2012-09-27

読む

東海の若大将

故・板谷進九段の温かさ。 将棋世界2002年4月号、杉本昌隆六段(当時)の「四段昇段の一局 初心を忘れずに」より。 奨励会、三段の頃の思い出は尽きない。今から思うと滑稽なことも多いが、それでも当時は精一杯その時を生きてきた。  三段になって...
タイトルとURLをコピーしました