村山聖四段(当時)「杉本三段は全振り飛車党の中で唯一の本格正統派です。メチャクチャ格調が高いんですよ」

将棋世界1995年9月号、故・池崎和記さんの「昨日の夢、明日の夢」より「杉本昌隆四段 四間飛車の無印良品からブランド品へ」。

 最近、タイトル戦で振り飛車の将棋をよく見かけるようになった。

 羽生-森下の名人戦では向かい飛車と四間飛車、羽生-三浦の棋聖戦では四間飛車と三間飛車、羽生-郷田の王位戦では四間飛車が登場した。

 その前の羽生-森下の棋王戦、谷川-羽生の王将戦、羽生-島の棋聖戦のときは、振り飛車は一局もなかったから、これは注目すべき変化である。

 タイトル戦以外でも、例えば谷川浩司が今年度に入ってから振り飛車を7局指している。トップ棋士がこぞって振り飛車を指すなど、この10数年来なかったことだ。振り飛車の優秀性が見直されてきた、ということだろうか。

 振り飛車は昔、棋界の花形戦法だった。大山康晴と升田幸三が棋界を制覇していた昭和30-40年代が最盛期で、プロもアマも振り飛車を指した。ところが50年代に入ってからプロ棋界の主流戦法の座は徐々に居飛車へと移行していく。

  振り飛車党が衰退したのは居飛車穴熊が猛威をふるったから、というのが棋界の定説である。10年前、僕が観戦記を書き始めたころは、すでに居飛車の全盛時代で、元振り飛車党が大勢いた。オールラウンドプレーヤーと呼ばれる棋士でも、めったに飛車を振らなかった。イビアナを恐れていたのだ。

 もちろん当時でも振り飛車党はいや。しかし彼等がタイトル戦に登場してくることはなかった。そのせいだろう、一部の若手棋士や奨励会員の中には「振り飛車では名人になれない」、「振り飛車ではタイトルは取れない」と、それを既成事実であるかのように話す者もいた。

 そんな時代に、関西奨励会で一人黙々と振り飛車を指していたのが杉本昌隆である。

 6級で入会したとき(昭和55年、当時小学6年生)は居飛車党だったが、5級に昇級したころから振り飛車党になった。以来、振り飛車一筋。三間飛車も中飛車も指したが、杉本が最も得意にしていたのは四間飛車である。

 振り飛車党といっても、杉本はいわゆる力戦タイプではない。むしろ、それとは対極にある棋風と言ってよい。

 三段になって間もないときだったと思うが、一足先に四段になった村山聖が杉本の将棋を「振り飛車の本格正統派」と評したことがあった。僕が「えっ?」と聞き返すと、村山は「全振り飛車党の中で唯一の本格正統派です。メチャクチャ格調が高いんですよ」と言った。

 この評は現在の杉本将棋にも、そのまま当てはまる。矢倉党のように序盤から緻密な作戦をたてて少しずつポイントを稼いでいこうとするので、およそ振り飛車党らしくない。

 こんなタイプの振り飛車党は杉本の前にはいなかったと思う(いたらゴメン)。いま藤井猛、久保利明らの若手が振り飛車で頑張っているが、彼らの将棋の作り方は杉本のそれとよく似ている。この新潮流ができたのは「杉本以後」と言っても、たぶん、はずれていないと思う。

(中略)

 杉本はいま相振り飛車の本を執筆中とか。相振り飛車の本は最近では珍しい。というより相振り飛車の本自体が、これまであまり出ていない。

―相振りはアマ間でよく指されているから、売れるかもしれませんね。

 僕は相振りはものすごく奥が深い戦法だと思うんです。ある意味では矢倉より奥が深くて、あれこそ将棋の純文学じゃないかと思います。

―ほー。相振りは単調だからやらないと言う棋士もいますが。

 そうなんですかね。相振りもすごく細かいですよ。相振りの定義というのは、お互いが飛車を振った瞬間だと思うんですけど、その前から駆け引きが始まっているわけで。

―ああ、3手目に端歩を突いたりとか、立ち上がりから駆け引きがありますね。

 場合によっては相振りにせずに形勢をリードする指し方もあるし、振る場所も向かい飛車から三間、四間、中飛車とあるでしょう。僕は初め、それをパターン化して書こうかと思ったけど、とても無理だと気づきました。

―二枚金もあれば穴熊、金矢倉、美濃囲いもある。それから銀が5七に上がる形と6七に上がる形がありますね。

 棒銀のような形もありますよ。だから、あんなに奥の深い戦法はないですよ。僕はタイトル戦で相振りを見てみたいです。例えば谷川-羽生で相振りになったら、いい将棋が出るんじゃないかと思うんですが。

―いまのプロで相振りを研究している人は、ほとんどいないんじゃないですか。

 お互いの同意がないと相振りにはならないですからね。振り飛車をやる人は基本的に玉の堅い将棋が好きだから、振り飛車党同士が対戦すると、片方が居飛車を持って穴熊にするというケースもかなり多いですね。

―そうですね。

 イビアナは振り飛車党の隠れた得意戦法(笑)。そういう面があるから、また相振りが少なくなるんですよ。

―杉本さんの相振りの経験は。

 そんなに多くはないです。公式戦で20局ぐらい。奨励会時代はむしろ嫌いでした。でも香落ち上手になると振らなきゃ仕方がないでしょう。そのときに下手が振り飛車だと相振りになるわけで、苦手といっても仕方がないので、多少なりとも研究するようになり、一通りの形は覚えたつもりです。研究してもわからない部分がたくさんありますけど。

(以下略)

—–

村山聖四段(当時)の言葉が、いかに杉本昌隆三段(当時)の振り飛車への取り組み方が時代を先取りしていたかを強く感じさせてくれる。

—–

池崎さんの記事に書かれている通り、杉本昌隆七段の相振り飛車の著作の第一作目が出版されたのが1995年。

それ以降、杉本七段は、相振り飛車の最先端の研究の成果をファンに伝え続けてくれている。

相振り革命
価格:¥ 1,258(税込)
発売日:1995-10
新 相振り革命新 相振り革命
価格:¥ 1,296(税込)
発売日:2000-11
相振り革命〈3〉相振り革命〈3〉
価格:¥ 1,490(税込)
発売日:2005-05
相振り革命最先端 (マイコミ将棋BOOKS)相振り革命最先端 (マイコミ将棋BOOKS)
価格:¥ 1,512(税込)
発売日:2008-06-24
マイコミ将棋BOOKS 相振りレボリューションマイコミ将棋BOOKS 相振りレボリューション
価格:¥ 1,512(税込)
発売日:2010-11-13
杉本流相振りのセンス杉本流相振りのセンス
価格:¥ 1,659(税込)
発売日:2013-11-26

 

そして、「杉本流相振りのセンス」での将棋ペンクラブ大賞優秀賞の受賞。

こうやってみると、杉本七段の相振り飛車の著作は、この20年の杉本七段の最先端の研究そのものの軌跡であることがわかる。

マイナビ編集担当者による、書籍のタイトル決めのエピソードも面白い。

「相振りのセンス」が将棋ペンクラブ大賞優秀賞に!(マイナビ将棋編集部ブログ)

—–

相振り飛車は、本当に悩ましい戦型だ。

私は振り飛車党だが、相手が飛車を振ってくると、「自分が大好きな振り飛車を相手にだけやらせてたまるか」と、こちらも飛車を振る。

先手、後手、どちらだろうが、相手が振り飛車なら相振り飛車になってしまう。

相振り飛車は戦い方が難しいし、相居飛車のような神経の使い方をしてしまうので、とにかく疲れる。

私も、相振り飛車は力戦、と決めつけて、今まで全く勉強をしてこなかったが、これを機会に、杉本七段の著作で勉強をしてみようと思っている。

—–

杉本七段のエッセイも面白い。

杉本昌隆四段(当時)「この人、見かけによらず将棋好きで、意外にも俺のファンなのではないか」

東海の若大将

 

コメントを残す