2012-08

読む

絶句する瞬間

将棋マガジン1995年11月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。近鉄将棋まつり 森安女流初段「あら、鹿野さん。「ねぇねぇ、今日は畠田理恵さんが来てるんだって。あーぁ、カメラ持って来てたらよかった」 タマ「あら、私カメラなら持って...
読む

求む久保、畠山

将棋マガジン1995年4月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。2月3日(書道) 神崎六段「今日は人、少なそうやなあ。対局多いし、神戸の人来えへんやろし」 タマ「でも矢倉君(四段)をしつこく誘っといたから来るかも」 神崎「先月、”...
読む

棋士室での質問

将棋マガジン1995年11月号、鹿野圭生女流初段(当時)の「タマの目」より。質問 阿部六段「有森さん、この将棋ここでこうやったら、どう指すんですか」 有森六段「なんや、ワシの棋譜やんか」 阿部「ウン、感想戦ではどう言うてました?」 有森「…...
タイトル戦の食事

王座戦第1局対局場「ホテルメトロポリタン仙台」

渡辺明王座に羽生善治二冠が挑戦する王座戦の第1局は、仙台市の「ホテルメトロポリタン仙台」で行われる。→中継 ホテルメトロポリタン仙台は、1988年に開業されたJR東日本グループのシティホテル。 仙台駅から徒歩1分、ほとんど駅に隣接するような...
読む

名人戦前夜祭の舌戦

将棋マガジン1995年7月号、萩山徹編集長の編集後記より。森下「毎日新聞に『カナリアがオウムと戦う世紀末』という川柳が載っていましたが、私の相手もオウム並みです」 羽生「私はオウムではなくハブです。まあ、毒もありますが、それは盤上だけですか...
タイトルとURLをコピーしました