、反撃を狙う。王様を右へ持っていくから、左側に遊び駒を作らないよう努めるのがコツ。難敵の左美濃や、居飛車穴熊に対しては、動き過ぎるのが一番いけない。相手が動いてこないから、どうしても動きたくなるのだが、動くとやはり無理が生じる」。

(以下略)

—–

居飛車穴熊や左美濃を打ち破るために考え出されたのが「藤井システム」。

居飛車穴熊に組ませないための「ゴキゲン中飛車」や「早石田」。

居飛車対振り飛車はこのような変遷を経て現在に至るが、大山十五世名人は、居飛車穴熊に対しても、普通の振り飛車で対抗して勝っていた。

石田流しか指さない私だが、棋王戦第4局を見て以来、升田式石田流を指せなくなってしまっている。

郷田九段(当時)が指した手順が、升田式石田流殺しの決定版のように思えたからだ。

あれをやられては、升田式石田流で良くなるのは難しい。

この大山十五世名人のインタビューを改めて読んでみて、私も”昭和の振り飛車”党に戻ってみようかと考えている。

事実、将棋倶楽部24で、大野流三間飛車を何局か試してみたが、連勝を続けている。

あまりに古い指し方で、最近の本には対策が載っていないので、アマチュア同士であれば、非常に有効な手段かもしれない。

大野流三間飛車は、私にとっての憧れの戦法だ。

もっとも、大野流三間飛車は20世紀の頃いつも指していた戦法なので、私の芸域が広がったわけでは決してない…

—–

大野源一九段、神業の捌きの数々。

大野の三間飛車(1)前編

大野の三間飛車(1)後編

大野の三間飛車(2)

大野の三間飛車(3)

大野の中飛車(1)

大野の中飛車(2)

大野流絶妙の捌き-振飛車党の古き良き時代(14)

大野流絶妙の捌き-振飛車党の古き良き時代(15)