2012-09-06

読む

棋士室の村山聖七段(当時)

将棋マガジン1993年12月号、鹿野圭生女流初段の「タマの目」より。 棋士室でA級順位戦を皆で検討している。 淡路八段「ここで向こうはどう指すのん」 一同「難しいですね」 村山七段「いい手があるんですよ」 淡路「エッ、何?」 村山「・・・」...
タイトルとURLをコピーしました